Koh0mfmslcaqph999sbc

お酒

CATEGORY | お酒

ワインのアルコール度数の平均は?低い?高い?他のお酒とも比較!

2018.07.30

食事に欠かせないのがお酒。適度に飲めば、食も進んで健康にも良い影響があります。ただ意外と知らないのが、ワインのアルコール度数表示。どのくらいが高いのか?低いのか?赤と白で変わるのか、平均度数も気になります。今回は、ワインのアルコール度数、高い・低い・平均を比較したご案内です。

  1. ワインのアルコール度数、高い・低い・平均などを検証1「ワインの効能」
  2. ワインのアルコール度数、高い・低い・平均などを検証2「均一じゃない度数」
  3. ワインのアルコール度数、高い・低い・平均などを検証3「他のお酒との比較」
  4. ワインのアルコール度数、高い・低い・平均などを検証4「度数の高いワイン」
  5. ワインのアルコール度数、高い・低い・平均などを検証5「度数の低いワイン」
  6. これまであまり気にしなかったワインのアルコール度数
【ワインの表示では、どのくらいの度数になっているのでしょう。赤・白・ロゼなどの種類でも差が出るのでしょうか。他の酒類との比較もしながら検証してみました。】特に赤ワインを飲むことによって、「高血糖や動脈硬化を予防」・「貧血予防」・「高血圧やむくみ予防」・「肌の健康維持」・「抗酸化作用による健康効果」などの効能が得られます。とは言っても、適度な量を飲んだ時の事ですので、決して飲み過ぎないようにしましょう。
ワインを飲むと気分もリラックスしてきて良い気分になりますね。 これはワインのアルコールが血液に入り、脳に到達して、脳の神経細胞に作用して、麻痺させるからで、適量であれば、脳が麻痺するこでふわっとした、楽しい気分になるものですが、これが飲み過ぎてしまうと泥酔してしまい、周りに迷惑をかけることに。

【ワインの表示では、どのくらいの度数になっているのでしょう。赤・白・ロゼなどの種類でも差が出るのでしょうか。他の酒類との比較もしながら検証してみました。】度数に関しては、ぶどうの酒類や製造に関わってくるのですが、産地も重要なキーワードとなります。天候や、日射量によってもぶどうの糖度が変わってきます。日差しが強く乾燥して気温も高い産地では、糖度も上がりやすく、逆に冷涼な地域では、日差しが少なく糖度が低くなってしまうのです。
ワインのアルコール度数が均一じゃない1番の理由は、異なる糖度のブドウが様々なタイプのワインに醸造されているからです。ワインは製造過程で糖度がアルコールに変わっていく飲物なのです。簡単に言えば、糖度の高いワインからはアルコール度数の高いワインが醸造され、糖度の低いワインからはアルコール度数が低いワインが醸造されます。

【ワインの表示では、どのくらいの度数になっているのでしょう。赤・白・ロゼなどの種類でも差が出るのでしょうか。他の酒類との比較もしながら検証してみました。】ワインは比較的低いアルコール度数です。ワイン・日本酒・ビールなどのお酒は醸造酒、様々な原料を発酵させて作ります。アルコール度数の高いシェリー・ウイスキー・焼酎などは、醸造されたお酒を原料にする蒸留酒です。実際に、ワインと同じく、他のお酒もアルコール度数は決して均一ではありません。ワインが他の酒類と大きな相違点は、水を全く使わず造ので、度数の調節も容易にはできません。ですので、種類も産地も同じでも、アルコール度数は毎年異なるのです。
いくらワインが美味しいからといって飲み過ぎには充分注意が必要ですね。 ワインはビールや缶チューハイなどと比べてもかなりアルコール度数が高いものです。 ビールや缶チューハイがだいたいアルコール度数が5度なのに対して、ワインはだいたい14度くらいはあります。

関連記事

【ワインの表示では、どのくらいの度数になっているのでしょう。赤・白・ロゼなどの種類でも差が出るのでしょうか。他の酒類との比較もしながら検証してみました。】アルコール度数が高いことで有名なワインの1つは、イタリアのアマローネでしょう。正式名称はアマローネ・デラ・バルポリチェッラ(Amarone della Valpolicella)です。アルコール度数は15%近く、味わいも濃厚です。ぶどうの収穫後に陰干しして、糖分を最大限に高めてから醸造を開始します。
オーストラリアのバロッサバレー。日差しが強い国、というイメージがあるオーストラリアですが、バロッサバレーはその中でも日差しが特に強い地域です。オーストラリアの固有品種、シラーズを使って作られる赤ワインは、やはり濃厚そのもの。 アマローネとは違い陰干しはしませんが、それでも14~14.5%のアルコール度数を毎年の様に生み出し続けています。

【ワインの表示では、どのくらいの度数になっているのでしょう。赤・白・ロゼなどの種類でも差が出るのでしょうか。他の酒類との比較もしながら検証してみました。】モスカートがアルコール度数が低いので知られています。しかし現在では、その甘口の飲みやすいワインが人気で、あらゆるワインの産地で、アルコール度を抑えたワインが作られています。
アルコールの低いおすすめワインもご紹介します。 アルコール度数が低めで飲みやすいワインと言えばモスカート。その度数は5.5~7%とビールほどしかありません。イタリアの北部、ピエモンテが発祥で、正式名称はモスカート・ダスティ(Moscato d’Asti)と言います。

今回は、ワインのアルコール度数について、ご紹介を致しました。適度に飲めば、健康にもよいのがワインです。自然の恵みをいっぱいに受けたお酒って感じですよね。美味しい上に健康にも良いワイン、適量をたしなんで、ワインの世界に浸りましょう。