Z31kxecvhzpbkwcew6rn

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

踏み台昇降ダイエットの効果って?お腹に効く?高さや時間のおすすめは?

2018.07.19

踏み台昇降とは、踏み台を使って上り下りを繰り返す口コミの高い有酸素運動のことですが、カロリー燃焼を促すことが出来るため、お腹周りなどのダイエット効果にもつながります。そこで今回は、ダンベルの使い方や踏み台昇降の効果や、お腹などのダイエットに効く高さや時間のおすすめを紹介します。

  1. 踏み台昇降とは?
  2. 踏み台昇降はお腹のダイエットに効果的なのか?
  3. お腹などのダイエット効果を高める方法:踏み台昇降の台の高さ編
  4. お腹などのダイエット効果を高める方法:昇降台運動の時間編
  5. 踏み台昇降及びお腹などのダイエット効果を高める方法のまとめ
踏み台昇降とはその名の通り踏み台を上り下りする有酸素運動のことを指します。(有酸素運動とは、普段より酸素を多く取り入れる運動のことを指します。)踏み台昇降は、初心者でも無理なく継続することが出来る運動であるため、口コミの評価は良好です。(台の高さを調節することによって、運動強度を変えることが出来るため、運動初心者でなくても楽しめる運動です)また、室内で行うことの出来る運動であるため、天候や季節に左右されない点が魅力的な運動でもあります。踏み台昇降は、家の中にある段差のあるものを使って行うことも出来ますが、専用の踏み台を買って行うことをおすすめします。
踏み台昇降の基本的な行い方は次の通りです。1.踏み台の前に直立し、片方の足を踏み台に乗せます。2.反対の足を踏み台に乗せ、踏み台に直立します。3.その後、最初に踏み台に乗せた足を降ろします。4.反対の足を踏み台から降ろします。1~4の動作をリズミカルに行うようにしましょう。踏み台昇降に慣れてきたら、ダンベルを手に持って前述した動作を行いましょう。ダンベルを持つだけでも負荷が重くなるため、ダンベル踏み台昇降は中級者以上の方におすすめです。
踏み台昇降運動は前述したように有酸素運動であるため、脂肪燃焼効果があります。そのため、お腹の脂肪も全身の脂肪同様に燃焼させることが出来ます。しかし、それ以外にも踏み台昇降がお腹のダイエットに効果的な理由があるのでご紹介します。まず、踏み台昇降を行うことで下半身の筋肉を鍛えて全身の筋肉量を増やすことが出来て、基礎代謝の向上につながるためです。基礎代謝の向上につながることでカロリー消費しやすい体になるため、太りにくい体になります。また、他の運動を行う際のカロリー消費も多くなります。
次に、踏み台昇降の際に身体を支えるために腹筋を使うことになるためです。腹筋を使うことによって、ポッコリしたお腹を引き締めることが出来ます。また、腹筋の他にも背筋や大殿筋も同時に鍛えることが出来るため、姿勢を良くしたり、美しいプロポーションを手に入れたりすることが出来ます。前傾姿勢になると腹筋への効果が薄れるため、直立の姿勢を保つようにしましょう。お腹を引き締める運動として踏み台昇降の口コミは高いものになっています。
踏み台昇降の台の高さとしては、10~20cmの高さの間で調節するようにしましょう。(5cm高さが変わるだけで運動強度が大きく変わるため、適切な高さで行うようにしましょう)それでは、踏み台昇降の高さを決める際の基準をご紹介します。10cm→運動不足の方・高齢者・初心者の方 10cmであっても運動不足の方にとっては、若干きつい運動となるため、体力に自信のない方は10cmから始めるようにしましょう。15cm→一般的な方 運動不足ではない一般的な体力を持つ方におすすめの高さです。
20cm→日常的にスポーツを行っている方・若い男性 20㎝であると、かなりの高さになるため、カロリーの消費には効果的ですが、体力に自信のある方以外は挑戦しないようにしましょう。
踏み台昇降を行う際の時間としては20分以上を目標に行うようにしましょう。なぜなら、20分以上有酸素運動を行うことによって、脂肪燃焼の効率が上がるためです。しかし、20分以下の運動であっても、脂肪を燃焼しないわけではないため、20分続けることがつらい方はまず5~10分を目安にするようにしましょう。(5分×4セット、10分×2セットなどで行うとより良いです)踏み台昇降は長期間継続することが大切なので、無理な時間設定をしないようにしましょう。

関連記事

この記事では、口コミで評判の良い踏み台昇降の概要・踏み台昇降がお腹のダイエットに効果的な理由・踏み台昇降台の高さ・踏み台昇降の時間をご紹介しました。踏み台昇降に慣れた方は、負荷を大きくしてカロリー消費を大きくするためにもダンベルを持って踏み台昇降を行うようにしましょう。踏み台昇降を行って、綺麗な体を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bk2WtU3HR1G/?hl=ja&tagged=%E8%B8%8F%E3%81%BF%E5%8F%B0%E6%98%87%E9%99%8D