// FourM
Bpzokbua20lub9bwv65x

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!

2018.08.01

ヘアバンドの正しい付け方や落ちない簡単なコツはご存知ですか?今回は、ヘアバンドの付け方、前髪ありの付け方やポニーテール、ボブなどのヘアアレンジ例をご紹介します!ぜひ参考にしてみてください!ヘアバンドを付けないのはもったいないです!

  1. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ヘアバンドの付け方①ショート
  2. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ヘアバンドの付け方②ボブ
  3. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ヘアバンドの付け方③ロングヘア
  4. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】落ちないコツは?
  5. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ショートアレンジ①
  6. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ショートアレンジ②
  7. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ショートアレンジ③
  8. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ボブアレンジ①
  9. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ボブアレンジ②
  10. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ボブアレンジ③
  11. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ロングアレンジ①
  12. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ロングアレンジ②
  13. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】ロングアレンジ③
  14. 【ヘアバンドの付け方・落ちないコツ!ショート・ボブなど長さ別ヘアアレンジ!ポニーテール・前髪あり】まとめ
ショートヘアのヘアバンドの付け方は非常に簡単です。まず、ヘアバンドを付けます。トップの髪の毛は、ヘアバンドから引き出し、前髪とサイドの髪の毛を整えたら完成です。

関連記事

ボブのヘアバンドも付け方も簡単です。ヘアバンドの前の位置を決め、後ろ髪をヘアバンドから出し整えたら完成です。
ヘアバンドを首もとまで通し、後ろ髪は全てヘアバンドの外に引き出します。前髪を残したい位置を決め、ヘアバンドを頭に付けたら完成です。ヘアバンドを付けた後に、前髪やサイドの毛を整えて綺麗な位置に調整してください。
頭の形が原因でヘアバンドがずれやすい人がいます。どうしてもずれてしまう人は、これからご紹介する方法を試してみてくださいね!

①大きめのヘアバンドを選ぶ

細めのヘアバンドはずれやすいそうです。ヘアバンドのずれが気になる人は、幅が太めのしっかりとしたアイテムを選ぶようにしましょう。

②ヘアピンなどで固定する

髪の生え際などをヘアピンでしっかり固定するようにしましょう。ショートヘアやボブの方は髪が短いため、ヘアバンドがずれにくい傾向にあります。毎回ヘアピンで固定しておいた方が無難だと思います。
こちらは、ターバンをヘアバンドとして使用したヘアアレンジです。前髪の部分でターバンを結んだら、結び目を後ろに回します。トップの髪をヘアバンドから出し、髪型を整えたら完成です。ショートヘアのヘアバンドアレンジは、忙しい朝でもすぐ完成する簡単アレンジです。
太めのヘアバンドでボーイッシュにキメたヘアアレンジです。前髪を綺麗に七三に分け、残った部分はヘアバンドにかくしています。ショートヘアのヘアバンドスタイルは、後ろ髪で変化があまりつけられない分、前髪の分け目で印象を変えましょう。
こちらも前髪を七三に分けていますが、ヘアバンドの位置を少し後ろめにしているため、前髪がしっかり見えているヘアバンドアレンジです。シックなコーデに柄もののヘアアレンジをつけているので、コーデのポイントとなっていますね。
ヘアバンドをつけたら、下までしっかり編み込みをします。毛先は髪の毛の中に隠して、ピンで留めたら完成です。ルーズ感のあるガーリーなヘアスタイルに仕上がります。後ろ髪を全てまとめることができるので、夏にぴったりのヘアスタイルですね。
まず、トップの髪を集めてゴムでまとめます。ゴムでまとめた髪は、ゴムを隠すように一周髪をまわしてください。さらに、サイドの髪を少し取りまとめて、先程まとめた髪の上から一周回します。後ろに残った髪型はひとまとめにしておきます。そして、大きめのヘアバンドを上からかぶります。その時、下に残ったら結び目はヘアバンドの中に隠しましょう。
巻き髪のボブは、ヘアバンドをつけるだけで、かわいいヘアスタイルになります。パーマをあてていない人は、コテで軽く巻くと簡単にかわいくなります!
まず、サイドの後れ毛を残して、他は耳にかけておきましょう。その状態で、ヘアバンドをつけてください。このとき、後ろの毛はヘアバンドの外に出しません。後ろ髪はおおまかに2つに分けます。右側の耳後ろの毛をヘアバンドの内側に通し一周させます。一度通した毛と新しく足した毛を取り、同じ様にヘアバンドに通し一周させます。左側も同様にまとめましょう。
真ん中に集まった毛を指に巻き付け、ヘアバンドの真ん中に髪を入れ込みます。髪がずれてきそうな場合は、ピンを内側へさし、しっかり固定するようにしましょう。慣れたら簡単にできるヘアアレンジ方法です!
こちらは、ポニーテールにヘアバンドをつけたアレンジです。子どもっぽくなりやすいポニーテールもヘアバンドで、簡単に大人かわいいヘアスタイルになります。トップの髪の毛を少し出して、ルーズ感を出すとよりかわいくなります!
こちらは、髪をサイド結びをしてヘアバンドをつけた簡単アレンジです。まとめた髪は軽くコテで巻いたらさらにかわいくなると思います。さりげなく襟足をみせることができるので、上品で大人っぽくみせることができます。ヘアアレンジがシンプルのため、少し派手めなヘアバンドを選ぶと良いでしょう。
ヘアバンドの付け方や落ちないコツ、ヘアアレンジなどをまとめてみましたが、いかがでしたか?ヘアバンドをつけたことがない人は、少し敷居が高く感じるかもしれません。しかし実は、慣れれば簡単に髪型の雰囲気を変えることができる優秀アイテムなんです!ヘアバンドは安くてかわいい柄がたくさん揃っているので、様々な形・柄のヘアバンドを集めてみてください!

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/75/ff/ea/75ffea23eafaa8475d4b72d30b4d621c.jpg