Ihn7bfo73v40i70nxtwb

値段

CATEGORY | 値段

ワイシャツクリーニングの値段の相場・出し方や頻度は?長持ちさせるコツは?

2018.07.31

ワイシャツはビジネスマンには必須のアイテムです。ですが、クリーニングの頻度はどうしていますが?値段は気になりませんか?今回は、そんなワイシャツのクリーニングの値段の相場・出し方や頻度、宅配サービス、汚れを防止して長持ちさせる方法などを紹介していきます!

  1. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?
  2. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【汚れの原因】
  3. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【頻度】
  4. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【値段の相場】
  5. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【出し方】
  6. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【かかる時間は?】
  7. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【宅配ってできるの?】
  8. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【長持ちさせる方法】
  9. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【買い替えの時期は?】
  10. ワイシャツクリーニングの値段・頻度は?【まとめ】
会社勤めの方であれば、必ず毎日着ると言っても過言ではないワイシャツ。真っ白なきれいなワイシャツを着ているだけでも身が引き締まり、周りにも清潔で爽やかな印象を与えることができます。
ですがそんなワイシャツも毎日のように着ていれば、襟元や袖口が黄ばんできたり、黒ずんできたりしてきてしまいます。カラーシャツはそこまで目立たないものの、白いワイシャツや明るい色のものはどうしても汚れが目立ちやすくなってしまいます。
そしてそんな黄ばんだり黒ずんだシャツを着ていると、清潔感がなく、だらしない印象を与えてしまいます。場合によっては周囲の人を不快にしてしまうこともありますので注意が必要です。特に営業などのお仕事をされている方は見た目の印象も大事なので、清潔感を出すのは必須であると言えるでしょう。
とは言え、ワイシャツは会社勤めには欠かせず毎日着るアイテムです。時間が経つにつれて黄ばんだり黒ずんだりしてしまうことはいたって普通のこと。ただそれを自身でこまめに洗濯をして汚れが付かないように注意しているか、またクリーニングに頻繁に出しているかが真っ白で新品同様のワイシャツの状態を保つのに必要となってきます。
クリーニングに出したほうがいいとは分かっているものの、もったいないと汚れが溜まってから出したり、長時間放置してからまとめて出したりしている方も多いのではないでしょうか。クリーニングはプロならではこなせるノリ付け作業などが、家庭では難しいぱりっと仕上がりにしてくれたり、高温プレスで殺菌効果が期待できたりと様々なメリットがあります。
そんなメリットも多いクリーニングのサービスを使わない手段はありません。実際最近主婦の間でもじわじわとクリーニングを利用する人が増えてきています。今回は、クリーニングの頻度や値段の相場、出し方や受け取りまでにかかる時間、宅配サービス、そして長持ちさせる方法などを紹介していきます。
新品の時にはぱりっと真っ白なワイシャツでも、時間と共に黄ばみや黒ずみがでてきてしまします。この黄ばみや黒ずみの原因は一体何なのでしょうか。答えは皮脂汚れです。首元や袖口付近はどうしても摩擦が多く、皮脂も付着しやすくなっています。そのためすぐに汚れてしまうというわけです。
ちなみに夏場は汗をよくかくので、頻繁に洗濯する方も多いかと思いますが、実は冬場でそんなに汚れているとは思わない場合でも皮脂汚れはしっかりと付いています。汗をかかなかったと思って何度か着ていたり、長時間放置したりしていると黄ばみや黒ずみが溜まり、通常の洗濯では中々汚れを落とすのが難しくなってしまいます。
黄ばみや黒ずみを長時間放置して取り返しのつかない事態になる前に、クリーニングはできるだけ頻繁に出すのが理想的です。頻度としての目安は、1週間ごとから1シーズンごとに1度出すことが理想的です。
クリーニングに出している間に着るものがないという状態を防ぐためにも、ワイシャツは1週間分以上は持っていることが好ましいです。また、衣替えなど長い時間着ることがないようであれば、保管する前に必ずクリーニングに出しましょう。
さて、気になるワイシャツクリーニングの値段ですが、料金は意外と安く150円から可能なクリーニングもあります。安いとこのくらいの価格でクリーニングをすることができますが、相場は200円から300円ほどになるでしょう。
ただし、安いお店は機械でクリーニングをし、高いお店では職人さんが丁寧に仕上げているので、クリーニング店を選ぶ際は相場の値段よりも自身に合ったお店選びが必要となります。また、宅配サービスがあるかなどもポイントとなるでしょう。
クリーニングに出すことを決めたら、次は出し方です。みなさん、出し方なんてただクリーニング店に持っていくだけだと思っていませんか。クリーニングにいきなり出す前に、少しチェックをしてもらいたい項目がありますので、事前にチェックしておきましょう。
基本クリーニングに出すときは汚れたまま出してOKです。洗濯表示で水洗いが可能であることやアイロンの使用が可能であることも忘れずにチェックしておきましょう。また、クリーニングの出し方の基本ですがポケットやボタンが取れていないかの確認もしておきましょう。
お店に行ったら、自分が汚れが気になっている部分を伝え、また染み抜き処理を希望するかなども明確にしておきましょう。
クリーニングにかかる時間はお店によっても様々です。早いところでは数時間で仕上げることも可能ですが、2日以上かかるお店もあります。お店が遠い場所にある場合は、自身で事前に宅配も可能であるかなどの確認もしておきましょう。
ネットクリーニングであれば最短翌日からで即日集荷可のお店もありますので、自身の都合や仕事が終わる時間帯などを考慮してお店選びをしていきましょう。

関連記事

クリーニング店によっては、宅配が可能なところもあります。最近ではネットクリーニングのお店も出てきており、送料も初回無料のところもあります。例えば「リネット」は料金も安くしみ抜きまで無料で行ってくれるので、時間があまりない方にもおすすめです。
他にも24時間受付の宅配クリーニングサービスがあるネットクリーニングや、即日集荷が可能な宅配サービスを行っているネットクリーニングもあるので、色々と吟味してみましょう。
せっかくクリーニングに出したら、その状態を維持して長持ちさせたいですよね。そのためにも、まずはクリーニング後に受け取ったワイシャツは、ビニールがかかっていれば外しましょう。ビニールは湿気がこもってしまうので、カビなどの原因にもなってしまうので注意が必要です。
そしてきれいな状態を長持ちさせるためにも、やはり1回着たら洗うといったこまめに洗濯することをおすすめします。自身で洗うときは40度程度のお湯で洗うようにしましょう。また洗い終わったらシワをしっかし伸ばして、風通しがいい日陰に干すようにしましょう。

関連記事

こまめに洗濯をし、清潔を保って長持ちするよう努めていたワイシャツにも、いつかはお別れをするときが来るでしょう。それは、襟元や袖口が擦り切れてきてしまったときです。毎日年中着ている服は、どうしても劣化が目立ってきてしまいます。そんなときは潔く買い換えて、新品のワイシャツで新たな気分でスタートさせるのもいいでしょう。
今回は、クリーニングの頻度や値段の相場、出し方や受け取りまでにかかる時間、宅配は可能なのか、そして長持ちさせる方法などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。意外とお金がかかると思っていたクリーニングでも相場が分かり意外と安くできることがお分かりいただけたかと思います。
この記事を参考に、クリーニングを気軽に利用して、清潔感溢れるワイシャツを毎日着用し周りの好感度も上げてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Blu_yTDgWFC/?tagged=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0