Tittwzfirz8a2nbllcqn

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

洗顔時の泡立て方のおすすめやコツを紹介!手や100均のネットで簡単スキンケア

2018.08.01

泡洗顔は素肌美人にしてくれる優秀なスキンケア方法です。今回は洗顔時の泡立て方のおすすめやコツをご紹介。手や泡立てネットなどの100均アイテムを使って簡単にたっぷりふわふわの泡を作れる洗顔時の泡立て方のおすすめ・コツを知って、泡洗顔で素肌美人になりましょう。

  1. 泡洗顔で素肌美人に
  2. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ -泡洗顔の効果-
  3. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ ①手を使った泡立て方
  4. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ ②泡立てネットを使った泡立て方
  5. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ ③泡立て器を使った泡立て方
  6. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ ④洗顔ブラシを使った泡立て方
  7. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ ⑤泡洗顔料を使う
  8. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ -泡立て洗顔のおすすめ100均アイテム-
  9. 洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ -洗顔後はスキンケアを忘れずに-
  10. まとめ たっぷり泡を作って泡洗顔しよう
毎日のスキンケアで欠かせない洗顔。みなさんは普段どのようにして洗顔をしていますか。最近では泡立てて洗顔する人が増えたのではないでしょうか。でも、泡立てて洗顔しているけどTVで見るようなもっちりふわふわ泡にはならないという意見も。そこで、今回はもっちりふわふわ泡になる洗顔時の泡立て方についてご紹介します。

関連記事

洗顔料を泡立てて洗顔する泡立て洗顔には、様々な効果があります。

①摩擦軽減効果

Qub3cuacetfhtl5ropur
洗顔料を泡立てることで、泡がクッションになって、肌への摩擦を軽減できます。摩擦による肌への刺激は顔のくすみなど肌トラブルの原因になるので肌をこすらずに洗顔できる泡立て洗顔は肌に良いのです。

②汚れが落ちやすい

洗顔料を泡立てることで、キメの細かい泡が肌の皮脂や古い角質、毛穴に詰まった汚れなどに吸着して落としやすくします。肌の汚れを落とすことで肌が清潔に保たれるのです。

③洗顔料が残りにくい

洗顔時の洗顔料のすすぎ残しは、肌トラブルの原因です。そんな洗顔料が残りにくいのが泡立て洗顔です。泡洗顔をするとすすぎの時の泡切れが良くなって洗い上がりもすっきりします。
洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ・手を使った泡立て方です。コツを掴めば手だけでも簡単にキメ細かいたっぷり泡が作れます。

①手を洗って清潔な状態にする

洗顔料を泡立てる前に、まず手を洗い清潔な状態にしておきます。手を清潔にしておかないと、手の汚れで上手く泡立たないだけでなく、肌への悪影響にもつながります。

②洗顔料を手の平にのせて泡立てる

洗顔料を適量手の平にのせて泡立てます。利き手と反対の手にくぼみを作り、くぼみの中に洗顔料をのせます。ティースプーン1杯程度水を加えて、利き手で洗顔料を崩しながら素早く泡立てます。

③水を少しずつ加える

泡立てながら、水を少しずつ加えていきます。一度に多く入れると水分が多くなり泡立ちが悪くなってしまうのでティースプーン1杯くらいずつ加えましょう。

※空気を含ませる

泡立て方のポイントは、泡にしっかりと空気を巻き込んで空気を含ませることです。泡が空気を含むことによって、キメ細かいふんわり泡ができます。
洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ・泡立てネットを使った泡立て方です。泡立てネットを使えば簡単にたっぷりの泡が作れます。
※洗顔料を泡立てる前に、まず手を洗い清潔な状態にしておきます。手を清潔にしておかないと、手の汚れで上手く泡立たないだけでなく、肌への悪影響にもつながります。

①ぬるま湯でネットをぬらす

30℃~35℃くらいのお湯でネットをぬらします。

②ネットに石鹸(洗顔料)をのせて揉みこむ

石鹸(洗顔料)をネットに揉みこんでいきます。

③手の平で揉みこむように泡立てる

手の平で揉みこむように泡立てていきます。大きい泡を作るためにお湯を少し加えると泡立ちがよくなります。

④泡を潰してキメ細かい泡を作る

出来た泡を両手で潰していきます。こうすることで大きな泡が潰れてキメの細かい泡ができます。
洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ・泡立て器を使った泡立て方です。泡立て器は100均でも手に入れることができる便利なアイテムです。手や泡立てネットで上手く泡が作れないという人は是非活用してみてください。
※洗顔料を泡立てる前に、まず手を洗い清潔な状態にしておきます。手を清潔にしておかないと、手の汚れで上手く泡立たないだけでなく、肌への悪影響にもつながります。

