Ldi6mpsc0luajjctachp

CATEGORY | 水

ジンの割り方おすすめまとめ!家飲みで活躍するカクテルの名前は?

2019.03.26

家飲みにおすすめなジンをベースにしたカクテル。割り方は様々で、ソーダ割りや水割り、コーラ割り、トマトジュース割りなど、色々な組み合わせでカクテルを作ることができます。今回は家飲みで大活躍するジンのおすすめの割り方について、カクテルの名前とともにご紹介します。

  1. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方
  2. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方①トニックウォーターやソーダ割りで<ジントニック>
  3. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方②ドライベルモットで<マティーニ>
  4. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方③水で割る<トワイスアップ>
  5. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方④レモンジュースで割る<ブルームーン>
  6. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方⑤オレンジジュースで割る<オレンジ・ブロッサム>
  7. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方⑥コーラで割る<ジン・コーク>
  8. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方⑦フレッシュライムジュースで<ギムレット>
  9. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方⑧パイナップルが引き立つ<アラウンド・ザ・ワールド>
  10. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方⑨レモンジュースとソーダ水で割る<トム・コリンズ>
  11. 家飲みで活躍するカクテルの名前は?ジンのおすすめの割り方⑩トマトジュースで割る<ブラッディ・サム>
  12. 家飲みでジンを楽しもう
テキーラ・ラム・ウォッカとともに四大スピリッツと称されるジン。世界的にジンブームが広がる中で、日本でもジンの人気が高まってきています。ジンといえば「ジントニック」「マティーニ」などのカクテルに使用されていることでなじみ深いと思いますが、ジンで作るカクテルは家飲みにもおすすめなんです。
ジンのソーダ割りや水割り、コーラ割り、レモンジュース割りなど…家飲みで活躍する、ジンのおすすめの割り方をカクテルの名前とともにご紹介していきます。バーで飲むようなおしゃれなカクテルも、自宅で手軽に再現してみましょう。

関連記事

ジンをベースにしたカクテルで最もポピュラーなジントニック。世界的に人気のあるカクテルで、シンプルなレシピなだけにジンやトニックの銘柄、デコレーションなどにこだわるほどに奥の深いカクテルです。家飲みでジントニックを作る際のレシピは、氷を入れたタンブラーにジン1:トニックウォーター3の割合で注ぎ、軽くかき混ぜます。デコレーションにライムまたはレモンを飾って完成です。

