Xnbkx8lrot8hjln7fksz

お酒

CATEGORY | お酒

カルヴァドスはりんごのブランデー!おすすめの飲み方と味のご紹介

2019.03.29

りんごの蒸留酒であるカルヴァドスについておすすめの飲み方と味のご紹介をします。 甘さと酸味のバランスが良いカルヴァドスは、女性にも大人気。チョコレートとも相性バッチリ! 産地やカクテルを紹介! おすすめの味わい方、飲み方をマスターしてシードルやブランデーの良さを知りましょう!

  1. カルヴァドスはりんごで造られたフランス産ブランデー
  2. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【カルヴァドス ポム・ド・イブ】
  3. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【カルヴァドス 20年 ペールレーゼ コルドンブルー】
  4. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【カルヴァドス XO オルダージュ ペールレーゼ コルドンルージュ 6年】
  5. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!カクテルやチョコレートも!【カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ】
  6. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【カルバドス ブラー グランソラージュ 40%/700ml】
  7. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【ロッテ カルヴァドス】
  8. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【ジャック・ローズ】
  9. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【カマンベール カルヴァドス】
  10. りんごのブランデー「カルヴァドス」のおすすめの飲み方と味わい方!チョコレートも!【キャラメルりんごムース】
  11. まとめ
引用: https://travelzaurus.com/wp-content/uploads/2017/07/Cidre_eye-1024x680.jpg
あなたはブランデーはお好きですか? もしそうであっても、なくてもりんごで造られたブランデーである「カルヴァドス」というシードルがおすすめです。 カルヴァドスは、りんごを主原料として、フランスの北西部であるノルマンディー地方を産地として造られています。
※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。
引用: https://travelzaurus.com/wp-content/uploads/2017/07/Calvados-1024x681.jpg
カルヴァドスは、食後酒としてよく飲まれます。 アルコール度数40度とお高めなのですが、口当たりが良く、りんごから造られるシードル(蒸留酒)ならではの芳香を持っており、女性には大人気のブランデーです。 ちなみに、ノルマンディー地方では、朝のコーヒーにカルヴァドスを落として飲む習慣があるそうです。
引用: http://brandydaddy.com/images/article/chishiki_20_01.jpg
カルヴァドスは、フランスの法律によりAOC(原産地呼称規制 Appellation d'Origine Contrôlée)の対象となっているので、ノルマンディー地方の決められた地域以外の生産地ではこの名称を名乗ることができません。 現在、カルヴァドス、ペイ・ドージュ、ドンフロンテの3つの地域が産地として定められており、この地域以外のりんごのブランデーは、アップル・ブランデーとして扱われます。 それだけ、原料と製造方法にこだわり抜いたシードルなのです。
引用: https://www.sakekaitori.com/wp/wp-content/uploads/2026ec9b6fb59bfc583a494b5c9784bd-440x330.jpg
カルヴァドスの製造には、1リットルにつきなんと約80kgのりんごが必要。 りんごの種類によって味は変わるので、カルヴァドスには何十種類のりんごが使われています。 さらに、産地によっては、西洋梨が10%〜20%ほど使われています。 これによって、シードルの甘みと酸味とのバランスを整えているのだとか。カクテルにも使われます 銘柄ごとにこのバランスは異なりますし、産地や製造主によって、味に強いこだわりがあるシードルです。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20160908/21/satomina-paris/a9/b9/j/o0480064113743596667.jpg?caw=800
引用: http://eurowalker.jp/contents/haruko_france/img/160922/topic8_img.jpg
産地によって製造方法に差異がありますが、通常、オーク材で製造された樽のなかで最低5年間熟成。 その後、2回の蒸留を行います。 シードルにはサワー、スイート、ビタースイート、ビターと4つの種類があり、それぞれのブレンドには熟練の技が必要で、産地独自のこだわりがあります。 カルヴァドスは、非常に熟練した技術と精度が求められるシードルであると言えるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GLFqf9DoL._SL1332_.jpg
「ポム・ド・イブ」(“Pomme d'Eve”)とはフランス語で「イヴのりんご」という意味。 ネーミングの通り瓶の中にりんごを封じ込めた神秘的な外見と味を持つカルヴァドスです。
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0405/users/3acdd6fca65eb287f1ad4a7aec0f87151848a23c/i-img1200x1200-1525429980yhgczf32388.jpg
