N0frlmymrgmvmwupgggr

インテリアコーデ

CATEGORY | インテリアコーデ

ダクトレール照明のススメ!お部屋をグッとオシャレにする照明8選

2019.07.29

ショップやカフェのようにおしゃれな多灯照明やペンダントライトをインテリアに取り入れたいと考えた時、自由度が増すダクトレール照明がおすすめです。おしゃれなペンダントライトを用いたインテリア実例などもチェックしながらダクトレールの良さを知りましょう。

この記事に登場する専門家

Zyeidugthwnbgcj6xk3f

vivre編集部

編集者M

美容・コスメ・100均が好きな現在子育て中のワーママ。
趣味は娘とカフェ巡り。現在、DIY記事が気になりすぎてDIYに挑戦しようかと迷い中の日々。

  1. ダクトレール照明とは?
  2. ダクトレール照明のメリット
  3. ダクトレール照明のデメリット
  4. ダクトレールとペンダントライトは好相性?
  5. ダクトレール×ペンダントライトこれだけあれば設置できる!
  6. ダクトレール×ペンダントライトを取り付けてみよう
  7. ダクトレール×ペンダントライトを選ぶ時の注意点
  8. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ①:ナチュラル・シンプル
  9. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ②:モダン・シック
  10. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ③:キュート・女子ウケ
  11. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ④:レトロ・アンティーク
  12. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ⑤:個性的・ブランドアイテム
  13. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ⑥:ワンランク上の設置実例1
  14. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ⑦:ワンランク上の設置実例2
  15. ダクトレール×ペンダントライトおすすめ⑧:ワンランク上の設置実例3
  16. まとめ:ダクトレール×ペンダントライトであなただけの空間づくりを

そもそもダクトレール照明という名称をあまり聞きなれないという人も多いのでは。ダクトレールとは天井に取り付ける用のバー状の照明設置用ツールで『ライティングレール』『配線ダクトレール』などとも呼ばれます。見た目はいたってシンプルなツールですが、バーの内部に電流が通っていることにより複数のライトを好みに応じて取り付けることができ、室内の照明を自由にアレンジすることができます。もともとはオフィスや店舗、また舞台やスタジオなどで使用されるイメージが大きかったアイテムですが、シンプルでスタイリッシュな見た目のおしゃれさや実用性の高さに近年人気が上昇。家庭用インテリアとしても取り入れられる機会が増えるようになりました。

引用: https://i.pinimg.com/564x/11/6b/63/116b63e4a06c0d37082911970517bdd0.jpg

最近では多灯照明にもおしゃれなアイテムがたくさん登場していますが、ダクトレールを用いるメリットはなんといっても自分の好きなようにカスタムできること。レールの配置や長さはもちろん、設置するライトの個数や間隔、種類なども全てお好みや用途に応じて自由にチョイスすることができるのは大きな魅力です。また、使用・点灯するライトの個数や電球の種類を変えることで明るさ・暗さの調整も可能ですので、お好みのシーンづくりができることはもちろん高いコストパフォーマンスを実現することも可能です。照明を変えたり追加したりの変更も気軽にできますし、ドライフラワーやオブジェなど照明以外のものをつけることができる等アレンジも自在なのでインテリア好きな人にもおすすめです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/b8/ba/d7/b8bad737e864fa7b4b3f201f58d82c0d.jpg

既存の照明に対する不満や不便さを改善する目的で用いられることが多いダクトレール照明ですので、デメリットはそんなにはないと言えますが、しいて言えば「もっと様々な色やテイストから選ぶことができたらいいのに」「キッチンなどに設置した場合は蒸気などで特に汚れやすく、お手入れも少ししにくい」「低い位置に照明があると温度の体感がある(少し熱く感じる)」などといった声や要望があるようです。また、壁に点灯スイッチのない部屋では使用できない商品も多いですので、その場合はリモコン式のダクトレールを選ぶ必要があります。その他にもダクトレールには設置できない照明アイテムもありますので商品選びの際は充分に注意しましょう。

コードやチェーンなどで吊り下げるタイプの照明器具『ペンダントライト』には、シェード(照明を覆う傘のこと)状のものをはじめ、電球がむき出しになっているソケットタイプなど様々な形状があります。アイテムによっては明るさが足りないと感じることがあったり多方向からのライティングや補助ライティングが必要になるものもありますので、複数灯を併用することを前提としているダクトレールツールにペンダントライトは好相性と言えるでしょう。ペンダントライトには実に多種多様なアイテムが揃っていますので、LDKはもちろん、プライベートルーム、寝室等どんな空間でもおしゃれに演出してくれますし、数種類のライトを組み合わせての使用も人気です。

