Ytrddoztihwww0whtzx7

料理

CATEGORY | 料理

お盆に精進料理を食べる理由って?おすすめのお盆おもてなしレシピ6選!

2018.04.07

お盆は、先祖や亡くなった人の魂が帰ってくるという言い伝えがあります。そのため、お盆は仏壇に供えものをしたり、地域や宗教によっても違いますが、「精進料理」を食べるという家庭も。今回は精進料理をはじめ、おもてなし料理について調べてみたいと思います。

  1. そもそも「お盆」とは何?お盆の由来や意味はあるの?!
  2. お盆の時期は、毎年同じに決まっているの?
  3. お盆は、何をするとか決まりはあるもの?
  4. お盆のおもてなし料理には決まりがあるの?
  5. お盆に食べるとよくない食べ物はあるの?
  6. お盆に食べる定番のおもてなし料理って?
  7. お盆におもてなしする料理で定番な「精進料理」って何?
  8. お盆に精進料理でおもてなしする理由とは?
  9. お盆の定番おもてなし「精進料理」の重要なポイントって何?
  10. お盆の定番おもてなし「精進料理」の重要なポイント① 五味
  11. お盆の定番おもてなし「精進料理」の重要なポイント② 五色
  12. お盆の定番おもてなし「精進料理」の重要なポイント③ 五法
  13. お盆のおもてなし「精進料理」に使ってはいけない食材もあるの?
  14. お盆の定番「精進料理」は、現代人の食生活見直しするのにピッタリな料理
  15. 今の時代は、お盆におもてなしする料理の用意をする家庭は少ない?!
  16. 実際のところ一般家庭では、お盆にはどんな料理を作っているの?
  17. 一般家庭で「お盆」料理人気のレシピ① お彼岸、お盆用 甘さ控え目おはぎ、ぼた餅
  18. 一般家庭で「お盆」料理人気のレシピ② お盆対策 そうめん汁&だんご2種
  19. 一般家庭で「お盆」料理人気のレシピ③ 夏の炊き合わせ~お盆に
  20. 一般家庭で「お盆」料理人気のレシピ④ 冷やしソーメンと付け合わせ☆お盆
  21. 一般家庭で「お盆」料理人気のレシピ⑤ お盆&お彼岸!天ぷら盛り合わせ♪
  22. 一般家庭で「お盆」料理人気のレシピ⑥ お彼岸*お盆!天ぷら饅頭♪
  23. お盆は一般家庭で、どんな料理を食べるの?
  24. まとめ
引用: http://4.bp.blogspot.com/-oOitqT3_vHY/VD3R9xTkGxI/AAAAAAAAoLw/PY8obFOhgfk/s180-c/flower_ohigan_obon_kiku.png
お盆は、亡くなった祖先の魂が帰ってくると言い伝えがあります。そのため、祖先の魂をお迎えするために墓参りに行ったり、仏壇に菊の花や料理を供えたりおもてなしの準備をする風習が続いています。
そもそも「お盆」という行事には、どういう意味があるのでしょうか? あらためて聞かれると詳しく説明は出来ないという人も少なくないかもしれませんよね。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-DB6Mfh2Y5y4/UWyk49i6-mI/AAAAAAAAQoE/41lKUl9TrNE/s180-c/ohaka.png

お盆とは?