①プレートに洗顔料をつける

プレートに洗顔料を適量つけます。※石鹸の場合は、プレートを手の平に取り円を描くように10回程度こすりつけます。

②本体に水を入れる

本体に適量水を入れます。

③フタを押さえながら泡立てる

フタを押さえながら泡立て部を真っすぐ上下に動かします。※はじめは小刻みに、徐々に大きく動かしていくのがポイントです。20秒程度繰り返します。
洗顔時の泡立て方のおすすめやコツ・洗顔ブラシを使った泡立て方です。洗顔ブラシを使って簡単にたっぷり泡が作れます。また洗顔ブラシは、洗顔にも使えて便利なアイテムなので是非活用してみてください。
※洗顔料を泡立てる前に、まず手を洗い清潔な状態にしておきます。手を清潔にしておかないと、手の汚れで上手く泡立たないだけでなく、肌への悪影響にもつながります。

①洗顔ブラシに水を含ませる

洗顔ブラシに水を含ませ、ある程度水気を取ります。

②洗顔ブラシに洗顔料をつけて泡立てる

回すようにして石鹸(洗顔料)をつけていきます。少量の洗顔料でたくさんのきめ細かい泡が作れます。

③洗顔ブラシを使って洗顔する

ブラシを使って、泡をくるくる回しながら優しく撫でるように洗顔していきます。
洗顔時の泡立て方は色々ありますが、どうしても泡を作るのが面倒だという人もいますよね。そんな人には最初から泡で出てくる泡洗顔料がおすすめです。プッシュするだけでキメの細かい泡が出てくるのですぐに洗顔することができますよ。
泡立て洗顔に便利なプチプラ100均アイテムをご紹介します。プチプラながら優秀なアイテムでたっぷり泡を作って泡洗顔しましょう。

おすすめ100均アイテム①ホイップ洗顔ウォッシュネット(ダイソー)

100均ダイソーのホイップ洗顔ウォッシュネット。手軽にクリーミーな泡が作れる泡立てネットです。

おすすめ100均アイテム②泡立てネット2個入り(ダイソー)

100均ダイソーの泡立てネット2個入り。大きさの違う泡立てネットが二つ入っているので用途に応じて使い分けることができます。簡単にふわふわの泡が作れる100均プチプラアイテム。

おすすめ100均アイテム③ほいっぷるん(ダイソー)

100均ダイソーのほいっぷるん。濃密もっちり泡が簡単にたっぷりできる優れものの100均アイテムです。SNSなどでも大人気の商品。

おすすめ100均アイテム④ごくやわ洗顔ブラシ(ダイソー)

100均ダイソーのごくやわ洗顔ブラシ(300円)。ふわふわの泡が作れるだけでなく、この洗顔ブラシを使って洗顔すれば、毛穴の奥の汚れをかき出して角質・黒ずみも除去してくれます。SNSでも話題の優秀アイテムです。

おすすめ100均アイテム⑤炭酸泡クレンジング(ダイソー)

100均ダイソーの炭酸泡クレンジング(300円)。ワンプッシュで簡単にモコモコの炭酸泡が出てきます。こちらは普通の泡ではなく炭酸泡なので、マッサージ・炭酸パック効果もあり、くすみのない明るい素肌に導いてくれる優秀アイテムです。
V6iplikfu6uew7nkglem
たっぷりの泡で洗顔しても、その後のスキンケアを怠ってしまったらお肌への効果も半減してしまいます。洗顔後はスキンケアを忘れないようにしましょう。

スキンケアは洗顔後3分以内に

スキンケアをするタイミングは、洗顔後3分以内が効果的です。洗顔後は、肌が無防備な状態になっているため、できるだけ早く化粧水・美容液・乳液・クリームなどをつけて保湿してあげることが大切です。

関連記事

泡洗顔の泡立て方のおすすめとコツをご紹介しました。手を使ったシンプルな泡立て方だけでなく、泡立てネット・泡立て器・洗顔ブラシなどを使った泡立て方などで、たっぷりもちもち泡を作ることができます。たっぷり泡を作って泡洗顔して、素肌美人を目指しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bk4dUfYnAih/?tagged=%E6%B3%A1%E6%B4%97%E9%A1%94