U7rfkr7cisrknsc7uynl

高校生

CATEGORY | 高校生

作文の書き出しを面白くするコツ【高校生・中学生】書き方の例も!

2018.08.11

この記事では、作文の書き出しを面白くするコツを紹介します。作文の書き出しをどのように面白くするのか悩む高校生・中学生は多いです。この記事を読めば面白くするコツが分かり、良い作文が書けるようになります。しっかり書き方の例やコツを掴んでインパクトのある作文を書けるようになりましょう。

  1. 作文の書き出しを面白くするコツ【高校生・中学生】書き方の例!インパクトも![作文の書き出しとは]
  2. 作文の書き出しを面白くするコツ【高校生・中学生】書き方の例!インパクトも![面白くするコツ]
  3. 作文の書き出しを面白くするコツ【高校生・中学生】書き方の例!インパクトも![高校生の書き方]
  4. 作文の書き出しを面白くするコツ【高校生・中学生】書き方の例!インパクトも![中学生の書き方]
  5. 作文の書き出しを面白くするコツ【高校生・中学生】書き方の例!インパクトも![まとめ]
Dikev2brkwc9aq7seabg
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1533523766/dikev2brkwc9aq7seabg.jpg
書き出しとは、作文の始めを意味します。多くの人が書き出しで頭を抱えることが多いです。なぜなら、書き出しはその後の話の内容を大きく左右する箇所だからです。書き出しの内容次第で、その作文の出来が大きく変わります。書き出しで悩む人が多いのはそのような理由からです。
Q8mfana4iq9jl7cixkcz
また、ただ単に何も思い浮かばないという場合もあります。では、書き出しで悩まないようにするにはどうすればいいのかというと、書き出しのパターンを頭に入れることです。作文の書き出しには、いくつかのパターンが存在します。いわゆる例です。この例を頭に入れておけば、書き出しで悩む必要もなくなります。

関連記事

Piziryrwpsthfxraewl5
これから書き出しを面白くするいくつかの例を紹介します。この例を頭に入れることで、書き出しで悩む必要もなくなります。まず、1つ目の例として、テーマについて書くという方法があります。作文の内容の答えを始めに書き、その答えについて自分はこう思ったということを書き出しに書きます。その後の作文の内容は、どうして自分がそう思ったのかという内容になります。
Onvxgdyvcspjyfsn4ran
2つ目は、会話文から書き始める方法です。会話文から入ることで、その作文の状況や場面がすぐに理解できます。3つ目は、場面から書き始める方法です。場面から書き始めることで、その後の内容の期待感が大きくなります。どんな話になっていくのかという期待感が読み手の心をくすぐります。
4つ目は、シンプルに書き出しを書く方法です。思い浮かんだことをそのまま書き出しに書いて行きます。そして、気になった所は見直しで修正を加えていくという方法です。どの書き出しの例も作文を面白くするコツなので、しっかり頭に入れておきましょう。
Ndkfjutshvowzuta8lz6
高校生になっても作文の書き方は変わらないので、書き出しの例をしっかり覚えて置くことが大切です。しかし、高校生ならそれなりの知識や常識が備わっています。小学生や中学生の頃よりかは、自分なりに作文を書くことが出来るでしょう。書き出しは読み手の興味を引く内容が良いです。
では、読み手の興味を引くとはどういうことなのか、それはインパクトです。書き出しのインパクトが強ければ強いほど、読み手の興味を引きます。高校生なら、書き出しのいくつかの例を使って、インパクトのある書き出しを作りましょう。
N0yssdd5qrpr3lfpnng0
中学生の作文の書き方は、小学生の時よりかは話の内容を濃くする必要があります。内容を濃くするうえで、書き出しは重要度を増します。紹介したいくつかの例を思い出しながら、自分の中で一番良いと思った書き出しを作りましょう。書き出しが上手くできれば、その後の内容も話が濃くなっていきます。
濃くなるとは、話の内容がしっかり詳細に書くことを意味しています。小学生の頃は、思うがままに作文を書いていた人は多いことでしょう。しかし、中学生や高校生になるにつれて、作文の難易度も上がっていきます。上がっていく難易度についていくのに書き出しはとても重要になります。
Sg6sk2elhxsmu8m82prt
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1533524106/sg6sk2elhxsmu8m82prt.jpg
この記事を読むまでは、作文の書き出しに頭を抱えていたことでしょう。しかし、この記事を読み終えた今では、書き出しに頭を抱える必要はなくなり、むしろすぐに書き出しを書けるようになったことでしょう。
書き出しが書けるようになれば、その後の作文の内容も流れで書くことができます。それを実感するには、書き出しを書けるということは必須になります。書き出しをすぐに書けるようになった今の自分に自信を持ち、どんどん良い作文を書いていきましょう。