// FourM
Y4bnfl7kzqtlmvlfc4i9

アクセサリー

CATEGORY | アクセサリー

ヘアバンドの作り方!Tシャツやバンダナで簡単手作り!リボン型も!

2018.08.17

簡単でシンプルな手作りヘアバンドの作り方をご紹介します。ヘアバンドといっても様々な種類があり、作り方も簡単でたくさんあります。Tシャツからのアレンジや、バンダナ、リボン型、シュシュ型など、アレンジ1つで簡単に作ることが出来ます。家にある道具だけで作れます。

  1. ~はじめに~簡単ヘアバンドの作り方
  2. 簡単ヘアバンドの作り方【バンダナ】
  3. 簡単ヘアバンドの作り方【Tシャツ】
  4. 簡単ヘアバンドの作り方【リボン型】
  5. 簡単ヘアバンドの作り方【シュシュ風】
  6. 簡単ヘアバンドの作り方【ターバン】
  7. 簡単ヘアバンドの作り方【クロスヘアーバンド】
  8. 簡単ヘアバンドの作り方【シャーリングヘアバンド】
  9. 手作りヘアバンドインスタ集!
  10. ~まとめ~簡単ヘアバンドの作り方
【材料】 ☆好きな色のバンダナ1枚・ ☆ゴム(パンツのゴムみたいなのでOK)16cm
①まずはゴム通し部分を作ります ☆ 生地の表が内側になるように30cmの辺同士を重ねて、生地端から1cmのところを縫う。 この あと、縫い 代 を アイロンで割る。バンダナを表にひっくり返す。☆開いている口を、手で内側に1cm折り込む 。ここでゴムテープを仮止めします。内側に折った部分に、 このように仮止め。逆サイドも、ゴムをビ~っと引っ張って、同様に仮止め 。そうするとシュシュみたいに 、クシュクシュっとなってるはず です 。②次はメイン部分を作ります ☆①と同様に中表にして長い辺(40cmの辺)同士を重ねて端から1cmのところを縫う。(アイロンで縫い代を割る)先ほど①の入り口を内側に折り込んだのはここで生地の切り端が表に出ないようにするためでした。☆①の入り口部分の端っこを縫うこれも、バンダナの両サイドやってください。ねじれないように注意!!そうすると次は最終工程④結びリボンを付ける。☆最初に裁断した15cm四方の生地二辺は、ハンカチの端のように、縫い代が裏側に折り込まれてると思うのですが自分でカットした部分は、生地が切りっぱなしになっているはずです。そこを自分で内側に折り込んで縫うと仕上がりが綺麗ですが、めんどくさい!という方はそのままで 結構です。(ほつれやすい生地の場合は、縫ったほうがベター)☆対角線上の角っこを☆さらに半分に折る。☆ヘアバンド本体にくくりつける。ヘアバンド本体を一度頭につけてみて、どの辺にリボンをつけたらバランスが良いか確かめてみましょう。サイドでも、頭のてっぺ んでも可愛いです。イメージは『バンダナを頭に巻いてる風に見えるヘアバンド』なのでヘアバンド本体の皺も、リボンの結び目もなんとなくラフな感じが可愛いと思います。仕上げにリボンの結び目とヘアバンド本体を手縫いで適当に留めてあげてください。これでバンダナヘアバンドの出来上がりです 。
Fvxqemybheeuckwasmxa
引用: https://www.instagram.com/p/BGQ7q0eDNUx/?hl=ja&tagged=t%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89
簡単シンプルな手作りのヘアバンドの作り方です。
Tシャツヘアバンド本体となる布に両面テープをペタリとはります。まず、材料になるTシャツを選びましょう。好みの幅を決め、Tシャツを自分の頭のサイズに合わせてカットしたら下準備は完了です。 次にカットしたTシャツの一端に両面テープを貼って、輪を作ってください。その後、あらかじめ同じTシャツから切り取っておいた小さな長方形の布を、輪になるよう合わせた部分にくるりと巻けば、キュートなTシャツのリボン型ヘアバンドのできあがり!
簡単シンプルな手作りリボン型ヘアバンドの作り方です。
【材料】表布(プリントシャーティング)110cm幅20cm・ ゴムテープ0.9cm幅20cm
リボンを使用したヘアバンドもとても簡単に作ることができます。好みの柄の紐や布をリボン型に結びます。結び目にゴムを通すだけで完成です。リボン型がずれないようにリボンとゴムを縫い合わせると良いでしょう。 リボンや布の素材にを変えると雰囲気がかわります。サテンのリボンなら、左右対称に輪を作って行くと可愛らしいリボン型ができます。重なっている部分を縫い合わせて、ゴムを付ければ出来上がりです。
100均にも装飾用のリボンがたくさん揃っています。艶のあるものや柄のあるもの、太さも様々です。ゴムもサイズが豊富に揃っていますので、試しに作ってみたい人は100均で材料を揃えるのも良いでしょう。
