Balovv6kqx7fbkidp5cd

ダイニング

CATEGORY | ダイニング

液晶テレビのサイズおすすめ【2018】サイズ一覧・部屋や距離別選び方

2018.08.20

2018年おすすめの液晶テレビサイズ特集!2018年おすすめの液晶テレビをサイズ一覧、一人暮らし・ファミリータイプなどお部屋ごとの距離による選び方などもご紹介します。サイズや種類が多く悩みがちな液晶テレビもこれを読めばすっきり解決!

  1. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】液晶テレビの種類~液晶テレビ~
  2. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】液晶テレビの種類~有機ELテレビ~
  3. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】目的別テレビの選び方
  4. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】その他の性能もチェック
  5. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】液晶テレビのサイズ一覧
  6. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】部屋の大きさ別おすすめサイズ
  7. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】テレビサイズ別のおすすめ距離
  8. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】おすすめ4Kテレビ
  9. 【2018年おすすめ!液晶テレビサイズ一覧、一人暮らし部屋・距離など選び方も】おすすめ有機ELテレビ
  10. まとめ
引用: https://i2.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/02/58a23b8c150d7.jpg?fit=626%2C470&ssl=1
液晶テレビとは、色の付いたフィルターをバックライトであて、映像を表現する仕組みのテレビです。大画面でも低コストで生産できるため、今では比較的安価で購入するが可能になっています。しかし、バックライトを当てて表示するため、どうしても黒色を綺麗に映すことができないというデメリットがあり、映像表現において映画鑑賞やテレビゲームなど、黒を多用する映像では本来の色が綺麗に表示されないという点もあります。
ひとえに液晶テレビといっても種類があります。はじめに液晶の種類からご紹介します。タイプ別のおすすめ用途もしっかりとご紹介しますので、参考にしてみてください。

フルHD

引用: http://i.gzn.jp/img/2011/05/28/bravia_kdl_32cx400/01.jpg
ほとんどの液晶テレビがこれに当てはまり、比較的安価なのもこちらです。解像度は1980×1080です。フルHDの液晶テレビは、大小様々なインチが発売されており、一人暮らしや寝室での使用など、目的に応じたテレビ探しがしやすい種類でもあります。
とにかくリーズナブルに映像を楽しみたい方におすすめです。映画鑑賞やテレビゲームもHD画質で楽しめます。

4K

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Iz671AzIL.jpg
近年話題の4Kテレビ。フルHDとの大きな違いは解像度です。解像度とは画面の細かさを表すのですが、この数値が大きいほど繊細で美しい映像表現が可能となり、高画質でのコンテンツを楽しめます。4Kとは3840×2160の解像度のことで、フルHDの解像度の約4倍もの性能となっており、フルHDよりも美しい映像体験ができます。
ただし、購入の際には注意が必要で、テレビ放送を4K画質で受信するには4K専用のチューナーが必要となります。もともとチューナーがついている機種ならば、テレビ放送も4K画質で楽しむことができますが、ついていない場合は別途購入し取り付ける必要があります。2018年末には地上波放送が4Kになるといわれているため、テレビ番組も4Kで楽しみたい方はぜひチューナーも揃えたいところです。

関連記事

引用: https://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/1038/702/495.JPG
有機エレクトロ・ルミネッセンス(Organic Electro-Luminescence)の略である有機ELテレビ。液晶テレビにはない魅力を持った最近人気の次世代テレビです。

本体の薄さ、省エネ性能が魅力

引用: https://getnavi.jp/wps/wp-content/uploads/2016/01/GN1602_28_B_P-690x518.jpg
有機ELが人気になっている理由として、本体の薄さと圧倒的な省エネ性能が挙げられます。有機ELは電圧がかかると自身が発光する素子を利用しているためバックライトが不要となっており、本体の薄型化に成功しています。また、バックライトがない分、多くのエネルギーを必要としないので電量の定量化、省エネルギーの実現を可能としています。
壁掛けでスマートに飾ることができますし、インテリアの邪魔にもならない薄いフォルムはすっきりとしてとても綺麗です。本体の熱も抑えられるため、壁際にぴったりつけて置いても危険性がないところも魅力的です。

