Pxesxzhgxh1g2orqnii3

暮らし

CATEGORY | カテゴリー

レースカーテンの正しい洗濯のコツって?カビ・黄ばみ予防から頻度まで

2018.08.23

皆さんはレースカーテンをどれくらいの頻度で洗濯していますか?直接外気に触れて埃やカビが付きやすいので定期的に洗濯が必要です。レースカーテンを清潔に保つために自宅で行う正しい洗濯方法のほか黒ずみ、黄ばみの取り方やカビ対策などについてもお伝えしていきます。

目次

  1. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・洗う頻度
  2. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・汚れの種類と洗剤
  3. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・おすすめ洗剤
  4. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・洗濯機への入れる前の準備
  5. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・洗剤の選び方
  6. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・カビの黒ずみの落とし方
  7. レースカーテンの選択方法とカビ対策・干し方
  8. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・カビ・黄ばみ予防
  9. レースカーテンの洗濯方法とカビ対策・黄ばみは空気の汚れが原因
  10. 自信がないときはクリーニングへ
Igmu6a1vyrzwvnkgzaqr

皆さんはレースカーテンはどれくらいの頻度で洗っていますか?季節の変わり目や年末のお掃除の時だけの場合や、または数年に1回などという場合など、人によって洗う頻度が変わるかと思いますが、窓を開けた時に外気に直接触れる部分になりますので、意外と汚れています。レースカーテンを洗う頻度も環境や汚れの具合によって変わりますが最低でも季節の変わり目を目安にするなどして、ある一定の頻度でこまめに洗うことをおすすめします。

カーテンをよく見た時に黒ずみや黄ばみが付いていたら、早目の洗濯をおすすめします。カビなどが黒ずみになったり、たばこの煙によって付いた黄ばみなどはカーテンを開け閉めする度に、有毒性のあるものが空気に交じって体内に吸い込み、アレルギーなどの症状を起こす原因にもなるからです。

関連記事

埃・花粉

Une1pbbnwwgythy8erkr

レースカーテンは外気の汚れたと室内の空気に直接触れるので細かい網目に汚れが溜まっています。またアレルギーがある方の場合、花粉の季節はカーテンがフィルターのはたらきもしており、洗濯することで付着した花粉が再度空気中に舞うのを防ぐので、頻繁に洗濯することをおすすめします。

たばこの煙や油による黄ばみ

S5yyjcst0vu96itss4lf

室内で喫煙する際はたばこの煙が布の表面について黄ばみになります。毎日開け閉めする際の手の油や焼き肉など油を使った料理をした時などに空気中に舞った油などが付着しています。

ペットの汚れ

Ajcdvlwxdpkuvkfunowm

室内で猫や犬を買っている場合には動物の体についた汚れがレースカーテンに付着して黒ずみになったり臭いが付いたりする場合もあります。

黒ずみはカビが原因

長期間洗濯していなかった場合、カーテンに多くの黒ずみが付くことがあります。多くの場合、この黒ずみはカビの汚れによるものです。カビは湿気によって発生し長く置くと通常の洗濯では落ちにくく、非常に厄介です。そのようなカビの汚れは重曹を使うと良く落ちます、後ほど後半で通常の洗濯用洗剤に重曹を加えて落とす方法をお伝えしますので、どうぞ最後までご覧ください。

1/5

続きを読む