Gwqruq6tl0dtd84t3rrp

お酒

CATEGORY | お酒

お湯割りの作り方のコツ!お湯の温度や濃度、順番で美味しさが倍増する!

2018.07.27

ちょっと肌寒くなるとお酒も温かいものが飲みたくなりますね。焼酎のお湯割りはいかがでしょう。おやじくさい?そんなことありません。お湯割りのちょっとした作り方のコツがわかるとびっくりするほど美味しいお湯割りが飲めるのです。お湯割りのお湯の温度や濃度、順番と作り方のコツを紹介!

  1. お湯割りって美味しいの?
  2. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ①水は?
  3. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ②お湯の作り方
  4. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ③お湯の温度は?
  5. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ④順番は?
  6. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ⑤焼酎の濃度は?
  7. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ⑥グラスの選び方
  8. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ⓻どんな焼酎が合う?
  9. お湯で割る焼酎のお湯割りの作り方とコツ⑧どんなおつまみが合う?
  10. お湯割りを楽しもう
Pixta 25193308 m
引用: https://img.dmenumedia.jp/prestige/wp-content/uploads/2017/02/pixta_25193308_M.jpg
鹿児島や長崎など九州でよく飲まれる芋焼酎。一般的にロックで飲むことが多いのですが、本場ではイモ焼酎とグラス、お湯の入ったポットの3点セットがサービスされ自分でお湯割りを作って飲むのが常識のようです。本場以外でのお湯割りは薄くて熱くてはっきりいって美味しくありません。だからロックで飲まれるのでしょう。いい機会なので本場での飲み方を知って、今年の冬は美味しいお湯割りを楽しみましょう。

関連記事

Cbbab268
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yasuko1984ja-oku/imgs/c/b/cbbab268.jpg
どうせ沸かすのだからなんでもいいと思ったら大間違いです。まずは水道水。お湯割りのお湯は70~80度が最適です。沸騰前に火からおろすので、水道水を使うとどうしてもカルキ臭が残ります。できたらミネラルウォーターを使うといいでしょう。エビアンなどのミネラル豊富な硬水は独特の味で焼酎の味を邪魔してしまいます。軟水のミネラルウォーターがベストです。
お湯はやかんでわかすのが一番いいとされています。電子レンジでは分子の振動で物質を熱くし、温度を上げるのでどうしても美味しいお湯はできません。やかんで沸かすとなかなか冷めづらくなるのも利点。健康のために白湯を飲む場合もなるべくやかんで沸かすと美味しいお湯が作れますよ。
20150708 1132021
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/fd4/3270806/20150708_1132021.jpg
決してやってはいけないことはお湯を沸騰させて焼酎と混ぜ合わせること。熱々のお湯と焼酎を合わせるとなぜか味がとげとげしくなってしまいます。お湯の温度は何℃がいいのかというと70~80℃くらい。常温の焼酎と合わせて40~45℃の温度になるくらいが一番風味豊かにお湯割りが味わえます。80℃のお湯の作り方ですが、沸騰したお湯と常温度の水を混ぜるなどやり方は様々ですが、簡単な方法を。やかんの底に小さな泡が立ち始めたら80℃です。大きめの泡が立ち始めると90℃になるのでその一歩手前まで火にかけましょう。
20160121140233
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/masa-ryu16/20160121/20160121140233.jpg
Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20151204%2f74%2f7150634%2f3%2f500x335x47a0af6e82eb99d141b72403
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151204%2F74%2F7150634%2F3%2F500x335x47a0af6e82eb99d141b72403.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
レモンサワーやウイスキーの水割りを作る時はまずお酒を入れてから割り材を入れるのがスタンダードな順番ですが、お湯割りの場合順番が逆になります。まず70~80℃に沸かしたお湯をグラスに入れ、その後焼酎をゆっくりと注ぎ入れるという順番が正解です。知らなかった人も多いのではないでしょうか。この順番を守ることで焼酎の香りが際立ち、まろやかなお湯割りができあがります。でもその前にちょっと待った!ということがあります。
1 / 4