H5gvz7sby1k9dml8n7mi

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

スクワットでやせるのか?正しいフォームと30日チャレンジの効果とは?

2018.07.26

スクワットでやせるらしい!?今話題のスクワットダイエット30日チャレンジアプリとは?スクワットでやせる正しいフォーム教えます。気になるぽっこりお腹のダイエットにも正しいフォームで効果てきめん!お家で出来る簡単ダイエット方法やチャレンジアプリを紹介!

  1. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果①スクワットダイエットとは
  2. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果②チャレンジアプリ
  3. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果③正しいフォーム
  4. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果④お腹に効果的
  5. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果⑤ヒップに効果的
  6. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果⑥脚に効果的
  7. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果⑦初心者におすすめ
  8. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果⑧筋肉痛対策
  9. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果⑨ビフォーアフター
  10. スクワットでやせる!ダイエット30日チャレンジアプリ!正しいフォームでお腹に効果⑩まとめ
スクワットのエクササイズを取り入れてダイエットを目指す方法だそうです。このスクワットダイエットが短期間で効率よくダイエットできると話題になっています。
スクワットは、下半身の筋肉全体と腹直筋、外腹斜筋を使います。筋トレの中でも特にカロリーを消費できて、効率よく筋肉量を増やすことができる最適な方法だそうです。
スクワットダイエットの効果・正しいやり方徹底解説

今回は詳しくて分かりやすいこちらの記事を参考に記事を作成させて頂きました

関連記事

引用: https://xn--u9jycua2085aclhgoklyj9jo2v5a85m.club/wp-content/uploads/2017/12/%E3%82%BF%E3%82%99%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%99-1-2.png
30日間フィットネス専用に作られたアプリなので使い方も簡単でSNSへのシェアまで行えるようなので特に人気があるアプリだそうです。
引用: https://xn--u9jycua2085aclhgoklyj9jo2v5a85m.club/wp-content/uploads/2017/12/%E3%82%BF%E3%82%99%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%99-1.png
先程のアプリよりハードにスケジュールが組まれているため少し物足りないと感じられる方にはこちらがおすすめとのことです。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_9.img.jpg/1514274208485.jpg
①足を肩幅より少し広めに開いて立ち、爪先は真っ直ぐではなく少し外側を向けるようにします。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_10.img.jpg/1514274246184.jpg
②股関節もしっかりと曲げてお尻を真下に落とすようなイメージで膝を曲げます。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_11.img.jpg/1514274286649.jpg
③お尻を後ろに突き出すイメージで膝が爪先より前に出ないよう注意しながら椅子に座るようなイメージで、顔を真っ直ぐに上げ胸を張り背筋を伸ばすように行います。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_12.img.jpg/1514274329152.jpg
④出来れば太ももと床が平行になるまで腰を落とします。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_13.img.jpg/1514274363797.jpg
⑤腰を軽く曲げたところまで立ち上がります。
これはパラレルスクワットと呼ばれます。まずは基本のこのフォームをマスターしましょう。

