Cdr4axs0tv9wxp72uk6t

期間

CATEGORY | 期間

アロマテラピー検定の概要とおすすめテキスト!勉強方法・期間・身につく知識は?

2018.07.05

近年アロマテラピー検定の受験者が増加しています。合格にはコツをつかんだ勉強方法で短期間で知識が身につくテキストなどコツがあります。今回はアロマテラピー検定の概要とおすすめのテキストをご紹介します。この記事の概要とおすすめテキストを参考にしてみてください。

  1. アロマテラピーとは
  2. アロマテラピー検定の概要
  3. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト
  4. アロマテラピー検定概要・おすすめテキスト「一回で受かる!アロマテラピー検定一級、二級テキスト&問題集」
  5. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト①勉強のコツ
  6. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト②身につく知識の概要
  7. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト③二級概要
  8. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト④一級概要
  9. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト⑤他に用意するものは?
  10. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト⑥勉強法
  11. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト⑦勉強にかかる期間は?
  12. アロマテラピー検定概要・短期間で身につく知識と勉強方法のコツ・おすすめのテキスト⑧試験当日の注意点
  13. まとめ・なによりも楽しむこと
Mrmxbqb7lg0dleren03o
みなさんはアロマテラピー検定にどんなイメージを持っていますか?アロマに関係する資格というのは何となく想像できますが、どんな知識が身につくのかまではわからないのではないでしょうか。まずアロマテラピーがどんなものかご紹介します。
植物には香りが存在します。アロマテラピーとは植物から抽出した、香り成分(精油)を使って健康促進したり美容に生かしたり、生活を豊かにする自然療法です。このアロマテラピー、正しい知識を身に着けると生活にいかせるばかりか、仕事にも役に立ち最近特に人気が上昇しています。このアロマテラピーの勉強ができる資格があります。それがアロマテラピー検定です。

