Nyonmij1f8ka1byszkd3

アクセサリー

CATEGORY | アクセサリー

レジンの作り方まとめ!アクセサリーを簡単に作ろう【100均】

2018.08.23

レジンでアクセサリーを作ったことがありますか?人気だけど作り方がわからない、簡単に作れるの?という方に、今回は、100均のパーツ・レジンを使った簡単に作れるピアスやストラップ、キーホルダーの作り方や、100均の材料でできる話題の宇宙塗りもご紹介します。

  1. レジンって何?
  2. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】必要なもの
  3. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】作るものによって違う材料
  4. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】ビジューピアス
  5. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】モールドで初心者でも簡単ピアス作り!
  6. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】ミール皿で
  7. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】組み合わせでもっと可愛くアレンジ
  8. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】宇宙塗りをマスターしてストラップ・キーホルダーを作ろう
  9. 【100均で簡単!レジンアクセサリーの作り方】宇宙塗りができたら水面アートにもチャレンジ!
  10. 簡単レジン作りでアクセサリーをもっと楽しもう
「レジン」という言葉を聞いたことがありますか?レジンとは樹脂のことで、作るときは液体なのですが、紫外線に当てると固まるんです。UVライトを使ってレジンで自分好みのストラップやキーホルダー、アクセサリーを作る方が多くいます。作り方はとても簡単なので、初心者の方でも作ることができますので挑戦してみましょう。

関連記事

UV/LEDライト

セルフネイルで持っている方もいる一般的なUVライトですが、LEDに対応しているレジンもあります。LEDライトの方がライトを交換する頻度は減りますが、UVライトの方が安く手に入ります。また、初心者の方は、いきなりUVライトを購入するのは少し気が引けるかもしれません。時間はかかりますが、太陽光でも固めることができるので、UVライトを購入するのを考えている方は試してみてください。

道具

ニッパーやヤットコなど、パーツ同士を丸カンで繋げたり、不要な部分をカットする時に使います。持っておくと作業が捗りますので、購入しておくことをおすすめします。100均にも売っているので、チェックしてみてください。
ピンバイスです。型にレジンを流し込んで作る場合、レジンに穴を開けて金具を通してパーツとつなげる必要がありますが、ピンバイスを使うと穴を開ける時に便利です。こちらも100均で購入することができます。

レジン液

ピアスやキーホルダー、ストラップ作りなど、クリアタイプのレジン液は多く使われますので、持っておきましょう。100均でもクリア以外にピンクや青、乳白色など沢山のレジン液を取り扱っているので、初心者の方は迷わず100均で揃えることをおすすめします。

型やパーツ

こちらはモールドと呼ばれる型です。シリコンでできている物が多く、何度も使えます。写真はダイソーの商品ですが、形や大きさが様々あり、立体的な物を作りたい時におすすめです。
ミール皿と呼ばれるパーツです。こちらに直接レジン液を流し込んで作ることができます。穴の部分があるので、穴あけせずにピアス金具やストラップ、キーホルダーと繋げられます。
こちらは外枠だけの型になります。そのままパーツとして使っても可愛いですね。隙間が空いているところにレジンを流し込むので、初心者の方だと漏れたりすることもあります。レジンに慣れてきたら、使うようにしましょう。
他に必要になるのはパーツです。レジン液と一緒に入れるドライフラワーやパール、ラメ、シールなど、好きなものを詰め込みましょう。100均に材料は沢山あるので、型や道具だけでなく、パーツも揃えてみてください。ハンドメイド専門のお店で買うよりも安く済ませられます。

ピアスの場合

ピアスの場合、フック型のピアスや直線のもの、お好みで選びましょう。レジンで作るアクセサリーを先にイメージしておくと、決めやすいです。
イヤリングにはイヤリング用の金具を揃えます。ピアス、イヤリングを付けたいけど金属アレルギーがあって心配という方はハンドメイド専門店で購入しましょう。100均にもノンホールピアスという樹脂のイヤリングが売ってある場合があるので探してみてください。

