Znq2d7ui0mu3mfvzkhbr

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

敏感肌向きの日焼け止め人気おすすめ15選!安心して使いたい!

2020.06.29

敏感肌向きの人気おすすめ日焼け止めを全部で15個紹介していきます。ポイント別、また敏感肌でもしっかりガードしたいという人のためにSPF50のものや、プチプラのものまで。敏感肌で日焼け止めに迷っているならぜひ参考にしてみてください。

この記事に登場する専門家

Ow3wtrcmyjoe42gznwhu

vivre専属ライター

MAI

韓国大好き!年に3回韓国に行きます!インスタ映えしない写真ばかり撮ってしまう。

  1. 敏感肌向きの日焼け止めはここが違う
  2. 紫外線が敏感肌に与える影響
  3. 敏感肌の日焼け止めの選び方
  4. <ポイント別敏感肌向きの人気おすすすめ日焼け止め>
  5. おすすめ①:ウォータープルーフで敏感肌向き日焼け止め
  6. おすすめ②:保湿効果が高くて敏感肌向き日焼け止め
  7. おすすめ③:石鹸で落ちる敏感肌向き日焼け止め
  8. おすすめ④:メイク下地にもなる敏感肌向き日焼け止め
  9. <口コミランキングで人気の敏感肌向きでさらにSPF50の日焼け止め>
  10. おすすめ⑥:UVイデアXLプロテクションBB/ラッシュポゼ
  11. おすすめ⑦:UVシールドEX/NOV
  12. おすすめ⑧:パーフェクトUVマイルドミルク/アネッサ
  13. おすすめ⑨:スーパーサンシードEX/アクセーヌ
  14. おすすめ⑩:アミノモイストブライトアップベースUV/ミノン
  15. <敏感肌向きのプチプラ人気おすすめ日焼け止め>
  16. おすすめ⑪:さらさらUVマイルドケアミルク/ビオレ
  17. おすすめ⑫:UVエッセンス/キュレル
  18. <体におすすめの敏感肌向きの日焼け止め>
  19. おすすめ⑬:UVケアミスト/ママバター
  20. おすすめ⑭:マミーUVマイルドジェル/キスミーマミー
  21. おすすめ⑮:内側から日焼け止め対策
  22. 正しい顔への日焼け止めの使い方
  23. 敏感肌のあなたでも安心して使えるように
Nlrcfkqcnlgot9xpinxv

基本的には紫外線吸収剤フリーでノンケミカルであると言われている

敏感肌用とされているものは、普通の日焼け止めと違って、大多数が、『紫外線吸収剤』が入っていないことを意味する『ケミカルフリー』とされているものが多く、また敏感肌にはそういったケミカルフリーなものを選ぶといいとされています。なぜなら、紫外線吸収剤が紫外線をブロックするときにおこる化学反応がお肌に大きな負担になり、肌荒れを起こしたりかぶれたりする人が多いからです。

敏感肌の方もかぶれにくい紫外線吸収剤配合タイプの日焼け止めはある

少し前までは『紫外線吸収剤配合=敏感肌向きじゃない』という認識だったかもしれませんが、今は、紫外線吸収剤が配合されていても、敏感肌でも使えるという日焼け止めもあります。ですので一概には敏感肌用の日焼け止め=ケミカルフリーがいいとは言い切れません。ですが、現在出ている敏感肌でも使えるの日焼け止めというのは圧倒的にケミカルフリーが多いことは確かです。

C7t9wbhkkjf2hznzc8zb

紫外線が敏感肌に与える影響

紫外線を浴びることで肌の水分が減って、乾燥し、肌を守る機能が低下してしまう。

敏感肌だからこそしっかり日焼け止めを使って紫外線対策するべき!

敏感肌だからこそしっかりと紫外線対策しなければ日焼けだけでなく、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

