Rwdojpnr1ruubmtd7vpj

アクセサリー

CATEGORY | アクセサリー

ベルトの締め方、巻き方をおしゃれに!レディース向け簡単で流行の巻き方を紹介

2018.07.26

最近流行のガチャベルトやリングベルトは、簡単に巻けておしゃれ感もあるので、いろんなコーデに活用できます。ベルトの締め方や巻き方がわからない場合でも、自由に好きなように巻けるのがGOOD!基本的な締め方&巻き方、おしゃれなコーデをご紹介します。

  1. おしゃれなベルトの締め方、巻き方をご紹介
  2. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方-1.リングベルトの基本的な巻き方
  3. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方-2.ガチャベルトの基本的な巻き方
  4. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方を使ったコーデ-1.ベージュのベルト活用コーデ
  5. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方を使ったコーデ-2.赤のベルト活用コーデ
  6. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方を使ったコーデ-3.ストライプのベルト活用コーデ
  7. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方を使ったコーデ-4.白のベルト活用コーデ
  8. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方を使ったコーデ-5.黒のベルト活用コーデ
  9. 【レディース】おしゃれなベルトの巻き方&締め方を使ったコーデ-6.ユニークなデザインのベルトで個性的に
  10. まとめ
最近流行の簡単に締められるベルト、リングベルトやガチャベルトを活用していますか?リングベルトやガチャベルトは、シンプルなものが多く、カジュアルなアクセントとしても人気が高まってきています。
また、リングベルトやガチャベルトは、締め方や巻き方がとっても簡単なのがポイントです。最近は、超ロングベルトが流行しているので、垂れさがるように巻いた巻き方がおしゃれです。カラーベルトをハイウエストでポイントにした巻き方なども流行です。また、ベルトの幅も以前より細めが出てきているので、華奢な雰囲気に活用できますね。
インナーに使う場合は、バックルが小さいので、アウターに響かず、もっこりとした感じがなくすっきりとしたウエストを作れるのがおしゃれです。では、ガチャベルトやリングベルトの基本的な巻き方からおしゃれな締め方、巻き方をご紹介します。

