Mgot8jmevxtrxgqjvtjq

日用品

CATEGORY | 日用品

【コストコトイレットペーパー】カークランド・国産比較!長さ・値段・口コミは?

2018.07.20

コストコのトイレットペーパー、カークランドと国産品を比較していきます【2018】! 長さや値段、サイズや口コミまで、詰まるかなど様々な観点から比較していきます。 カークランドと国産品を比べて、コストコでどちらのトイレットペーパーを買うか考えてみてください!

  1. 【カークランドと国産の比較2018】コストコのトイレットペーパーは詰まるって?長さは?
  2. 【カークランドと国産の比較2018】コストコのトイレットペーパーの値段って?
  3. 【カークランドと国産の比較2018】コストコのトイレットペーパーの口コミって?
  4. 【カークランドと国産の比較2018】コストコのトイレットペーパーのサイズって?
  5. 【コストコトイレットペーパー】カークランド・国産比較!長さ・値段・口コミは?のまとめ
引用: http://matsukenn.com/wp-content/uploads/2016/10/cos_bathtissue00.jpg
コストコで販売されているトイレットペーパーが、今話題となっています。今回の記事ではコストコのトイレットペーパーを海外産と国産で比較していきます!
コストコには「カークランドシグネチャー バスティッシュ(以下:コストコのトイレットペーパー)」というトイレットペーパーがあります。 この商品は30ロールが1セットになっており、他の市販トイレットペーパーよりも長持ちしますよ。

まず海外産のトイレットペーパーですが、カークランドと呼ばれるトイレットペーパーが販売されています。1セットで30ロールというまさにアメリカンなサイズ感ですが、長さも42.9mと通常の30mのトイレットペーパーに比べて少し長めになっています。
引用: https://netank.net/wp-content/uploads/2016/12/s-0050-1.jpg
国産品の「コアユース」。通常のシングルは60mがスタンダードですが、この製品は約3倍の170m巻です。

一方でコストコの国産トイレットペーパー、ユアユースはシングルで170mという驚異の長さを誇っています。通常製品の約3倍の長さなので、単純計算で3倍の期間長持ちします。
引用: https://i0.wp.com/kusanomido.com/wp-content/uploads/2017/10/2e3d7906859617934434acb952d46078.jpg?resize=360%2C240&ssl=1
比較結果を見てみると、カークランドはダブルで42.9mとすこし長め、ユアユースはシングル170mと約3倍もの長さということがわかりました。ダブルのカークランドは紙の質もよく、反対にユアユースは少し硬めの印象です。

コストコトイレットペーパーは詰まる?

また、コストコのトイレットペーパーは詰まることがあるという噂があるようですが、これに関して検証してみたところ一般的な水洗トイレでは詰まることなくしっかりと流すことができました。おそらく大量に流そうとすれば詰まるでしょうが、他の製品と同じレベルです。コストコのトイレットペーパーが詰まるという事実は無いといえます。

関連記事

引用: http://costco-blog.com/wp-content/uploads/2015/01/P5124308-e1494554509743.jpg
さて、コストコトイレットペーパーの値段はどうなっているのでしょうか?今度は値段の面から比較していきましょう。
ダブル30個入りで2200円前後で販売されています。1個あたりは42.9mと国産の30m品より若干長め。生地が分厚くて頑丈なのも特徴です。

カークランドはダブル30ロール入りで2200円程度。1ロールあたりでいえばだいたい73円くらいでしょうか。この値段を通常のスーパーなどで販売されている国産品と比較すると、以下のようになります。
日本の標準的12ロール入りの2.5倍入っていますが、12ロール300円だとして300円×2.5パック×1.7倍の長さ=1275円。

国産品がカークランドと同じ長さ、同じロール数になった場合の値段は1275円。2200円前後のカークランドですから、コストコのトイレットペーパーの方がかなり割高になっていることがわかります。
引用: https://www.cc21.jp/data/costcost21/product/20160122_0eab8e.jpg
一方でコストコの国産品・ユアユースはシングル巻き24ロールで税込1500円程度。通常の国産品より約3倍の長さがあるため単純計算で24個入り×3=72個、12ロール入りの国産品の6セット分があります。国産品がひとつ300円と仮定すれば、6セットで1800円。ユアユースの方が少しお得といえますね。
引用: https://costcotuu.com/wp-content/uploads/bathtissue.jpg
さて、続いてコストコトイレットペーパーの口コミを見ていきましょう。どのような口コミの評判があるでしょうか?
購入したことがある方ならわかるかもしれませんが、30ロール入りはかなり長持ちしますので、ドラッグストアやスーパーでトイレットペーパーを買い足す手間が省けます。

まずカークランドの口コミですが、30ロール入りについての口コミが目立ちます。30ロールあれば、一度購入しておけばしばらくは無くなる心配がありません。いちいち買い物に出向く必要もないので、その分の時間を節約することができるという口コミが多かったです。
引用: https://www.zaikoban.com/photo/costco/2002/normal/2016031011302142de44bf67b75e9ddf5fdee02026c87e.jpg
一方でユアユースは、そのコスパの高さに関する口コミが多いように感じました。シングルで紙の質はそこまで良くないものの、安さだけを見れば国産品よりも少し安く、さらにまとめて買うことができるため便利という声が多いようです。
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/29/0001078129/20/img2e784a50zik5zj.jpeg
さて、最後にサイズで比較していきましょう。海外品と国産品ではどれくらいのサイズの差があるでしょうか?
コストコのトイレットペーパーの長さは、43.18mです。 他の市販品は30〜40mが多いので、お得感がありますね。 中芯から外側までの厚みは4cm強もあり、かなりズッシリしています。

ダブルのカークランドでは芯から外周まで4cmほどの厚みがあり、かなり重いです。さらにはそれが30ロール入ったパックとなれば、かさばるなんて騒ぎではないほどの大きさになります。持ち帰りが大変です。
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/bfaa684a22fe39079f6834cef18d7d93968eb29e.71.2.9.2.png
ユアユースも、通常のシングルトイレットペーパーと比べて3倍もの量が巻きつけられているだけあって、かなり重たくなっています。だいたい一回りくらい大きくなっています。

関連記事

引用: https://img.fril.jp/img/135743363/l/385073607.jpg?1522204701
今回はコストコのトイレットペーパーを比較してみました!この結果を参考に、コストコでトイレットペーパーを購入するか検討してみてくださいね!