A2tldlnnu8z0pqjzqmhu

なるべく肌にへの負担は少ない日焼け止めを選ぶ

合成界面活性・添加物・エタノール・合成着色料は避けたい成分です。これらを避けて肌に優しい成分が配合されているものを選びましょう。

シーンにあったSPF/PA値を選ぶ

SPF10~20/PA++:ごみ捨てやちょっとした買い物、洗濯物を干すなどの日常生活ではこれで十分紫外線をカバーできています。

SPF 20~30/PA ++~+++:スポーツや通勤、散歩などの屋外で1~2時間過ごすのには十分カバーできています。

SPF30~40/PA+++:バーベキューやキャンプなどのアウトドアになどの場合もこの強さで十分カバーできるでしょう。

SPF50/PA +++~++++:長時間の炎天下でのスポーツや海水浴などにはこれくらいが必要でしょう。

敏感肌の自分にあっている成分が使われている日焼け止めか確認する

Zkzjxuhthhlic3q6dmu7

日焼け止めには様々な成分がそれぞれ製品ごとに配合されているため、何度も同じような肌トラブルを起こすことを回避するためにも、今まで使ってみてトラブルがなかった日焼け止めと成分を見比べてみてください。また反対にトラブルがあった日焼け止めとも見比べてもみてください。敏感肌で人よりも気を使わなければいけない、また気を使って選ぶのであれば自分にあっている成分と合わない成分をしっかり把握しておくべきです。

少しの手間でトラブル回避と無駄な出費の削減が可能

自分が使ってよかったもの、悪かったものを比べ自分にとっていい成分、合わない成分を少しでも把握することで、肌トラブルを起こすことなく新しいものを選べて、また合わない製品を買うのを減らせることで、無駄な出費も減らせるでしょう。新しいものを買って試したあとに、合わなくて肌トラブルを起こしてしまうと、悲しくなってしまいませんか?そのようなことを避けるためにも敏感肌であれば少しの手間は必要です。

Vmstwqdeyehvkzqpruxx

敏感肌向きの嬉しいポイント別の日焼け止めをポイント別に紹介します。

Vudbdw6gxy2ibid3fis9

サンスキリーンモイスチャライザーSPF35アウトドア/ パジャー

オーガニックUSDA認定クリームでナチュラ成分だけを配合して作られた、ウォータープルーフの敏感肌向きの日焼け止めです。テクスチャーが硬いという口コミから、伸びがいいという口コミまで様々なのですが、夏場の気温が高いところでは硬さは特に気にならないようです。また塗ってすぐは白浮きしているように見えるようですが、時間が経つとしっかりと馴染み保湿力も高いという口コミも。肌にやさしいくウォータープルーフの敏感肌向きのおすすめの日焼け止めです。

バジャー サンスクリーンモイスチャライザー SPF35 アウトドア
価格 ¥ 3,240

またここのブランドは他にもたくさんの種類の敏感肌向きの優しい日焼け止めを作っています。虫除けもできるも日焼け止めから、石鹸で落ちてクレンジング不要の日焼け止めまで様々な日焼け止めが人気です。

Ca4f73ctv92icvzftwcz

UVイデアXL/ラロッシュポゼ

こちらは普通肌から乾燥肌に向けて作られている敏感肌向きの製品だけに、保湿力が高く乾燥しにくいという口コミの多い敏感肌向きの日焼け止めです。また化粧下地にもなり保湿とUVカットも共にしてくれるので嬉しい効果が多くとっても優秀。さらに伸びもよく白浮きもしないという口コミが多く、石鹸でも落ちるのでクレンジング不要でおすすめの保湿力の高い日焼け止めです。

<あとこちらはトーンアップできて、くすまないという新作が2018年3月8に発売です。>

Zcrpdv3bh5tgashfi99j
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519827448/zcrpdv3bh5tgashfi99j.png
Qindrchngioq3vqyql5u

岡田UVミルク/無添加工房OKADA

こちらもノンケミカルで石鹸で簡単に落ちてクレンジング不要の敏感肌向きの日焼け止めです。思った以上に小さかったという口コミも多いですがやさしい成分配合で、赤ちゃんにも使えるもので、さらに白浮きしないのでメイク下地にもなる敏感肌向きの石鹸で簡単に落とせる日焼け止めです。

Wszc9via2hlzfknl9pw1

アレルバリアエッセンスBB/dプログラム

こちらもノンケミカルでまた色がついているので、くすみなどもカバーしてくれ、これ1つ塗って外出しても平気だという口コミの多い敏感肌向きの日焼け止めです。また下地に使うことでメイクのノリをよくしたり、長持ちさせてくれる効果もある人気の日焼け止め。また敏感肌でもトラブルがなかったという口コミの多い敏感肌向きの下地にもなる日焼け止めです。

アレルバリアのおすすめ件メイク動画です。気になった人は見てみてください。

Rolnoasezttfobwjyie1

SPF/PA とは?