元々「盆」は、古くから日本に伝わってきた祖先の霊に感謝する行事で存在していました。そこに仏教の祖先の霊を供養するという「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が加わるようになった日本独自の行事なのです。
お盆の行事は、もともと7月に行われていました。現在でも東京など都市部では、7月15日を中心として7月13日~16日に行われる場所もあるようです。
明治以降、新暦(太陽暦)が導入されるようになってから8月がお盆として定着していった経緯があります。また、作物の収穫と重なるのを避けることからも8月13日~16日の1カ月遅れに行う地域が増えていったとも言われています。
お盆というと、お墓参りや故郷に帰って親戚が集まり定番のおもてなし料理を食べることを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 実際のところ、地域や宗教によって行われることには違いがあるようです。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-ztpXrHPjmAU/Wfg1KglN7UI/AAAAAAABH34/9mHiZ894OhoTAd6V4IzcgvwX86LPOv_1QCLcBGAs/s180-c/obon_okuribi_mukaebi.png
お盆に行われることには、色々あります。祖先の霊が帰ってくるお盆の入り13日に「迎え火」をたいて、祖先の霊があの世に戻る16日に「送り火」をたく。盆提灯を飾ったり、盆棚を用意して供え物をするなど…
引用: http://1.bp.blogspot.com/-SVb8AvLuR34/U8XlSk3ZAeI/AAAAAAAAi8U/mEgOafDNn8I/s180-c/obon_bonchouchin.png
地域にとっては伝統的なイベントにもなっていたりする「灯篭流し」や「精霊流し」、京都の有名な大文字焼き「五山の送り火」もお盆の歴史ある行事ですね。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-8fF1kghKiZk/UdzBQYK3DQI/AAAAAAAAWQc/Zkx80N0bLnA/s180-c/tourou_nagashi.png
また、お盆には全国各地で「盆踊り」という行事が行われていますよね? あの「盆踊り」ですが、実は・・・「供養して成仏してもらえた喜びを踊る事によって表現している」という説もあります。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-x_3YDpoFjxY/UbVu8_oUJHI/AAAAAAAAUkI/jgjXcEY390s/s180-c/bonodori_kids.png
引用: https://4.bp.blogspot.com/-N_uSPeyI8kM/V8VFF4DcusI/AAAAAAAA9ZU/X0Y-sFjX4KwjZiyl39k5x0fUBLk1GqF3wCLcB/s180-c/shinnenkai_family.png
お盆には、祖先を供養することから田舎に帰省して親戚一同が集まるという家庭もありますよね。その際におもてなし料理をみんなで一緒に食べるのが、お盆の定番という家庭も。
お盆のおもてなし料理ですが、地域や宗教によって食べる料理にも違いがあるようです。中には歴史ある伝統行事を守り、お盆に食べるものは徹底していたり…
引用: http://4.bp.blogspot.com/-UHxcOYjNF0s/UnIDo3ZN1QI/AAAAAAAAZ44/zbQDqYYQzsA/s180-c/jyuubako.png
お盆の料理やおもてなしの仕方に決まりがあるのか?と言われると…一概には言えないというのが現代です。マンションなどで暮らす人も多い現代は、「送り火」や「盆提灯」を用意するのも難しかったり、仕事の都合でお盆に帰省出来ないというケースもあります。
ですが、お盆は「動物性食品」を使った料理は食べないという家庭や地域は少なくないと言えます。仏教では「殺生」は禁止という教えから現代でも引き継がれています。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-BJx0pryD67s/WFo-uxpk0LI/AAAAAAABAiQ/7xUGnSMWBXogrsgOZEuAIZiHSKAHSDhKgCLcB/s180-c/food_smoke_aigamo_roast.png
「肉」「魚」「卵」などの動物性食品を使った料理は、お盆に食べないという風習が続いている地域や家庭はあります。仏教の宗派によっては、「殺生」にあたるため汁物のだしに使われる食材まで厳しく徹底されているようです。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-nWEWqM2DgFc/VD3SPZAF3YI/AAAAAAAAoQk/ntIce7P-wek/s180-c/nigaoe_buddha.png
お盆に多くの地域や家庭で、よく食べるという定番の料理はいくつかあります。

お盆に食べる定番のおもてなし料理① そうめん

引用: http://4.bp.blogspot.com/-n8_GnQta8eU/U32Nk4MhaMI/AAAAAAAAgx8/fMXxj-Usgvo/s180-c/food_soumen.png
お盆の定番おもてなし料理としては、「そうめん」を出す家庭は多いようです。そうめんは、暑い夏には最適な料理といえますよね。食欲がないときでも、ツルツルと喉ごしが良く食べやすいのも嬉しいところ。
そうめんは細くて長い特徴から「幸せが細く長く続きますように」という願いも込められて好んで食べられるようになったという説もあります。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-dLQ1XBsuIyk/VnE3ev-8yyI/AAAAAAAA12U/MPi6sWjRwbI/s180-c/food_men_soumen.png