視野角の広さ

引用: http://image.itmedia.co.jp/gg/articles/1205/25/ah_OLED.jpg
液晶テレビは見る角度によってバックライトの光が遮断されるなど、一部でコントラストの変化が発生するのですが、有機ELテレビは素子それぞれが自身で発光するため、どの角度から見てもコントラストの変化が起きず、くっきとした映像を楽しめます。大人数集まっての鑑賞やゲームなど、正面以外から見る人がいる状況でも、全員にはっきりとした映像を見せることができます。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-cHdnV8SppEU/WK5-nzEh69I/AAAAAAAAAGo/RkMTTNomrOIlvekaENfFCfq3UPcUCgh5QCEw/s640/DSC_0010.JPG

スポーツや映画など激しい動きのある映像を楽しみたいなら

引用: http://www.ioplaza.jp/knowledge/img/no24/img2_1.jpg
激しいアクションや動きを正確に綺麗に表現するには、液晶の処理機能が必要となってきます。処理能力が低いと残像が発生する原因にも。現在処理する技術として、倍速液晶、倍速駆動、オーバードライブ回路などがあります。激しい動きを臨場感ある表現で楽しみたいという方は、この機能が備わったテレビを選ぶことをおすすめします。

滑らかな美しい表現を求めるなら

引用: http://www.ioplaza.jp/knowledge/img/no24/img2_2.jpg
美しい風景や景色などをくっきりと表現したり、色の変化をリアルに綺麗に再現するためには映像処理性能が重要になってきます。これはメーカーでは映像エンジンと呼ばれるもので、高性能なエンジンが使用されているテレビほど、画面に表示される映像表現は滑らかでとても美しいです。

とにかく高画質を楽しみたいなら

引用: http://www.ioplaza.jp/knowledge/img/no24/img2_3.png
テレビも映画もゲームも、とにかくコンテンツをハイクオリティに楽しみたいという方は、テレビの解像度が高いものを選ぶようにしましょう。解像度は4Kが圧倒的に高く、フルHDの約4倍もの解像度を誇ります。すでにゲームやYOUTUBEやネット不リックスなどのストリーミングネット配信サービスなどでは4K対応のものも多く配信、発売されており、手軽に高画質の映像を楽しむことができるようになっています。
引用: http://www.ioplaza.jp/knowledge/img/no24/img3_1.png
映像表現や処理能力、解像度はもちろん重要ですが、テレビを購入する際に重要な要素がもう一つ。それは、オプションとなる機能のチェックです。
引用: https://www.biccamera.com/bc/c/av/tv/images/rec_play_dubbing.png
例えば録画機能がついているか、ブルーレイが再生機能がついているか、などなど多くのオプション機能があり、購入するテレビにはどんな機能を求めるかが重要になります。録画機能でも、一週間分全ての録画する機能なども出ており、非常に便利な機能がたくさん登場しています。
購入の際は、オプション機能もチェックするようにしましょう!
引用: https://magazine.premoa.co.jp/wp-content/uploads/2016/12/hisens_tv1.jpg
液晶テレビには多くのサイズがあります。○○V、○○インチなどと表示されている部分がサイズとなり、テレビ画面の対角線の長さによってサイズが決まります。結局何センチなの?と疑問に思う方も多いと思いますので、インチ数とそれぞれのサイズをセンチ表記でご紹介します。

