X90f1eafirlgnyvgjocn

服装

CATEGORY | 服装

ハワイ3泊5日のおすすめモデルプラン・スケジュール!予算や持ち物・服装も!

2019.09.11

忙しい日本を飛び出してハワイに行きたい!でも休みが少ないので3泊5日が限界・・・と言う方のために、3泊5日のハワイ旅行でのおすすめモデルプランをご紹介します。ゆったり派とアクティブ派のおすすめモデルプランと、予算や持ち物、服装などもご紹介します。

この記事に登場する専門家

Ow3wtrcmyjoe42gznwhu

vivre専属ライター

MAI

韓国大好き!年に3回韓国に行きます!インスタ映えしない写真ばかり撮ってしまう。

  1. 3泊5日でハワイを満喫する方法って?
  2. ハワイ3泊5日のおすすめモデルプラン-スケジュール
  3. ハワイ3泊5日のおすすめモデルプラン-予算
  4. ハワイ3泊5日のおすすめモデルプラン-持ち物&服装
  5. ハワイ3泊5日のおすすめモデルプラン-気温
  6. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-ゆったり派の1日目(到着日)
  7. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-ゆったり派の2日目
  8. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-ゆったり派の3日目
  9. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-ゆったり派の4日目(帰国日)
  10. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-アクティブ派の1日目(到着日)
  11. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-アクティブ派の2日目
  12. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-アクティブ派の3日目
  13. ハワイ3泊5日おすすめモデルプラン-アクティブ派の4日目(帰国日)
  14. まとめ

忙しい日常を離れてハワイでのんびりバケーション!そんなゆっくりとした時間の流れを感じにハワイに訪れても結局は3泊5日でバタバタ忙しく過ごしてしまうのではないでしょうか?ハワイ在住20年以上の筆者がそんなバタバタハワイを卒業してのんびりハワイを過ごすモデルプランをご紹介します。とは言っても、やはりそうそう来られるハワイではないので、めいっぱい遊びたい!と言う方には、アクティブ派モデルプランもご紹介します。のんびり過ごすか、アクティブに過ごすか、それはあなた次第!モデルプランが参考になれば幸いです。

関連記事

ハワイ3泊5日と言うスケジュールは、忙しい日本人には一番人気のスケジュールとなっています。5日もあるからゆっくりできるよね!なんて思っている方も多いと思いますが、実はハワイと日本では日付変更線を超えて19時間の時差があるので、1泊は機内泊となり、ハワイでは3泊しかできないんです。

意外と短い、ハワイ3泊5日のスケジュール

日本出発日が1日だとすると、ハワイに到着する日は日付変更線を超えてくるので同じ日の1日となります。だいたいのフライトは午前中に到着予定です。(中には午後到着便もあります。)到着日(1日)と次の日(2日)、そしてその次の日(3日)をホテルで泊まったら、その次の日(4日)は帰国日となります。で、日本に帰国する日は日付変更線を超えて5日となるわけです。3泊5日はかなりタイトなスケジュールとなります。

丸々遊べるのは正味2日

と言うことは、ハワイで丸々遊べる日は正味2日ということになります。到着日の午後ももちろん遊べますが、ハワイと日本では19時間の時差があるので、ここでは時差ボケとの戦いがあります。また、冬にハワイに来る場合には気温差もあるのでちょっと厳しいです。そこでゆったり派のスケジュールとアクティブ派のスケジュールの組み方では時差に対しての解決が大きく変わってくるんですね。

帰国便は午後までが多し

そして、帰国日は、ほとんどのフライトが午前中もしくは午後早い時間です。ツアーで行かれる方は尚更、空港到着時間は、フライト時間の3時間前ほどなので、フライトの4時間近く前にはホテルを出発することになります。もちろん出発日の早朝に遊ぶこともできます。

