Mmsmtazmly98jrd2fjd6

ビジネス

CATEGORY | ビジネス

今更聞けない!封筒の数え方やサイズの規格はどうなっているのか教えます!

2019.05.27

皆さんは封筒の正しい数え方をご存知ですか?封筒には正確な数え方の単位があります。今回はビジネスでも使える正確な単位をご紹介します。枚、葉、通、封、一体どの場面にどの単位が合っているのでしょうか。参考にしてみてください!

  1. 封筒の歴史
  2. 封筒の性格な数え方…枚・葉・通・封?使い分けはどうするの?
  3. 封筒のサイズについて知っておこう!
  4. これでもう間違えない!正しい封筒の数え方!
Rqwcsgi5xpgb7japmkcm
今や私達の生活と切っても切り離せない郵便物。この中でも手紙は思いを伝えるための、昔からある方法です。その手紙を入れる封筒の歴史をご存知ですか?封筒は紀元前2000年・粘土板に楔形文字で文書を作成していた頃、中身を読まれないために薄く伸ばした粘土で文書を包んでいたものがルーツとされています。
Ab74fomgxwlxansstbht
その後イギリスの郵便革命により世界的に封筒が広がり、郵便物の基礎が築かれたといいます。しかし日本では平安時代から手紙をもう一枚紙で隠す文化があり、封筒に関しては日本は先進国だったと言えるでしょう。
Dhfkumueeendfrmjtqia
ではまず最初に封筒の基礎知識をご紹介します。数え方の単位は枚・葉・通・封の四種類です。

【封筒の正確な単位と数え方】①「枚」

Updveg9amjwxpuy16txw
まず封筒の数え方として一般的な「枚」を使うのはどのようなときでしょうか。枚は封筒そのものだけの数え方です。中に何も入っていない状態で、正確に封筒だけを数えるときにこの単位を使います。

【封筒の正確な単位と数え方】②「葉」

Ythm6zzruuzrlvirttqf
では少し珍しい「葉」と数える数え方はどうでしょうか。手のひらに乗るくらいのミニサイズの封筒がたまにありますよね。葉はこのミニサイズの封筒を数えるときの単位です。ビジネスの場面でこのような単位を正確に把握していると一目置かれそうですね。

【封筒の正確な単位と数え方】③「通」

Nv0c7fduudy10x0bgy4a
お次の単位は「通」です。これはみなさんもよく使いますね。手紙を一通二通と数える数え方はよく聞きます。これと同じような感覚で中に文書の入った封筒は通で数えます。封筒の正確な数え方は中身の様子によって変わっていきます。

【封筒の正確な単位と数え方】④「封」

E17sswcpctiw4khz3rwu
では「封」はどうでしょうか。この単位を使った言葉を思い浮かべてください。金一封という言葉がありますね。この状態は中身が入っていて、なおかつ封をしてある状態です。外から見えない状態にある中身のある封筒は、封筒だけというより中身もまとめて封をつかうのですね。
Hp3o87lkeiisgupjlg6f
ここでビジネスに使える封筒のサイズを確認しておきましょう。実は封筒は大きさの規格が三種類あってそれぞれにまたサイズのパターンがあります。細かいわけ方になっているのですね。ですので長形封筒2号と角型封筒の2号はサイズが違います。
Glxjo4x0rrquzkvvhbxa
長形封筒2号は199ミリメートル×277ミリメートルです。一方角型封筒の2号は240ミリメートル×332ミリメートル。かなり大きさに差がありますね。上司に封筒を買ってきてと頼まれた場合は、サイズを間違えないようにしてくださいね。

【封筒のサイズ】定形と定形外

Qvku99kmegufdgvppcvr
もうひとつ把握しておきたいのが定形郵便と定形外郵便です。定形郵便の大きさや重さをこすと別途定形外料金を請求されます。なるべくサイズを小さく、重さを軽くすることで送料を抑えることも可能です。
定形郵便の規定は長さが140ミリメートル×235ミリメートルまで、幅が90ミリメートル×120ミリメートル、厚さ10ミリメートルまで、重さ50グラムまでです。これ以上になると定形外郵便になります。意外と厚さの項目を忘れてしまう人が多いので要注意です。

関連記事

Uz8h067nixepedls7zyc
いかがでしたでしょうか。郵便物は規定が細かくたくさんあって一度に覚えようとするのは難しいですね。しかもサイズや数によって料金も変わってきますので、正確に把握しておくことが大切です。必要になったときに一つずつ確認作業を怠らないようにしましょうね!