Gvlsar5fonkm9c04ea07

メイク

CATEGORY | メイク

メイクブラシの種類と使い方!アイシャドウ、ファンデーション用等使い分けでメイクが変わる?

2018.08.19

メイクブラシにはさまざまな種類があり使い方も異なります。アイシャドウにはどのメイクブラシが合うのでしょうか?今回はメイクブラシの種類やファンデーションやチークなどの使い分けや使い方についてご紹介します。アイシャドウはどのメイクブラシを使えば上手な形に塗れるのでしょうか?

  1. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシはなぜ必要?
  2. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシの種類<ベースメイク>
  3. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシの使い方<ベースメイク>
  4. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシの種類<アイメイク>
  5. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシの使い方<アイメイク>
  6. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシの種類<チークやハイライト>
  7. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクブラシの使い方<チークやハイライト>
  8. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクラブシの種類<リップ>
  9. 【メイクブラシの種類や使い方!アイシャドウには?】メイクラブシの使い方<リップ>
  10. メイクブラシを上手に使い分けてメイクの上級者になろう!
メイクブラシは種類がたくさんありすぎてどれを使えばいいのか分からない…という方は結構いらっしゃいます。メイクをする時にメイクブラシって必要なのでしょうか?メイクの時にメイクブラシを使うのは実はメリットばかりなんですよ。
メイクラブシでメイクするとまず、色ムラなく濡れるということです。また塗りすぎを防いでくれるので肌を綺麗に見せてくれます。また自然な仕上がりになります。

関連記事

ベースメイク用のブラシはファンデーションの種類によって異なります。ファンデーションタイプで使い分けなければいけません。ファンデーション用のメイクブラシについてご紹介します!

リキッドファンデーションブラシ:平筆

リキッドファンデーション用のメイクブラシは毛先が3cmほどのものがおすすめです。それより小さいものはコンシーラー向きなので毛先の長さで使い分けるといいですよ。形は平筆ということもあって少し平らです。リキッドファンデーションを塗る時もメイクブラシを使うとナチュラルに仕上げることができます。メイクブラシを使うと小鼻のまわりや目のきわまで綺麗に塗ることができるのでリキッドファンデーションにもメイクブラシはおすすめです。

ファンデーションブラシ フラットブラシ

ファンデーションブラシはフラットな形をしていて、クリームや固形のファンデーションの他にリキッドファンデーションやパウダリーファンデーションにも使うことができます。ファンデーションを肌に均一にのせることができるため、パフよりもきめ細かい肌に仕上げることができます。こちらのメイクブラシだと小鼻まわりの細かい部分が塗りにくいので、少し斜めにカットされたファンデーションブラシと使い分けることをおすすめします。

パウダーブラシ

パウダーブラシは他のメイクブラシと比べて毛量が多いのが特徴です。パウダーファンデーション用のブラシで、フェイスパウダーをのせることもできる便利なブラシです。

カブキブラシ

カブキブラシは他のメイクブラシと比べると毛量が多く、ナチュラルなベースメイクを仕上げることができます。

フィニッシュブラシ

フィニッシュブラシは余計についてしまった粉を払ってくれる仕上げ用のブラシで、粉っぽい厚塗り感のある肌も綺麗に仕上げてくれます。

リキッドファンデーションブラシの使い方

リキッドファンデーションはまず、顔の5箇所におきます。リキッドファンデーションブラシの先端を使って顔の中心から外側に向かって顔全体に馴染ませるように塗ります。目のまわりや小鼻まわりはファンデーションのついていない部分を使って薄く伸ばしていきましょう。

フラットブラシの使い方

フラットブラシはさまざまなファンデーションに活用することができます。パウダーファンデーションを塗る場合は、ブラシの先を垂直にしてファンデーションをブラシに含ませ手の甲で一旦馴染ませます。顔にファンデーションをおき塗っていきます。顔の中心から外側に向かって塗るようなイメージで塗るとうまくいきますよ。
アイメイク用のブラシは種類がさまざまあり、形もそれぞれ違います。そのため使い分けが難しいと感じるかもしれませんね。アイメイクブラシのについてご紹介します。

