M6nhawn3meylxiogqmul

スポーツ

CATEGORY | スポーツ

膝サポーターのおすすめを紹介!スポーツや医療用など用途に合わせた選び方は?

2020.06.30

膝は1度痛めてしまうと治りづらい部位となっていますが、スポーツなどでアクティブに活動したい方であれば、膝に負担がかかってしまいます。そこで今回は市販されている膝サポーターのおすすめを紹介するとともに、市販されている膝サポーターのおすすめの選び方を紹介します。

  1. 膝サポーターっていったい何?膝サポーターを着用するようおすすめする理由とは?
  2. 市販されている膝サポーターの選び方は?
  3. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:スポーツ用1ミズノ バレーボール ヒザ サポーター ユニセックス (1コ入り) 59SS100
  4. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:スポーツ用2PYKES PEAK 膝サポーター
  5. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:スポーツ用3バンテリンサポーター しっかり加圧タイプ ひざ用
  6. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:スポーツ用4McDavid(マクダビッド) サポーター ヒザ用 ニースタビライザー5
  7. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:医療用1お医者さんのがっちり膝ベルト
  8. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:医療用2エルモ 医療サポーター 薄手 ひざ Mサイズ
  9. 用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーター:医療用3膝サポーター 医療用 シリコン サポーター 股関節 痛み 関節靭帯保護 膝パッド 登山 ウオーキング ランニング 2枚組
  10. 膝サポーターの概要や選び方及びおすすめ膝サポーターのまとめ
膝サポーターとはその名のとおり、膝関節を固定し、スポーツなどを行う際に膝への負担を軽減させる道具のことを指します。人体の部位の中でも膝は痛めやすい箇所であることからも、激しい運動を行う際にはけがを防ぐためにも膝サポーターの着用をおすすめします。膝サポーターには様々な効果があるので紹介します。1.膝を固定する効果があります。膝の固定により関節の動きを助けたり、負担の軽減につながります。2.膝の保温になります。膝を保温することによって血行が良くなり、新陳代謝が良くなります。そのため痛みの緩和に繋がります。
3.膝の痛みを軽減します。前述した膝の保温の他にも、膝の可動範囲を小さくすることによって、膝の痛みを軽減させることが出来ます。日常生活でも、歩いたり階段を上り下りしたりするときに役立つものになります。前述の理由から、膝を痛めやすい人には膝サポーターの着用をおすすめします。