ダクトレールにはスポットライトもおすすめ

引用: https://i.pinimg.com/564x/8a/22/8c/8a228c0ea5c0988e33c447fe63ffa8b1.jpg

ダクトレール照明を取り入れる際にもうひとつの選択肢となる照明アイテムが『スポットライト』です。スタイリッシュなシーンづくりに最適な照明ですが、一点を集中してライティングする用途が大きい照明ですので複数灯を効果的に配置したりペンダントライトとの併用がおすすめです。照らす方向を自在に調整できるのはペンダントライトとは異なる利点です。

ショップやオフィスなどで見かけるダクトレール照明を自宅にも設置できると知ったら、早速実行してみたくなりますよね。既にペンダントライトを持っている人ならさらに良いコスパでのイメチェンが実現できます。まずは必要なものを揃えましょう。

①ダクトレール(ライティングレール)キット…最近では簡易キットも多数販売されており、ホームセンターやネットショッピングで簡単に手に入れることができます。内容は基本的にレール本体と電気コネクター付き設置器具のセットで、色は白や黒が中心ですがシルバーやウッド調のカラーもあります。

引用: https://i.pinimg.com/564x/98/28/b8/9828b88bb52d0af10d83d73fca27e124.jpg

②ペンダントライト…ダクトレールとペンダントライトの組み合わせは、チョイスする照明や電球によって実用性重視にもおしゃれ度重視にもできます。部屋の広さや家具とのバランスもありますので、仕上がりの雰囲気や明るさをきちんとイメージして使用する照明や個数を決めましょう。

引用: https://i.pinimg.com/564x/8c/19/49/8c19490d1b951b5bc4e01e8d5625c8c6.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/43/f6/aa/43f6aa7d8a1c032602a6705b384387f9.jpg

必要なアイテムが揃ったら早速作業スタート!既存の照明を外して、ダクトレール→ペンダントライトの順に取り付けましょう。作業をする際は脚立や椅子などを用意し、必ず無理なく手の届く環境で設置しましょう。サポートしてくれる人がいれば尚良いですが1人でも設置は可能です。

①ダクトレール照明の設置器具をセットして天井に付け(ツメを組み合わせ、回転させるだけ) →落下防止チェーンを取り付け→結線をする(天井のコネクタと設置器具のコネクタをカチッとするだけ)

②レール本体を取り付け(キャップ状のナットをクルクルッと回して閉めるだけ)→プラグ(照明のソケットとなるもの)を取り付ける

③ペンダントライトを好きな位置に取り付けて電球をセットしたら…完成!単照明から多灯照明にチェンジするというと大仕事のように思えますが、工事不要&穴空け不要で作業はいたってシンプルで簡単!DIYが苦手な人でも不器用な人でも女性1人でも簡単に取り付けることができます。

引用: https://i.pinimg.com/564x/27/66/a8/2766a8d24cfa4c28c5f117f52103590b.jpg

ダクトレールと照明を選ぶ際、サイズ感は非常に重要なポイントとなります。実際にダクトレール照明とペンダントライトを取り付けた後に「ダクトレールの存在感がありすぎて目につく」「ペンダントライトが長すぎる、近すぎる」といった失敗に陥らないよう、商品選びの前には入念な採寸と配置のシミュレーションを行いましょう。ポイントとしては、部屋の幅や高さに対して邪魔にならないダクトレールの長さや配置、照明のサイズを決定すること。ペンダントライトの長さも非常に重要な要素で、長さ調節ができるかどうかによっても完成度の高さは左右されます。また使用照明の総重量や総ワット数がダクトレールに対する許容範囲内であるかもチェックしておきましょう。

引用: https://i.pinimg.com/564x/06/f1/5a/06f15a229f3d30d09111e01c443a9773.jpg

ダクトレールそのものがシンプルな形状なので、主張しすぎないデザインのペンダントライトや、ファブリックや木といったナチュラル素材のペンダントライトとの組み合わせはどんな空間にもマッチします。キッチンやダイニング、またお子様のいる空間にもナチュラル・シンプルテイストは需要が高く、温かい印象をつくるのに一役買ってくれます。シンプルすぎると感じる空間には、色アイテムで遊び心を取り入れてアクセントを。空間に溶け込みやすく、飽きずに長く愛用できるアイテムが多いのも根強い人気の理由です。

