Iijsqjztnsrae3sarxiq

CATEGORY | 雨

野外ライブ・フェスの雨対策おすすめ便利アイテム!荷物や靴はどうする?

2019.09.11

野外ライブやフェスはとても人気ですよね!多くの人達が集まるので突然雨が降ったときにどうしたらいいか悩んでしまう人もいると思います。そこで、今回は靴など野外ライブ・フェスの雨対策について考えてみましょう。また、雨対策と一緒に、便利なおすすめアイテムもご紹介!

この記事に登場する専門家

Z5arbwple1w55jobdhly

vivre専属ライター

ヒロ兄

趣味は登山。海外の山、登りたい。

  1. 野外ライブ・フェスの雨対策を考える際の注意点①:天気の変動に対応しやすい?
  2. 野外ライブ・フェスの雨対策を考える際の注意点②:他の参加者に迷惑にならない?
  3. 野外ライブ・フェスの雨対策を考える際の注意点③:雨を防いでくれて透湿性があるか?
  4. 野外ライブ・フェスの雨対策を考える際の注意点④:荷物にならない?
  5. 野外ライブ・フェスの雨対策用に便利でおすすめなアイテム⑤:レインコート
  6. 野外ライブ・フェスの雨対策用に便利でおすすめなアイテム⑥:レインブーツ
  7. 野外ライブ・フェスの雨対策用に便利でおすすめなアイテム⑦:ゴミ袋
  8. 野外ライブ・フェスの雨対策用に便利でおすすめなアイテム⑧:使い捨てカイロ
  9. できれば1組の着替えも!
  10. まとめ

野外ライブ・フェスの雨対策について考える時に注意したいことが、何点があります。1つ目に、天気の変動にすぐ対応できるかどうかです。野外ライブ・フェスは、色々な会場で開催されます。時には、都会のど真ん中だったり、時には山の方で行われたり!都会の方はそれほど天気の変動はしませんが、山の方は天気の変動が頻繁に起こります。

ほとんどの野外会場には、屋根が付いていません。つい10分ほど前までは晴れていたのに、急に雨や雷を伴うなどしたときに、すぐにその時の天気に対応できるアイテムであるかがポイントになります。

関連記事

また、野外ライブやフェスには、たくさんの人達が訪れます。人気の野外ライブやフェスの場合、他人同士が密着するかたちになるので、他人に迷惑になるアイテムは、トラブルの原因にもなります。しかも、好きな歌手やグループが来るともなれば、熱狂的なファンも多いはず!?

そんな熱狂的なファンを怒らせてしまうと、せっかくの良い思い出も思い出として残せないですよね?せっかく楽しみにしていたイベントなのに、嫌な思い出だけが残ってしまうのは、何だかやるせない気持ちになると思います。なので、自分も他の人達も一緒に楽しめるように、思いやりのあるアイテムを考えることが大切です。

雨といっても、スコールのように突然激しい雨が降る時もあれば、一日中雨が降り続ける場合もあります。どんな雨の状況にも対応できるように、しっかりと雨を防いでくれる防水性と高い透湿性があるアイテムだることが、必要不可欠になります。

防水性はもちろんのことですが、透湿性はどうして?って思う人もいると思います。透湿性のあるアイテムには、雨の内側への侵入を防いでくれながら、体から出る汗や水蒸気を外に逃がしてくれます。汗や水蒸気を外に逃がしてくれないと、ベタつきやムレを感じるほか、嫌な匂いがすることもあります。せっかく楽しんでいる中、嫌な感触と匂いがあると、気持ち悪いですよね。それに、隣にいる人のことを考えたりすると、集中できなくなってしまうと思います。

それから、持っていく際に荷物にならないかどうかも、重要なポイントです。野外ライブ・フェスによっては、会場に入る前に、荷物チェック検査があるところも!?もし、持ち込み禁止されているものを持っていって、荷物チェックでひっかかった場合、会場内に持ち込むことはできません。せっかく持っていって、荷物チェック検査で没収なんてされたら、たまったもんじゃないですよね?