関連記事

膝サポーターの選び方としては、用途や固定力を考慮して考える必要があります。(医療用であれば固定力を重要視するようにしましょう)膝サポーターには、保温性の膝サポーターと機能性の膝サポーターの2つがあります(その他にもスポーツ用のサポーターもあります)冷えると痛みが出るという方は、保温性の膝サポーターがおすすめです。保温性の膝サポーターであれば、膝を保温し血行を良くすることで痛みを軽減することが出来ます。締め付けが強すぎないのがメリットですが、その分膝をサポートする性能が欠けている点がネックです。
常時膝が痛むようであれば、機能性の膝サポーターがおすすめです。膝がしっかり固定されるため、日常生活時だけでなく、激しい運動を行う際にも膝の痛みの軽減になります。筋肉や骨に合わせてしっかり固定されるのがメリットですが、厚さが分厚く目立ってしまうのがネックです。選び方としては、ご自身の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。その他の選び方としては、サイズ・形状・色・素材・洗濯の可否などをチェックするようにしましょう。
ミズノ バレーボール ヒザ サポーター ユニセックス (1コ入り) 59SS100
価格 ¥ 825 - ¥ 28,194
ミズノから発売されている男女兼用の膝サポーターです。素材は、レーヨン、ゴム、綿パッド EVAが使われており、サイズはMとLの2種類があります。(Mは32~38cm、Lは36~42cmとなっています)通気性が良く肌触りも心地よくなっています。カラーはホワイトとブラックの2種類があり、シンプルなロゴデザインが入っています。主な用途はバレーボール用となっており、ジャンプ後の着地の際の膝への負担や床への接触による打撲や摩擦を未然に防いでくれるため、のびのびと練習に取り組めます。(バレーボール用ですが、他のスポーツに利用したり、日常生活で用いることも可能です。)
PYKES PEAK 膝サポーター 関節靭帯保護 ひざ の 固定 怪我防止 通気性 左右兼用 膝回り38㎝以下
価格
PYKES PEAKから発売されている膝サポーターです。スポーツだけでなく、日常生活でも使える機能性と使いやすさを兼ね備えた商品となっています。円形の膝クッションにはEVA樹脂が使われており、頑丈なつくりとなっています。また、円形の膝クッションの両側にはスプリングが搭載されており、スプリングが圧力を軽減してくれるため膝への負担も軽減されます。保温性だけでなく、膝サポーターには無数に空いた穴があるため、通気性にも優れており、ムレや湿疹を防ぐことが出来るため、夏場でも安心して使用することが出来ます。
バンテリンサポーター しっかり加圧タイプ ひざ用 ブラック ふつうサイズ ひざ上10cm周囲 36-41cm
価格 ¥ 2,480
バンテリンサポーターから発売されている膝サポーターです。生地には、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンボーンが使用されています。テーピング機能でしっかり加圧されて、パワーテーピングベルトが搭載されているため、階段の段差も気にせず、移動することが出来ます。また、膝裏には特殊加工生地が使用されており、肌あたりもいいため、快適に装着・着用することも可能です。
McDavid(マクダビッド) サポーター ヒザ用 ニースタビライザー5
価格 ¥ 5,202 - ¥ 6,324
McDavid(マクダビッド)から発売されている膝サポーターです。サイズは、S、M、L、XLの4つのサイズがあるため、ご自身に合わせたサイズ選びを行いましょう。上下に2本のテンションベルトがついているため、圧迫感やフィット感を調節することが出来ます。また、サポーターの左右に2本ずつスプリングがついているため柔軟な動きも可能で、膝関節の動きを妨げません。
お医者さんのがっちり膝ベルト M
価格 ¥ 4,633
お医者さんのがっちり膝ベルト S
価格 ¥ 4,678
アルファックスから発売されている医療用の膝サポーターです。生地にはナイロン、ポリエステルなどが使われています。サイズはS、M、L、LL、3Lの5種類があるためご自身のサイズに合わせて選ぶようにしましょう。V型の強力ベルトで上下から膝を固定します。また、ナイロンスプリングが本体に4本内蔵されており、V型ベルトと共に膝関節を支えてくれます。
エルモ 医療サポーター 薄手 ひざ Mサイズ
価格 ¥ 830
ELMOから発売されている医療用膝サポーターです。生地にはポリエステル、吸水ポリエステル、遠赤ポリエステル、アクリル、ポリウレタン、ウールが使用されています。遠赤外線の効果で保温性に優れているだけでなく、今日水ポリエステルの効果で、汗を素早く放出することができるため、速乾性に優れており、ムレを防ぐことが出来ます。
膝サポーター 医療用 シリコン サポーター 股関節 痛み 関節靭帯保護 膝パッド 登山 ウオーキング ランニング 2枚組
価格 ¥ 1,243
plantoから発売されている医療用膝サポーターです。医療用シリコンが使用されており、伸縮性や固定力に優れたサポーターとなっています。医療用となっていますが、ランニングや山登りなどのアウトドアな活動でも使用していただくことが可能になっているため、膝サポーターの選び方で迷っている人にはおすすめの商品です。薄いシリコンからできているため、装着後の圧迫感や違和感に悩まされることもありません。

関連記事

この記事では、膝サポーターの概要や選び方及び用途に合わせた口コミの良い市販されているおすすめ膝サポーターをスポーツ用と医療用に分けて7選ご紹介しました。市販されている膝サポーターを選ぶ際には、機能で選ぶだけでなく、サイズ・形状・洗濯の可否なども考慮に入れる必要があるので注意しましょう。また、スポーツ用と医療用では膝サポーターの性能も若干異なるので、膝サポーターを選ぶ際には用途を考えて選択するようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjUfepdD0ir/?hl=ja&tagged=%E8%86%9D%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC