E86i14pd3tagfba8t0vm

100均

CATEGORY | 100均

スマホケースをDIYで手作り!100均材料で簡単可愛いオリジナルケース!

2018.07.11

皆さんはご自分のスマホケースは気に入っていますか?もっとおしゃれで可愛いオリジナルのスマホケースが欲しいという人もいますね。今回は100均の道具を使って簡単手作りDIYをご紹介します。100均で手作りDIYを楽しみながらお気に入りケースをゲットしましょう!

  1. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース①可愛いスマホケースが欲しい!
  2. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース②DIYのベースは透明スマホケース
  3. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース③マスキングテープを使う
  4. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース④マニキュアを使う
  5. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース⑤スワロフスキーを使う
  6. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース⑥ハギレを使う
  7. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース⑦リボンテープを使う
  8. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース⑧デコパージュしてみる
  9. 100均でDIY!手作り可愛いスマホケース⑨自分で作る方がお得!
  10. まとめ・100均は簡単DIYの強い味方だった!
L76ncqaeo1iuzqdgpfho
今や若者なら一人一台所有しているスマートフォン。友達と差をつけるなら、おしゃれなオリジナルスマホケースが欲しいですよね。でもそんなのなかなか売ってません。売っていないのなら自分で手作りしてみましょう。100均で購入できる材料でDIYしてオリジナルスマホケースを作ってみましょう。