この「ポム・ド・イブ」は、イングリッド・バーグマン主演の映画『凱旋門』(1948年公開)に登場したことで地名度が一気に上がりました。
瓶の中にりんごが丸々一個入っている不思議なルックスを持ちます。 これは、りんごが小さいうちに、実の一つ一つに瓶を取り付け、生長させるという造り方をしています。
引用: http://brandydaddy.com/images/article/chishiki_21_02.jpg
りんごが成熟する9月末に木から瓶を傷がつかないように注意深く切り離し、アルコール度数45%のAOCカルヴァドスを瓶に注ぎます。3週間から4週間ほどにつけた後、注いだカルヴァドスを瓶から空け、2回目のAOCカルヴァドスを注ぎます。4~5週間後、次はアルコール度数40%のAOCカルヴァドスを注ぎます。 製造方法は産地によって異なりますが、このように通常3回のAOCカルヴァドスを注ぐ手間を経て、市場に出荷されるのです。 約1万3,000本の瓶を木に吊して製造しても、1万未満しか流通に至らないと言われるのも頷けますね。
カルヴァドス ポム・ド・イブ 600ml
価格 ¥ 7,275
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-QbhH9rmL._SL1146_.jpg
ナツメグのような香りに、バニラ、シナモンの芳味、後味は西洋梨のテイストが微かに残ります。 モンサンミシェル近郊海岸沿いで採られたりんごを贅沢に使い製造されました。 カルヴァドスのメートル(親方)がその技術を集約し、20年をかけて造りあげた逸品です。 本場のノルマンディー地方では、ストレートで飲むのが一般的。
カルヴァドス 20年 ペールレーゼ コルドンブルー 40% 700ml - Calvados Pere Laize Cordon Bleu 20ANS
価格 ¥ 7,400
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/maisondenormandie_cv0540jp
黄金のような深い琥珀色に、りんごやオレンジの豊かな香りです。 ジンジャーブレッドと砂糖漬けした果物のような後味が素晴らしいカルヴァドスです。
カルヴァドス XO オルダージュ ペールレーゼ コルドンルージュ 6年 40% 700ml -Calvados Pere Laize Cordon Rouge
価格 ¥ 4,300
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/maisondenormandie_cv0240jp
「カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ」は、りんごの形をしたボトルのデザインが魅力的。 琥珀色の美しい蒸留酒は人を惹きつけます。 中央には、産地カルヴァドス県近くのモンサンミッシェル(マンシュ県)が描けれています。 焼きりんごのような芳香とフルーティな甘味、シナモンのようなスパイシーなテイストは女性にとても好評です。 ロックでいただくのがおすすめ。 こちらの製品は、2018年パリ農業コンクール500mlVSOP部門銀賞を受賞しました。
カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ 4年 40% 500ml - 2018年度カルヴァドスVSOP 500ml部門銀賞受賞製品
価格 ¥ 4,500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VuOXVyJSL._SY445_.jpg
「Boulard」(ブラー)は、1825年より家系内で代々引き継がれてきた歴史あるブランド。 現在、日本国内での流通は、サントリー社によって行われています。 こちらの「グランソラージュ」は3〜5年ほど熟成された原酒をブレンド。 りんごの甘さとオーク材の樽のフレーバーが活かされた薫り高いカルバドスです。
カルバドス ブラー グランソラージュ 40%/700ml[並行輸入品]
価格 ¥ 2,370
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71n5ztei4rL._SL1200_.jpg
2017年に冬季限定で発売された「ロッテ カルヴァドス」。 2013年にIWSCで入賞したカルヴァドス・クリスチャン・ドルーアン社のカルヴァドスが使用されていました。 期間限定発売のため、残念ながら現在は販売されていませんが、復活を期待しましょう。
カルヴァドスを利用したカクテルと言えば、「ジャック・ローズ」です。 カクテル言葉は「恐れを知らぬ元気な冒険者」。 カルバドス ブラー グランソラージュ(3/5)、フレッシュレモンジュース(1/5)、グレナデンシロップ(1/5)をシェークして、カクテルグラスに注ぎます。 さらに、トニックウォーターで割るとシードル風味が増し、りんごジュースやオレンジジュースを加えると爽やかな飲みやすいカクテルになります。 りんごのフルーティーな味わいが女性に人気です。
カマンベール・ド・ノルマンディーに、細かく引いたパン粉を付けて、カルヴァドスを染み込ませています。 一度食べたらクセになりそう。 こちらは、大阪・北浜のイタリアンレストランGIOCARE内にある「チーズショップラッテリア・ヰケダ」さんのレシピです。

関連記事

キャラメルリンゴのムースにカルヴァドスを香り付けとして加えて手作りされたそうです。 甘酸っぱい中に、大人のビターな味が隠されています。
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/images/000/047/204/87f60ebf3eca38828d2dd9b62f64f1569c13b420.jpg?1526496135
りんごを贅沢に使用した豊かな味わいのフランスのブランデー、カルヴァドス。カクテルにも使われ 奥の深い色々な味わい方があるようです。 ブランディーに馴染みのない方でも敷居は低いので、ぜひこの機会に試してくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GLFqf9DoL._SX342_.jpg