Twtu3kwrgih4mp4fpxbz

一眼レフ

CATEGORY | 一眼レフ

ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!

2018.07.14

【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!】最近注目を集めているのが、フルサイズミラーレス一眼。キャノンやソニーなど様々です。ミラーレス一眼を持つにあたり、画質、値段や機能を比較したい。今回は、フルサイズミラーレス一眼のおすすめ5選をご紹介します!

  1. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】ミラーレス一眼とは?
  2. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】おすすめのメーカーは?
  3. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】メリット
  4. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】デメリット
  5. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】ミラーレス一眼の今後
  6. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】おすすめ①ソニー α7RⅡ
  7. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】おすすめ②ソニー α9
  8. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】おすすめ③ソニー α7 ILCE-7
  9. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】おすすめ④ソニー α7SⅡ
  10. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】おすすめ⑤ライカSL Typ 601
  11. 【ミラーレス一眼フルサイズのおすすめ5選!高画質フルサイズセンサーの一眼を比較!ソニー・キャノン】まとめ
ミラーレス一眼とは、光学式ファインダーではなく、電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通して写真を撮るカメラのことです。光学式を使用していないため、ボディが軽量なのが利点です。スマホ以上の高画質で写真を撮りたいが、重いカメラを持ち歩きたくないという人にぴったりのカメラです。そのため、多くのメーカーが女性向けにミラーレス一眼を販売しています。
フルサイズの一眼レフといえば、プロが使うレベルの高スペックカメラのことです。これまでは、ミラーレスではなく、一眼レフのものが数多くリリースされてきました。フルサイズセンサーを搭載しているので、フルサイズのデジタル一眼レフは非常に重いことが難点です。しかし、フルサイズのミラーレス一眼は、その約半分の軽量化に成功しています。プロ向きのフルサイズ一眼レフから、ミラーレスに徐々に移行してくるかもしれませんね。
ミラーレス一眼の呼称は、従来の一眼レフカメラと比較して、撮影用レンズの入射光を光学式ファインダーに導くための反射ミラーが存在しないことに由来する。ミラーレス式カメラ、ミラーレス機などとも称される。

関連記事

フルサイズのミラーレス一眼は、現在ソニーの一人勝ち状態です。他のメーカーではプロ向きのフルサイズミラーレス一眼はあまり販売されていない状況です。フルサイズのミラーレスを購入したい場合は、ソニーから選ぶことをおすすめします。
一番の魅力は、軽量だということです。小型で軽量なので、外出先で高画質の写真を撮りたい人にはおすすめのカメラです!
デメリットとしては、操作性が少し悪いという点が上げられます。小型ボディなので、液晶画面で操作することが多いミラーレス一眼。一眼レフになれている人は特にボタン操作に慣れているので、最初は操作に手間取ってしまうかもしれません。
プロ向きの一眼レフを販売しているのが、「キャノン」と「ニコン」。 なんと2018年、キャノンとニコンが本格的にミラーレス一眼市場に参入するのではと噂されています。フルサイズのミラーレス一眼を発売するかもしれません。キャノンやニコンがミラーレス一眼を発売すると、本格的にミラーレス一眼が主流になっていくのではと考えられています。
4,240万画素で、4K動画が撮れるフルサイズのミラーレス一眼。その解像度の良さにびっくりすると思います!4,240万画素で撮る高スペックのカメラのため、高速タイプのSDカードが必要のようです。また、撮影時は、バッテリー切れに十分注意してください!ソニー α7RⅡは型落ちタイプで値段が下がっていますので、今ならオトクな値段でご購入いただけます!
新開発のイメージセンサーに搭載された399点像面位相差AFセンサーによる「ファストハイブリッドAF」を実現。進化した動体予測アルゴリズムによって、高いAF精度を実現しながらAFカバー範囲、AF速度、追従性のすべてが大幅に向上。さまざまなシーンや被写体で有効約4240万画素の高解像性能を生かした撮影を可能にする。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM2 ボディ ILCE-7RM2
価格 ¥ 203,800
画素数は約2,420万画素と、「α7RⅡ」に劣ってしまうものの、高解像度の4K動画を記録できたり、高性能のオートフォーカス機能が付いており、十分なスペックを持ったフルサイズミラーレス一眼。ボディの値段が40万越えと高価格ですが、一眼レフに劣らない最高機種と呼び声も高いです。
従来(NP-FW50)の約2.2倍の容量を持つ高容量バッテリー「NP-FZ100」を新開発。1回の充電で約480枚撮影可能なスタミナを備えています。デュアルスロットを新たに採用し、同時記録にも対応。さらに、高い堅牢性と軽量化を両立するマグネシウム合金ボディや、固定用ネジを6本に増やし剛性を高めたマウントなど、プロの過酷な撮影現場にも耐えられる高い信頼性を追求しました。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9
価格 ¥ 435,000
「α7 ILCE-7」は、2015年発売の旧型モデルなので、値段が安く初心者の方におすすめのフルサイズミラーレス一眼です。手ぶれ補正がないのがデメリットですが、機能は十分使えるものばかりです。本体の重量も416gと、フルサイズデジタル一眼レフと比べ、かなり軽量です。
狙った被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能を搭載。従来の顔・物体追尾に加えて、物体サイズの認識も可能に。これにより追尾AF枠がAFポイントにかかりやすくなり、より最適なポイントでのAFが可能。被写体が人物の場合では、顔による検出ができなくなっても、人物サイズでの認識ができるためAF枠が遷移することなく捉え続ける。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7
価格 ¥ 94,700
「ソニー α7SⅡ」は、画素数約1,220万、連写は約5コマ/秒の機能をもつフルサイズミラーレス一眼。画素数を抑えることで、光を捉えやすく、自然な色味で写真を撮ることができます。2016年に発売され、現在は値段が少し下がっている型です。
圧倒的な高感度・低ノイズ設計により、最高ISO感度409600(*)を実現した有効約1220万画素の35mmフルサイズ「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを搭載。 暗所でもノイズの少ない高画質撮影ができるだけでなく、室内のスポーツシーンなどでも高速シャッターでの撮影を可能にし表現領域を格段に広げます。

ソニー デジタル一眼カメラ「α7SII」ボディ ILCE-7SM2
価格 ¥ 235,123
カメラメーカー大手のライカが発売しているフルサイズミラーレス一眼。ボディの値段が90万以上と高価格ですが、ライカならではの美しいデザインのボディは、カメラを撮るときも撮っていないときもカメラマンの目を楽しませてくれます!
ライカSLは、デジタル時代のプロフェッショナルカメラを象徴するカメラといえます。電子ビューファインダーと電子シャッターを搭載したミラーレスシステムカメラのライカSLは幅広い用途に対応し、操作性と堅牢性の面でも傑出しています。

ライカ ライカ SL(Typ 601)【ボディ(レンズ別売)】
価格 ¥ 820,800

関連記事

フルサイズのミラーレス一眼についてまとめてみましたが、いかがですか?フルサイズセンサーのミラーレス一眼は、軽量ながらデジタル一眼レフと同じような高画質の写真を撮ることができます。型落ちモデルなら値段も安いので、初めてのフルサイズミラーレス一眼にはぴったり。本格的にカメラを始めたい人は、ぜひ試してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/5b/de/cf/5bdecf11747ff4f6302fd8b3c47828e2.jpg