Merkhicmvu61f6iealty

20代

CATEGORY | 20代

20代貯金額【2018】結婚や育児には平均でどのくらい必要なの?【男児別】

2018.07.15

20代の皆さん、貯金はどのくらいしていますか?今回は2018年の20代平均貯金額について見ていきましょう!2018年こそは、貯金を!今回ご紹介する貯金額を参考に、みなさんも頑張ってみてくださいね。男女が結婚し、育児をするのにどれくらい必要なのかも!

  1. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは?
  2. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<男性の貯金額>
  3. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<女性の貯金額>
  4. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<結婚前に必要な貯金額は?>
  5. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<育児に必要な貯金額は?>
  6. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<貯金方法①口座を二つ作る>
  7. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<貯金方法②家計簿をちゃんとつける>
  8. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<貯金方法③生活費をあらかじめ決めておく>
  9. 【男女別】結婚や育児にどのくらい必要?2018の20代平均貯金額とは<貯金方法④外食を控える>
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b2/b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_t.jpeg
20代のみなさんは、ちゃんと貯金していますか?毎月コツコツと貯めているという人もいれば、貯金はほぼ0・・・なんて人もいると思います。独身の間は大丈夫ですが、これから結婚して子育てをしていく事を考えると、貯金はやはり必要になってきますよね。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ed/ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_t.jpeg
そこで今回は、男女別で20代の貯金の平均額と、実際に結婚や育児にどのくらいかかるのか見ていきましょう!後半では効率よく貯金をする方法なども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