アイブロウブラシ

アイブロウブラシは、毛先が平らで毛が短くなっています。斜めにカットされているものが多いです。アイブロウブラシは、アイブロウペンシルで眉を描いた後にアイブロウブラシでぼかすとふんわりした自然な眉毛に仕上がります。

スクリューブラシ

スクリューブラシはスクリューのような形になっていて、やや堅めのブラシです。眉毛を整えたりアイブロウをぼかす時に使います。かたいため肌二押し付けずパウダーだけをぼかすようにしましょう。

ブレンディングブラシ

ブレンディングブラシはアイシャドウ用のブラシで、アイシャドウをぼかす時に活躍してくれます。筆には何もつけず、アイシャドウを塗ったまぶたにブレンディングすることできれいなグラデーションを作ることができます。

アイシャドウブラシ

アイシャドウブラシは大小の種類があり、大きい方はアイホール全体にベースカラーを塗る時に使用します。毛並みが柔らかいものを選ぶと優しい発色になります。小さい方のアイシャドウブラシは、小回りがきくので大きい方のブラシを持っていないという方もいらっしゃいます。大小のブラシをうまく使い分けるといいですね。

シェーダーブラシ

シェーダーブラシは毛先が短くアイシャドウの発色をよくするために使うブラシです。目のきわのラインを引くようにアイシャドウを入れると濃く発色してくれます。
アイメイク用のブラシは種類がさまざまあり、形もそれぞれ違います。そのため使い分けが難しいと感じるかもしれませんね。アイメイクブラシのについてご紹介します。

アイブロウブラシの使い方

アイブロウブラシはアイブロウパウダーを取って眉を描くように使っていきます。眉頭から眉尻に向かっては濃いめの色を塗り、眉頭から眉山に向かってやや薄いめの色を塗ると自然な眉毛に仕上がりますよ。

アイシャドウブラシの使い方

まず、ベースカラーをアイホール全体に塗っていきます。ブラシを寝かせるとカラーがつきすぎません。次にアクセントカラーを入れていきます。アクセントカラーを入れる時は、ブラシを立てるとしっかりカラーがつきます。

アングルブラシ

アングルブラシの形は毛先が斜めにカットされていて、チークやシェーディング、ハイライトをのせる時に便利なメイクブラシです。毛先が斜めにカットされているので、頬骨や小鼻まわりなどの箇所にフィットしてくれるので、自然な仕上がりになります。

チークブラシ

チークブラシはパウダーブラシより少し小さめで、しっかり毛量があるのが特徴です。毛質の柔らかいブラシを選ぶようにするといいですね。
チークを入れる時はチークブラシを使うようにしましょう。まず、チークの上でブラシを回してたっぷり粉を含ませます。その後、手の甲などを使って余計な粉を落とします。頬骨のやや高い箇所にブラシをのせ、くるくる回しながらチークを入れていきます。ブラシは寝かせて使うとムラなくきれいに塗ることができますよ。
リップブラシを使わないという方は結構いらっしゃいますが、リップブラシを使うと唇の輪郭がはっきりするので顔全体が引き締まったように見えるので、リップブラシを使ってメイクされるといいですよ。またリップブラシの形には、平筆タイプのものと丸筆タイプのものとがあります。
リップブラシの使い方は、まず口紅を取ります。一旦リップブラシで取った口紅は量を調節するため手の甲などにのせます。次に上唇の口角から真ん中までラインを引き、左右同じようにラインを描いていきます。下唇も同じようにラインを引き中を埋めるようにして塗るとくっきり立体感のある唇に仕上がります。

関連記事

メイクブラシの種類や使い方についてご紹介しましたがいかがでしたか?メイクブラシをうまく使い分けることができるとメイクの達人になった気分になれますよ。メイクブラシを上手に使ってメイクを楽しみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlfQuwcBHOY/?tagged=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7