関連記事

リングベルトの基本的な巻き方は、まず、ベルト通しにベルトを通します。フロント部分でベルトの端を2つのリング、両方の下から通します。ベルトを折り返して2本のリングの間に通します。あとは、ベルトを引っ張って自分のサズに合うように調整します。とっても簡単ですよね。
余った部分は、そのまま垂らしてもよいですし、上の画像のようにベルトに通してもよいです。ベルトに通していいです。ベルトの部分で一度結ぶようにすると簡単に長さも調整できます。
ガチャベルトは、フロント部分にバックルが付いていて、そのバックルにベルトを通し、ガチャっと締めれば留まるようになっています。また、簡単に切れるので長さも調整できるのがよいです。
シンプルなベージュのリングベルトできれいめなコーデに仕上げています。白のトップとショートパンツ。どちらも大きめでだぶっと感があるので、その真ん中をリングベルトでめりはりをつけるようなコーデです。リングベルトをしっかり締める締め方なので、全体的に華奢な雰囲気が出てかわいいですね。
こちらも同じベージュのリングベルトですが、オーバーサイズのゆるゆるシャツをだぶっと着るようにコーデしています。ウエストをしっかり締めで、シャツを上からだぶっと出すようにしているのがかわいいです。シャツの色と同系色のベージュのベルトが自然に馴染んでいて良いですね。
真っ白なロングのワンピースに真っ赤なリングベルトでアクセントをつけています。ロングサイズのリングベルトなので、余った部分が長く、垂れた状態にしているので、縦のラインを強調できて、背が高く見えるし、バランスもよいですね。
ビッグサイズのロング丈のTシャツをウエストで分断するようにリングベルトをつけると、メリハリが出てかわいいです。シンプルなTシャツに真っ赤なリングベルトもかわいいですし、派手なTシャツならば、その中のひとつの色をリングベルトと合わせてもいいし、カラフルな柄ならば、黒などで締めてもおしゃれに決まります。
黒いシャツドレスに真っ赤なリングベルトをアクセントにしています。ちょっと小悪魔的な雰囲気を醸し出しているのが良いですね。足元は、ベルトと同じ赤のコンバース。シャツドレスはAラインドレスなので、ベルトをしなければ違う雰囲気でも着られるので、ベルトの威力を発揮できるコーデです。
白x黒のモノトーンストライプのリングベルトをきれいめに締めた締め方です。光沢のあるベージュのシャツがゴージャスな雰囲気を出して、きっちりしたダークなデニムできれいにしあげているコーデですね。リングベルトに皮がちょこっと使われているので高級感があります。夏の大人のきれいめコーデです。
こちらは同じ白x黒のストライプリングベルトでもかわいく仕上がっています。全体的にベージュで統一しているので上品な雰囲気があり、かごトートのストラップとベルトの黒に視線が集中しますね。Tシャツとパンツと言うカジュアルなコーデですが、簡単におしゃれ感をプラスできています。
白のベルトは、やっぱり黒のコーデにぴったりですね。白のベルトは安っぽくなってしまいがちですが、黒と合わせるとモノトーンの良さが出ます。ベルトの巻き方は、普通に巻いて、余った部分をリングからちょっと離れたひとつ脇にあるベルトに通しているので、ベルトに表情が出て素敵です。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/npx0v3/20170521064811937/20170521064811937_500.jpg
全体的に白っぽいイメージで、カジュアルながら大人のきれいめなコーデです。ベルトはリングベルトで、リングをフロントの正面ではなくちょっと斜めっぽくしているのが、こなれ感があっておしゃれです。余った部分は垂れ下がるようにして、白いカーディガンとリンクさせるような感じがいいですね。
シックな大人のコーデを好む方になんと言っても人気なのがワイスリーの黒のガチャベルトです。垂れ下がったところにシンプルなロゴが入ってるのもおしゃれですよね。白と黒のモノトーンで統一しているのですっきり感があります。また、太めストラップの厚底サンダルとガチャベルトの統一感があり、きれいにまとまったコーデになっています。
マクラメ紐を思わせるような紐のリングベルトは、アウターに付けて、ぜひ見せるコーデを楽しみたいですね。垂れ下がった部分がタッセルになっているのもおしゃれで、トラッドや和風の装いにもコーデできそうです。
革製のベルトも流行です。カラフルなものから、クラシックなカラーまであり、革製のものは、ウエストにポイントとして巻いた時にきっちり感が出ていいです。プレッピースタイルなどにも活躍してくれるアイテムですね。
ヒョウ柄のリングベルトです。アニマル柄はかわいいので取り入れたいけれど、なかなか勇気が・・・と言う方にはウエスト部分でちょっとアニマル柄を添えてみるとおしゃれに決まりますよ。こちらのヒョウ柄は色がパステル超でかわいく、春夏に活躍しそうですね。
流行のきっかけとなったのはワイスリーのガチャベルトだそうで、ロゴ入りのガチャベルトやリングベルトも多数でています。アメリカのブランドGUESSやOFF-WHITEなどのロゴ入りが人気です。ロゴ入りはそれだけでも存在感があるので、簡単に締めてもおしゃれですし目立ちますよね。

関連記事

いかがでしたか?流行のガチャベルトもリングベルトも簡単に巻けるのが良いですね。たっぷり大きめのアウターからのぞかせるにはガチャベルトがよいですし、フィット感のあるアウターからのぞかせる時にはリングベルトがアウターに響かなくてよいです。ベーシックな白、黒、ベージュなどの他にカラフルなリングベルトやガチャベルトで流行のコーデの幅を広げてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BliCbuTg3pq/?tagged=%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88