黒やブラウン基調の部屋や和モダンの空間にマッチするモダン・シックテイストのペンダントライトは、可愛いよりもクールな雰囲気が好きな人や落ちついた空間づくりを望む人におすすめです。シンプル&スタイリッシュながらも機能的なアイテムはもちろん、少し凝ったデザインでありつつも空間にうまく馴染むアイテムまで多種多様に揃っています。デザイン性が高く繊細なラインが特長であるイギリスのライフスタイルブランド『トム・ディクソン』のペンダントライトは、おしゃれ上級者が注目しているアイテムの一つです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/80/fd/f5/80fdf51e8b25c02daf3ed2503251001e.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/46/64/d8466469063da5b5d906a7427a3f7b1f.jpg

ペンダントライトの中でも女性を中心に特に人気を集めているのがガラス素材。ガラス素材のペンダントライトには、シェードは傘状のものから球体やキューブ型のガラスで覆いかぶせたものまで様々で、また色や質感に関してもとても豊富なテイストのアイテムがあります。使用する電球によっても雰囲気が変わりますので、たくさんのアイテムを吟味してお気に入りを見つけたいもの。また、シャンデリア照明にもダクトレールに使用できるものが多数あり、シンプルなペンダントライトやスポットライトと上手に組み合わせたり、軽めのシャンデリアをいくつか配置するのもおしゃれです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/20/42/ea/2042ea551458e4b1e3e8c2d118d087f2.jpg

アルミやスチール素材のシェードやアイアンを用いたものやフィラメントが見える裸電球など、どこか懐かしい雰囲気を漂わせるレトロ風のペンダントライトも人気が高い照明アイテムのひとつです。シンプルでカッコイイ無骨なフォルムでありながら、温かみのある雰囲気の空間をつくりだしてくれるのが人気の理由で、どんな電球とも相性が良く合わせやすいという点もおすすめポイントです。同じアイテムのみで揃えるのではなく、異なる色や形の照明を無造作に配置するだけでも簡単におしゃれな空間をつくることができます。

皆と同じ部屋ではつまらないという人やインテリアにこだわりのあるおしゃれ上級者さんは、常日頃からアンテナを張りめぐらせて数多くのアイテムの中からお気に入りの逸品を見つけています。職人やデザイナーが手がけるオリジナリティの高いペンダントライトは、お値段こそ張りますが一生愛着をもって付き合えるアイテムになること間違いなしです。また、『ルイス・ポールセン』をはじめとする北欧ブランドにもぜひご注目を。高いデザイン性と機能性を併せもったアイテムが多数あり、長年愛されている理由はその奥深さを知るほどに納得できます。

引用: https://i.pinimg.com/564x/5a/2e/98/5a2e98bbb142fc9f295a936d6fc0c62a.jpg

電球がむき出しになっているソケットタイプのペンダントライトはコードの全長が長めのものが大半。無造作に結んでおくだけでも充分おしゃれに見えるのですが、2本の流木にコードを巻きつけて長さを調整しているこのワザはお見事です。流木などの棒状のアイテムをダクトレールとライトの間に用いて、高さ調節はもちろんアクセントにする方法は簡単にできてコスパも良いのでぜひオリジナルの工夫をまじえて取り入れてみましょう。

ライトの側に何かを配置するという発想ではなく、ダクトレールとライトをトータル的にコーディネートした例。星を型どった枠のペンダントライトだけでも充分キュートですが、季節に応じたデコレーションをするのも楽しいものです。ごくシンプルな色や形で脇役のような存在のダクトレールだって様々な装飾をあしらうことでぐっとおしゃれ度は上がります。照明と距離があるペンダントライトだからこそ活きるアイデアです。

W56n4aixur6awyzr7umz
引用: https://www.instagram.com/p/Bv5Tz8Uny0g/

こちらはペンダントライトの照明そのものの中に装飾をあしらい、オリジナルのライトに仕上げています。複数の灯りでそれぞれ異なる装飾を楽しむのも◎。電球との兼ね合いもありますので使用の際は確認と注意が必要になりますが、様々な方法で遊び心を加えられるペンダントライトもチェックしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?これまでダクトレールを目にしたことはあっても、あまりにもシンプルなツールすぎて意識してじっくり見る機会はなかったという人の方が多いのでは。でもこうしてダクトレールの用途の広さとアレンジの自在性を知ると、インテリアアレンジを考える楽しみも増すのではないでしょうか。外に出かけたらぜひ意識してチェックしてみましょう。インテリアの参考になるダクトレール照明が想像以上にたくさん発見できると思いますよ。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/37/1e/09/371e091bf865ee93f3cc0a28910880d4.jpg