会場によっては、持ってきた荷物は一時的に預けられるように、コインロッカーが完備されているところもあります。でも、たくさんの人達が来ている場合は、なかなかロッカーを見つけるのも一苦労だし、たくさんロッカーがあるとどこのロッカーか忘れてしまうことも!?なので、荷物は極力少なく、最低限必要な物を持っていけば十分だと思います。

ちなみに、雨対策用のアイテムとして人気の傘ですが、多くの野外ライブ・フェスの会場で持ち込みを禁止しています。理由は、他の人達に迷惑がかかるだけでなく、雷を伴った場合、感電してしまう可能性もあるからです。雷は大変危険です。少し前にも、実際にライブ会場の近くで、参加者が落雷死する事件がありました。

雨対策用に便利でおすすめな定番アイテムとして挙げられるのは、レインコート。その中でもポンチョスタイルはおすすめ!

上下セパレートになっているものもありますが、すぐ着れるものであれば、断然ポンチョスタイル!しかも、上から着ると、リュックなどの持ち物も全部カバーすることもできます。

上下セパレートのレインコートにも、ポンチョスタイルにはないメリットがあります。それは、体全体をカバーしてくれるので、ポンチョスタイルより余り濡れないことです。また、寒い日には、防寒着の代わりとして使うこともできます。

ただ、上下セパレートスタイルだと、特にズボンを着替える時に注意が必要です。なかなか脱げなくてバランスを崩して倒れてしまったり、他の人に足があたってしまうこともあります。どちらのタイプのレインコートを選ぶかは、人ぞれぞの好みになりますが、できれば着やすさからいえば、ポンチョスタイルの方がおすすめ。最近では、色々な色やデザインのレインコートがあって、どれもおしゃれです!

また、雨の日に履く靴として、レインブーツも雨対策になります。最近では、見た目がレインブーツらしくないオシャレなデザインのものがたくさんあるので、それほど抵抗なく履ける人も多くなってきてると思います。

雨だけでなく、晴れの日も兼用で履ける靴があります。今、20~30代女性の間で人気のブランドがこちら、「Hunter Boots」。パッと見た感じ、レインブーツに見えませんよね。カバンとセットで持つと、とっても可愛くなります!

雨対策用に多くの人達がレインコートを考えてはいるものの、靴のことまで考えている人は少ないと思います。レインコートでは、靴までカバーできません。濡てた靴を放っておくと、靴の中がカビっぽくなったり匂ったりしてきます。野外ライブ・フェスに行く時は、レインブーツを履いていくか、レインブーツが無い場合は、靴に防水スプレーをかけていくことをおすすめします。

雨だけでなく、色々な用途で使える便利アイテムとして、ゴミ袋もおすすめ!濡れないように頭からかぶってもいいですし、手荷物や靴にかけて使うこともできます。他にも、自分の好きなミュージシャンのイメージカラーのゴミ袋であれば、それを持って応援することもできます。

真夏の暑い時期ならいいですが、秋から冬にかけて少し涼しい時期に雨が降ると、気温が下がることがあります。気温が下がると、寒さを感じるので何か温かいものが必要になると思います。コートやジャケットなど衣類はかさばりますが、一時的な寒さ対策であれば、使い捨てカイロがおすすめ。使い捨てカイロなら安いし、からばないのでいくつでも持っていけます!

もし、持っていけるようであれば、1組の着替えもあった方が良いと思います。雨を防ぐアイテムを持っていっても、どうしても濡れてしまうことってあると思います!そのまま体が濡れた状態で放っておくと、風邪をひいてしまう可能性もあります。風邪をひいてしまうと、翌日の学校や仕事にも影響ができるので、風邪にならないように心がけましょう。

関連記事

いかがでしたか?今回は、野外ライブ・フェスへ参加するための雨対策の注意点や、おすすめの便利アイテムについて紹介してみました。近いうちに野外ライブ・フェスへ参加される予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjKkvg6n6ON/?taken-by=liveforlivemusic