頭の上で結ぶタイプのヘアバンドは、布の長さや幅によって同じ布でも雰囲気が全然違います。長めの太めにすると大人っぽくなり、細めの短めにすると可愛らしい印象になります。 作り方は簡単で、太いものは幅10cm長さは頭の長さに30cm程足してください。好みの長さで大丈夫です。返し口を残して中表に縫い合わせます。端を丸くしたり三角にするとおしゃれになります。 ひっくり返して返し口を閉じます。細いものもサイズが違うだけで作り方は同じです。ゴムなどを使わないので、直線縫いだけで簡単に作れるヘアバンドです。 簡単シンプル手作りのリボン型ヘアバンドの完成です。
Knadekrsit6p4db5wdwv
簡単シンプルの手作りヘアバンドです。
途中まで、シュシュと同じ作り方になります。 まず、布を中表に二つ折りにします。 布が輪になるように、端をミシンで縫い合わせます。(縫い代1cm) アイロンで縫い代を割り開いておきます。(この工程は省いても作れますが一応。)
シュシュを作る要領で、上側の布だけで三つ折りします。 上側の布を下側の布で包むようにして、縫い代1cmのところをまち針でとめます。 (この時、中の布を縫い込まないように。) ミシンで縫えるところまで縫い、少しずつ中の布を引き出しながら縫い進めます。 最後まで縫わず、2cmほど残してひっくり返します。(ゴム通し穴になります。) 全部ひっくり返すとこんな感じです。 縫い目が真ん中くらいにくるようにアイロンをかけます。 縫い目の上に沿ってミシンをかけます。 上下にゴムを通します。 (今回は35cmの長さで作りました。ゴム通し穴はそのままにしましたが、縫いとめてもいいです。) 出来上がりです。
Jzgmvxl8eitx5d3x6cw1
引用: https://www.instagram.com/p/Bl7_7kgA3n0/?hl=ja&tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%B3
簡単シンプルで手作りの定番の形のヘアバンドです。 お洋服やハギレなどの生地を使っても作れるそう。裁断も縫うのも簡単なので、お気に入りの生地でいくつか作りたいですね。また、綿だけでなくタオル地やウールでも作れます。
Trl0pqje3kgoj5lv4ghk
引用: https://www.instagram.com/p/Bl28WZtAlDN/?hl=ja&tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%B3
Coeyw69o45v2qkeawdqp
引用: https://www.instagram.com/p/BlcO0ArjScJ/?hl=ja&tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%B3
簡単シンプルな手作りクロスヘアーバンドの作り方です。
人気の、ねじるタイプのデザインです。 リボンほど可愛すぎず、ちょっとしたアクセントになりますね。基本のヘアバンドと違うのは、パーツが3本になるところです。 メインのパーツ2本を重ねて、くるりとねじることで形を作ります。
Elcqlmhlseyo34ldicbd
引用: https://www.instagram.com/p/BkhCjdOBLUB/?hl=ja&tagged=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89
簡単シンプルな手作りシャーリングヘアバンドの作り方です。 生地を筒状にして、全体にゴムを通して作ります。 大きなシュシュを作るような感じです。縫う箇所は多いです。
用意するもの 22cm×100~120cmの細長い布 薄い布の方がお勧めです☆綿ローンやリネンなど。 平ゴム (わたしは100均の8コールのライクラゴムを使いました) 53~55cmを4本 長さはご自分用に調節してみてくださいね。
布を中表にして二つ折りにして返し口(ゴム通し口)を開けて 写真のように端から1cmと11cm縫います。返し縫いを忘れずに!縫い代を開きます。返し口を向こう側にしてたすき状にして手前の布を三つ折りにします。三つ折り布をくるむように二つ折りにします。二つ折りにした端を一周縫っていきます。 このとき中の三つ折り部分を縫いこまないように注意します。
縫うところがなくなったら内側から引き出して縫い続けます。一週縫って返し口から表に返すとこのように輪になってます。形を整えてから両端の2~3mmのところを縫っていきます。 返し口から始めると綺麗に縫えます。平ゴムを4本通してから裏返して完成です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BOEbScbBcas/?hl=ja&tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89