L95r2kydgt3anhrv9exj

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

日本人は痩せすぎ?美に対する意識は?健康なダイエットを【男性・女性】

2018.07.11

痩せたいと思っている方は多くいるのではないでしょうか?日本人は痩せすぎと言われているにも関わらず、痩せたいと思う方が多くいます。今回は、日本人は痩せすぎなのか、外国人と日本人の美に対する違い、間違ったダイエット、健康的なダイエットなどをご紹介します。

  1. 【日本人は痩せすぎ】痩せたいと思っている人が多い
  2. 【日本人は痩せすぎ】モデル体型が憧れ
  3. 【日本人は痩せすぎ】日本人の美に対する意識は?
  4. 【日本人は痩せすぎ】外国人の美に対する意識は?
  5. 【日本人は痩せすぎ】間違ったダイエット①数字を気にする
  6. 【日本人は痩せすぎ】間違ったダイエット②○○ダイエット
  7. 【日本人は痩せすぎ】体重を気にせず見た目を重視しよう
  8. 【日本人は痩せすぎ】男性・女性共通の健康的なダイエット
  9. 【日本人は痩せすぎ】ダイエットで気を付けること
  10. 【まとめ】健康的なダイエットで痩せすぎと言わせない健康的な体型を目指そう
今の体型に不満を持っていますか?もっと痩せたいと思う方が多いのではないでしょうか?実は、外国人から見た日本人は痩せすぎと言われるほど、男性も女性も痩せているんです。意外だと思う方も多いかもしれませんが、日本人は外国人に比べ肥満度が低く、外国人から見ると不健康に見えるほど痩せています。
女性は特に痩せすぎと言われていますが、女性だけではありません。外国人から見ると男性も痩せすぎていて、頼りなく感じるという方もいます。女性も男性も痩せたいと思っている方が多く、美に対する意識が関係しています。

