Cbn4ncxbex12h3cktxim

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

紫外線・日焼け対策ポイントは?雨や曇りでも油断大敵!おすすめグッズや食べ物も!

2018.08.20

紫外線や日焼け対策において気を付けたいポイントをご紹介していきます! 曇りの日や雨の日でも気を付けたい日焼け・紫外線に有効なおすすめグッズ・食べ物もご紹介します。 紫外線・日焼け対策のポイントを知って、今年は紫外線と日焼けに悩まされない日々を過ごしましょう!

  1. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイントって?
  2. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント①SPF・PAの数値で日焼け止めを選ぶ
  3. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント②1年を通して日焼け止めを使う
  4. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント③日焼け止めを塗り直しする
  5. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント④美白化粧品を使う
  6. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント⑤日傘や帽子などグッズを活用する
  7. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント⑥曇り・雨でも日焼け止めを塗る
  8. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント⑦ビタミンCやリコピンを含む食べ物を食べる
  9. 【雨や曇りでもおすすめグッズ・食べ物】紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント⑧できるだけ肌の露出を控える
  10. 紫外線・日焼け対策ポイントは?雨や曇りでも油断大敵!おすすめグッズや食べ物も!のまとめ
引用: https://diamond.jp/mwimgs/0/a/600/img_0ada056a6f925b0aac80389db693965046059.jpg
女性にとっていつでも気になるのが、日焼けや紫外線。肌にダメージを与え、シミやそばかすの原因にもなります。そんな日焼け・紫外線対策、みなさんはどのように行っているでしょうか?今回は日焼け・紫外線対策において抑えておきたいポイントをご紹介していきます!ポイントを抑えて、正しい対策を行いましょう!
まずは、日焼けと紫外線について少し掘り下げていきましょう。そもそも日焼けは紫外線が肌にダメージを与えて炎症になることで起こります。そんな紫外線にはたくさんの種類があり、中でも地上に届く紫外線は「UVB」と「UVA」の2種類とされています。
UVBとは ほとんどはオゾン層によって吸収され、残りが地表に到達します。皮膚や目に有害で、肌の表層にダメージを与えて炎症を起こし、日焼けの原因となります。

UVBは、主に対策しなければならない紫外線とされています。ほとんどはオゾン層に吸収されてしまうものの、吸収されなかったものが有害な紫外線となって地上に到達します。皮膚の表皮までダメージを与え、細胞を破壊し日焼けの原因となります。
UVAとは 大気の吸収をあまり受けずに地表に到達します。UVBに比べて影響は小さいと言われていますが、肌の奥まで到達し、肌の弾力を保つコラーゲンを変性させると言われています。

一方でUVAは、オゾン層に吸収されることなく地上に到達します。日焼けの最たる原因となるUVBよりはダメージは少ないとされていますが、「真皮」と呼ばれる皮膚の奥の方まで到達してしまいます。またUVAはガラスも通過してしまうため、部屋にいるときにも注意が必要です。
引用: http://kireinina-ru.net/wp-content/uploads/2017/04/imagesozai10-1024x779.jpg
気を付けなければいけない紫外線には2種類があることがわかりましたが、そのほかにも気を付けたいポイントとして、曇りの日の紫外線が挙げられます。紫外線と言えば晴れの日に多いイメージがありますが、実は曇りの日でも十分に紫外線は多いんです。
雲は太陽光を遮るため、曇りの日は紫外線量が少ないと思われがちです。しかし実際には、薄曇りの場合は快晴時の約8〜9割もの紫外線が通過しているそうです。 また、曇りの場合は快晴時の約6割、雨の日は約3割程度の紫外線が観測されており、晴れの日以外でも、日焼け止めなどの紫外線対策を行っておくと安心です。

上記のように、薄曇りであれば快晴時の紫外線の8~9割が地上に到達しています。雨の日ですら3割くらいの紫外線が通過しているため、天候に関係なく日焼け・紫外線対策を行うことが大切になります。
引用: https://ai-feel.jp/wp-content/uploads/2018/05/27371026.jpg
さて、紫外線と日焼けについて少し掘り下げたところで、ここからは日焼け・紫外線対策で気を付けたいポイントをご紹介していきます!肌にダメージを与えないためにも、ぜひ気を付けたいポイントをご紹介するのでチェックしてみてください!日焼けや紫外線から肌を守って、美白美人を目指しましょう!

