Ty3erxemmso1yz3ulakz

料理

CATEGORY | 料理

クリームリゾットの美味しいレシピ5選!牛乳や生クリームを使った簡単人気レシピ

2018.08.12

お店で食べるような美味しいクリームリゾットのレシピが知りたい!と思っている方に、本格派から簡単派のクリームリゾットの作り方をご紹介します。牛乳や生クリームを使ったとろーりリッチな味が人気の美味しいクリームリゾットのレシピでお家でもお店のような味が楽しめます。

  1. クリームリゾットの美味しいレシピが知りたい!
  2. 【本格クリームリゾットの美味しいレシピ】-作り方のコツ1.アルデンテにする
  3. 【本格クリームリゾットの美味しいレシピ】-作り方のコツ2.お米に味を染み込ませる
  4. 【本格クリームリゾットの美味しいレシピ】-作り方のコツ3.お米を炒める
  5. 【本格クリームリゾットの美味しいレシピ】-作り方のコツ4.スープは少しづつ
  6. 【本格クリームリゾットの美味しいレシピ】-作り方のコツ5.コクを出すために
  7. 【簡単クリームリゾットの美味しいレシピ】-1.残ったごはんで簡単チーズリゾット
  8. 【簡単クリームリゾットの美味しいレシピ】-2.お米から簡単に作るレシピ
  9. 【アレンジクリームリゾットの美味しい人気レシピ】-1.アボカドリゾット
  10. 【アレンジクリームリゾットの美味しい人気レシピ】-2和風味噌クリームリゾット
  11. 【アレンジクリームリゾットの美味しい人気レシピ】-3.カレーリゾット
  12. まとめ
引用: https://www.seriouseats.com/recipes/images/2017/09/20170919-risotto-reshoot-vicky-wasik-2.jpg
ご飯がクリーミーに溶けこんただリゾットはほっとする味ですよね。牛乳を入れてちょっとさっぱりめにするのも美味しいですし、生クリームで思いっきりリッチなフレーバーを楽しむのもクリームリゾットの醍醐味です。クリームリゾットの作り方のコツや本格クリームリゾットの美味しいレシピと簡単に作れるクリームリゾットのレシピ、それにクリームリゾットのアレンジ版をご紹介します。
引用: https://c-chefgohan.gnst.jp/imgdata/recipe/46/00/46/rc732x546_satou05_recipe_top_20120906.jpg
引用: https://q2iru34hn7a2nyb4r143f4w3-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2015/02/488920-1-eng-GB_crab-and-saffron-risotto-470x540.jpg
リゾットをお家で作る時に、なんとなく雑炊のようになってしまうことってないですか?コンソメや出しなどで作るとまるで雑炊・・・なんてことになってしまうこともありますよね。クリームリゾットは、牛乳や生クリームで作るので、わりと雑炊のようにはなりにくいけれど、それでもなんとなくお店で食べるのとは違う・・・ってことになることがあります。そこで、作り方のコツをご紹介します。まずは、アルデンテにする方法。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-ad-43/hyyy2014/folder/362800/42/19308542/img_0?1246178094
アルデンテとは、パスタなどでよく使う硬さの表現で、「歯ごたえが残っている硬さ」のことです。リゾットの場合、お米なので、あまりゴリゴリに歯ごたえがあるのはいただけませんが、雑炊のようにべちゃべちゃになってしまっては台無しです。そこで、アルデンテの歯ごたえにするコツとしては、お米を洗わない。お米を洗うと調理している時に粘りがでてしまいますので、お米を洗わずに調理するとべちゃべちゃのリゾットにならなくなります。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maido-doumo-naoyadesu/20170207/20170207171133.jpg
引用: https://www.inspiredtaste.net/wp-content/uploads/2011/12/Mushroom-Risotto-Recipe-2-1200.jpg
お店で食べる本格リゾットは、お米にしっかりと味が染み込んでいますよね。でもお家で作ると上手に味が染み込んでくれない・・・なんてことはないですか?その原因は、お米を洗っているからかもしれません。日本人の習慣としてお米は洗ってから使うものと思っていますが、本格的なリゾットの場合は、お米を洗わずに調理した方が味が染み込みやすくなります。と言うのも、お米は最初の水分をしっかりと吸収してしまうので、お水で洗ってしまうと、そのあとのしっかりと味のついたソースの味が染み込みにくくなってしまうからです。気になる方は無洗米を利用するとよいですよ。
引用: https://c-chefgohan.gnst.jp/imgdata/recipe/40/27/2740/rc732x546_1409101103_ed9ecf02666f08a0055772d4a7dd6440.jpg
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maido-doumo-naoyadesu/20170207/20170207171317.jpg
本格的な美味しいリゾットを作るコツの3番目は、お米をまず油で炒めましょう。お米を炒めることによって表面のタンパク質が変化して層を作ります。その層によって粘りを防ぐのでお米がべちゃべちゃにならずに仕上がります。また、層があることで水分がお米の中に入ってくるのを防ぐので、柔らかすぎないリゾットに仕上がります。
引用: https://c-chefgohan.gnst.jp/imgdata/recipe/10/40/4010/rc732x546_1602121755_eddd17cbd9a40ff21a24b93bb88afa66.jpg
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maido-doumo-naoyadesu/20170207/20170207171354.jpg
本格的な美味しいリゾットを作るコツの4番目は、スープは少しづつ加えるということです。スープを少しづつ加えることで、お米が一気にスープをすって柔らかくなるのを防ぎます。そのため、べちゃべちゃにならず、ぷりっとしたリゾットの歯ごたえができます。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maido-doumo-naoyadesu/20170207/20170207171458.jpg
引用: https://pioneerwoman.files.wordpress.com/2015/11/homemade-whipped-cream-4-ways-02.jpg?w=780&h=521
本格的な美味しいリゾットを作るコツの5番目は、生クリームです。コクを出すために牛乳ではなく生クリームを使うことで、リッチなフレーバーに仕上がります。生クリームも濃厚なものとわりとさっぱりめのものがありますので、お好みの濃さの生クリームを使うと自分流の味に仕上がります。