ハワイ3泊5日の旅行予算はピンキリです。ツアーを選ばれる方でも宿泊するホテルによってかなり予算が変わってきます。ハワイはホテルの宿泊費が高いので有名ですが、それもワイキキビーチ沿いのリゾートホテルならば仕方のないこと。ビーチから数ブロック山側にあるホテルならば多少予算を少なくすることもできます。ちなみに安いホテルならば1泊1万円ほどのホテルもありますが、高いホテルになると1泊5-8万円のホテルが通常です。

ビーチでのんびり過ごす派ならば、多少予算が高くてもビーチ沿いのホテルをおすすめします。また、ほとんどホテルにいることもなくアクティブに動く回る派ならば、ビーチからちょっと離れたホテルでもOKでしょう。ビーチ沿いのホテルでなくてもビーチまで歩いて数分ですし、ワイキキではみんな水着の上にカバーアップなどを着て歩いているので、道路もほとんどビーチと変わりない感じで歩くことができます。

ハワイはツアーが予算的にお得

ハワイは、飛行機とホテルを別々で予約するよりもツアーを利用した方が断然お得です。最近ではLCC航空も登場していて、ツアーでも10万円を切るものもあります。予算を抑えたい方は、LCC航空でビーチから離れたホテルのツアーがおすすめです。

ハワイ3泊5日の持ち物は、3泊分の服装が必要になりますが、気温が高めのハワイではそれほど多くの服は必要ないです。まずはハワイで何をするかを決めてから持ち物を考えるとよいです。ビーチでのんびりするのか、ウォータースポーツでアクティブに過ごすのか、ローカルに人気のレストランに行くのか、おしゃれな高級レストランに行くのか?などなど。行く場所によって服装や持ち物は変わってきます。

ハワイでゆったり派の持ち物と服装

ゆったり派は、ホテルやビーチでのんびりすることをメインに考えると、ビーチで過ごす時の水着やカバーアップなどの持ち物に気を使いたいですね。特に高級リゾートホテルに宿泊する場合は、ちょっとおしゃれなものを持っていきたくなると思います。また、ビーチでゆったりした後は、ゆったりと高級レストランでお食事をする場合、おしゃれ系のリゾートドレスなどの服装を持って行くとよいでしょう。また、リゾート系の服装ならばハワイで調達と言うのもいいですよね。

ハワイでアクティブ派の持ち物と服装

ハワイ3泊5日でアクティブに過ごそうと思っている方は、どんなオプショナルツアーなどを申し込みかを考えてから服装や持ち物を選ぶと良いです。たとえば、マリンスポーツをするならば、行き帰りに必要なカバーアップや荷物が入るウォータープルーフのバッグなどがあると便利です。また、スマフォなどが入る小さなウォータープルーフポーチもあると良いですね。スノーケルなどを楽しむ場合、自分専用のものを持っている方は持って行くとよいです。

観光をメインに考えてるアクティブ派の方ならば、日焼け対策で帽子や日傘などを持ち物入れておくとよいですね。ハワイでは帽子は買えても日傘を売っているところはないですので現地調達を考えている人は注意です。また、ツアーに行く場合のバッグも持って来るとよいですよ。エコバッグなどが大きくって水やタオルなども入れられて便利です。

ハワイに来られる方は年中常夏で気温も常に高いと思っている方がほとんどですが、実はハワイにも季節があるんです。夏の気温は日中とっても暑く、日陰に入らないと体力を消耗してしまうほどです。最近のハワイは湿気もかなりあり、昔のようにカラッとしたハワイの気温のイメージはだんだんと薄れてきました。また、日本が冬の時期の気温は、ハワイも涼しくなる時もあります。特に冬の時期の夜の気温はかなり涼しく、カーディガンなどがある方がよいです。ハワイでは、レストランやお店で冷房をかなり効かせているので、どの季節にハワイに来る時にはカーディガンなどの薄手の羽織りものを用意しておいた方がよいです。