<PAとは>

紫外線の大多数を占める、UV-Aは肌の奥深く、真皮まで届き、コラーゲンを破壊し、シワやたるみの原因になってしまう紫外線です。またUV-Aは1年中、雨や曇りなど関係なく地上に降り注いでいます。PAはこのUV-Aに対する日焼け止めの効果を表していて、+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。簡単に説明するとPAの+の多さはシミ、たるみなどに対しての抵抗力の強さを表しています。

<SPFとは>

UV-BはUV-Aよりもより悪影響を及ぼすもので、肌の奥まで届かないものの、肌の表面にメラニン色素を増加させ、シミ、そばかすをできやすくさせてしまう紫外線です。また炎症や乾燥を引き起こすことも多々ある紫外線です。SPFとはUV-Bを防止してくれる日焼け止めの効果を表す数値のこと。焼けの進行を遅らせることができる、という意味です。ちなみのSPF50は50時間効くということではなく、肌が日焼けするのを時間とSPF数値の掛け算で、遅らせることができる時間の目安、ということです。SPFが高いほど長い時間守ってくれるということになります。

強力だと肌に負担がかかるんじゃないの?

Xggchneltpyecaffifox

数値が高ければ高いほど肌には負担がかかります。低いものより確実に負担はかかるはずですが、敏感肌向きであるためかなり成分に気を使っているものばかりを紹介します。

Ixzqks17fjtv88mfhacs

SPF50なのにBBクリームにも使える優秀敏感肌向き人気おすすめ日焼け止め

敏感肌向けにもかかわらずSPF50でさらにBBクリームなので、肌の赤みやくすみもカバーでき、化粧下地にもなり、またウォータープルーフな上に、石鹸で落ちてクレンジング不要。と何からおすすめしていいのか悩むほどのスペックを兼ね備えているこの敏感肌向きの日焼け止め。伸びがよく、保湿力も高いという口コミが多くかなり評価の高い日焼け止めです。

Liruwqsc37r6iof0arzo

敏感肌向きSPF50なのに嬉しい効果も詰まってる人気おすすめ日焼け止め

こちらもノンケミカルでウォータープルーフ、石鹸で落ちてクレンジング不要のSPF50し、かも下地効果もというハイスペックな敏感肌向きの日焼け止めです。メイク下地に使うとメイクずれしないという口コミと、少し白浮きするというどちらの口コミのある敏感肌向きの日焼け止めです。

Orsdx3wmsgoz5jrzsrh9

SPF50なのにウォータープルーフ!夏の大本命の敏感肌向き人気おすすめ日焼け止め

こちらは低刺激ながらウォータープルーフで、なおかつ石鹸で落ちるクレンジング不要の敏感肌の人の夏にもってこいの日焼け止めです。特有の香りもなく肌への優しさが違うという口コミもちらほらとあった敏感肌向きの日焼け止めです。

Snscuo2aewctfv44da59

SPF50でも透明感そのままに化粧下地にもなる敏感肌向き人気おすすめ日焼け止め

こちらかなり口コミ評価の高い敏感肌向きの人気おすすめ日焼け止めです。化粧下地にした時の透明感が違うという口コミが圧倒的に多く、日焼け止め効果も高いので夏のメイクには重宝しそうな敏感肌向きの日焼け止めです。

Uribldxjlega2ly3pprc

ほぼSPF50の敏感肌向き人気おすすめ日焼け止め

SPF47でほぼ50と変わらない効果の化粧下地にもなる、敏感肌向きの日焼け止めです。保湿力がかなり高いという口コミが多く、乾燥しやすい方にはかなりおすすめ。ドラッグストアーで買えるのもポイントです。

Cd6nwu2jdwbxnvk0wm9i

ドラックストアで手軽に買えて、値段も手軽な敏感肌向きのプチプラ人気おすすめ日焼け止めを紹介します。

Rmlmhbpfro8fqscbb8ij

たっぷり使いやすい!人気おすすめプチプラ敏感肌向き日焼け止め

弱酸性でアルコールフリーの敏感肌向きのプチプラ人気おすすめ日焼け止めです。子供にも大人にも使えて使用感がかかなり軽く、またさらさら感が他にはない感覚だという口コミもありました。値段も手頃なのでたっぷりと使いやすい敏感肌向きの日焼け止めです。

ビオレ さらさらUVマイルドケアミルク SPF30 PA++ 120ml
価格 ¥ 558
Xply7wmufg3yd7diqncb

保湿もできちゃう人気おすすめプチプラ日焼け止め

保湿もできてしまう、ドラッグストアで買えるプチプラ日焼け止めです。保湿力は高いようですが、白浮きしたという口コミもあったので塗るときは薄く塗るのがおすすめな敏感肌向きの日焼け止めです。

