Ofak77sa7sxqap3wtkoc

ブランド

CATEGORY | ブランド

シャンパンとスパークリングワインの味の違いは?おすすめ人気銘柄はどれ?

2018.07.06

シャンパンとスパークリングワインの今さら聞けない味・製法の違いについて、今回は厳選してまとめました。シャンパンとスパークリングワインの違いはいったい何なのか?味、種類、美味しさ、冷やし方、注ぎ方の違いまで、様々にご紹介します。また、おすすめの人気銘柄についても合わせてご紹介します。

  1. シャンパンとスパークリングワインの味や種類の違いとは?
  2. シャンパンとスパークリングワインは製法によって味に違いが出る?
  3. シャンパンとスパークリングワインは冷やし方や注ぎ方で味わいに違いがある?
  4. シャンパンとスパークリングワインの味わいの違いを堪能できるおすすめの人気銘柄
  5. まとめ
引用: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/205661/23ab3d858fcf082facaa5126a8eab0.jpg
シャンパンとスパークリングワインは、その美味しさと口当たりの良さで、発泡性のワインとして世界中で愛飲されています。そして、この2酒の味には、明確な違いはありません。シャンパンとスパークリングワインの誕生秘話は、発酵中のワイン瓶に栓をして放っておいたら、ワイン瓶の中で再び発酵が始まり誕生したのがこのお酒でした。偶然のちょっとした出来事で、とてもおいしい発泡性のワインが生まれた、奇跡のような誕生秘話として語り継がれています。
引用: http://www.newsdigest.fr/newsfr/images/tokushu/1050/06-02.jpg
シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で生産された、厳格なAOC法限定条件を合格した上質のスパークリングワインに付けられた名称です。他の地域で生産されたスパークリングワインは、原材料や製法が同じでもシャンパンとは呼ばれません。つまり、シャンパンとスパークリングワインは、全く同じ製法や銘柄の発泡性ワインと言うことになります。ただ、シャンパンは高級酒で価格は高いですが、スパークリングワインは比較的安価で市場に出回っています。

関連記事

引用: https://prtimes.jp/i/5340/308/resize/d5340-308-910009-1.jpg
シャンパンとスパークリングワインは、発泡性ワインと言う同じ分類の銘柄ということは分かりました。ただ、同じ発泡性ワインでも、国や地域によって味わいの美味しさに違いが出て来ます。発泡性ワインは原材料の葡萄の品種や産地、製法や貯蔵期間などで、厳しい規制を守ったものが市場に出回ります。発泡性ワイン蔵により、オリジナルの美味しさを造り出し高級な上質のものから、一般大衆向けのものまで味わいの美味しさには少しずつ違いが出てきます。甘口や辛口、シャンパンゴールドからロゼまで種類や銘柄も多くあるので、味わいの違いを楽しむことができます。
シャンパンには、白とロゼの2種類があります。ロゼはフランス語で「バラ色」という意味で、白シャンパンに少量の赤ワインを混ぜてうすいピンク色に着色しています。フランスのワイン法では、白ワインと赤ワインを混ぜるのは原則禁止されていますが、シャンパーニュ地方だけ特別に許可されているのです。はなやかな色あいが人気のロゼ・シャンパンは、女性へのプレゼントにピッタリですね。シャンパンは、発酵後に混ぜるリキュールの量によって辛口から甘口まで6段階の味つけがされています。そのシャンパンがどんな味かはラベルに表示されていますので、いくつか試してみて自分の好みを確認しておくといいでしょう。 ・エクストラ・ブリュット(extra brut)極々辛口 ・ブリュット(brut) 極辛口 ・エクストラ・セック(extra sec)辛口 ・セック(sec) 中辛口 ・ドゥミ・セック(demi sec)中甘口 ・ドゥ(doux)甘口