ハワイに到着するのは午前中、もしくは午後の早い時間です。まずはホテルにアーリーチェックインをして、ビーチでのんびり2-3時間のお昼寝をするのが良いです。もしくは、ハワイ伝統のロミロミマッサージを受けて、飛行機での疲れやむくみを取ると次の日からの行動がぐっと楽になりますよ。

何もせず一日ビーチでのんびりするのもゆったり派の醍醐味です。ビーチにあるレストランで水着のまま食事をして一日楽しんでください。または、オアフ島の西側にある全米でも一番を争うほど美しいビーチ、カイルアビーチやら二カイビーチまで足を伸ばしてみるのもよいですね。

前日はビーチでゆったりしたので、アラモアナセンターあたりにのんびりとショッピングに出かけるのもよいですね。1階にあるフードランド・ファームズは、デリコーナーが充実しているので、ハワイでの野菜不足を解消できるサラダや日本食のお弁当などを買って、イートインスペースで食べることができます。

また、ワイキキのインターナショナルマーケットプレイスには人気のレストランやショップがたくさんあり、ゆったりとした大きな椅子がたくさんあるので、ハワイらしいゆったりとした時間を感じながらショッピングや食事が楽しめます。

4日目は帰国日なので、空港へ向かわなければいけませんが、ホテルを出る時間によっては、ワイキキをのんびり散歩するのもよいですね。朝のワイキキビーチや動物園あたりの雰囲気も素敵ですよ。

アクティブ派のモデルプランは、め一杯ショッピングやアクティビティに時間をかけて思いっきりハワイを遊び倒してください。まず、到着日は、個人手配の旅行ならば、車をチャーターして空港からワイケレアウトレットショッピングセンターに行くのも良いです。お買い物をしていると時差との戦いにも勝てると思います。夕方までみっちりとショッピングを楽しんでください。

せっかくのハワイなので、オアフ島一周のツアーにでかけましょう。ノースショアまで行くツアーで、ビーチで亀をみたり、新しいハレイワのショッピングセンターでお買い物したりして一日を満喫しましょう。食事は、ノースショアでガーリックシュリンプを食べてみてください。

ハワイに来たらやっぱりやりたいマリンスポーツ!ハナウマベイでスノーケルをしてすぐ近くまで寄って来る魚と泳いでみたり、ジェットスキーやバナナボートを楽しんでみたり、パラセイリングで海の上から眺めるのも素敵です。

水中スクーターで水中を散歩するのも楽しいですし、最近話題になっているフライボードに挑戦して、海上高く飛び上がるのを経験してみるのもハワイならではです。

せっかくハワイに来たのならば、話題のステーキハウスで大きなステーキを食べてみたいですよね。カジュアルなレストランもありますが、ちょっとおしゃれしてハワイの夜を楽しんでみるのもよいと思います。ロイヤルハワイアンセンターにある「ウルフギャング・ステーキハウス」やレストランロウにある「ルースズ・クリス」などがおすすめです。

4日目は帰国日ですので、空港に行かなければなりません。飛行機の時間によってはまだまだ遊べます!早朝に起きてパンケーキを食べに行くのもよいですよね。ハワイの朝食をメインにしているレストランは、朝6時頃から空いていることがほとんどです。今話題のカカアコにある「スクラッチ・キッチン&ベイクショップ」でミルクソースたっぷりのシリアルパンケーキを食べてみてください。

関連記事

いかがでしたか?ハワイ3泊5日はかなりタイトなスケジュールとなりますが、ゆったり過ごすには十分の時間ですし、アクティブに過ごす方も小さな島なので、長い移動がなくいろんなことが楽しめのがハワイの良いところです。ハワイに行く前にまず何がやりたいのか?をよく考えてスケジュールを立てると充実した3泊5日のハワイ旅行ができると思います。楽しんでくださいね。マハロ!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlRuOGUBdc5/?tagged=%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E6%97%85%E8%A1%8C2018