Moct5t0fr77qauti8td9

メリット

CATEGORY | メリット

プロジェクターヘッドライトのメリットデメリット【埋め込みや構造】HIDなど

2019.03.23

プロジェクターヘッドライトは、従来の埋め込みハロゲンライトと構造面で比べても、暗い範囲も少なく、メリットが大でデメリットは少ないですね。hidが主のライト、コスト低下でled化も進みそう。プロジェクターヘッドライトのメリット&デメリットをご案内します。

  1. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察1「プロジェクターヘッドライトって何ですか?」
  2. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察2「ヘッドライト本体の種類」
  3. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察3「構造と重要性」
  4. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察4「歴史的な背景」
  5. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察5「他のライトとの比較」
  6. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察6「バルブの発光位置の重要性」
  7. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察7「2灯式と4灯式の違い」
  8. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察8「プロジェクターヘッドライトが普及する理由」
  9. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察9「HIDについて」
  10. プロジェクターヘッドライトの構造などからメリット&デメリットを考察10「LEDについて」
  11. プロジェクターヘッドライトで運転も快適に
プロジェクターヘッドライトとは簡単に言うと光をレンズで拡大し照射する仕組みのヘッドランプです。レンズが球面になっていることから魚眼レンズと言ったりもします。まん丸のレンズなので車のヘッドライトがより生き物の目のように見えるようになりましたね。 車のフロントマスクを顔と言ったりする人もいるくらいなのでそういう意味では車のフロントデザインに躍動感を与える役割があるのかもしれません。丸い可愛いヘッドライトの車はより可愛く、つり目のヘッドライトの車はより精鋭に。そんな効果もあるのではないでしょうか?

プロジェクターヘッドライトは、レンズを通して光を照射するタイプのライトです。反射板がいらないので、小型に出来ます。

関連記事

【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】ヘッドライト本体は、主にリフレクターヘッドライトとプロジェクターヘッドライトの2種類。この2つの違いはヘッドライトの中身、鏡状になっているかレンズがついているかの違いとなっています。
プロジェクタータイプは本体が非常にコンパクトでリフレクターの3/1(車種によりますが)くらいのサイズなので、最近流行りの細目のヘッドライトに多く使用されており、カットライトがハッキリ出るので、ヘッドライトをどれだけ明るくしても対向車が眩しくないと言うメリットもあります

従来のマルチリフレクターヘッドライトは光が分散し、本来必要ないところまで照らされていました。プロジェクターヘッドライトはプロジェクター内部にリフレクターがあり、内部で反射させた光をレンズに集めて必要な個所にだけ無駄なく照射することができます。そのためマルチリフレクターヘッドライトに比べて拡散がなく、光の境目(カットライン)がはっきりしているのが特徴です。

【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】構造的な面から考えても、従来のヘッドライトより、プロジェクターヘッドライトにチェンジした方が、メリットが大きいようですね。
プロジェクターヘッドライトが初めて採用されたのは1986年ドイツの高級自動車メーカーBMWと言われています。その翌年には日産のスカイラインにも採用されました。 前述のとおり以前は一部の高級車にしか見られなかったタイプのヘッドライトですが、現在ではほとんどの車で採用されています。最近では軽自動車でも見かけますね。 また、ロービームはプロジェクター、ハイビームはマルチリフレクターという両方採用する車も多くあります。

【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】産業革命以来、車の性能も一気に加速して進化してきました。ヘッドライトもどんどん新しく性能の良いものが開発されているのですね。
マルチリフレクターヘッドライトは名前の通り、お椀の形をした多面の反射板を利用して光を照射します。反射板の角度をコンピュータを使って設計するので、効率よく照射ができる仕組みとなっています。 マルチリフレクターヘッドライトは仕組み上、光が拡散するのでプロジェクターヘッドライトに比べると光の境目がぼんやりしています。また、ヘッドライトのデザインを複雑にできるというメリットがあり、ヘッドライトの形状はその車のアイデンティを表す重要な要素になりました。プロジェクターヘッドライトが普及するまでは最も主流なヘッドライトの構造でした。

