Oo88fzxdaz1qaeiel62w

暮らし

CATEGORY | 暮らし

結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?

2018.08.23

大切な結婚式と生理が被ったらどうしよう!と不安でお困りの方はいませんか?真っ白なウェディングドレスや白無垢を着るため、生理を気にする人が多いと思います。結婚式の日は、そんな心配したくないですよね?今回は、結婚式と生理が被ったときの対策方法などをお伝えしていきます!

  1. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】結婚式と生理が被った!トイレに行ける回数は?
  2. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】被りそうなときの対策①お腹を温める
  3. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】被りそうなときの対策②ピルで調整する
  4. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】被りそうなときの対策③スキンケア対策
  5. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】生理になったときの対策①タンポンとナプキンを使う
  6. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】生理になったときの対策②生理用ショーツ
  7. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】生理になったときの対策③生理痛を和らげる
  8. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】生理後の対策①インクリア
  9. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】生理後の対策②おりものシートをつける
  10. 【結婚式と生理が被った?!白いドレスを汚す不安をなくす対策は?トイレは行ける?】まとめ
結婚式・披露宴が始まってからトイレに行ける回数は、だいたい3回くらいで、挙式前、挙式直後・披露宴前、お色直し中のタイミングでトイレに行けるそうです。万が一、結婚式に生理がきてしまった場合、介添人の方に伝えてトイレに行く回数を増やしてもらいましょう。事情をきちんと伝えておけば、トイレの回数を増やしてもらえるそうです。また、ウェディングドレスを着る前には必ずトイレに行くようにしましょう。
事前打ち合わせの際に、トイレの回数の確認や生理への不安を伝えておいてもいいかもしれませんね。他の花嫁さんがどのように対策されているのか、ウェディングプランナーさんが教えてくれるはずです。

関連記事

生理前や生理中にお腹が痛くなる人も少なくありません。生理が始まりそうなら、予めお腹を温めて、冷やさないように気をつけましょう。お風呂に入ったりマッサージをするだけで、生理痛が治まってきます。また、結婚式のために、あったかショーツや温熱シートなどを準備しておきましょう。
結婚式当日にむくみや冷え性に悩まされないように、しっかり対策を行っておきましょうね!
結婚式と生理が重なりそうだなと不安な人は、ピルを服用し生理日を調整することができます。結婚式予定日と生理予定日を婦人科で伝え、ピルを処方してもらいます。生理を早め、結婚式の前に終わらせたい場合は、結婚式の約1ヶ月前から約2週間服用します。生理を遅くして、結婚式後に生理を迎えたい場合は、結婚式の約1.5週間前から結婚式当日まで服用します。
結婚式の準備は大変です。結婚式の準備でストレスが溜まったり過激なダイエットをして周期が乱れることがあります。普段は決まった周期で生理がくる人も、ピルの服用をご検討ください。また、服用時に吐き気などの副作用を感じる場合があります。ピルを飲んだことがない場合は、数ヶ月前から試しに飲んでみても良いと思います。
生理前はニキビができたり肌が荒れることが多くなります。また、肌が敏感になり、紫外線に弱くなるので、シミができやすくなります。そのため、生理前のスキンケアは、特に保湿や紫外線対策を重視しましょう。

おすすめスキンケア①クレ・ド・ポー ボーテ

クレ・ド・ポー ボーテは、年齢に関わらず、肌の表面と内側からうるおいと輝きをくれるスキンケアラインです。資生堂ブランドなので、安心して使うことができますね。

おすすめスキンケア①HACCI

老舗養蜂園「水谷養蜂園」から生まれた美容ブランドです。高品質なはちみつが贅沢に使用された上質な商品ばかり。いつもと違ったスキンケアが体験できるでしょう。
ここからは、実際に結婚式当日と生理が被った場合の対策をご紹介します。
タンポンを使ったことがある人であれば、タンポンとナプキンのダブル使いがおすすめです。タンポンだけでも十分だと思いますが、ウェディングドレスの汚れが気になる方は、ナプキンを一緒に使うと良いでしょう。
しかし、タンポンを使ったことがない人には、おすすめしません。理由は、タンポンの出し入れに時間が掛かってしまうからです。結婚式中にトイレに行くときは、十分に時間が取れないそうです。慣れてない人は使用しない方が良いと思います。
ショーツタイプのナプキンもおすすめです。ナプキンとショートがひとつになっており、モレを防いでくれます。長時間トイレに行けないときに便利なアイテムです。普通のナプキンよりも値段は高いですが、結婚式当日の生理には欠かせない商品です。
生理中は、頭痛や腹痛などの生理痛に悩まされている人が多いと思います。ロキソニンなどの生理痛の痛み止めを飲んで、結婚式当日の痛みを和らげましょう。普段飲んでいる生理痛の薬があれば、同じ薬を飲むことをおすすめします。披露宴中に痛くなることを想定して、花婿に薬を持っていてもらう人もいるようです。
生理後も油断はできません。おりものが続いてしまったり、ストレスにより生理が長引く場合があります。
市販のアイテムを利用して行う膣内洗浄がおすすめです。膣内洗浄をすることで、おりものの量が少なくなったり、残っていた経血を流すことができるんです。
生理後のおりものや経血の残りが気になる方は、おりものシートをつけましょう。万が一、経血がついた場合でも、ドレスを汚す心配はなくなりますね。また、おりものの匂いが気になる人は、香りつきのおりものシートを選んでくださいね。

関連記事

結婚式と生理が被ったときの対処法をお伝えしましたが、いかがでしたか?結婚式を素敵な1日にするために、生理への不安は予め考えておきましょう。万が一、結婚式当日に生理になってしまった場合でも、対処方法はたくさんあります。焦らずしっかり対策を行いましょう!