Dnhqmnkoasfezdhlombb

ランキング

CATEGORY | ランキング

4Kテレビのおすすめメーカー【2018】安い買い時は?価格・人気比較ランキング

2018.07.27

2018おすすめの4Kテレビが各メーカーから発売されています。どれを選べば良いのか迷います。今回は2018おすすめの4Kテレビテレビの選び方をご紹介します。安い価格とランキングの人気度も踏まえ、各メーカーの商品を比較検討します。買い時の1台を見つけてましょう。

  1. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】
  2. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】なぜ4Kテレビなの?
  3. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】4kテレビを選ぶには
  4. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】おすすめの人気4Kテレビランキング!
  5. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】5位 シャープ AQUOS LC-50US45 HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載
  6. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】4位 東芝 REGZA 55BZ710X
  7. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】3位 ソニー BRAVIA KJ-55A8F (2018年モデル)
  8. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】2位 東芝 REGZA 50M510X
  9. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】1位 東芝 REGZA 43C310X
  10. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】利用用途にあったテレビを選ぼう
  11. 【4Kテレビのおすすめメーカー2018!】実際に店頭で確かめてみよう
12月1日からの4K放送開始を控えて、大画面で高画質な映像が視聴できる「4Kテレビ」が今注目の的です。画素数はフルハイビジョンの4倍。それこそ人の毛穴まで観れるとはよく言ったものですが、その映像の美しさは筆舌に尽くしがたいほどでしょう。そこで、4K放送開始において、4Kテレビを購入する際にはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか
今回は、4Kテレビの購入を考えている人のために、あまりテレビに詳しくない人でも、少しでも選ぶ上で力になれる4Kテレビの選び方をご紹介します。

関連記事

4Kテレビが欲しくてたまらないあなた。そんなに焦らないでください。本格的な4K放送の開始までにはまだ時間があります。どのような4Kテレビを選ぶのかを知る前に、まずはなぜ4Kテレビを選ぶべきなのか、4Kテレビを選ぶ上でのメリットをご紹介します。そのことを知ることはとても大切で、ただ漫然と4Kテレビを欲しいと考えるだけでは見えてこない、4Kテレビの必要性を知ることができます。

画質がたまらなく美しい!

前述したように、4Kテレビの画素数はフルハイビジョンの4倍。フルハイビジョンが世の中に出回った際には、その画質の鮮明さに心ワクワクさせられたのを、今でもはっきり記憶する人は多くいるでしょう。今回の4Kはそれをはるかに上回る鮮明な画質が期待できます。綺麗に観れることはもちろん、陰影もハッキリと表現できることから、実物を直接観ているかのように立体的に観れるのも大きな特徴です。

まさに大画面のためのテレビ!

フルハイビジョンの画素数は1920×1080=約200万画素。4Kは3840×2160=約800万画素。約4倍もの違いがあります。もしサイズが同じ画面のテレビであれば、4kテレビはハイビジョンテレビの4倍の高密度な映像が楽しめることになります。大画面テレビのハイビジョンでは、画素数の少なさによりテレビにじっと近づいたときに見える『点』が目立ちます。
一方、4Kテレビは画素数が非常に多いので画面の粗さが気にならず、大画面でも鮮明な画像が観れるのが特徴です。つまり4Kテレビは大画面には最も適しているといえます。本格的な4K放送開始が近づくにつれ、価格が安いテレビが出始めることで、近いうちに買い時がやってきます。人気商品は品薄になる可能性もあるでしょう。今からランキングなどを参考に比較検討しておくことで、スムーズな4Kテレビ選びができます。

今までのハイビジョンでも観れるけど

現在持っているハイビジョンテレビでも、4K放送を観ることはできます。しかし、画質が超鮮明な4K放送の本来のメリットを享受できるのは、4Kテレビをおいて他にはありません。従って、これからテレビを買い替える人、買い替えるか考え中の人は、4Kテレビの購入を検討することを強くおすすめします。買ってしまってから後悔しても、それは後の祭りです。4Kテレビはあなたをテレビの前に釘ずけにすることでしょう。
4Kテレビを選ぶ上でのメリットをご紹介しました。これからは、具体的にどこをポイントとして4Kテレビを選べばいいのかを見ていきましょう。いくつかポイントがあるので、一つ一つそれらを押さえながら、購入する上での参考にしてください。

4Kテレビと4K対応テレビの違いは?

さっと聞き流すと、一瞬同じものかと勘違いしてしまうほど名前が酷似しています。しかし、機能的には全くと言っていいほどの違いがあります。4K対応テレビは、これから始まる4K放送に対応しているテレビということです。つまり、たとえ4K対応テレビを購入しても、そのままの状態では4k放送を観ることができません。あくまでも「対応」なので、4k放送を観るには別途後付けのチューナーを購入する必要があります。
一方、4kテレビは既に4Kを観るためのチューナーが内蔵されているので、そのままの状態で4K放送が楽しめます。せっかく4Kテレビを買ってもいざ見ようと思った時に、4K放送が観れなくて落胆することのないように、その2種類のテレビの違いをあらかじめ理解しておきましょう。チューナーにも色々な種類があり、現在はCSに対応したチューナがありますが、BS、地デジ用のチューナーはこれから発売予定です。
場合によっては専用のアンテナなども必要になるかもしれません。その辺りの情報は、4kテレビを購入する際には必ず確認しておきましょう。

アップコンバート機能って?

4Kテレビにはアップコンバートという優れた機能が搭載されています。今まであるブルーレイやDVD、以前録画した地上波番組などは、そのままでは4Kに匹敵する美しさで観ることができません。しかしアップコンバート機能を搭載した4Kテレビでこれらを観ると、なんと4Kに相当する鮮明な画像へと変換してくれる機能なのです。
どうせなら過去のお気に入り作品も、鮮明な高画質で楽しみたいと思いませんか。そのような人にとっては、アップコンバート機能を有した4Kテレビはまさに必須のテレビであり、ぜひ1台持っていても損のないテレビといえます。

ディスプレイにはどのような種類があるの?「液晶」「有機EL」とは?

大きく分けて「液晶ディスプレイ」と「有機ELディスプレイ」の2種類があります。さらに液晶ディスプレイは「直下型液晶ディスプレイ」と「エッジ型液晶ディスプレイ」の2つに分かれます。これらのディスプレイの違いを比較してみましょう。
まず液晶ディスプレイの「直下型」は、LEDバックライトを背面全体に敷き詰めるように搭載されています。これによるメリットは、色が鮮明に出ること、画質が美しいことです。デメリットは、エッジ型と比べてテレビに厚みが出てしまうこと、テレビが熱を持ちやすくなることが挙げられます。そのほか電気代がかかるのも否めません。
次に液晶ディスプレイの「エッジ型」は、その名の通り、背面の縁にLEDバックライトを搭載しているので、LEDの数が少ないことからテレビ自体が薄型になります。省エネにも優れているのがこの「エッジ型」の大きなメリットです。一方デメリットは、LEDの数が少ないので、「直下型」と比較して画面に美しさやメリハリに劣ることがいえます。
もし将来的に、美しい画面で4K放送を楽しみたいのであれば、エッジ型よりも直下型をおすすめします。価格を比較すると直下型の方が割高にはなりますが、その価格に見合うだけの鮮明な画面で4K放送を楽しむことができるでしょう。
「有機ELディスプレイ」とは、パネルに仕組まれた有機化合物パネルそのものが発光するので、LEDライトが不要です。そのため薄く軽いテレビが実現可能になりました。画像の美しさには定評があり、特に「黒」の表現力は随一です。また熱が持ちにくにいのも有機ELディスプレイのメリットです。デメリットは、液晶ディスプレイと比較して価格が高いこと。テレビの寿命が短いことです。
有機ELディスプレイ自体の歴史が短いので、この先価格的にも安いものが出回り、いずれ買い時を迎える可能性があります。

HDRて何?

