Jzgsiaqfkuapdg4kvjo0

お酒

CATEGORY | お酒

ブランデーカクテルの簡単おすすめレシピ10選!甘いお酒から大人向けまで

2018.07.11

大人の雰囲気でブランデーをいただくのも素敵ですが、おすすめのブランデーベースのカクテルを楽しむのも良いですね。簡単に作って楽しめるカクテル、近年おうちカクテルを楽しむ人も多くなってきました。今回は、簡単に作れるブランデーベースのおすすめカクテル10選です。

  1. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル1「スティンガー」
  2. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル2「フレンチ・コネクション」
  3. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル3「キャロル」
  4. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル4「サイドカー」
  5. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル5「オリンピック」
  6. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル6「クイーン・エリザベス」
  7. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル7「モンタナ」
  8. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル8「クラシック」
  9. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル9「ビトウィーン・ザ・シーツ」
  10. ブランデーベースの簡単にできるおすすめカクテル10「ハーモニー」
  11. 格調高いブランデーもカクテルで軽やかに楽しみましょう
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「スティンガー」は、Base+1(ブランデー&1つの素材)のカクテルです。 スティンガーとは、針・風刺・皮肉を言う人と言う意味です。甘さの中にアルコールの存在感もしっかりと。名前の通り、鋭さを内に秘めたカクテルです。
甘さの割に鋭さを持つ食前酒の代表カクテルです。ブランデー&ペパーミント・ホワイトをシェークして、カクテルグラスに注ぎます。度数32度、中口で食前酒にグッドなカクテルです。

関連記事

【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「フレンチ・コネクション」は、Base+1(ブランデー&1つの素材)のカクテルです。映画フレンチ・コネクションに因んだカクテルです。麻薬の密輸組織を描いた映画ですが、味は関係ないです。
映画ファンに人気の甘みと香りのカクテルです。ブランデー&アマレットをビルドします。氷を入れたロック・グラスに注いで、軽くステアします。度数34度、甘口で食後酒にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「キャロル」は、Base+1(ブランデー&1つの素材)のカクテルです。甘口のベルモットがブランデーの味を引き出し、深みのある味わいのカクテルです。2つのスピリッツは共に個性の強いお酒で、まさに大人の組み合わせです。
個性の強い組み合わせで、古くから人気のカクテルです。ブランデー&スイート・ベルモットをステアして、カクテル・グラスに注ぎます。度数28度、中口で食前酒にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「サイドカー」は、Base+2(ブランデー&2つの素材)のカクテルです。第一次大戦中に活躍したサイドカーに因んで名付けられました。サイドカーに乗ってきた兵士が持参したレシピとも言われています。
フランス生まれのお洒落なオール・シーズンカクテルです。ブランデー&ホワイト・キュラソー&レモン・ジュースをシェークして、カクテル・グラスに注ぎます。度数26度、中口で食前酒にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「オリンピック」は、Base+2(ブランデー&2つの素材)のカクテルです。1924年のパリ・オリンピックを記念して、パリの高級ホテルであるリッツのバーテンダーのよって創作されました。
パリ・オリンピック記念として作られた、誰にでも愛されるカクテルです。ブランデー&オレンジ・キュラソー&オレンジ・ジュースをシェークして、カクテル・グラスに注ぎます。度数24度、中口で食後酒にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「クイーン・エリザベス」は、Base+2(ブランデー&2つの素材)のカクテルです。同じ名前のカクテルで、ジン・ベースのものがありますが、レシピが違っています。エリザベス女王の名がついた大人のカクテルです。
エリザベス女王の名前の大人の味わいのカクテルです。ブランデー&スイート・ベルモット&オレンジ・キュラソをステアして、カクテル・グラスに注ぎます。度数25度、甘口で食後酒にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「モンタナ」は、Base+2(ブランデー&2つの素材)のカクテルです。ポルトガル産の甘いワインとブランデーのコントラストが特徴です。適度な甘さの中に存在するブランデーの旨みとコクが楽しめるカクテルです。
甘口ワインとブランデーの相性がバッテリなカクテルです。ブランデー&ポートワイン&ドライ・ベルモットをステアして、カクテル・グラスに注ぎます。度数24度、中口のグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「クラシック」は、Base+3(ブランデー&3つの素材)のカクテルです。砂糖でスノー・スタイルにしていただくカクテルです。しかし最近では、しないままのことも多いようです。仕上げにオレンジかレモン・ピール絞って。味を締めます。
古き良き時代を思わせるカクテルです。ブランデー&レモン・ジュース&オレンジ・キュラソー&マラスキーノをシェークして、カクテル・グラスに注ぎます。度数28度、中口で、食後にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「ビトウィーン・ザ・シーツ」は、Base+3(ブランデー&3つの素材)のカクテルです。このカクテルの名前の意味は“ベッドに入って”ということです。ナイトキャップ用に考案されたカクテル。コアントローは、オレンジ・キュラソーでフルーティーな香りが溢れるリキュールです。
“ベッドに入って飲みましょう”って、意味深いネーミングのカクテルです。ブランデー&ホワイト・ラム&コアントロー&レモン・ジュースをシェークして、カクテル・グラスに注ぎます。度数32度、中口で、就寝前にグッドなカクテルです。
【カクテルは、基本形はあっても、創作自由の楽しい飲み物です。冷たいカクテルを入れるショートタイプと氷と共にグラスに入れるロングタイプ、お味もハードなものから甘いものまで様々で、ブランデーの銘柄にもこだわり、オレンジやアップルのジュース類や牛乳もカクテルの素材となります。】「ハーモニー」は、Base+3(ブランデー&3つの素材)のカクテルです。様々な楽器が奏でる美しいハーモニー。カクテルにも様々なハーモニーがあります。ヘネシー・クラシックを使ったカクテルです。
ホテル日航金沢の黒畑亮一氏創作のカクテルです。ブランデー(ヘネシー・クラシック)&ベイリーズ(オリジナル・アイリッシュクリーム)&コーヒー&オレンジ・リキュールをシェークして、カクテル・グラスに注いで、レモンタルトを一緒にいただきましょう。

関連記事

今回は、「ブランデーカクテルの簡単おすすめレシピ10選!甘いお酒から大人向けまで」をテーマに、ご家庭でも楽しめるカクテルをご紹介しました。お洒落なバーに行って、美味しいブランデーやブランデーベースのカクテルを楽しむも素敵ですが、ご家庭で気軽におうちカクテルを楽しむのも良いですね。