Zzo2mg2v6fziqa7byvvd

日用品

CATEGORY | 日用品

ノートのとり方・まとめ方!東大生も小中高校生におすすめのわかりやすいノートのコツ

2018.09.02

小中高大生にはノートは必須です。 社会人でもノートが必要な場合もあります。 ノートの取り方やまとめ方がわかれば、わかりやすく記憶にも残り、おすすめです。 今回はノートの取り方、まとめ方、東大生も小学生・中学生・大学生・社会人におすすめのわかりやすいノートのコツを紹介します。

  1. 【ノートのとり方・まとめ方!】ノートを取る意味は?
  2. 【ノートのとり方・まとめ方!】書くのとタイピングの差がある
  3. 【ノートのとり方・まとめ方!】わかりやすいおすすめのノートの取り方①〜⑤
  4. 【ノートのとり方・まとめ方!】わかりやすいおすすめのノートの取り方⑥〜⑩
  5. 【ノートのとり方・まとめ方!】わかりやすいおすすめのノートの取り方⑪〜⑮
  6. 【ノートのとり方・まとめ方!】わかりやすいおすすめのノートの取り方⑯〜⑱
  7. 【ノートのとり方・まとめ方!】メモリーツリー
  8. 【ノートのとり方・まとめ方!】コーネル式ノート
  9. 【ノートのとり方・まとめ方!】付箋ノート
  10. 【ノートのとり方・まとめ方!】学生の勉強ノート
  11. 【ノートのとり方・まとめ方!】社会人のノートの取り方
  12. 【ノートのとり方・まとめ方!】まとめ
X5ybbhz4noz0qjoqi18y
小学生、中学生、高校生、大学生はノートを使いますよね。 また、学生だけではなく、社会人でも必要になることも多いです。 ノートを取る事は、意味があります。 ノートの取る意味を知れば、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人も見方が変わるかも知れません。 では、意味をみていきましょう。

【ノートを取る意味は?】①授業で学ぶことを書く

Zfghbjmikbnscd9msqvo
小学生、中学生、高校生、大学生は授業をします。 教科書がありますが、教科書には載っていないことやわかりやすく黒板に書いてくれます。 授業でしか学べないことをノートいまとめることはとても大切なことです。

【ノートを取る意味は?】②学校で提出する

小学生、中学生、高校生、大学生はノートを提出することがあります。 先生がノートを取っているか確認したりします。 そのため、ノートを取っていなかったり、適当に書いて提出しないようにしましょう。

【ノートを取る意味は?】③テスト勉強に役立つ

Ynzk3ysekqbhcklfwbu0
小学生、中学生、高校生、大学生はテストがあります。 また、社会人でも資格や仕事でのテストがあったりします。 そのときに、ノートをちゃんと取っていれば、ノートを見ながらわからないところを見ると、理解できます。

【ノートを取る意味は?】④復習がスムーズにできる

Uwcvxpv99znmthpxvvmg
先程、紹介したように教科書に書かれていないことを黒板にわかりやすく書いてくれます。 社会人も復習をするときに、ノートを見ればスムーズに復習することができます。

関連記事

Wazuklqwxsphuuileh9o
ノートに書くのとタイピングをする場合は、どちらのほうが記憶に残るのでしょうか? ノートに書くほうが記憶に残ると思いますよね。 しかし、記憶力に関してはノートに書くのもタイピングをするのもどちらも変わりません。 ただ、意味の内容や理解力はノートい書くほうが良いとされています。 そのため、テストなどでの成績が高いと言えます。 小学生、中学生、高校生。大学生はテストの成績、社会人は資格の合格など成功する確率が高くなります。
Qvoakpcis8cb5ljtsty5
わかりやすいおすすめのノートの取り方①〜⑤をみてみましょう。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】①書きすぎに注意

ノートを取ること自体はとても良いことですが、書きすぎるのもよくありません。 特に女子に多いく、カラフルに色を付けたり、綺麗に書いたりします。 わかりやすく色を付けるのはいいのですが、綺麗に書こうと意識が集中しすぎてしまい、理解しないでノートを綺麗に書くことが目的になってしまいます。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】②色を使ってわかりやすくする

Spztltfzl8pjct51v5b7
重要な部分をマーカーペンや赤いペンを使うと覚えやすくなります。 また、オレンジのペンを使うと赤いシートで見えなくなるので、問題を解きやすくでき、電車などの通学のときにも使えます。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】③書き出す

ノートを取るときに、自分で疑問に思ったり、気づいたことがでてきます。 それをノートに付け足しながら、書き出すとわかりやすく、記憶にも残ります。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】④ノートが切り取れるものを使う

Ntofgsvr8cpbxlbhgq1k
普通のノートは切り取れないですよね。 ルーズリーフのノートを使えば、間違った部分や理解した部分を取ったりできてとても便利で管理しやすいです。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑤テーマごとにまとめる