【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】様々な形状や性能のヘッドライトが、登場しては消えての繰り返しでした。今後しばらくは、ハロゲンライトから移行して、プロジェクターヘッドライトの時代になっていくのでしょうね。
Rnjav4gg5s2jq3dk6sqo
引用: https://www.instagram.com/p/BuYlYiClv3o/
【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】ヘッドライトバルブをハロゲンからLEDやHIDに交換した際、バルブの発光位置が合っていなくて、カットライトが出なかったり、全く明るくならないことが起こります。特に、安い社外品には要注意ですね。
バルブの発光位置が変われば(ハロゲンバルブから安価なHID.LEDに交換した場合)リフレクターの反射を上手く使えなくなり、色んな方向(乱反射)に光が反射し、配光のバラつきが発生して、逆にヘッドライトが暗くなりカットライトがでません。 ハロゲンバルブからハロゲンバルブは発光位置は変わらないので、基本的には暗くはなりませんが、極端に安いハロゲンバルブは発光位置を考えて作っていない場合があるので、暗くなる可能性があります。

【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】ヘッドライトは、2灯式&4灯式と言われる種類に分かれています。2灯式は、片側ヘッドライトのロービームとハイビームを1本のバルブで切り替えるタイプです。両側にバルブが2本あります。 4灯式は、片側ヘッドライトのロービーム1本とハイビーム1本の計2本で切り替えるタイプです。両側でバルブが4本となります。
2灯式、4灯式と言う呼び方は、ヘッドライト両側でロービーム、ハイビームで何本のバルブを使用しているかと言うことです。

以前は一部の車にしか採用されていなかったプロジェクターヘッドライトがこんなにも普及した理由のひとつは量産によりコストが下がったことが上げられます。 安全面で見れば、照射の無駄がないため対向車や歩行者が眩しくないという利点があります。また、最近搭載車が増えたLEDヘッドライトは光源が小さくマルチリフレクターとは相性が良くありません。HIDはマルチリフレクターでは光が拡散するため、対向車の迷惑になるというデメリットもあったようです。そういった観点からプロジェクターヘッドライトが採用されるようになったのです。 さらに、HIDとLEDはハロゲンに比べると発熱が少なく、消費電力が非常に少ない、長寿命というメリットもあります。

【暗い範囲の少ないのがプロジェクターヘッドライト。ただ、埋め込みバルブの位置調整不足により不良状態に注意要。現在の主流がhidライト。今後価格低下でled化が進みそう。】車に使用される各部のパーツ、時代と共に技術の進化と新しい素材によって、優れた性能のものが誕生してきます。性能&単価が充分であれば、当然に普及していくもので、プロジェクターヘッドライトは時代のニーズに合致したのでしょうね。
HIDとは、High Intensity Dischargeの略で、一般にディスチャージヘッドランプとも呼ばれています。 通常ヘッドライトに使用されるハロゲンランプは、ハロゲンガスを封入した密閉容器内で、フィラメントという金属製の芯材が発熱、 発光することで光ります。 HIDにはフィラメントはありません。インバーター・イグナイターユニットという部品で車両の電力(12V)を高電圧(約2万V)にし、 バルブ内の電子と金属原子を衝突させ(アーク放電)、強く美しい光エネルギーを作り出しているのです。 また、フィラメントを持たないため電球が切れるということがありませんので、コスト・パフォーマンスも抜群です。

HIDランプの主な特徴としては、①明るさ:ハロゲンランプの2~3倍。②寿命:ハロゲンランプの約5倍。③省エネ:ハロゲンランプの約1/2。これらのことから、ハロゲンランプに比べ、バッテリーの負担もかなり軽減されますね。更には、透明感のある美しい光で、目立ち度もかなり優れていますね。
近年、徐々に普及し始めた電気自動車などは、消費電力が最も少ないLEDヘッドライトと相性が良いので今後さらに増えるものと思われます。

LEDヘッドライトとHIDヘッドライト、どちらも消費電力が少なく、オルタネータ(発電機)もかなり小さくできるようになりました。そのため、エンジンへの負荷の低減から、燃費も良くなるという嬉しい効果も見込めています。

関連記事

今回は、プロジェクターヘッドライトに関しての情報をご紹介致しました。いろいろな面から考察して、メリットやデメリットを見てきましたが、どんどんと普及しているプロジェクターヘッドライト、やはりメリットの方が大きいのでしょうね。従来のハロゲンライトより、性能も上昇して燃費にまで影響がでるなど、使用者にはグッドなヘッドライトと言えますね。