関連記事

引用: https://img.cpcdn.com/tsukurepos/21804651/420x420c/74665f7c3ddace4ff0945062c2224b11.jpg?u=4726643&p=1533266930
冷蔵庫に残っている冷やご飯を利用したチーズリゾットの作り方です。残ったご飯は、冷凍庫に入れず冷蔵庫に入れると硬くなります。それは、スターチが冷蔵庫の中の温度2℃から4℃くらいで硬くなってしまうからなんですね。でも、リゾットを作る時にはこの硬くなったご飯がちょうど良いんです。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/60176/retina_pixta_19322445_S.jpg
こちらのレシピは、人気のレシピで、作り方は、フライパンにバターを入れてスライスしたにんにくを炒め香りをバターに移します。スライスした玉ねぎを炒め、塩コショウを入れて玉ねぎが透き通ってきたら細切りにしたベーコンを入れます。ご飯を入れてご飯にバターの香りが付き、ご飯の周りにバターが絡まりついてきたらコンソメと水を入れて2-3分炒めます。水分が少なくなってきたら牛乳とチーズを入れて完成。リッチなフレーバーが良い方は、牛乳の代わりに生クリームを使ってもよいですよね。
引用: https://video.kurashiru.com/production/video_tsukurepos/6165/compressed_picture_small.jpg?1489837998
こちらのレシピは、お米から作るリゾットなのに、たったの20分しかかからない簡単レシピです。コツは、オリーブオイルを入れて生のお米を炒めること。これによってお米がべちゃべちゃになりません。お米が半透明から白っぽくなってきたらコンソメを加えて中火で15分ほど炒め煮します。火を止めて粉チーズと塩コショウを加えれば完成です。チーズの代わりに牛乳や生クリームでも良いですが、その場合は、コンソメスープの量をちょっと減らすとよいですね。
引用: https://frozen-lab.eda-mame.jp/wp-content/uploads/2017/11/pixta_30384749_M.jpg
こちらのレシピには具は何もはいっていませんが、お好みでベーコンやきのこなどを加えてもいいですよね。また、玉ねぎを加えると甘味がまして美味しくなります。
引用: https://cookingwithcurls.com/wp-content/uploads/2013/12/This-Avocado-Shrimp-Risotto-is-a-a-healthy-take-on-a-traditional-favorite-cookingwithcurls.com_.jpg
こちらのレシピは、残ったご飯を利用している簡単クリームリゾットの作り方ですが、ポイントはほたての缶を使っていることで、コンソメよりもシーフードのコクが出ているということ。それにクリーミーなアボカドを入れてヘルシーなクリームリゾットに仕上げています。水100ccに対して牛乳200cc入れているのでクリーミーな優しい味に仕上がりますね。また、アボカドにはさっぱりとしたエビがよく合うので、最後にエビを加えてもゴージャスな仕上がりになります。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/1781604/m/0b83de51206b0d48352cae87b7269cd7.jpg?u=3942525&p=1412062764
余ったご飯を利用した簡単レシピですが、味付けに味噌とだし汁を使っているのが和風にアレンジしているポイントです。味噌に合う牛乳でまろやかな味に仕上げているのも優しい味でよいですよね。ベーコン、玉ねぎ、ほうれん草が入っているので栄養価も高く子供にも人気のレシピです。ほうれん草は一番最後に入れた方がどろどろにならなくて見た目にもきれいですよ。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4067485/m/1bf1827ce01e4a73f4269126d1e80543.jpg?u=14541122&p=1473731524
カレーはご飯に混ぜるだけでも美味しいですし、リゾットのようにもなりますが、お米からカレーリゾットを作るとまた違った風味を楽しめます。カレー粉を使っているので、べちゃべちゃにならず、さらっとしたカレーリゾットが作れます。こちらのレシピではブイヨンを3カップ使っていますが、半分を牛乳などに変えると、子供にも人気のクリーミーなカレーリゾットになります。

関連記事

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4628621/280/938c8a10f762852b065bb4df89bc11e9.jpg?u=14627172&p=1500362967
いかがでしたか?お店で食べる本格的なリゾットを簡単にお家でも作れるレシピなどもあります。牛乳や生クリームを入れてリッチでクリーミーなリゾットの他にもアレンジしたリゾットなど、いろんなバージョンを楽しんでみてくださいね。