教科書には題名など見出しがあります。 それに合わせてノートを使っていくと、見返したときや教科書のページと同じ場所を開けるのでとても勉強しやすいです。
Ok41xznlvuieyxlaw9z0
わかりやすいおすすめのノートの取り方⑥〜⑩をみてみましょう。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑥テーマと日付を記入する

Yvle3k5w7lhlw29rahkd
ノートを取ったときの日付を書いておくことで、いつ授業を受けたかわかります。 また、テーマは大きく書いておくとわかりやすいです。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑦見出しをずらす

教科書にもあるように、大見出しと小見出しがあります。 ノートも書くときに大見出し小見出しをわかりやすくすると良いです。 見出しを書いたら、少し行を開けて書くなど工夫すると良いです。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑧図、グラフを使う

Yrypxzd1pubrpyfuya8f
文字だけではどうしてもわかりづらい場合もあります。 そのような場合は、図やグラフを使ったりすると記憶にも残りやすいです。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑨コピーする

P9bi2narpf81fqsbiwrl
ノートに取りたくても文章が長すぎたりする場合は、コピーをしてノートに貼り付けるのも1つの手です。 そのコピーしたものに、マーカーを使ったりするとわかりやすいです。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑩付箋を使う

B6ubnb69smqg9o7nshmu
使っている人も多いと思います。 付箋は小学生、中学生、高校生、大学生、東大生、社会人まで幅広く使われています。 理解できないところや重要なところに付箋を貼っておくとすぐにそのページを開けて便利です。
Pbu38cnjnizyhhsdrrgp
わかりやすいおすすめのノートの取り方⑪〜⑮をみてみましょう。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑪ノートを分割して使う

大学生や東大生、社会人でノートを分割して使っている人もいるかと思います。 3分割にして、黒板に書かれたとこを書く場所、自分で思ったことを書く場所、最後にまとめのように書くと理解力が高まります。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑫まとめは授業が終わったら

ノートは授業中に書き、授業が終わったら書き終わってなくてはいけません。 そのため、綺麗にまとめたりする場合は、授業が終わってからまとめるよにしましょう。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑬見てわかるように

ノートを取るものの、ノートを読まなくてはわからないでは意味がありません。 1番は、自分がノートを見てすぐわかるようなノートを作りましょう。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑭疑問は書く

自分でここが疑問だと思ったら、ノートに書いておきましょう。 後から調べられることができますし、先生に聞きに行くことができます。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑮先生の話に注目しながら聞く

先生が、『なぜなら』、『しかし』、『つまり』などの接続詞があればテストに出る確率が高いです。 その言葉に注意しがら、ノートを取るとテスト勉強もしやすくなります。
Aphnp0w2eeyn467cvxdo
わかりやすいおすすめのノートの取り方⑯〜⑱をみてみましょう。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑯みんなの前で説明するつもりで書く

社会人は、プレゼンなど説明することがあります。 そのように、たくさんの人の前で説明するつもりで書くと自然と記憶に残ります。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑰予習する

U042vgesillql0ilqlp0
復習、予習は大切です。 予習しておくと、授業のときに詳しい内容が入って、理解力も高まります。

【わかりやすいおすすめのノートの取り方】⑱頭を使うことを意識する

ただただノートに写すのは、意味がありません。 黒板に書いてあること、先生の話を聞くことを意識して理解することが大切です。
メモリーツリーはご存知でしょうか? 漫画やドラマでもある『ドラゴン桜』では、東大生を目指して勉強をしていく物語で、その勉強方法でメモリーツリーがでてきます。 メモリーツリーとは、大きな木を書きキーワードを葉っぱに書いて増やしていくもので理解力も高く、面白く勉強ができます。 東大生になるのも夢ではないかもしれません。
東大生や社会人に多く使われているコーネル式ノートです。 慣れるとスムーズに覚えやすい方法です。 東大生を目指せるかもしれませんよ!
Tzbzw2wkchqcxyioys0e
付箋ノートは、中学生、高校生、大学生、社会人に最も人気があります。 理解力が高まり、簡単に取り外しが出来るのでとても便利です。
Eysnx1sljfvetpvwh7dy
勉強のノートは、どの教科も原因や理由を書いていくようにしましょう。 自分がわからないところは、特に要点などをまとめて書くようにしましょう。
Spu8uzv96n75w4f0i0sx
ミーティングやプレゼンなどするときは、事実と背景を分けて書くことでわかりやすくなります。 学生の勉強と同様に要点をまとめておくようにしておくといいです。

関連記事

今回、ノートのとり方・まとめ方!東大生も小中高校生におすすめのわかりやすいノートのコツについて紹介してきましたが、いかがでしたか? 小学生、中学生、高校生、大学生、社会人幅広くノートは使います。 ぜひ、参考にして試して成績アップやプレゼンなどを成功させましょう!