Viegqa6gf0cjsw1czvt9

防水

CATEGORY | 防水

GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!

2018.07.13

今回は「GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!」と題して、GoPro用のおすすめ自撮り棒やその使い方や付け方をご紹介します!防水機能もあり、水中でもシャッターが切れるものや3-wayのものや純正のものも!

  1. GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!
  2. GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!~GoProは自撮りにもおすすめ!~
  3. 1.GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!:ザ・ハンドラー(Ver2.0)
  4. 2.GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!:EL GRANDE(38~97cm 延長ポール)
  5. 3.GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!:3-Way
  6. GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!~シャッターの切り方~
  7. まとめ
Nhwbf0jdgy4u7dxmon1p
引用: https://www.photo-ac.com/
今回は「GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!」と題して、GoPro用のおすすめ自撮り棒やその使い方や付け方、シャッターの切り方などをご紹介します!
アクションシーンやアクティビティーでの使用が目立つGoProですが、実は自撮りにも向いている優れもの。今回は防水機能があり水中でも使えるものや長さを調節できるもの、角度を変えられるものまで幅広くご紹介するので、ぜひ最後までお読みください!
様々なアクションシーンやアクティビティーに向いているカメラとして広く認知されているGoProですが、実は自撮り(セルフィー)にもおすすめできるカメラなんです!GoProが自撮りに向いている理由には超広角レンズを使っているという点が挙げられます。このレンズを使うことで広い範囲を一度に撮影することができます。そのため綺麗な景色を背景に自撮りをする時に背景をダイナミックに写しつつ自撮りすることができるんです!
もちろんGoProでの自撮りにはアクションシーンやアクティビティー中の自撮りも含まれます!GoProで自撮りを行うためのマウント(GoProを固定したり扱いやすくするための付属アイテム)は防水機能があり水中でも使えるものから長さを調節できるもの、角度を変えられるものまで幅広くラインナップが用意されています。次の項目からは早速おすすめの自撮り用マウント(自撮り棒)をご紹介していきます!
【国内正規品】GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ THE HANDLER (ザ ハンドラー) フローティング ハンド グリップ AFHGM-002
価格 ¥ 3,354
まずは純正品から「ザ・ハンドラー」です!短めの自撮り棒でグリップ機能が付いているので安定した撮影が可能。さらに水に浮くので水中での撮影にも向いています!防水機能に関してはそもそもGoPro自体が防水で、「ザ・ハンドラー」も水中での撮影に向いていると紹介されているので問題ないと思います!付け方に関してはクイックリリースを前提にしたマウントになっているので簡単に付け替えできます。
GoPro EL GRANDE(38~97cm 延長ポール) AGXTS-001
価格 ¥ 7,807
続いても純正品のEL GRANDE(38~97cm 延長ポール)です!38cmから97cmまで長さを調整できる自撮り棒です。お値段は張りますが、純正品なので品質は間違いないと思います。
【国内正規品】GoPro 純正アクセサリ 3-Way AFAEM-001
価格 ¥ 8,046
最後におすすめするのは「3-Way」です!「3-Way」はカメラグリップ、エクステンションアーム、ミニ三脚という3つの機能(3-Way)を兼ね備えたマウントになっており、カメラグリップ機能を使えば短い自撮り棒、エクステンションアームを使えば折り曲げられる長い自撮り棒になるので、とても便利なマウントになっています。付け方はネジでの接続になっており、カメラグリップからエクステンションアームへの変更も簡単に行えます!
【Ventlax】 GoPro hero5 hero6 対応 3Way 自撮り棒 軽量 ラバーグリップ アングル調整可能
価格 ¥ 2,980
AIER Gopro用自撮り棒 3Way gopro hero6 アクセサリー 三脚 一脚 アングル調節可能 折り畳み式セルカ棒 防水デザイン GoPro Xiaoyi SJCAMなどのカメラ対応
価格 ¥ 1,699
「3-Way」に関しては上のように純正品以外にも安い価格の商品があるので、お値段はかけたくないという方はそちらを検討されることもおすすめします。
最後にシャッターの切り方ですが、GoProは動画を撮影するのが主なカメラなので自撮り棒自体にシャッターは付いていません。しかし、専用のGoProアプリを使ってスマホから遠隔操作することでシャッターを切ることが可能になっているので、自撮り棒を使って動画ではなく写真を撮りたい場合はぜひアプリをダウンロードしてみてください!

関連記事

今回は「GoProの自撮り棒おすすめランキング!【2018】使い方や付け方をご紹介!」と題して、GoPro用のおすすめ自撮り棒やその使い方や付け方、シャッターの切り方などをご紹介しました。本記事が皆さんのお役に立てば嬉しいです。最後までお読みくださり、ありがとうございました!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/