関連記事

引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/267/NnKJZgg-1200.jpg
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、1つ目はSPF・PAの数値で日焼け止めを選ぶことです。紫外線予防に最も効果的な日焼け止め。そんな日焼け止めには、「SPF」や「PA」といった数値が示されています。この内SPFは先ほどご紹介した紫外線「UVB」を防ぐ強さをあらわしており、PAは紫外線「UBA」を防ぐ強さを表しています。これらの数値によって効果的な日焼け止めを選ぶことは、紫外線対策において大切なことです。
引用: http://www.celesy.com/image/contents_image/3387.jpg
引用: http://kireinina-ru.net/wp-content/uploads/2017/04/biyouimage-1024x682.jpg
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、2つ目は1年を通して日焼け止めを使うことです。紫外線や日焼けは夏になると意識しがちですが、実際は1年を通して紫外線は肌にダメージを与えています。そのため、夏場だけでなく1年中日焼け止めを使うことも、美白を目指すにあたって大切なことです。
引用: http://anessa.shiseido.co.jp/uploads/2018/02/howto_main.jpg
引用: https://mashumalo.com/wp-content/uploads/2017/07/paint-sunscreen2-1024x683.jpg
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、3つ目は日焼け止めを塗り直しすることです。日焼け止めは汗をかいたり、衣服にすれることで徐々に取れていってしまいます。そのため、日焼けを効果的に予防するには日焼け止めを数時間ごとに塗り直すようにしましょう。だいたい2~3時間ごとに塗り直しておけば、日焼けと紫外線をしっかりと防ぐことができます。
引用: https://googirl.jp/img/13/08/1308087top.jpg
引用: https://i2.wp.com/life-repo.com/wp-content/uploads/2018/03/d390497c61003edcec7eff44305fc8be_s.jpg?resize=640%2C427&ssl=1
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、4つ目は美白化粧品を使うことです。日焼け止めと一緒に使いたいのが、美白化粧品。肌を白くするのとともに、肌のダメージの軽減、さらには肌質の改善も期待できます。日焼け止めとの相乗効果で日焼けや紫外線をさらに予防することができるので、併せて使ってみるのをおすすめします。
引用: http://hiyakesinai.com/wp-content/uploads/2017/06/5b63a6bd110af981eaef882c00e1f6c6-1024x683.jpeg
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/001/207/230/54d354535cc7d4b4685f28aba0e526adaeeeb41c.jpg?1523015598
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、5つ目は日傘や帽子などグッズを活用することです。外出する際には、日傘や帽子などの紫外線予防グッズを必ず持って出かけるようにしましょう。素肌のまま外に出てしまうのは、いうなれば肌を傷めつけているようなもの。紫外線を直接肌に当てないよう、つばのひろい帽子や日傘を持って紫外線対策を行いましょう。
引用: http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/aimere/cabinet/00226284/img58000491.gif?_ex=320x320&s=0&r=1
引用: http://angeliq-net.com/wp-content/uploads/2017/05/3126b15bbb5a9cbf37e193657de8056d.png
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、6つ目は曇り・雨でも日焼け止めを塗ることです。先ほどご紹介したように、曇りや雨の日でも紫外線は地上に到達しています。そのため、晴れの日だけ日焼け止めを塗るのではなく、外出する際は基本的にどんな天気でも日焼け止めを塗るようにしましょう。曇りだからと言って日焼け対策を行わずに外出してしまうと、思いがけず日焼けしてしまうこともあります。肌を守るため、天候にかかわらず日焼け止めは塗りましょう。
引用: https://i0.wp.com/life-repo.com/wp-content/uploads/2018/05/0527-1.jpg?resize=400%2C267&ssl=1
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/05/5cb7c87e4b31ed19712c72f67cfd3cba_s-450x383.jpg
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、7つ目はビタミンCやリコピンを含む食べ物を食べることです。どれだけ対策を行っていても、ある程度は紫外線を受けてしまうもの。そんな時には、肌を守る効果のあるビタミンCや日焼けに対抗する効果のあるリコピンを含む食材を積極的に摂るようにしましょう。ビタミンCはフルーツや生野菜など、リコピンはトマトなどから摂取することができます。
引用: http://anessa.shiseido.co.jp/uploads/2018/03/may16_01_GettyImages-512617386.jpg
引用: http://doc-moba.net/wp-content/uploads/2016/03/7755517.jpg
紫外線と日焼け対策で気を付けたいポイント、8つ目はできるだけ肌の露出を控えることです。肌の露出が増えれば、その分紫外線を受けてしまう肌の部分も増えてしまいます。たとえ夏場であろうと、長時間外出するような用事であればできるだけ肌の露出を控えた服装をするようにしましょう。衣服があるだけでもかなり紫外線を防ぐことができます。
引用: http://rasyuga-do.up.seesaa.net/image/2014y08m10d_230235095.jpg

関連記事

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/03/a3dab667c9dd79256b3543cc706c2ee7-e1427272435343.jpg
今回は日焼けと紫外線対策のポイントをご紹介していきました!日焼けと紫外線をしっかり対策して、美白になりましょう!