引用: https://googirl.jp/img/16/09/1609253top.jpg
引用: http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/wp-content/uploads/2016/02/lgf01a201304231500.jpg
それではまず、男性の平均貯金額から見ていきましょう!年収によってどのくらい貯金ができるか変わってくると思うので、前提としてどのくらいの年収をもとに言っているのか知っておいたほうが安心ですよ。年代別に、平均年収を紹介していきます。
・20~24歳 平均年収:275万円
・25~29歳 平均年収:383万円
年代別に見たところ、男性の年収はこちらが平均になっています。年代をすべて合わせて平均を取った結果、男性の貯金額は164万円だったそうです。もちろん、入社したばかりなのか長く働いているのかでも変わってきますが、こちらの数字を元に考えてみた方が良いかもしれないですよ!164万円といのは、預貯金以外に定期預金や生命保険、有価証券も含まれています。
引用: https://publicdomainq.net/images/201711/28s/publicdomainq-0016067qge.jpg
引用: http://itsa-money.secret.jp/wp-content/uploads/2016/12/lgf01a201311292100.jpg
それでは次に、女性の貯金額を見ていきましょう!最近だと幅広く企業で活躍している女性も多いですよね。そんな女性の年収からまずは見ていきましょう。今回も、年齢別で紹介していくので確認してみてくださいね。
・20~24歳 258万円
・25~29歳 309万円
男性よりも平均的には少し下回っています。では、実際に女性はどのくらい貯金しているのか気になりますよね。女性は平均、144万円ほど貯金しているそうですよ!ただしこちらも、状況によって変わってきます。
平均貯金額は、年収だけではなく環境によっても変わってきます!例えば、実家暮らしをしている人であれば、他の人よりも貯金額が多い可能性もありますよね。必ずしもこのくらい貯金が必要だという訳ではないですが、やはり貯金をしていった方が安心だという事は分かると思います。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b27ec96c60b29bb116510b77bc1f62b_t.jpeg
実際、なんでそこまで貯金が必要なのかというと、20代になると結婚や育児が関わってくるからなんです!特に結婚するとのあると、結婚式や引っ越し、家具を一から揃える・・・などあらゆる部分でものすごい費用がかかってしまいます。結婚式は両親に負担してもらう、というカップルもいると思いますが、実際どうなるか分かりませんよね。念のため、しっかりと貯金していく事が大切なんです。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bombomprin/20160904/20160904235549.jpg
結婚をするための貯金額は、男女ともに平均100万以下の人が多いという結果が出ました!各100万円ずつ溜めていたとして、合計200万円あったとしても結婚式、引っ越しなどすると足りなくなりそうですよね。100万~200万円はコツコツと貯めた方が良いかもしれません。
引用: http://cdn.mamano.me/production/item_images/images/000/022/987/medium/6a8b282b-1d36-475c-8c4d-5a2c2e40fd75.jpg?1464890926
次に見ていきたいのが、育児にかかる費用です!育児は、一回支払ったら終わるものではなく長く費用を負担しなきゃいけませんよね!だからこそ、20代のうちにコツコツと貯める事が必要なんです。まず、3歳から学校に通ったとして高校を卒業するまで通した教育費はおよそ500万円だと言われています。教育費だけでも多額ですよね!さらに大学費用まで考えると、一年間で150万円なんて学校もありますよ。
引用: https://googirl.jp/img/12/10/1210286top.jpg
教育費だけではなく、子供を育てていくために費用はものすごくかかってきます。食費や消耗品費、レッスン代などさまざまです。育児をしっかりと行っていくためには、やはりある程度の貯金をしておいた方が安心です!
引用: https://publicdomainq.net/images/201609/09s/publicdomainq-0000423ghd.jpg
結婚や育児を考えると、今から貯金して間に合うの!?なんて心配になってしまう人もいると思います。確かに、多額ですよね!そんな人に、上手にお金を貯めていくコツを紹介していきます。そこでまず初めにしておきたいのが、口座を二つ作る、という事なんです。一つの口座は今の生活費を入れておき、二つ目の口座には貯金を貯めていきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/02/02b0bc6795ac199bc070e59ae6f06e7a_t.jpeg
一月にいくら貯金するかあらかじめ決めておくと、毎月お給料の中から貯金の分を差し引いて貯金口座に入れておけますよ!上手に節約して、月5万円貯めていくだけでも一年で60万円溜まりますよ!本格的に貯金がしたいという人は、まずはもう一つ口座を作りましょう。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-VgpqpkjBnKc/TyaqCvAzJUI/AAAAAAAAmoA/YCowsiRho4w/s1600/0img10081991984.jpg
お金がなかなか溜まらない人の共通点、実はあるんです!それが、家計簿をつけていない、という事。社会人になって、収入があると同時にもっとも大切なのが家計簿をつける事なんですよ!家計簿をつけると、自分がどのくらい稼いでどのくらい使ったのか把握する事ができます。気にせずお金を使ってしまうと、気づいたらお金はなくなっているのもですよ。しっかりと家計簿をつけて、金銭を見える化しなきゃいけません!
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/0273/9784522630273_3.jpg
最近だと、携帯で簡単に管理できる家計簿などもありますよね。上手に活用してみると良いかもしれません。家計簿をつける習慣を、身に付けていきましょう。
引用: http://img01.gahag.net/201604/12o/gahag-0075124890.jpg
次に見ていきたいコツが、生活費です。多くの人はお給料をもらったと同時に、何も考えずいろんなものを買って生活していると思います。実は、上手に節約するコツは生活費にあるんですよ!お給料をもらったら、あらかじめ生活費を抜いておきましょう。例えば、一週間に1万円使う前提で、4万円抜いておく。その4万円を1ヶ月で上手に使い切るようにしてみましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/00/006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_t.jpeg
クレジットカードは手軽ですが、つい使いすぎてしまいますよね。だからこそ、あえて現金で管理しておくと上手に節約ができるんですよ。この方法、節約したい学生もやっていて、社会人になっても効果があるんですよ!ぜひ試してみてくださいね。特に家計簿をつけるのが苦手、という人は、細かく何に使ったか書く必要もなくなるのでおすすめです。
引用: https://www.uridayo.com/wp-content/uploads/2017/03/pexels-photo-29682-2.jpg
最後に心がけたいコツが、外食です。社会人になってしまうと、とんでもなく外食が増えてしまいますよね!飲み会や、一人でも疲れた時には料理をするのがめんどくさくなってしまうと思います。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSU73_cakejyosi15143657_TP_V.jpg
ですが、実は外食が一番お金がかかっている可能性がありますよ。週末も含めランチも夜ご飯も外食している人は、月になんと6万円もかかっているんです。食費でこんなにかかるのは勿体ないですよね。毎日自炊をしてランチも持っていくようになれば、実は8000円から12,000円くらいで済むんですよ!これだけでも、かなり貯金ができちゃうんです。

関連記事

引用: https://googirl.jp/img/16/09/1609253_01.jpg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d2/d28410d636ef2073813ee59cff2fd366_t.jpeg
いかがでしたか?なんとなく貯金しなきゃいけないって分かってるけどなかなか溜まらない・・・という人はぜひ今回ご紹介した方法を試してみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://publicdomainq.net/images/201709/11s/publicdomainq-0013192inn.jpg