Yu6gimhuucforivvbywe

ハーブ

CATEGORY | ハーブ

ハーブの栽培方法!初心者でも簡単育てやすいおすすめハーブって?

2018.07.08

家庭栽培で人気のハーブ。ハーブは、室内で簡単な方法で栽培でき、育てやすいので初心者にもおすすめです。そんなハーブ栽培の方法や室内で育てやすいおすすめのハーブなど初心者でも簡単にできるハーブ栽培について詳しくご紹介しますね。

  1. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法
  2. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:ミント
  3. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:レモンバーム
  4. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:コリアンダー
  5. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:バジル
  6. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:ローズマリー
  7. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:カモミール
  8. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:パセリ
  9. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:フェンネル
  10. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法:レモングラス
  11. 初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法まとめ
料理のアクセントとして、温かいお湯に入れてハーブティーにしたりと料理や飲み物に欠かせなくなってきたハーブ。お店で購入しても良いのですが、簡単なら自分で栽培してみませんか?今回は、簡単に室内で初心者でもできるハーブ栽培についてまとめてみました。

関連記事

ミントのハーブと言えば、スペアミントやペパーミントが良く知られているハーブではないでしょか?このミント系のハーブは、湿気がある所でもよく育ちますので、室内で栽培できる育てやすいおすすめのハーブです。栽培方法は、初心者の場合は、苗を購入して栽培するほうが良いでしょう。
注意点は、苗の株元に芽がたくさん出ているものを選び、真夏の7月8月、寒い冬の11月~3月までは、苗を植えても育てにくいことを覚えておきましょう。大きく成長するので、大きい鉢で育てることを忘れないでくださいね。
ミントは、ストレス緩和や神経細胞を鎮静する効果があるので、イライラした時やリラックスしたい時は積極的に取るといいですね。
料理によく使われることで知られているレモンバームは、名前の通りレモンのような香りがするハーブです。レモンバームは、すぐに育つので、成長が早く見られるので、初心者におすすめの室内で栽培できるハーブです。栽培方法は、苗からでも種からでも簡単に栽培することができます。
種から栽培する場合は、3~5月、9~10月の間にするようにしましょう。注意点は、常に水気がある土を好むので、土の水が乾かないように常にたっぷりの水を与えてください。市販のハーブ用の土を使っても良いでしょう。レモンバームは、強壮作用があるので、料理だけではなく入浴剤として使うのもおすすめです。
ハーブの栽培は、基本的に土を使いますが、パクチーの愛称で知られるコリアンダーは、土を使わず水耕栽培ができます。初心者でも簡単に育てられる水耕栽培キットがあるので、この水耕栽培キットの利用をおすすめします。
コリアンダーは、日当たりが良い場所でも半日陰の場所でも関係なく育てられるので、室内の好きな場所で栽培できます。栽培方法は、コリアンダーは20度が栽培する良い温度なので、春か秋がおすすめです。注意点は、栽培中は、室内の栽培場所を動かさないようにすることです。
コリアンダーは、アンチエイジング効果やデトックス効果が高いので、女性は積極的に摂取すると良いおすすめのハーブです。料理の香りやアクセントに良いので、室内で栽培してできるだけ料理に取り入れていきましょう。
バジルは、室内で簡単に育てられる初心者におすすめのハーブです。バジルは、料理の活用度も高いので、自宅で栽培している人が多いですね。栽培方法は、苗から栽培すると簡単です。ハーブが大きくなったら、大きな鉢に植え直してあげるようにしましょう。
注意点は、バジルは、葉っぱがどんどん伸びてくるのが特徴なので、葉っぱが伸びてきたら、積んであげるようにして、室内の日当たりの良い場所に置くようにしましょう。
ローズマリーは、室内で育てやすい人気のハーブです。栽培方法は、室内で栽培するのは、縦に伸びる性質がある直立性のローズマリーを選びましょう。風通しの良い場所に置いて栽培するようにします。注意点は、ローズマリーは、乾燥した土を好むので、水のやりすぎには、くれぐれも注意しましょう。
ローズマリーは、血管を強くしたり、血液の流れをスムーズにする効果があります。また、記憶力や集中力がアップする効果がもありますので、健康のためにも料理に使っていきたいハーブです。ローズマリーの香りは、消臭効果やリラックス効果もあるので、室内の栽培にピッタリの人気のハーブです。
カモミールは、料理よりは飲み物で使われることが多いですよね。特に、ドイツでは、眠れない時や快眠をしたい時などに欠かせない飲みものです。栽培方法は、水はけの良い鉢やプランターに苗を植えて風通しが良い場所におきます。
注意点は、カモミールは、蒸れた土だとよく育たないので、土が乾いた状態の時に水を差すようにしましょう。カモミールを栽培する時は、肥料があると育てやすいので、園芸店に行って尋ねてみてくださいね。
カモミールはお茶で飲むと、安眠効果はもちろん、消化機能を整えてくれますし、気管支などの炎症を鎮静する効果もあります。そして、髪の毛にリンスとして使うと髪につやがでてきますので、ぜひ試してみてくださいね。
パセリは、育てやすいハーブのひとつです。パセリは、苦手な人も多いようですが、栄養が高いハーブなので、自宅て栽培してぜひ、料理などに使って食べてもらいたいですね。栽培方法は、室内の風通しの良いところに置いて栽培します。注意点は、水のやりすぎに気を付けましょう。
水をあげるポイントは、パセリの土の水が乾いてから上げるようにしましょう。水をあげすぎると良く育つことができませんので、覚えておきましょう。パセリの栽培に成功したら、小さく刻んで天ぷらの衣に混ぜたり、スープに入れたりして香りを楽しみながら料理に加えてみてくださいね。
フェンネルは、大きく育つハーブなので室内では育てにくいイメージがありますが、意外に育てやすいハーブです。 栽培方法は、苗から育てますが、深さが30㎝以上の鉢に植えるようにします。風通しの良い湿気の少ない場所に置きます。
注意点は、苗を鉢に植え直す時にフェンネルの根についた土が落ちずに根鉢が崩れないように気を付けて行うことが大事です。フェンネルは、消化の働きを助けたり、利尿作用を高めてむくみ防止効果が高いのでダイエットしている人は積極的に摂取すると良いと言われています。
そして、母乳が出にくい人や目の疲れが取れない人は、フェンネルを、お茶として飲むと良いと言われています。お茶にして飲む場合は、フェンネルだけだと香りや味が強いので、カモミールとブレンドした飲み方がおすすめです。
レモングラスと言えば、トムヤンクンの料理ですよね。レモングラスの栽培方法は、ハーブ専用の肥料を使って鉢に植えます。日当たりが良く風通しの良い場所に置きます。注意点は、寒さに弱いので、栽培する時期は夏がおすすめです。
レモングラスは、抗菌、殺菌効果が高いので、水虫の薬や虫除けスプレーなどにも使われています。レモングラスの香りはレモンのようなフレッシュな香りが、頭を切り替えたい時やリフレッシュしたい時にも良いですね。料理やお茶などに活用できるので、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

初心者でもできる簡単ハーブ栽培方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ハーブは、意外と簡単に栽培することができるので、料理やお茶など自分が使うハーブや好きな香りのするハーブを探して栽培してみてくださいね。上手くできたら色々なハーブを育てて楽しみましょう。