関連記事

W8w5eds6bsk3woddcomk
ではアロマテラピー検定の概要をご紹介します。アロマテラピー検定は「公益社団法人日本アロマ環境協会」が主催する受験制限なしの検定資格です。健康や美容の分野にとどまらず、医療分野やカウンセリングなど多方面に生かせるアロマテラピーの知識を正しく理解するために設けられた資格で、コツコツ勉強すれば独学でも短期間で取得可能です。
出題数は一級が70問、二級が55問。決して少ない問題数ではありません。正解率80パーセント以上で合格です。こう聞くと合格は難しいのではないかと思ってしまうかもしれません。
Ywcsisvuyfzhrowybcsm
まずアロマテラピー検定の種類を把握しましょう。アロマテラピー検定は一級の二級があります。合格率はどちらも90パーセント以上。しかしこれは簡単な資格だからというわけではなく、受験者がコツをつかみ熱心に勉強した結果なのです。
M8fqujqfwqezpnauyft8
アロマテラピー検定は勉強の方法にコツがあります。その一つが適切なテキストを選ぶことにあるのです。
1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集
価格 ¥ 1,728
ではアロマテラピー検定におすすめのテキストをご紹介していきます。私がおすすめするのは成美堂出版の「一回で受かる!アロマテラピー検定一級、二級テキスト&問題集」です。
こちらの問題集はとりはずし式別冊用語集付きで、簡単に持ち運びが可能です。家事の合間や仕事の意合間に重要語句を確認したい時など、いつでも手元に置いておくことができ、知識が身につくまで繰り返し勉強できます。このテキストの良いところは、これ一冊で一級と二級の出題範囲全てをカバーしているという点です。
Oiudluabzrah2uvefurs
Nbfs0umpctvvuknod3sf
実はアロマテラピー検定は一級と二級同時受験が可能です。仕事が忙しく勉強期間が十分に確保できない人は短期間で勝負するしかありません。そんな時、一回ずつ勉強するより一度に勉強した方がはるかに効率がいいのです。
一級と二級は出題範囲がかぶっています。ならばこのテキストを使って、一度に勉強する方がかかる期間も短くて済みます。
B9o0v5x6dbqtbn6fwhpp
ここでどんな知識が身につくのか出題範囲の概要についてご紹介します。出題範囲はアロマテラピー検定公式テキストから出されます。つまり協会公式のテキストを勉強すれば特別にテキストを用意しなくても受験は可能というわけです。
Bcysmimx4ob0tzl5exjb
しかしやはり効率よく勉強を進めるには相応のテキストがあった方がよいでしょう。身につく知識は二級が自分で楽しむためのアロマの知識です。実際に香りをかいで精油の名前を答える香りテストから精油の基礎知識、アロマテラピーの歴史など基本的な知識が身につきます。
ここで出題されるアロマの種類は10種類。ラベンダーやレモンなど私たちの生活に身近なものを中心にそろえられています。
Gyfumv8z538g5a1c1a5z
Fyk5sdocxrx8r0cy29dc
一級の出題範囲はここからさらに進化してアロマテラピーを他の人とともに楽しめる知識まで昇華させます。身につく知識はメカニズムや法律まで幅広く、取り扱う精油の種類も30種類と大幅に増えます。
フランキンセンスやスイートマージョラムなど聞きなれない名前のアロマについてもどんな香りなのか理解しておく必要があります。
Rqohos1q4gkpsigs3z3w
B3wijiksmgdmuqvyyzti
アロマテラピー検定は筆記の他に精油の香りを答える実技試験もあります。この香りテストは実際に匂いをかがなければいけません。そこでテキスト以外に用意しておいた方がいいものは、エッセンシャルオイルセットです。アロマテラピー検定の勉強方法のコツは短期間で一気に記憶させることです。知識を頭で覚えるより実際に精油を用意して嗅ぎながら覚えると頭にすんなりは入ってきます。
Ebwvkjdslpnx9bpveq8e
Wyvtklvjxscjijztm68c
では勉強道具がそろったところでさっそく勉強に取り掛かりましょう。暗記物の中でも特に厄介なのがアロマテラピーの歴史です。
アロマテラピーの歴史は人物名が良く出てきます。なので時系列に表に整理しなおし、視覚的に理解できるようになると断然覚えが早くなります。
エッセンシャルオイルの香りは一度にたくさん覚えようとしても、においの記憶が混じってしまい困難です。何日かに分けて毎日決まった匂いを暗記するようにしましょう。自分の中で感想を自分の言葉で考えるのがコツです。勉強という感覚ではなく、休憩時間に癒される気持ちで香りテストをするのもいいかと思います。
O036jdw09uxyayo4rllv
Bgypgd7ywwcrnkmy8isa
勉強にかかる期間として早い人だと二週間でマスターする人もいるそうです。しかし本来勉強期間は個人差があるもの。周りのペースに惑わされず、しっかりおすすめテキストで知識を入れて本番に臨んでください。
Ybvorznidjf0wbjboupr
試験当日、緊張すると思います。しかしここでいくつか注意点があります。まずお腹は満たしておくこと。匂いテストもあるため会場は飲食禁止です。近くに飲食店のない試験会場もあるので、食べ物は自分で事前に用意しておきましょう。
そして男性に方に注意なのがお手洗いです。このアロマテラピー検定の受験者のほとんどは女性です。したがって男性用お手洗いの施設が十分に準備されていない会場もあります。試験が始まってから慌てなくて済むように、あらかじめお手洗いの場所を確認しておきましょう。
Newlmos0qnmaym3vggv6
そして一番気を付けたいのが、時間を確認する腕時計を用意しておくことです。アロマテラピー検定の試験会場は、広い教室を使う場合も多くあります。そんな時に場所によっては時計が確認しづらいこともあるのです。
試験中はもちろん携帯電話禁止です。ですので手元で時間を確認できる腕時計を準備しておく必要があります。なるべく音が静かなものが気が散らなくてよいでしょう。

関連記事

D2dxnjamrzumw0j96l8n
いかがでしたか?今回はアロマテラピー検定の概要とおすすめテキスト!勉強方法・期間・身につく知識についてご紹介しました。アロマテラピーは本来癒しの効果があるものです。試験も力を抜いて楽しむようにすれば必ず合格します。ぜひ挑戦してみてください。