関連記事

モデル体型に憧れを抱く方も多いかもしれません。細いことが美しいとされていたこともありますが、モデルさんの中で痩せようと頑張りすぎている方も多くいます。そんなモデルさんの健康を損なわないため、フランスでは痩せすぎているモデルさんは起用しないという禁止令が出ています。やはり痩せすぎ、極端に痩せるというのは健康には良くないということがわかります。
日本人女性が憧れるのはすらりと長く細い脚、お腹がきゅっと引き締まっているスタイルを好みます。モデルさんや芸能人の影響が大きいのではないでしょうか?足を細くするために、マッサージや筋トレを行っている方もいるでしょう。あまり筋肉が付いて角ばってしまわないよう、筋肉があまりつかないように気を遣うという方もいます。
男性の場合、細マッチョという言葉もあるほど、細くて少し筋肉が付いている体型に憧れる方も多いです。しかし、日本人から見れば、細マッチョですが、外国人から見ると頼りなく思えるほど痩せています。鏡を見て、ご自身が痩せているか、標準なのか、太っているのか、1度吟味する必要がありそうです。
外国人は痩せすぎると貧相に見えてしまったり、不健康に見えてしまうため、日本人で言うモデル体型とは理想がかなり異なります。ダイエットをするときは筋肉をつけながら、健康的に見えることを意識します。体重はそこまで気にしておらず、あくまでも目安として捉えているようです。
細い脚、長い脚は日本人と同じく意識するようです。しかし、日本人女性の場合はとにかく細くなりたい、すらりとした脚でファッションを楽しみたいという方が多い中、外国人はただ細いだけでなく、引き締まったほどよく筋肉が付いている脚を好みます。この美に対する意識の違いからも、ダイエット方法は全く変わってきます。
男性も女性も、ダイエットというとまずは体重を気にするのではないでしょうか?10キロ痩せたいというような数字での目標設定が多く、どう見えるかということより、体重が何キロかということにこだわりが見られます。脂肪の付き方、痩せ方は人それぞれであり、適した体重や、見え方の前に○キロ痩せたいという目標になり、体重が落ちれば見た目も良くなると間違った認識をしている方もいます。
カロリーを気にする方も多く、栄養のバランスより、カロリーをどれぐらい摂っているかという数字に敏感な方もいます。必要以上のカロリーを抑えることは大切ですが、栄養のバランスを崩しかねない無理なカロリー制限はやめましょう。リバウンドの原因にもなり、健康にも影響が出ます。
リンゴダイエット、キャベツダイエットなど、それだけを食べるようなダイエットは健康的ではなく、体に不調を招く原因になります。痩せるという目的だけなら、マッチしているかもしれませんが、リンゴだけ食べる、キャベツだけ食べるとなると、急激に痩せるということも考えられます。急激に痩せることで体に負担がかかったり、普通の食事に戻った時にリバウンドを引き起こします。
炭水化物抜きのダイエットも知っている方は多いのではないでしょうか?炭水化物にはエネルギーとなる糖質が含まれており、仕事やスポーツ、日常生活を送るうえでとても大切となっています。炭水化物を抜いてしまうと、野菜や魚、肉中心になるので健康そうですが、活力が出なくなったり、判断能力が鈍くなってしまったりと良いことはあまりありません。必要以上に摂ることは控え、健康のためには少しでも炭水化物を摂るようにしましょう。
痩せようとダイエットを始める方は、見た目を重視しましょう。体重は目安にしかすぎないので、見た目重視でダイエットをしてから自分に合ったベストな体重を見つけましょう。目標体重を設定することは確かに重要ですが、体重という数字にとらわれすぎないことが大事です。
自分に合った体重は、満足がいく体型になっていることと同時に、自分が動きやすいという体重になります。体が重い、軽すぎるということなく、動きやすいと思うベストな体重があるはずです。筋肉の付き方でも変わってきますので、ベストな体重や体型を探すのも、体型を維持するにはとても役立ちます。
まずは健康的な食事です。必要なカロリーを取りつつ、栄養のバランスをとった食事を意識しましょう。炭水化物が気になる場合は、お米を白米ではなく玄米に変えたり、お肉を脂身の少ない赤身を中心にしたり、野菜をたくさんとるなど、バランスを大事にしましょう。できれば一汁三菜の食事を心がけましょう。
睡眠はしっかりとれていますか?睡眠は1日7時間程度は取れるようにし、質のいい眠りを心がけましょう。いつもと同じ時間に起きるほうが、体内時計のバランスを崩すことがないので、昼まで寝たり、休みの前日に夜更かしをするのは避けましょう。健康だけではなく、お肌のトラブルにもつながります。
運動をしたくないから、食事制限のみでダイエットするのはやめましょう。運動も大切です。運動をすることで、新陳代謝がよくなり、脂肪を付きにくくしたり、リバウンドを防ぐことができます。女性よりも男性のほうがダイエットというと筋トレを思い浮かべるかもしれませんが、筋トレの他にヨガやジムでの運動、ウォーキングやランニングなど、好きなものに挑戦してみましょう。いきなり沢山運動すると体に負担をかけるので、少しづつ始めましょう。
ダイエット食品は、通常の食事を補助するために利用しましょう。置き換えできるものもありますが、ダイエット食品だけに頼りすぎないようにしましょう。
ダイエットを始めると、見た目や体重を気にしてストレスが溜まりがちです。ストレスを溜めてしまうと、暴飲暴食につながってしまうこともあります。リラックスできる環境や、リフレッシュ方法を見つけておきましょう。

関連記事

いかがでしたでしょうか?日本人と外国人の美に対する意識の違い、日本人は痩せすぎということ、正しいダイエットはご理解いただけましたか?健康的なダイエットをして、無理をせずにストレスを溜めることなくダイエットをしてください。体重ではなく、見た目を大事にして、痩せすぎ、貧相といわれない体型を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bkv-tI5gR_P/?tagged=%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB