Xqi47vpwwjejuoj6fkxf

趣味・アウトドア

CATEGORY | 趣味・アウトドア

キャノンデール(CANNONDALE)のクロスバイクおすすめ【2019最新版】

2018.08.23

革新的なデザインで業界をリードし続けるアメリカの自転車メーカー「キャノンデール」。今回は「キャノンデール(CANNONDALE)のクロスバイクおすすめ【2019最新版】」と題し、2019年最新モデルも含め、おすすめのキャノンデール製クロスバイクをご紹介します!

  1. キャノンデール(CANNONDALE)のクロスバイクおすすめ【2019最新版】
  2. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「キャノンデール」って?
  3. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「BAD BOY」シリーズ
  4. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「BAD BOY1」
  5. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「BAD BOY2」
  6. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「BAD BOY3」
  7. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「BAD BOY4」
  8. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「HOOLIGAN」
  9. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「QUICK」シリーズ
  10. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「QUICK4」
  11. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:「QUICK WOMEN'S」シリーズ
  12. キャノンデールのおすすめ・評判のクロスバイク【2017・2018年・2019年モデル】クイック4など:2019年最新モデルは?
  13. まとめ
革新的なデザインで業界をリードし続けるアメリカの自転車メーカー「キャノンデール」。今回は「キャノンデール(CANNONDALE)のクロスバイクおすすめ【2019最新版】」と題し、2019年最新モデルも含め、おすすめのキャノンデール製クロスバイクをご紹介します!