サイズ一覧

引用: https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2017/12/HJ24K3121_F.jpg
※フレームを除く画面のサイズです。
19インチ・・・48.26cm(高さ23.70cm、幅42.10cm)
24インチ・・・60.96cm(高さ29.90cm、幅53.10cm)
32インチ・・・81.28cm(高さ39.80cm、幅70.80cm)
37インチ・・・93.98cm(高さ46.10cm、幅81.90cm)
40インチ・・・101.60cm(高さ49.80cm、幅88.50cm)
43インチ・・・109.22cm(高さ53.50cm、幅95.20cm)
45インチ・・・114.30cm(高さ56.00cm、幅99.60cm)
48インチ・・・121.92cm(高さ59.80cm、幅106.20cm)
49インチ・・・124.46cm(高さ61.00cm、幅108.50cm)
50インチ・・・127.00cm(高さ62.30cm、幅110.70cm)
55インチ・・・139.70cm(高さ68.50cm。幅121.70cm)
58インチ・・・147.32cm(高さ72.20cm、幅128.40cm)
60インチ・・・152.40cm(高さ74.70cm、幅132.80cm)
65インチ・・・165.10cm(高さ80.90cm、幅143.90cm)
70インチ・・・177.80cm(高さ87.20cm、幅154.90cm)
75インチ・・・190.50cm(高さ93.40cm、幅166.00cm)
80インチ・・・203.20cm(高さ99.60cm、幅177.10cm)
100インチ・・・254.00cm(高さ124.50cm、幅221.40cm)
引用: http://www.ioplaza.jp/knowledge/img/no24/img1_2.png
推奨されるテレビの大きさは環境や目的によって異なりますが、目安となるサイズ感があります。いくら大きいサイズに憧れるからといって、小さい部屋に大きなテレビを置いてしまってはミスマッチとなりますし、目を悪くする原因などにもなります。まずは部屋のサイズをきちんと考慮し、テレビのサイズを選ぶようにしましょう。

部屋の間取り別おすすめサイズ

引用: https://prtimes.jp/i/28279/1/resize/d28279-1-650444-0.jpg
4.5畳未満・・・32インチ
4.5~6畳・・・40・43インチ
6~7畳・・・46インチ
8畳・・・49インチ
8~10畳・・・52インチ
10畳以上・・・60インチ以上
引用: https://www.sizekensaku.com/sonota/img/tv_zatu1.jpg
テレビを見やすく、綺麗に楽しむためには距離が重要です。テレビサイズに応じたおすすめ距離をご紹介します。あくまで目安なので、お部屋の環境や用途によって求める距離感が異なってきますので参考程度に捉えてください。

テレビサイズ別のおすすめ距離~フルHDの場合~

引用: http://www.ioplaza.jp/knowledge/img/no24/img1_1.jpg
32インチ前後・・・約1.2m
40インチ前後・・・約1.5m
43インチ前後・・・約1.6m
50インチ前後・・・約1.9m
60インチ前後・・・約2.2m
70インチ以上・・・約2.6m以上

テレビサイズ別のおすすめ距離~4K・有機ELの場合~

引用: https://faq.support.sony.jp//qa/servlet/servlet.FileDownload?file=0155F000005O6OXQA0
32インチ前後・・・約0.6m
40インチ前後・・・約0.7m
43インチ前後・・・約0.8m
50インチ前後・・・約0.93m
60インチ前後・・・約1.1m
70インチ以上・・・約1.3m以上
引用: http://www.cdn.the360.life/ecimage/article/3/3206/top.jpg?t=180323230722
おすすめの4Kテレビをご紹介!フルHDもまだまだ減益ですが、プラズマテレビがなくなったように、時代はハイクオリティの4Kが主流になってきます。これから買うなら4K!下記サイトでは4Kテレビをおすすめランキング形式で紹介しています!購入の際の目安として役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。
引用: https://i0.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/5a2a58afef49c.jpg?fit=750%2C422&ssl=1
次世代テレビとして今後の主流を担う有機ELテレビ。いまだ高額ですが、最高クオリティであることは間違いがありません。どのコンテンツも世界最高のクオリティで楽しみたいという方はぜひ有機ELを!わかりやすいランキングサイトで、何を買うか参考にしましょう!

関連記事

引用: http://zeitgeist.jp/wp-content/uploads/%E5%A3%81%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%92%E3%82%99%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%99%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%92%E3%82%99%E5%8F%B0FSM%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%AD%A3%E9%9D%A2-light.jpg
いかがでしたか?主流の液晶テレビ、次世代の有機ELテレビと選び方をご紹介しました。お部屋の大きさはもちろん、目的に合わせて機能や種類を選ぶことが満足のいくテレビ選びの条件です。決して安い買い物ではないからこそ、しっかりと考えて納得のいくテレビを選びましょう♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://vipworks.net/wp-content/uploads/2015/09/bouroullec-samsung-serif-television-designboom-gallery09.jpg