ソーダ水で割るだけでジントニックに!サントリーアイスジン

引用: https://www.instagram.com/p/Bjw5ZeYljAZ/
サントリーから発売されているアイスジンはソーダ水で割るだけでジントニックが作れる家飲みに大活躍の商品。食事に合うドライな味わいのドライジンで、ソーダ水で割るだけで手軽にジントニックを作ることができます。スッキリ爽やかなソーダにライムとトニックの苦みが効いて食事も進みます。
「カクテルの帝王」とも称されるマティーニ。ドライジンとドライベルモットを材料とするカクテルで、そこにオリーブの実を添えただけのシンプルなカクテルです。デコレーションのオリーブは一般的に辛口カクテルのデコレーションとして使われ、甘口のカクテルにはチェリーが使われます。マティーニの作り方は、ジン4:ドライベルモット1の比率で割りステアして、カクテル・グラスに注ぎます。オリーブを飾って完成です。
トワイスアップはカクテルの名称ではありませんが、お酒と水が半々の飲み方のことを言います。ジン本来の味をしっかりと味わいたい場合は、このとワイスアップという飲み方がおすすめです。ジン1:水1の比率で、ただ水を加えるだけで作れるので家飲みでも簡単に実践できますよ。手軽なのに本格的な味わいを堪能することができます。
「青い月」という名前の通り、薄紫色が美しいカクテルのブルームーン。ジンとヘルメスバイオレット、レモンジュースを加えてシェイクして作ります。割合は1:1:1で、仕上げにレモンピールを月形に切って浮かべれば幻想的なカクテルに仕上がります。見た目の美しさはもちろん、ジンの苦味とレモンジュースの酸味がマッチし、思わずうっとりしてしまうようなカクテルです。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-2f-0e/kachidoki_an/folder/962436/45/43398245/img_0
オレンジジュースが際立ち女性にも飲みやすいと人気のカクテル、オレンジ・ブロッサム。ジン・オレンジとも呼ばれ、オレンジジュースのフルーティーな美味しさとジンのほろ苦さがマッチしたカクテルです。ジンと適量のオレンジジュースをグラスに注ぐだけで出来上がるので、家飲みにもおすすめです。デコレーションにカットオレンジを飾ってみるのも良いでしょう。
引用: http://irukakissa.com/cocktail/photo/orangeblossom.jpg
ジンにコーラを加えたジン・コーク。ジンとコーラは合うの?と思われるかもしれませんが意外にも相性の良い組み合わせで人気のカクテルです。特にジン初心者にとってコーラは強い味方で、コーラがジンの良さを引き出してくれるんです。作り方はとても簡単で、ジンに適量のコーラを加えてステアするだけ。デコレーションにライムやレモンを加えるのもおすすめです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bil0HfPF2bC/
ジンとライムジュースで作るギムレット。このカクテルが生まれたのは1890年のことで、イギリス海軍の軍医、ギムレット卿は健康のためにジンをライムジュースで薄めて飲むように提唱していたそうです。ジン3:フレッシュライムジュース1の比率でシェークしてカクテル・グラスに注ぎます。生のライムジュースを使うか、既製品のライムジュースを使うかはお好みで。
引用: https://www.instagram.com/p/BvcrBVwHeL1/
ジンにパイナップルジュース、ミントグリーンというリキュールを加えて作るアラウンド・ザ・ワールド。世界一周という意味のカクテルで、アメリカのバーテンダー作と言われています。パイナップルの味がひときわ効いたカクテルで、ミントの香りも爽やかなカクテルです。ジン2:ミントグリーン1:パイナップルジュース1の比率でシェークして、カクテル・グラスに注ぎます。グリーン・チェリーを飾ればバーで飲むおしゃれなカクテルに。
19世紀の終わりにイギリスでジョン・コリンズという人物が最初に作ったと言われるトム・コリンズ。ジンをレモンジュースとソーダ水で割ったもので、飲みやすい口当たりのカクテルです。ジン60mlにフレッシュレモンジュース20ml、砂糖小さじ2杯を加えてシェークし、氷を入れたグラスに注ぎます。ソーダ水適量で満たしたら軽くステアし、レモンやチェリーでデコレーションして完成です。
引用: https://www.instagram.com/p/BvT3OMPHrV4/
ジンとトマトジュースで作るブラッディ・サム。トマトジュースで作るカクテルは、ビールと合わせた「レッド・アイ」やウォッカと合わせた「ブラッディ・マリー」がよく知られています。ブラッディ・サムはジンの独特な風味とトマトジュースのコクがマッチして飲みやすいカクテルです。氷を入れたグラスにジンとレモン果汁を注ぎ、トマトジュースを注いで縦に4~5回混ぜたら出来上がりです。市販のトマトジュースで美味しく作れるので、自宅でも簡単に美味しくいただけます。トマトジュースで割ると悪酔いしにくいとも言われていますので、お酒の弱い人にもおすすめのカクテルです。

関連記事

家飲みでも手軽に作れて美味しい、ジンの割り方とカクテルの名前をご紹介しました。気になるカクテルはありましたか?ソーダ割りや水割り、コーラ割りなど、意外な組み合わせもあったかもしれません。どの飲み方でもジンの味わいを活かして美味しくいただくことができるので、ぜひ家飲みでジンをベースにしたカクテルを堪能してみてください。色々な割り方を試して、お気に入りの1杯を見つけてくださいね。