Lmojyj2mlj3rxtqywvba

暮らし

CATEGORY | 暮らし

年末年始の休暇って何日から何日まで?日数の平均と有給活用法【2018】

2018.08.23

年末年始の休暇は何日から何日までか、日数は何日かご存知でしょうか。企業平均や有給のお知らせをいつすればよいのか、そして正月はいつから仕事なのかを解説します。年末年始が何日から休みなのか日数はどうなのか休暇を知っておくと良いでしょう。

  1. 年末年始の休暇!日数や何日から?企業平均や有給のお知らせはいつから?正月はいつから仕事?
  2. 年末年始の休暇!日数や何日から?企業平均や有給のお知らせはいつから?正月はいつから仕事?:公務員の休み
  3. 年末年始の休暇!日数や何日から?企業平均や有給のお知らせはいつから?正月はいつから仕事?:一般企業の場合
  4. 年末年始の休暇!日数や何日から?企業平均や有給のお知らせはいつから?正月はいつから仕事?:サービス業や飲食店
  5. 年末年始の休暇!日数や何日から?企業平均や有給のお知らせはいつから?正月はいつから仕事?:まとめ
年末年始の休暇は実家に帰省したりすることでとても大事な休暇になりますよね。今回はそんな年末年始の休暇について解説していきたいと思います。そして有給休暇はいつ取れば一番良いのかも合わせて解説していきたいと思います。
引用: https://you-know-m.com/wp-content/uploads/2017/09/image.php_.jpg
そして企業平均等も解説していきたいと思いますので、自分が働いている環境でどれくらいの休みなのかを合わせてみてもらえればわかりやすいと思います。年末年始にまとまった休みを取れれば旅行や実家への帰省がしやすくなると思います。
引用: http://www.arrowers.co.jp/column/wp-content/uploads/2017/12/201810090001.jpg
それでは、2018年の年末年始休暇について解説していきたいと思います!

関連記事

引用: https://cdn.zuuonline.com/600/400/kQmvnTyxjZpMEUWousUxNLwgJOzCQttv/181ebfd9-5970-4fc8-b9ff-c3fa3c814c82.jpg
一概に平均と言われても分かりづらいと思いますので、公務員の方が年末年始いつ休みなのかを比べてみるとわかりやすいと思いますので、まずは公務員の年末年始休暇についてみていきましょう。公務員の場合は12月29日から1月3日までとなります。
引用: https://mag.smarthr.jp/wp-content/uploads/2017/08/iStock-475276248.jpg
なので仕事初めは1月4日からと言うことになります。今年の場合で言いますと、1月4日に有給休暇を取ることができれば土日がはさみますので、もう少し休暇を伸ばすことが出来るのです。そして29日が月曜日か日曜日の場合だと有給を取らないでも9連休になるのです。
引用: https://hataractive.jp/img/pc/Useful/2602/1.png
もし公務員のかたが休暇を取るのであれば今年の場合4日に有給休暇を入れることをおすすめします。4日に入れることで9連休に休みを伸ばすことが出来るので旅行や実家への帰省を伸ばすことが出来るのでおすすめとなります。
一般企業の方も公務員の方と変わらず29日から3日までの6連休になるでしょう。合わせて4日に有給申請をすることで9連休まで連休を伸ばすことが出来ます。この4日に有給を入れて9連休にしようと言う方も多いのでは無いでしょうか。
引用: https://fltax.net/wp/wp-content/uploads/image-travel-01.jpg
9連休も休みを取れれば他の企業だと3日までの休みしかない場合が多いので後半でお出かけや日帰り旅行等組むことができれば人が空いているので安心して旅行を楽しむことが出来るのでこの日に有給申請をすることがおすすめとなります。
引用: https://www.manetama.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/vol.9_eye.png
休暇が長い企業だと22日から休みにする企業もあり、その場合は13連休になることもあります。その場合は13連休ほどに連休が伸びる場合もありますので、自分が何日から年末年始の休暇になることか確認して置いてから計画を立てると良いでしょう。
サービス業や飲食店の場合年末年始の休暇がある企業は残念ながら少ないのでは無いでしょうか。そのかわり忙しい時期が終わった頃に休みにして変わり代わりで休みになる場合が多いのでは無いでしょうか。年末年始は稼ぎ時なのでサービス業や飲食店の方は仕方ないでしょう。
引用: http://itsa-money.secret.jp/wp-content/uploads/2017/04/Lifehacker_201305_130524before_you_take.jpg
しかしメリットもあり、忙しい時期ということは人もその時期は多いので、どこにいっても人が多いことがデメリットでしょう。しかしその時期に休みではないということは人が少ない時に自分が休みになるので安心して休むことが出来るのでは無いでしょうか。
引用: https://docoic.com/wp-content/uploads/2018/05/summer-holiday-1118x538.jpg
しかし人と合わせることが出来ない場合が多いので、それもデメリットとして言えるでしょうが残念ながら仕方ないことですので我慢するか職場を変えるしかないでしょう。
引用: https://lmedia.jp/wp-content/uploads/2014/12/shutterstock_148560308.jpg
いかがでしたでしょうか。年末年始の休暇を利用して帰省したり旅行に行く方も多いかと思います。この休暇を多く取れることで、旅行の幅やゆっくりと出来る時間が増えるので今から有給申請や計画を立てて置くと良いでしょう。筆者も年末にまとまった休みが取れればなぁ・・・と思いながら執筆してました。