X07cw7hed2gmkvkwpeow

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

電動歯ブラシを比較!人気・おすすめの商品!選び方から使い方まで!

2019.12.19

伝統歯ブラシのおすすめや人気商品の比較をしていきます。ブラウンやパナソニック、フィリップス等の使い方、選び方をご紹介していきます。それでは電動歯ブラシの人気おすすめ商品やそれぞれの比較をしていきたいと思います!電動歯ブラシを考えている人は是非参考にして下さい!

この記事に登場する専門家

Ob0dfqebzy8bybvgqj85

九段下スターデンタルクリニック院長

田中和之

"確かな技術・痛くない・待たせない・丁寧な説明"をポリシーに診療を行う九段下スターデンタルクリニックの院長。医療法人社団スタデン理事長も務める。審美歯科歴17年以上の経験を有し、審美歯科の症例数は5000症例を超えている。

  1. この記事の監修者情報
  2. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?
  3. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:メリット
  4. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:デメリット
  5. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:駆動方式
  6. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:バッテリー式がおすすめ
  7. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:おすすめ①
  8. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:おすすめ②
  9. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:おすすめ③
  10. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:おすすめ④
  11. 人気おすすめ電動歯ブラシの選び方や比較!ブラウンやパナソニック、フィリップスの使い方は?:まとめ

この記事を監修頂いた九段下スターデンタルクリニック院長が務めるクリニックはコチラになります。

皆さん電動歯ブラシの導入は考えたことがありますか?電動歯ブラシを使えば人の手で行うよりキレイに歯を磨くことが出来ます。やはり自分の手でキレイにすることができれば完璧ですが、どうしてもそうはいかないのが現状でしょう。
どうしてもキレイに磨かなければ歯周病や虫歯になってしまい後々後悔してしまう可能性もあるでしょう。電動歯ブラシをしっかりと導入してキレイに磨くことが出来るでしょう。一概に電動歯ブラシと言ってもメーカーによって種類がたくさんあります。
引用: https://joshinweb.jp/contents/tokusyu/oralcare/main.JPG
そんな数々あるメーカーの電動歯ブラシの選び方を解説していきたいと思います。そしてどのように使用するのが良いのかも合わせて解説していきたいと思います。それぞれ磨き心地や隅々まで磨けるのかも気になるポイントだと思うので解説していきたいと思います!