キュレル UVエッセンス SPF30 50g
価格 ¥ 1,620
Gjpe6paxfhsopn0c99y2

紫外線ケアが必要なのは顔だけではないはずです。体にもしっかり使えて優しい敏感肌向きおすすめ日焼け止めを紹介します。

Pvxvuksnyolbgbwelpvw

ミストタイプで手軽にUVケアできる敏感肌向き人気おすすめ日焼け止め

手を汚すこともなく、またミストなので簡単に背中や首などに使うことができる敏感肌向きの日焼け止めです。SPF20程度でまたミストで持ち運びやすく、手を汚さないので外出時のお直しに使うこともおすすめです。

A3yycsbyrxclqwiih4s9

敏感肌の子供と一緒に顔も体も使える敏感肌向き人気おすすめ日焼け止め

かわいい見た目も子供にウケが良さそうでおすすめの敏感肌向きの子供とも使いたい日焼け止めです。日焼け止め独特の匂いもなく子供も嫌がることなく使ってくれているという口コミが多く、値段も優しいのでたっぷり親子で使うことのできる敏感肌向きの日焼け止めです。

Ffwer3pyyjucrcbk0exz

飲む日焼け止めで体の中から対策

敏感肌であるのなら飲む日焼け止めを飲んで内側からケアというのも1つの選択肢です。飲む日焼け止めにもメリットデメリットはあるので自分に合っているようなら飲む日焼け止めもおすすめです。ですがやはり飲むだけで安心ではなく外側からもちゃんと日焼け止めを塗ってケアしてあげることも必要不可欠です。

飲む日焼け止めではないのですが紫外線対策のインナーケアの動画です。気になったら見てみてください。

Datbksk0jbyjmcnuamzv

正しく使えなければ何の意味もない

正しく使って日焼け止めに効果を発揮してもらわなければせっかくの紫外線対策も水の泡です。しっかりと正しく日焼け止めを使って、また肌に優しい日焼け止めで効果的にUVケアしましょう。

日焼け止めはたっぷりと

クリーム状の日焼け止めの場合はパール大2個分、液状タイプの日焼け止めの場合は500円玉1個分を手に取ります。量が少ないと日焼け止めの十分な効果が得られません。またムラなく丁寧に塗ることをおすすめします。

こまめに塗り直す

目安としては、2~3時間に1度は塗り直すのが理想的です。ただし日焼け止めを塗った部分を手でこすったり、汗で流れてしまわなければ、日焼け止めクリームの効果は5~6時間はもちます。しかし反対に5~6時間しかもたないのです。気づかないうちにこすっていたり、汗が流れていることがあるので、やはり2~3時間に1度塗りなおすことをおすすめします。

1年以内に使い切る

1年以内に使い切るのが理想的なだけでもっと早く使い切れるに越したことがなく、さらには1年以上経ったものは使わないようにしましょう。時間が経った日焼け止めは、細菌が繁殖して肌トラブルの原因になってしまったり、品質が劣化していて満足な日焼け止め効果を得れない可能性があります。開封したものは1年以内に使い切りましょう。

しっかりと日焼け止めを洗い流す

しっかりと日焼け止めを洗い流さず肌に、日焼け止めが肌に残ったままだと肌ドラブルの原因になってしまいます。日焼け止めは洗い残しなくしっかりと洗い流しましょう。

日焼け止めの塗り方は動画で確認してみるとわかりやすいです。

全部のおすすめを見て気になるものが多かったのではないでしょうか。しかし、全て敏感肌にも使えるというだけで、一概に敏感肌の人全てにトラブルが起きないわけではありません。口コミなどを参考にすることもとても重要で、日焼け止めを選ぶ上で同じ敏感肌の人の意見は大切です。ですが成分の様々、人の肌も様々、他に使っているものも様々。人よりも肌が弱く、トラブルが多く、悩むことが多いのであれば、自分にあった成分をしっかり認識しましょう。そして確認することが幾度なく起こす肌トラブル回避には重要です。

Zfya3uo4i18dbsikfmjv

またそれは本当にその日焼け止めのせいだけですか?他の化粧品との成分の相性などもあるかもしれません。敏感肌だからと諦めないで、少しの手間としっかり日焼け対策することで近い将来あなたを美肌に少しでも近づけてくれるはずです。

関連記事