引用: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/76748/f42b57c249e77b6a865ec9815e7957.jpg
また、発泡性の気圧によっても、味わいや美味しさに大きく違いが生じます。発泡性ワインは、3気圧以上のガスの圧力を持つものをそう呼びます。シュワッとした泡の量でさらに2つに細かく分類され、弱発泡性ワインと強発泡性ワインに分かれています。ほとんどの発泡性ワインは、強発泡性のワインです。強発泡性ワインはを製造する代表的な産地は、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの欧州と、アメリカ、オーストラリアなどでも上質の強発泡性ワインが産出されます。弱発泡性ワインの産地は、フランス、ドイツ、イタリアなどです。弱発泡性ワインは強発泡性ワインの約25%~50%程度しか、二酸化炭素の合有量を持ちません。どちらの発泡性ワインが良いかは、お好みでどうぞ。
引用: http://pds2.exblog.jp/pds/1/201211/23/54/e0249254_22233564.jpg
引用: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/158203/23a888b19ecb60707f144ef58d6501.jpg
シャンパンやスパークリングワインの冷やし方としては、炭酸がワインに溶け込む温度まで下げると、美味しさが増し味わいを堪能できます。シャンパンやスパークリングワインの美味しい適温の冷やし方は、7度とされています。シャンパンクーラーに氷を入れて、ボトルごと入れる定番の冷やし方でいただきましょう。また、注ぎ方は、一気にグラスに注ぐと、泡が立ちこぼれます。基本の注ぎ方として、そっとゆっくりグラスに注ぐ注ぎ方にしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/79/79d8970210317af85d881651de8d6a21_t.jpeg
シャンパンやスパークリングワインは、グラスによっても味わいが美味しく変ります。1番おすすめのグラスは、細長いフルートグラスです。このグラスは、発泡性ワインの繊細な泡を堪能するための専用グラスです。また、グラスの口が狭いので、ガスが抜けにくい設計になっています。グラスの底から立ち上る繊細な美しさの泡を、眺めながらいただく優雅な趣きのグラスになります。発泡性のワインは、フルートグラスでいただきましょう。
引用: http://img01.naturum.ne.jp/usr/k/u/r/kuranosuke/1705_Champagnegsi_.jpg

ドン ペリニヨン ロゼ/シャンパン

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bQlV1-EXL._SL1500_.jpg
シャンパンの王道と言えば、ドンぺリのピンクです。通常、かなり高額ですが、アマゾンなら35,000円で購入可能です。お祝いや特別の記念日におすすめします。
ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2004 ギフトボックス入り 750ml [フランス/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本][国内正規品]
価格 ¥ 35,000

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル/シャンパン

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617CKXoRaJL._SL1500_.jpg
シャンパーニュならではの美味しさ   種類: モエ アンペリアル 750ml(ギフトボックス入り) 「いつの日か、好きなだけモエ・エ・シャンドンを飲めるようになりたい」 そんな気持ちで今日まで全力疾走してきました。 残念ながら、今でも好きなだけ飲むような身分にはなれませんが、誕生日や祝い事の日に、1本をじっくり飲みます。 豊かに湧きあがるたくさんの泡。眺めていると、今日まで頑張ってきてよかったとつくづく思います。 家族がいるのでまだまだ贅沢はできませんが、たまにこの1本を飲むことを願いながら毎日を元気に生きていきます。

シャンパンと言えば、ドンペリと並び有名なのはモエです。お値段は、お手頃価格で気負うことなく堪能できます。特別な日にも、デイリーにもおすすめの王道なシャンパンです。
モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ギフトボックス入り 750ml [フランス/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本][国内正規品]
価格 ¥ 4,837

サンテロ 天使のアスティ/スパークリングワイン

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XEnKt7NrL._SL1500_.jpg
イタリア産の甘口スパークリングワインです。お値段もお手頃で、気軽に楽しめます。生ハムやチーズとの相性が良いスパークリングワインです。
サンテロ 天使のアスティ 750ml [イタリア/スパークリングワイン/甘口/ミディアムボディ/1本]
価格 ¥ 1,560
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPO_akaibaratogurasu.jpg
シャンパンとスパークリングワインの味や製法の違いについて、今回は厳選してご紹介してまいりました。記念日やデイリーで、お気に入りの銘柄を選んで発泡性ワインを楽しんでみましょう。ここまでお付き合い下さり、ありがとうございました。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/205661/23ab3d858fcf082facaa5126a8eab0.jpg