関連記事

引用: https://4.bp.blogspot.com/-5jDDBgy6_Dw/UCXlxdN3iiI/AAAAAAAADXU/rXyQ5GwQVlY/s1600/DSC07682.JPG
まずは電動歯ブラシで歯を磨くメリットについて解説していきたいと思います。まずは最大のメリット、磨く時間の短縮でしょうか。電動歯ブラシは細かい振動が伝わり歯を磨くことが出来るので、手で磨くより短時間で磨き上げることが出来ます。
引用: https://joshinweb.jp/contents/tokusyu/oralcare/main2.jpg
そして早く磨くことが出来ると同時に歯垢の除去率が非常に高く、細かな毛先で歯間までキレイに歯垢を取り除くことが出来ます。それと同時に歯肉や骨の活性化を行うことができ、歯周病等の病気にも効果的と言われています。
引用: http://img.kakaku.com/images/article/pr/11/11_oralb/img5_l.jpg
電動で歯磨きを行うことが出来るので、手を左右に動かす必要が無いので腕が疲れづらいのもメリットでしょう。歯磨きの手の運動はあまり大したことは無いとは思いますが動かさないでも歯が磨けるので非常にノンストレスで歯磨きを行うことが出来ます。
次に電動歯ブラシのデメリットについても合わせて解説しておきたいと思います。まず1つ目のデメリットとしては価格が歯ブラシよりも非常に高いと言う点でしょうか。普段歯ブラシを購入している際は少し高く感じてしまうと思います。
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2014/10/141014_sonicare_top_fix-w960.jpg
そして2つ目のデメリットは人によるのですが振動があまり得意ではない人がいると言う点です。電動歯ブラシは振動で歯を磨くので口の中でその振動が非常に気持ち悪いと思ってしまう人もいるようです。得意でない人はその振動が苦手な方もいるでしょう。
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2014/10/141013-DSC_0958-2.jpg
そして3つ目のデメリットとして、自分の手の力で歯や歯肉を磨かないので想像以上に歯肉を痛めてしまう可能性があると言う点です。あまり歯肉が強くない人ははじめのうちは出血してしまう可能性もあるでしょう。
電動歯ブラシには駆動方式が大きく分けて3種類あります。まず1つ目の回転式歯ブラシですが、より振動数が多いモノを使いたければ回転式を使うと良いでしょう。他の駆動式に比べると磨いた感が非常に強く、歯のつるつる感や磨き上げ感を感じたいのであればこの回転式を選ぶと良いでしょう。
引用: https://www.aeon.com/bucket/s/ec-prod/aeoncom/assets/contents/images/product/ovil1la77kevqyhf/main.jpg
2つ目が超音波式の電動歯ブラシです。超音波式は振動数が通常の電動歯ブラシよりも非常に多く磨き上げることが出来ます。しかしこのデメリットとして電動歯ブラシなのに通常の歯磨きと同じ動作、左右運動が必要になります。しかし歯や歯肉に非常に優しく、出血が多い方はこちらを選択すると良いでしょう。
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2014/10/141013-DSC_0930.jpg
そして3つ目が音波式歯ブラシです。音波を使うので非常に歯間までキレイに磨き上げることが出来るのですが、特徴として水流を使って歯間をキレイにすることが出来ると言う点です。どちらかと言えば磨くと言うよりは水の力を最大限に活かせるのがこの音波式でしょう。
選ぶのであればバッテリー式がおすすめでしょう。しかし場所を選ぶのですべてが全てバッテリーが良いというわけではありませんが、自宅で使用するのであればバッテリー駆動の電動歯ブラシを持っておけば非常に安心でしょう。
引用: https://www.aeon.com/bucket/s/ec-prod/aeoncom/assets/contents/images/product/g9ankd2raxse6uwp/main.jpg
充電して都度使うことが出来るので、毎日充電して使用出来るのであれば充電出来るバッテリーが良いでしょう。しかし毎日充電出来ない環境にあるのであれば乾電池式の電動歯ブラシを選ぶとよいでしょう。出張や旅行が多い方は乾電池式がおすすめです。
引用: http://image.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1509/18/l_mm_philips01.jpg
しかし、やはり自宅で使われる方が多いと思うので充電式のバッテリーを使うと良いでしょう。乾電池を都度買うより経済的ですし、毎日しっかりと充電すれば充電切れで使えないということも無いと思います。
まずおすすめな電動歯ブラシの1つのブラウン オーラルB 電動歯ブラシ スマート5 5000という電動歯ブラシです。こちらは回転式の電動歯ブラシなのですが、歯を1本1本包み込むように歯を磨き上げることが出来るのです。
引用: https://image.yodobashi.com/product/100/000/001/003/707/428/100000001003707428_10204_001.jpg
歯医者で行うようなホワイトニングが自宅でも行えるような電動歯ブラシがこちらのブラウンの電動歯ブラシなのです。自分で磨くことでは出来ないような歯磨きをこちらの電動歯ブラシではキレイに行うことが出来るのでおすすめでしょう。
引用: https://image.yodobashi.com/product/100/000/001/003/707/428/100000001003707428_10209.jpg
そして極めつけには歯肉に非常に優しいつくりとなっており、強く当てすぎている場合はLEDが光り強いということを教えてくれるシステムがあります。まず電動歯ブラシを初めてみたいのであればブラウンの電動歯ブラシをおすすめしたいと思います。
次におすすめなのがオムロンのMedicleanというモデルの電動歯ブラシです。音波式の電動歯ブラシで隅々までキレイにすることが出来ます。日本人のために作られた電動歯ブラシと言っても過言では無いヘッドの角度が日本人用の11度に設定されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41sAqQ4Oo%2BL._SL1000_.jpg
そして3つのモードが内蔵されており、1つ目がクリーンモード、縦横の動きで隅々まで歯垢をキレイに出来るモードです。2つ目が歯肉に優しいソフトケアモードです。歯の側面を優しくキレイにすることが出来ます。3つ目が歯間や奥歯をキレイに磨き上げることが出来るポイントケアモードです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61S7cR454pL._SL1000_.jpg
磨き上げに非常に強くなっている電動歯ブラシなので、磨いた感覚がほしいと言う方には是非使用してほしい電動歯ブラシです。それぞれのモードを使い分けることができれば非常に口内をキレイに保つことが出来るのでおすすめでしょう。
次におすすめナノがフィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーンがおすすめでしょう。こちらは超音波式に電動歯ブラシとなっており、電動歯ブラシのブラシ部分がひし形になっており優しく歯垢を取り除くことが出来ます。
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/4231196_3L1.jpg
そして大きな特徴といえるタバコのヤニや珈琲や紅茶の黄ばみも個人差によりまずが1週間程度でキレイに落とすことが出来ます。普段からタバコやコーヒー、紅茶が好きな方には嬉しい電動歯ブラシなのではないでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DTeJ%2BiYCL._SL1500_.jpg
アダプティブクリーンを使えばブラシ部分が歯にふれる面積が広く、普段ブラシが届きづらい奥歯や歯間までもキレイに磨き上げることが出来ます。なんとその面積約10倍の面積をキレイにすることが出来るようです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61De76mqK5L._SL1500_.jpg
最後に紹介したい電動歯ブラシはパナソニックピンクドルツと言う電動歯ブラシでこちらは音波式の電動歯ブラシです。こちらはブラシ部分がひし形になっており、歯への密着度が高く隅々までキレイに磨き上げることが出来るのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61TqqMOI5CL._SL1500_.jpg
そしてブラシの毛自体も非常に細かく、歯周ポケットや歯間へのアプローチも良く、隅々までキレイに磨き上げることが出来るのが特徴です。どのメーカーの電動歯ブラシを買うか迷った際はこちらの電動歯ブラシが一番オススメでしょう。

関連記事

引用: http://www.fukushima-dental.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/IMG_8095.jpg
いかがでしたでしょうか。電動歯ブラシにもそれぞれ特徴があり自分に合う合わないはもちろんあるかもしれませんが、それぞれどのメーカーが自分に合うのかを理解しておくことで、どのメーカーが自分に合うかどうか分かるでしょう。是非参考にしてみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2014/10/141014_sonicare_top_fix-w960.jpg