ストラップ・キーホルダーの場合

ストラップやキーホルダーは好きなパーツを選びましょう。引っ掛けられるタイプや丸カンのみがつながっているものなど、種類が豊富にあります。レジンで作るチャームの大きさに合わせてキーホルダーやストラップのサイズや形を選ぶのもおすすめです。

クリアファイルを用意

クリアファイルは作業台になります。いらないクリアファイルを適当な大きさに切って置きましょう。モールドを使う場合は不要です。ミール皿を使うときに固定したり、パーツ同士を組み合わせるために土台として使えるので、作っておくと便利です。

パーツを組み合わせる

ビジューやパール、ビーズなどお好きなパーツを組み合わせて見ましょう。レジン液はまだ使わず、パーツの組み合わせをシミュレーションしてみます。
ビジューやパールを組み合わせてレジンで固定した場合、背面が丸見えになって見た目が悪いこともあります。その時は、透かしパーツと呼ばれるものを背面に固定しましょう。パーツができてから固定しても、透かしパーツに固定しながら作っても綺麗にできあがります。

レジンで固定

組み合わせが決まったら、写真に撮って置いたり覚えて、レジンで固定します。レジン液をクリアファイルに少量だして、パーツをレジン液の上に乗せていきます。配置が決まったら、UVライトやLEDライト、太陽光で硬化しましょう。固定したら、アクセサリーパーツと繋げて完成です。

モールドにレジン液を流す

モールドで作る場合は、レジン液をモールドに流し込みます。薄く全体にレジン液が行き渡るようにレジン液を乗せていきましょう。初心者の方に限らず気泡ができてしまうときもあるので、その時は、爪楊枝やレジン用のヘラ、ニードルのようなものを使って気泡をなくしてから硬化しましょう。

パーツを埋め込んで硬化

好きなパーツやシールを乗せていきましょう。初心者の方は裏表がないようなパーツを使うと綺麗にできます。厚みがあるモールドは、奥行きを出したり立体感が出るので、慣れてきたら挑戦してみてください。

アクセサリーパーツとつなげる

ヤットコでパーツ同士を繋げていきます。ピンバイスで穴を開け、丸カンを通してピアス金具やイヤリングパーツなどと繋げましょう。
ミール皿で作るときは、気泡が入らないようにレジン液を流し込み、好きなパーツを乗せて硬化させ、アクセサリーパーツとつなげれば完成です。丸カンが通る穴がついていることが多いので、初心者の方でも簡単にできます。
写真は9ピンにパールと小さめの透かしパーツをさして、レジンで作ったパーツを繋げています。パールの部分が揺れるのでとても可愛らしいデザインですね。
ビジューで作ってはみ出た透かしパーツの部分にリボンを付けています。透かしパーツは元々穴が空いているので、初心者でも簡単にこんなにおしゃれでガーリーなピアスも作れます。リボンは細めの物を使うと華奢な雰囲気が出ておすすめです。
宇宙塗りってご存知ですか?宇宙塗りはレジンやマニキュア、ラメを使って宇宙を表現するやり方です。宇宙塗りとアンティークなパーツを組み合わせることで、独特の世界観が出ます。黒や青、暗い色をベースにマニキュアを塗って、ラメやパーツを重ねていくとでき、話題になっているので、レジンでアートに挑戦してみたくなったら、宇宙塗りに挑戦してみてください。
宇宙塗りができたら、水面アートにも挑戦してみましょう。青や水色のマニキュアで濃淡を塗った後、砂浜を表現するためにクラッシュシェルをレジンで置いて硬化させます。マニキュア部分にも薄くレジンを重ねて硬化させておきましょう。乳白色のレジン液を薄く伸ばし、硬化しないままランダムにクリアなレジン液を乗せていくと水面アートに!最後に全体にレジン液を乗せてもう一度硬化させれば完成です。

関連記事

いかがでしたか?100均の材料で簡単にレジンアクセサリーが作れるのはとても魅力的ですよね。ぜひ、お気に入りのアクセサリーをいっぱい作ってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bmdgc7ugQ-T/?tagged=%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%A2%E3%82%B9