関連記事

「キャノンデール(CANNONDALE)」は1971年創業のアメリカ合衆国の自転車メーカー。老舗でありながら革新的で独自性のある自転車を作り続けてきたメーカーとして多くの自転車乗りから支持を得ているメーカーの一つです。
「CAAD(Cannondale Advanced Aluminum Design)」という高性能のアルミ素材を使ったフレームを採用したり、「LEFTY(レフティ)」というフロントフォーク(前輪と自転車本体をつなぐ部品)を2本ではなく1本にするシステムを採用した自転車を作り出すなど、常に業界をリードし続けています。
現在ではアルミ素材だけでなくカーボン素材を使ったフレームを採用したり、生産拠点を海外に移したりするなど様々な挑戦を続けている「キャノンデール(CANNONDALE)」。次の項目からはそんな「キャノンデール」製のおすすめクロスバイクをご紹介します!
まずは「キャノンデール」の人気シリーズ「BAD BOY(バッドボーイ)」です。こちらは「キャノンデール」のシリーズの中でも「URBAN(アーバン)」という位置づけになっており、日本で言うところの「クロスバイク」になります。「クロスバイク」というのは和製英語で、山岳地帯など厳しい環境での走行に耐えられる「マウンテンバイク」と舗装路での高速走行に適した「ロードバイク」の中間にあるバランスの良いタイプの自転車です。
「クロスバイク」は「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の中間にあるバイクを広く指すため、「マウンテンバイク」よりの自転車から「ロードバイク」よりの自転車まで様々ですが、「バッドボーイ」シリーズは「URBAN(アーバン)」という位置づけになっているように街中での使用を想定したクロスバイクです。
フロントフォークには「キャノンデール」の代名詞とも言える「LEFTY(レフティ)」を使用。カラーは「BBQ」というダークカラーのみの展開で、「バッドボーイ」という名の通り大人な「ワルさ」が売りのクロスバイクになっています。現在は「BAD BOY1」「BAD BOY2」「BAD BOY3」「BAD BOY4」の4車種が販売されており、見た目はほとんど変わりませんが、ドライブトレインといったコンポーネントに違いがあります。
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Cannondale/Global/MY17/MY17_Bike_Images/C17_C33107M_BBQ.ashx?mw=1000
「BAD BOY1」は「バッドボーイ」シリーズの最上位車種。価格は210,000円と「バッドボーイ」シリーズの中では最高価格ですが、ドライブトレインに「SHIMANO ALFINE(シマノ・アルフィーネ)」の採用しており、走り心地がバツグンです!
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C33207M-C33207M10LG/Variants/C33207M10SM/images/bad_boy_2_bbq.ashx?mw=1000
「BAD BOY2」は「BAD BOY1」の次に位置する車種。ドライブトレインに「SHIMANO METREA(シマノ・メトレア)」を採用しているといった細かい違いから190,000円という「BAD BOY1」よりも少しお求めやすい価格設定になっています。
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C33307M-C33307M10LG/Variants/C33307M10SM/images/bad_boy_3_bbq.ashx?mw=1000
「BAD BOY3」は「BAD BOY2」の次に位置する車種。100,000円という価格設定で、「BAD BOY2」の半額近くになっており、かなりリーズナブルな価格になっています。
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C33407M-C33407M10LG/Variants/C33407M10SM/images/bad_boy_4_bbq.ashx?mw=1000
「BAD BOY4」は「BAD BOY3」の次に位置する車種。「バッドボーイ」シリーズの中では8,3000円という最もお求めやすい価格設定です。初めて本格的にバイク選びをされる方には特におすすめしたい車種になっています。
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C37207M-C37207M60OS/images/c17_c37207m_raw_1.ashx?mw=1000
続いては「バッドボーイ」と同じく「URBAN」に位置づけられている「HOOLIGAN(フーリガン)」シリーズです。「フーリガン」の特長はコンパクトなフレームと小さなホイール。マンションやオフィスなどスペースの少ない場所に持ち込んだり、エレベーターや地下鉄など移動の際にも持ち運びしやすい都市生活に適したシリーズとなっています。現在販売されているのは「HOOLIGAN1」で、価格は110,000円です。
続いては「BAD BOY」と同様に高い人気を誇る「QUICK(クイック)」シリーズ。こちらは「キャノンデール」の数あるシリーズの中でも「FITNESS(フィットネス)」という位置づけにあるバイクで、健康的でスポーティな生活に適したタイプのバイクになっています。現在は「QUICK4」「QUICK5」「QUICK6」「QUICK7」の4車種が販売されています。
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C31407M/Variants/C31407M502X/images/i4xnyxgqmkfje9bhcees.ashx?mw=1000
「クイック」シリーズの中からは「QUICK4(クイック4)」をご紹介。「QUICK4」は「クイック」シリーズの最上位車種ですが、7,7000円という価格になっており、「バッドボーイ」シリーズに比べるとかなりお求めやすい価格設定になっています。カラーも4色展開になっていてバリエーションが豊富です。
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C31407M/Variants/C31407M602X/images/evctp8uyuyirgyddbzba.ashx?mw=1000
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Cannondale/Japan/Bikes/MY17/QUICK/c17_c31447m_ant.ashx?mw=1000
引用: https://www.cannondale.com/~/media/Images/Dorel/Products/Bikes/C31478M/Variants/C31478M40LG/images/n9cspkbmsfpubqspbegr.ashx?mw=1000
最後にご紹介するのは「QUICK WOMEN'S」シリーズです。こちらはその名の通り「QUICK(クイック)」の女性向けシリーズになっており、現在は「QUICK WOMEN'S4」「QUICK WOMEN'S6」「QUICK WOMEN'S7」の3車種が販売されています。
引用: https://cannondalestore.jp/cannondale.com/assets/images/201807/C19_C31709F_Quick_7_TNG.jpg
「キャノンデール」では「マウンテンバイク」や「ロードバイク」など様々なタイプのバイクで2019年モデルの先行販売が開始されており、「クロスバイク」からは「QUICK WOMEN'S 7」の2019年モデルの先行販売が始まりました。女性向けに乗車姿勢が楽になる工夫が施されている点と夜間の走行でも安心なリフレクター素材を採用している点が特長です。最新モデルが気になる方はぜひチェックしてみてください!

関連記事

いかがだったでしょうか。今回は「キャノンデール(CANNONDALE)のクロスバイクおすすめ【2019最新版】」と題し、2019年最新モデルも含め、おすすめのキャノンデール製クロスバイクをご紹介しました。本記事が皆さんのお役に立てば嬉しいです。最後までお読みくださり、ありがとうございました!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/