HDRはハイダイナミックレンジの略です。今までのSDR(スタンダードダイナミックレンジ)とは、明るさと暗さのコントラストの表現がよりはっきりする技術です。それにより実際に人の目で見るのに近い映像が実現されることで人気の技術です。本来の映像美を楽しむのであれば、HDR搭載のテレビを選択したいものです。
それでは、おすすめの人気4Kテレビランキングをご紹介します。これまでご紹介した内容を踏まえて、あなたにピッタリな1台を見つけてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/916J6XYvxFL._SL1500_.jpg
エッジ型液晶ディスプレイを搭載した4k対応型のソニー製液晶テレビです。光の反射を抑えて黒色を引き立たせる「N-Blackパネル」搭載。HDR対応なので画質は鮮明です。安い価格でコスパに優れた1台です。
シャープ 50V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-50US45 HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載
価格 ¥ 95,890
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/3157nMqn0DL.jpg
直下型液晶ディスプレイを採用した、4k対応型の東芝製の液晶テレビです。「重低音バズーカウーファー」はオンキョーと共同開発することで臨場感たっぷりな音質を実現、さらにフロントスピーカー採用で迫力ある音を楽しめます。「美肌リアライザー」では、実際に肌を見るような臨場感ある映像を実現。これらの優れた性能を兼ね備えてランキング上位に入りました。
東芝 55V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 55BZ710X
価格 ¥ 138,000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71oQKWf8VQL._SL1000_.jpg
4K対応の有機ELを搭載したソニー製のテレビです。画質はとても鮮明な有機EL。HDRにも対応しているので、より現実に近い画像を実現しています。もちろん画面が薄いので、壁掛けにも対応。設置場所を選びません。価格的には決して安いとは言えませんが、今後人気上昇が期待できる有機ELは、買い時を迎える前に比較検討する余地があります。ランキング上位も納得できいる自慢の1台です。
ソニー SONY 55V型 4K対応 有機EL テレビ OLED ブラビア KJ-55A8F (2018年モデル)
価格 ¥ 284,155
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31vhJt76xqL.jpg
4K対応型の東芝製の液晶テレビです。肌の色を実際に近い質感で表現を可能にした「美肌リアライザー」。HDR搭載でより画面がくっきり鮮明です。スペックの良さの割に安い価格で人気がありランキングが上位です。今が買い時の1台です。
東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 50M510X
価格 ¥ 94,700
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/819mVZ5zAQL._SL1500_.jpg
直下型液晶ディスプレイを搭載しした、東芝製の4K対応液晶テレビです。BSも地デジもそれぞれ3チューナー搭載で、視聴しながら2番組が録画できる優れもの。BDR非対応ですが、「地デジビューティー」搭載で鮮明な画質を実現しています。安い価格でランキングも上位にあります。まさに人気商品、いまが買い時でしょう。
東芝 43V型 4K対応 液晶テレビ レグザ 2番組同時録画 W録対応 43C310X
価格 ¥ 67,467
売れ筋ランキング上位のテレビをご紹介しました。43V型から55V型まで、ディスプレイも様々のものがランクインされています。大画面テレビを購入すれば、家族揃ってリビングでテレビを見る機会も増えることでしょう。それぞれ見たい番組も異なりますので、できれば録画機能を搭載したテレビをおすすめします。録画機能に像であれば、別途Blu-ray録画機が不要なのでとても便利です。
また東京オリンピックを見据えるのであれば、4Kチューナー内蔵のテレビであれば、オリンピックの臨場感を肌で感じられるでしょう。さらに音質重視であればなお良いです。

関連記事

いかかでしたか。お気に入りの1台は見つかりましたか。各社がよりしのぎを削り、少しでも性能の良いテレビの販売に力を注いでいます。これからさらに買い時を迎える4Kテレビ。納得の製品を手に入れるまでは、当分目が離せません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/BluejayPC/status/1018783079467442176