Wuq4egrhrs7g1q5irpal

Apple

CATEGORY | Apple

Apple WatchでのSuicaの使い方!オートチャージや基本の設定方法

2018.07.18

Apple WatchでSuicaが使えるようになりました。使い方は簡単!腕のApple Watchを改札機にかざすだけでスムーズな反応。定期券も利用できます。今回は、Apple WatchへのSuicaの登録やオートチャージの設定、使い方をご紹介します。

  1. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」
  2. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」Suicaの Apple Watchへの登録方法
  3. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」Suicaを Apple Watchへ転送する
  4. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」 Apple WatchのSuicaの使い方
  5. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」エクスプレスカードって?
  6. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」Suica定期券が利用できる
  7. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」オートチャージの設定方法
  8. 「AppleWatchでのSuicaの使い方!」さっそく使ってみよう!
Felica機能を搭載したApple Watch Series 2では、交通系電子マネーのSuicaで決済ができます。一旦Apple WatchにSuicaを登録すると、腕に装着したまま改札機にかざせば改札を通過でき、そのまま電車を利用できます。コンビニなどSuicaで決済できる店舗で買い物した際には、Suicaで簡単に支払いができ反応もスムーズでとても便利です。それではApple WatchへのSuicaの設定方法は度をご紹介します。
最初に確認しておくことがあります。SuicaをApple Watchに設定できるのは、Felica機能を搭載したApple Watch Series 2だけです。残念ながらApple Watch Series 1(初代Apple Watch)では使用することができません。手順としては、iPhonにSuicaを登録して、Apple Watchに転送する流れになります。いきなりApple WatchにSuicaを登録するのではなく、iPhoneに登録したSuicaを Apple Watchに転送するという二段階の作業になります。
それでは、iPhonから Apple WatchにSuicaを転送する方法です。iPhoneのホーム画面から「Watch」を起動し、「WatlletとApple Pay」をタップします。「iPhone上のカード」から登録したいSuicaを選び、「追加」をタップし、右上の「次へ」をタップします。するとApple WatchへのSuica転送が反応良く始まります。転送が終われば「完了」をタップします。これでApple WatchへのSuica転送が完了しました。
使い方は簡単です。 電源が入っているApple Watchを、改札の読み取り部にかざすだけで反応します。読み取りが完了すれば、「完了」という文字とチェックマークが画面に表示されます。Suicaを表示させたり、スリープやロックを解除する必要はありません。自動的にエクスプレスカードに設定されているSuicaが使用されます。店頭の会計時「Suica で支払います」と定員に伝えて、 Apple Watchwをセンサーにかざすだけです。
Suicaは最初にWalletに追加したカードが、自動的にエクスプレスカードになります。エクスプレスカードとは、所有する複数枚のカードがある場合に優先して使われるカードの事です。多くの人は1枚のカードを登録していますが、通勤定期など、毎日のように使用するSuicaについては、エクスプレスカードに設定しておくことで優先的に使用されるのでとても便利です。
Apple Watchがあれば、Suica定期券が利用できます。また、iPhoneで定期券を買うこともできます。たとえ期限が切れそうになってもその場で定期が買えるので、煩わしい改札に並ぶ必要がありません。そのほか定期の期限が切れる前に知らせてくれるサービスがあるので、定期の期限切れやそのことでチャージしてある残高を減らすことがありません。
モバイルSuicaにはオートチャージ機能があります。あらかじめオートチャージの設定をしておけば、突然の残高不足で困ることがありません。設定方法は、モバイルSuicaアプリの「Suica一覧」から「チケット購入・Suica管理」をタップします。次に「オートチャージ設定」をタップします。後は、「オートチャージ申込/変更から」、オートチャージが機能する残額と、チャージ金額を入力すれば設定完了です。

関連記事

このように Apple WatchのSuicaには、便利な機能がたくさんあります。それらを使いこなせば、日常生活においても無駄な時間を短縮したり、たとえお財布を忘れても買い物ができたり、ちょっとした区間なら交通機関もキャッシュレスで利用できます。きっと周りの人の反応もとてもいいでしょう。さあ、あなたもさっそくAppleWatchでSuicaを利用してみませんか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/skyblue_1985jp/status/799052855827013632