お盆に食べる定番のおもてなし料理② おはぎ&団子

引用: http://4.bp.blogspot.com/-2-EaEKpvrRo/UMaegXRup5I/AAAAAAAAH0s/qT7_KUbdFS8/s180-c/ohagi_botamochi.png
お盆には、「迎え団子」「送り団子」という風習もあります。祖先の霊を迎える13日は「迎え団子」の"タレ"や"あんこ"の団子。祖先の霊をあの世に送る16日は「送り団子」のシンプルな白い団子。お盆期間中は「おはぎ」を日替わりで用意するという地域や家庭も。
引用: http://2.bp.blogspot.com/-C7Zd9uojMAM/UgSMLJzvdJI/AAAAAAAAW90/uxuvbbGFef0/s180-c/sweets_dango.png
「おはぎ」の小豆の赤い色が、邪気を祓ってくれるという言い伝えもあったようです。また、餅には穀物の豊作を願う想いが込められているともいわれています。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-gv_3fClyLMw/V7kxys27mxI/AAAAAAAA9Ik/asxrvmdU59k5UNLnBUG-po2yK4ofwCZfACLcB/s180-c/azuki_mame.png

お盆に食べる定番のおもてなし料理③ ナスとキュウリ

引用: http://1.bp.blogspot.com/-iWUMOWwKIWc/UkJM7SeuxzI/AAAAAAAAYVs/fVleQWtshb4/s180-c/nasu_eggplant.png
引用: https://3.bp.blogspot.com/-FqlzO080pWs/UkJM7JdpkCI/AAAAAAAAYVo/3uMna_py6cI/s180-c/kyuuri_cucumber.png
お盆には「精霊馬」という供え物を飾る風習も。「精霊馬」とは、ナスとキュウリに爪楊枝などで足を挿し作られたものです。キュウリが「馬」でナスが「牛」を表しています。
「馬」は走るのが速いので、キュウリの馬が祖先を早く乗せて帰ってくるように。「牛」は歩みが遅いので、ナスの牛が祖先を乗せてゆっくりあの世に戻るように。また、牛の背中に土産物をたくさん積んで戻ってもらるようにとの意味もあるのです。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-C7_Icq3IzqE/UnyGOSXzVFI/AAAAAAAAadc/iIKuvqpS6HQ/s180-c/obon_nasu_kyuri.png

お盆に食べる定番のおもてなし料理④ 水の子

「水の子」とは、夏野菜の定番である「ナス」や「キュウリ」をサイの目状に切ったものを、洗ったお米に混ぜて「蓮の葉っぱ」に乗せて盛り付けたものです。
「祖先の喉が渇かないように」という想いや「水」には浄化する力があると信じられており、無縁仏や餓鬼を供養する役割があるため、水を注ぐといわれています。
引用: http://2.bp.blogspot.com/-IdmuUxOwYJw/Us_NacrfRJI/AAAAAAAAdI0/ay6mgIjbEYo/s180-c/flower_hasu.png

お盆に食べる定番のおもてなし料理⑤ 精進料理

お盆は、「肉」「魚」「卵」などの動物性食品を使わない料理を食べることからも「精進料理」が、おもてなしの定番料理という地域や家庭も多いです。
引用: http://2.bp.blogspot.com/-T5Q756tTaFQ/U2LuQbhbXqI/AAAAAAAAfmQ/obM-ZKGg9d8/s180-c/food_yasai_nimono.png
祖先と一緒に生きてきた動物たちへの感謝の気持ち。仏教で生き物を「殺生」することが禁じられていることから「精進料理」を食べるという意味もあります。
「精進料理」っていったいどういう料理なの?という人もいらしゃるかもしれませんよね。「精進料理」って言葉は知っているけど、詳細まではよく知らないし説明出来ないという人も少なくないのではないでしょうか・・・
引用: http://2.bp.blogspot.com/-LWaSQrUHtSk/UvTd8W7wftI/AAAAAAAAdhE/QH1QNY4zRfk/s180-c/food_mamebujiru.png