関連記事

オリジナルスマホケースは、手作りが簡単な透明スマホケースを使いましょう。透明スマホケースは100均で販売できます。一昔前はこのスマホケースも種類が限られていたのですが、最近では取扱商品が増え、皆さんの持っているスマートフォンなら大体対応可能でしょう。
今回ご紹介する方法は、この透明スマホケースにデコレーションしていく方法です。ですので手作りスマホケースが何個も欲しい方は、この透明ケースを多めに用意しましょう。失敗したときのために多めに買っても一つ100円です。そのまま使うのも悪くないのですが、世界に一つだけのおしゃれな可愛いスマホケースができたらうれしいですよね。
100均で手に入る可愛いアイテムといえばマスキングテープがあります。マスキングテープとは、粘着力を通常のテープより低めに作った、貼ってはがせるテープのことです。元々は、塗装をする時に、塗料がついてはいけない場所につくのを防ぐための、防御テープでした。
マスキングテープの模様は数限りなくあります。100均でもおしゃれな模様のオリジナル商品が簡単に手に入り、組合せ次第で無限の可能性があります。友達と一緒につくり、アイディアを出し合うのもいいですね。
100均商品の昔からの売れ筋といえば、化粧品コーナーに置いてあるマニキュアです。ネイルアートが好きな、おしゃれに敏感な女性たちにはお馴染みですね。マニキュアは一度塗ると除光液以外では落ちません。その耐久性の良さはさまざまなDIYに利用できます。簡単に手に入る上、おしゃれな種類も多いマニキュアは手作りスマホケースの強い味方です。
特におすすめは間ラメ入りのもので、ムラになっても目立ちません。何色か組み合わせても可愛いですよ。ひとつだけ注意点があります。それは、土台になる透明スマホケースがプラスチック製の場合が多く、除光液を付けた時に白く変色してしまうものがあるということです。
これは除光液に含まれるアルコールの影響ですが、一度変色してしまうと、そこから元に戻すのは不可能です。ですので修正が必要な場合はそこからはみ出さないように、綿棒などに除光液を染み込ませて、ピンポイントで修正するようにしてください。
Lkr27rsonfpzk5jfgp3i
キラキラと輝くスワロフスキーは女の子の永遠の憧れです。こんなおしゃれなスマホケースを持っていたら思わず自慢してしまいますね。DIYする際に注意点として、とても小さいのでなくさないよういにすることが肝心です。
お子さんがそばにいる場合、この輝きに興味を示し、口に入れてしまう可能性もあります。大人の方が十分に注意して管理するようにしてください。
Ctbomskhfm0mdmitmpih
スワロフスキーを貼る時は、簡単で良いので下絵を描いておきます。この時マジックペンを使うと見た目が汚くなってしまうので、先ほど紹介したマニキュアを使うことをおすすめします。最近では100均でもネイルアート用の筆先が細くなったタイプのマニキュアが売られています。
このマニキュアで下絵を描き、その上に瞬間接着剤でラインストーンを貼っていきます。とても細かい作業になるので、ピンセットを使うとうまくいくでしょう。
Yudtlqleubuw00ccpjig
100均の手芸品コーナーに置いてあるハギレを使って手作りスマホケースをDIYする方法もあります。簡単に手に入るハギレで、一枚一枚模様が同じものがない、正真正銘のオリジナルスマホケースができます。可愛い柄を中心に、さまざまな種類のものがあるので、選ぶのが楽しいですね。クールな柄を選べば、男性におしゃれな手作りスマホケースを送ることもできます。
作り方は簡単で、スマホケースの大きさにあわせてハギレを裁断し、透明スマホケースとスマホの間に挟んでセットするだけです。セットするときにハギレがずれるのが嫌な人は、スマホの本体側に軽く両面テープを貼って、ハギレを固定するのもいいかもしれません。着物の柄のハギレを使えば、おばあちゃんへのプレゼントにも良さそうですね。きっと喜ばれますよ。
R8hxapnkckjp11xcrdme
Aqcgh5a681bkvnyjiia6
100均で手に入るアイテムの中で意外と盲点なのが、手芸コーナーや文具コーナーに置いているリボンテープです。リボンの後ろに粘着面があってそのまま貼り付けることができます。可愛いレースになっているものや、立体的なデザインのものまで多種多様の品ぞろえです。100均のセリアやダイソーなどといった店舗によっても置いているリボンテープの種類は違います。
珍しいリボンテープを見つけたらゲットしておきましょう。透明スマホケースに斜めに貼ったり、縦に貼ったり、縦横に貼ってチェック模様にしたり工夫はいくらでもできます。
R6kblwfcnb7rcscw52gn
慣れてきたら柄の違うリボンテープを組み合わせてオリジナルの模様を作ってみましょう。粘着力は弱めのものが多いので、簡単にやり直すことができます。またシールと違い、厚みのあるリボン なので修正が楽です。短時間ならはがしても跡が残りません。自分で可愛い組み合わせを発見できたらスマホケースへの愛着もより一層増しますね。
デコパージュとは、特殊な専用液を紙の上に塗り重ねてコーティングする手法で、簡単に可愛い手作りスマホケースを作ることができます。
デコパージュに使う紙はどんなものでも大丈夫です。ただし薄過ぎる紙は専用液を塗布している間にやぶれてしまう可能性があるので、おすすめしません。綺麗な模様でも我慢しましょう。このデコパージュは、紙だけではなく布でも加工できるようになっています。レースのハギレをスマホケースにデコパージュするというのもかなり可愛くておすすめです。
Bhoktcigbalc22gvq8vx
意外なところでは写真をデコパージュするという作戦もあります。業者さんに頼んで写真の入った専用スマホケースを作る人もいます。その方が確かに綺麗に仕上がるので、完璧な仕上がりを求める方は業者さんに頼むほうがいいと思います。
しかし、写真入りの専用スマホケースを一つ注文するだけで、最低でも1000円前後かかります。その費用をどうしても抑えたい方は100均の紙やハギレで自分でDIYする方が経済的です。手順を守って手作りすれば、案外失敗なくおしゃれなケースが完成しますよ。

関連記事

いかがでしたでしょうか。今回は「スマホケースをDIYで手作り!100均材料で簡単可愛いオリジナルケース!」についてご紹介しました。スマホケースの土台からほぼすべての道具が100均で手に入ります。お手頃価格で購入できるので、失敗しても何度でもやり直しできますね。さっそく100均に出かけてお気に入りのケースを作ってみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BR-tJqvhVCD/?tagged=%E9%80%8F%E6%98%8E%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9