スクワットの種類

引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_14.img.jpg/1514274444038.jpg
腰を曲げる角度によって5種類のスクワットがあるそうです。
①クォータースクワット:浅めに腰を落とすスクワット
②ハーフスクワット:両ひざの内側の角度が90度程度になるまで腰を落とすスクワット
③パラレルスクワット:(先程ご紹介した方法)
④フルスクワット:自分の腰をとにかく限界まで落として行うスクワット
⑤フルボトムスクワット:、最大可動域のあるスクワット
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_16.img.jpg/1515046341977.jpg
両手両腕を肩の位置まで上げてまっすぐ前に伸ばし、顔を上げることを意識します。胸を張ることで、上体をしっかり支えた状態が保てるため、腹筋群、背筋群のトレーニングにつながり、お腹を引き締める効果があるそうです。
先程ご紹介した基本のパラレルスクワットのフォームです。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_1.img.jpg/1514274790059.jpg
スクワットは大腿四頭筋と呼ばれるモモの前の筋肉、ハムストリングスと呼ばれるモモの裏の筋肉、大臀筋など下半身の筋肉全体を使うので引き締まった綺麗な上向きヒップを目指したい方にピッタリのトレーニング方法だそうです。写真のように足幅をより大きく開くスクワット「ワイドスタンススクワット」は、大殿筋と呼ばれるお尻の筋肉や内転筋と呼ばれる内モモの筋肉が特に鍛えられるため引き締め効果が期待できるそうです。
お尻と太ももに効果的なスクワットです。
壁を使うとより簡単にスクワットを行うことが出来ます。
先程のヒップ引き締めの際にご紹介したように、スクワットは脚を開く幅によって使う筋肉が変わってくるそうです。引き締めたい部分の筋肉を使うスクワットをすることで部分的により効果のあるトレーニングすることが出来ます。
内腿を引き締めたい方は先程のヒップ引き締めと同じ「ワイドスタンススクワット」がおすすめです。大殿筋や内転筋が効率的に鍛えられるそうです。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_15.img.jpg/1515044066333.jpg
脚全体を引き締めたい方は足幅を小さく開く「ナロースタンススクワット」がおすすめです。大腿四頭筋を集中的に鍛えることができるそうです。そうすることで全体がより引き締まり見た目も美しい美脚が目指せるそうです。
太ももに効果的なスクワット動画です。
バレエの動きプリエを取り入れた美脚に効果的なスクワットです。
ひざに不安のある方やスクワット初心者の方には高齢者向けの運動療法に用いられている「椅子スクワット」が簡単で負担も少ないためおすすめとのことです。
引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/sp/diet_labo/legs/article_016/_jcr_content/par/imagebox_17.img.jpg/1515046579110.jpg
①適切な高さの椅子を身体の後ろに置きます。
②椅子の前で両脚を肩幅に広げ、顔を上げ、背筋を伸ばします。
③息を吸いながらゆっくり膝を曲げお尻が椅子に触れるまで腰を下ろします。
④お尻が椅子に触れたら、一旦静止します。
⑤息を吐きながらゆっくり立ち上がります。
③~⑤を繰り返します。
久しぶりに運動を始められる方や体力に自信のない方はまずはこちらの簡単なスクワットから始められてみてください。
こちらは初心者でも簡単に行えるスクワットを動画で解説してくれています。簡単なので運動が苦手な方でも毎日続けられるそうです。スクワットチャレンジはすこしハードルが高すぎた方にもこのスクワット方法なら長続きすると思いますので試されてみてください。
筋肉痛は体質や運動経験、持っている筋組織によって起こったり起こらなかったりするそうです。
筋肉痛になってしまった場合、まず十分筋肉を休める必要があります。筋肉痛が治る期間の目安はないそうです。人それぞれなので運動不足の人は筋肉痛になりやすく長引きがちだそうです。激しい筋トレをしたらトレーニング後最低でも2~3日の休息するのがおすすめです。
筋肉痛に効くと言われている方法ですが、縮んだ筋肉を伸ばし血流を良くするために食事とお風呂上がりのストレッチは効果的だそうです。しかし急激に伸ばしてしまうとそれが返って筋肉が縮こまってしまう原因になることもあるようですので徐々に伸ばすように注意しましょう。
有酸素運動も効果的だそうです。血液の循環がよくなり溜まった乳酸を放出する手助けとなるようです。軽いウォーキングやランニングなど無理しない程度の運動がおすすめです。
あとは筋肉痛を緩和するには、豚肉、ウナギ、カレイなどのビタミンB1を多く含む食物や、牛乳、乳製品、ワカサギなどの小魚、小松菜、ヒジキなどカルシウムを多く含む食物を食べると効果的といわれているそうですのでぜひ食卓に取り入れてみてください。
Instagramでスクワットチャレンジを試された方のビフォーアフターを調べてみました。
3週間ほどでかなり下半身が引き締まって見えますね。短期間で効果が出るのがやる気を起こしてくれますね。
1週間ほどですがお腹のあたりがかなり引き締まって見えます。継続することでさらに効果が現れそうですね。
もともと引き締まって見えますが、さらに筋肉が綺麗に引き締まっているように感じます。1週間ほどでこんなに効果が出るなんて驚きです。

関連記事

短期間でこんなに効果が現れるならやってみる価値あり!なダイエット方法ですね。これから露出の多くなる季節なのでぜひ30日間チャレンジされてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRvkz_f33hDqbd9pkptaGtctur7LDRRCaISc3jJuIxu4JdFdjoN