精進料理とは

「精進料理」とは、一般的に「肉」「魚」「卵」などの動物性食品を使わず、野菜や豆・海藻・果物などを用いた料理のことを言います。
また「精進料理」は和食の原点でもあります。旬の素材を選びから始まり、丁寧な処理に緻密(ちみつ)な調理法、繊細な盛り付けが基本となっているのです。栄養素的にも考えられて調理されています。
お盆は、祖先と一緒に生きてきた動物たちに感謝するという意味や仏教の教えの中にある1つ「五戒」では、生き物の殺生が禁止されていることからも、肉や魚などの食材を使わずに野菜や豆などを中心とした「精進料理」でおもてなしするようになったといわれています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ELLY99_pinkironohasunohana_TP_V1.jpg
「精進料理」には、重要なポイントがあります。「五」から成り立つ料理で、五つの調理法に従って作られる料理が「精進料理」なのです。
「五味」とは・・・「甘い」「辛い」「酸っぱい」「苦い」「塩辛い」という五つの味のことです。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-TY2VUFySQZA/VJ6XYaf5BTI/AAAAAAAAqKA/PBSngtXpNpE/s180-c/cooking12_ajitsuke.png
「五色」とは・・・「赤」「白」「黄」「緑」「黒」という五つの色のことです。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-ZWW8ak7aTvc/Viio8Y_PXiI/AAAAAAAAzsE/2RRPyZLXlg4/s180-c/food_eiyou4_vitamin.png
「五法」とは・・・「生」「煮る」「焼く」「蒸す」「揚げる」という五つの調理法のことです。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-NN68XlXjnhA/VCkbquLQPYI/AAAAAAAAnK0/ivEVIGEQPew/s180-c/roujin_ryouri_obaasan.png
精進料理には、食べてはいけないとされる「五辛(ごしん)」「五葷(ごくん)」という食材があります。
「五辛(ごしん)」とは・・・辛味のある食材のことです。唐辛子などがあてはまります。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-ER5Wo7TpkFo/UkJNFaorfVI/AAAAAAAAYYU/wGiuMy5NZI4/s180-c/tougarashi_redpepper.png
「五葷(ごくん)」とは・・・臭みのある野菜のことです。「にら・ねぎ・玉ねぎ・にんにく・らっきょう」五つの野菜があてはまります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/9V9A5949_TP_V1.jpg
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/9V9A5984_TP_V1.jpg
引用: http://4.bp.blogspot.com/-TJsLMPnSZjE/UZmCQOtGBqI/AAAAAAAATew/n4lHInuxE3g/s180-c/metabolic_woman.png
お盆の定番おもてなし料理「精進料理」は、使われる食材からも分かるように現代人の乱れた食生活にはピッタリともいえます。
食事本来の目的を忘れて、「野菜はキライだから食べない」「毎日肉を食べたい」「毎晩ラーメンでも飽きない」「ストレスからドカ食いした」「甘いものは目がない」・・・このような食べ方は正常とはいえないのではないでしょうか。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-CUIGZk8W4bI/VZiUf40K_oI/AAAAAAAAuxA/EcUZ5GohJls/s180-c/syokuji_tabesugi_man.png
簡単に手に入り、好きなものを好きなだけ食べれる現代。欲望のままに暴飲暴食や偏食を繰り返した結果、過度なカロリー摂取で栄養不足を招いて身体に大きなダメージを与えてしまいかねません。
祖先の供養と生き物への感謝の気持ちで「精進料理」を食べることは、普段の食生活を見直すきっかけとしては最適かもしれません。お米一粒にも自分の口に入るまで、どのような経緯があるか・・・さかのぼって考えれば「食」の大切さと感謝の心が出てくるはず。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-Ek-OSnHz7Bc/VbnRdEG_LnI/AAAAAAAAwLw/gyXElr4n0uI/s180-c/cooking_ryouri_oyako.png
現代はマンションなど集合住宅に暮らす家庭も多いですよね。お盆だからといっても特別な飾り物や供え物を用意したり、おもてなしの定番料理も作らない家庭もあるのではないでしょうか・・・
お盆は交通機関も渋滞するし帰省はしないから、特にいつもと変わらないという人もいますよね。生活習慣や状況によっても様々なので、仕方がないというのも正直なところかもしれません。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-RL4Y03HFp1M/UUFxpzhde9I/AAAAAAAAOys/FDQonmrtHZE/s180-c/family_syokutaku.png
もちろん、地域や宗教によっては伝統ある行事・風習として引き継がれていますので、一概には言えません。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-fEwmb_51AUE/VJ6XT2B-2HI/AAAAAAAAqI4/bKzpEM-OF8I/s180-c/cooking02_itameru.png
では、実際のところは一般家庭では、「お盆」はどうしているのでしょうか?「お盆」に合わせて何か定番の料理はあるのか気になりますよね。
お盆に合わせて、おもてなし料理を考えるのは大変。そんなときにピッタリなレシピを人気の「クックパッド」から少し紹介してみますね。
Zv1e9eqfqw4uinggfrnb
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4990977/280/95980c627f84222ed2fc0b11fdd6fe2f.jpg?u=14436596&p=1521500686
「お盆」の定番おもてなし料理といわれる「おはぎ」は、やっぱり一般家庭でも作られるようですね。お母さんの味を引き継いだレシピ、良いですね。
甘さ控え目の粒あんなので何個でも食べられます。

このレシピの生い立ち 母から教わったレシピをアレンジしています。

Kg6hy5c1t1veuperojap
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4656143/m/c9aacf1cb90f1ef8e67499a617be5f40.jpg?u=11328196&p=1502072027
「お盆」の定番おもてなし料理から「そうめん」と「お団子」がそろったレシピですね。やはり故郷の料理を引き継いでいる一般家庭も多いのではないでしょうか。
そろそろお盆。故郷のお盆料理ということで、素麺汁と団子2種。簡単だけどTHEお盆の料理です。

出来上がり~ コツ・ポイント だしに干し椎茸と昆布だしと両方つかうのが旨味UPです。

Nyguu8gsft84zkeobkso
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3345770/280/f81042eb063de880a5dc6f10e64704af.jpg?u=1164660&p=1439644226
「お盆」は野菜メインの"お煮しめ"を作るという家庭もありますが、夏野菜を使った"お煮しめ"は良いですね。
夏野菜を使ってお盆のお煮しめに。

このレシピの生い立ち 今までお煮しめには夏野菜を使うことがなかったので、今年のお盆には夏野菜を使ったお煮しめに。

Wpycy35uzwqoflcsdwon
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4024749/280/921b302144a4c5af3a94d35365b9036a.jpg?u=15239979&p=1471393851
そうめんに彩りを加えて、見た目のキレイでおもてなしにも◎ 子供から大人まで好きなようにと考えられていて良いですね。
お盆だったので、冷やしソーメンにしました。 薬味の種類を増やして、大人も子供も好きなように食べれます。

このレシピの生い立ち 子供用ソーメン、大人用ソーメンとそれぞれ食べられるように。

レシピ公開サイトでは有名な「クックパッド」ですが、お盆の料理も色々なレシピが紹介されていますよ。お盆に何を食べたら良いのか気になったときは、参考に真似して作ってみるのもおすすめです。
お盆の定番料理として、「天ぷら」という地域もあるようです。ナスやトウモロコシなど夏野菜をメインにした天ぷらも良いですね。
Ncyuhif1lunhmpyudeyg
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2744648/280/752b9b1765dc1a665820f633039ad4ff.jpg?u=9270649&p=1407748891
お盆・お彼岸!天ぷらの盛り合わせ…季節の野菜中心に。 迎え盆も送り盆も…!

コツ・ポイント *茹でたとうもろこし・オクラ・茗荷のかき揚げも添えました。 *この時期出回る天ぷら用饅頭で天ぷら饅頭もgood!です。 *その時あるもので…!

Ewrsoa74oddnvpnibyp3
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2808978/280/7a32bf5cb22e0eae3c4d06e463423a8a.jpg?u=9270649&p=1411450518
お盆には「天ぷらまんじゅう」が欠かせないという家庭もあるようです。材料も手間も少なく作れるみたいで、良いですね。
「材料」天ぷら用饅頭6個 天ぷら粉50g 水50~60ml 揚げ油適量
天ぷら粉を水でといたら、まんじゅうに天ぷら衣をつけて揚げるという流れで完成です。おやつにも良さそうですね。
お彼岸・お盆のお供えに…!

このレシピの生い立ち この時期になるとお店にならぶ天ぷら用饅頭…ついつい♪♪

引用: https://2.bp.blogspot.com/-n1-71d0JCmg/WMfB_dW2OpI/AAAAAAABCj0/EmOvIE7TY8QkMrHhGgeJewV3fmXmdg62gCLcB/s180-c/food_omoide.png
お盆に普通の家庭では、一般的にどんな料理を食べているのか気になりますよね。「お盆に食べる料理」について語っている場所がありました。
「あなたの地域のお盆料理はどんなメニューでしょうか。肉類は食べませんか?」という質問に対してですが、回答数が多いものを見てみると・・・「お盆料理って何?」「いつもと変わらない」という感じのコメントが多かったです。
あなたの地域のお盆料理はどんなメニューでしょうか。肉類は食べませんか

なんでも食べる!

お盆に実家に帰ってお盆用の食事が食卓に並んだことが無いです。普段通りの変わらないし食事です…

お盆メニュー?聞いたことない。いつも通りです。

やはり、今の現代では都会になればなおさら「お盆」だからといって特別な料理を食べるということは少ないのかもしれませんね。
とはいて、少数派の中には「お盆料理」として用意しているコメントも見受けられました。そちらも少し見てみましょう。
実家が長野と山梨の県境ですが、 ◎天ぷら(畑で採れた野菜と天ぷらまんじゅう) ◎刺身 ◎そうめん が定番メニューでした!

長野県です。 迎える時も送る時も天ぷらです。 この時ばかりは週ニで天ぷら!

沖縄は旧盆です。 重箱

沖縄では、お重の料理を用意するんですね。長野県では天ぷら料理を食べる地域や家庭が多いのでしょうか。やはり、地域によっても「お盆」料理に違いはあるようです。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-Ld2sfAbDKzg/Wj4InOa9GoI/AAAAAAABJN8/Q2jj9g1pGO4BxScF2N2KxjTl1zepVPCbACLcBGAs/s180-c/omairi_girl.png
いかがでしたでしょうか?「お盆」に用意する定番のおもてなし料理や「精進料理」についてご紹介してみました。「お盆」に食べる定番料理、「精進料理」にも食べるようになった意味が存在するんですね。
今の現代では、お盆だからといって特別な料理を用意して食べるということはしない家庭も増えてはきているかもしれません。また、特にこだわらず「肉」と「魚」は使わないことは決めているというケースや「故人が好物だった料理」をおもてなし料理として用意するという家庭もあるようです。
特別な用意が出来ないとう家庭でも「料理」なら取り入れやすいですよね。簡単に作れる人気のレシピを公開しているサイトも多数あります。意味のある「料理」で感謝の心で食事をすることでも祖先への供養になると思います。時代は変わっても大切なことは引き継いでいきたいものですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAWA_saikyouteisyoku_TP_V1.jpg