Xswzblztdpxqgrgao13i

結婚

CATEGORY | 結婚

二次会のコーデ【お呼ばれ】パーティや結婚式に!かわいいシーズン別コーデ!

2018.07.05

パーティや結婚式などの二次会ドレスコーデ。着る機会も多くはないからこそ、シーズン毎にどんな服を着ていけば良いか迷いませんか?お気に入りのかわいい二次会コーデを見つけられるように、シーズン別でおすすめコーデをご紹介します。お呼ばれでもおしゃれに決めちゃいましょう!

  1. 二次会コーデのシーズン別ポイント
  2. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.1|【春】のドレスコーデ
  3. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.2|【春】のパンツスタイルコーデ
  4. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.3|【夏】のドレスコーデ
  5. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.4|【夏】のパンツスタイルコーデ
  6. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.5|【秋】のドレスコーデ
  7. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.6|【秋】のパンツスタイルコーデ
  8. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.7|【冬】のドレスコーデ
  9. パーティーや結婚式に!かわいいお呼ばれ二次会コーデPart.8|【冬】のパンツスタイルコーデ
  10. まとめ
Gjj96yk3fhy330cisrhb
まずは各シーズン別のコーデのポイントをご紹介します。季節に合わないコーデはどんなに素敵に飾っても少し残念な印象になります。それぞれの季節にあった色や素材を選ぶことで、おしゃれ度がぐっと増しますよ!

春は暖かみのある鮮やかカラーで!

Q0fudmkkcf9f7upeuztc
ポカポカ陽気で花や緑の色が鮮やかな春の季節は、春らしい温かみのある鮮やかなカラーのドレスがおすすめです。パーティ会場を華やかに彩ることもできます。冬の時期が終わり様々なスタートの時期の春だからこそ、明るく鮮やかな綺麗な色が好まれます。逆に、全身真っ黒などの暗い色でコーデをすると暑苦しく残念な印象になるので、ダークカラーのドレスしかないという人は、シューズやバッグなどの小物で明るい色を取り入れて抜け感をプラスするようにしましょう。

夏は雨対策&汗対策も!

D71u52rh8cdqdpd9dte2
6月のジューンブライドなど結婚式が多いのが、夏の時期です。夏は外を歩いている時に汗をかいたり、雨が降る可能性も高いので、濡れることを想定しておくことが大切です。汗染みの目立ちにくい色や、見た目も涼しげな爽やかな色、フリルなどの透け感のある装飾も夏にぴったりです。逆に、ブラウンや濃い緑などは少し暑苦しい印象です。なるべく明るい色で涼しさや爽やかさを取り入れることが、夏のコーデのポイントです。

秋は深みのあるこっくりカラーがおしゃれ!

Oapcu3iuqw6rkv9rsh2b
暑さが和らぎ程よく涼しいため結婚式が集中しやすいのが、秋です。そんな秋のシーズンは、まるで紅葉のようなこっくりした濃い色味がぴったりです。珍しいブラウンやカーキなどもスタイリッシュにおしゃれに決まります。ブルーなどの寒色系はやや寒い印象なので、暖色系がおすすめです。また、パステルカラーは涼しさがあり、前シーズンの夏っぽい印象なので、季節ハズレ感が増してしまいます。もし淡い色のドレスしかない場合には、シューズやバッグ、ストールなどで暗い色を合わせるようにして、コーデ全体に軽さが出ないようにすると良いでしょう。

冬だからこその厚手素材もGOOD!

Jnm2b1oaq0bygthyhlzr
寒さ対策も必要になる冬のシーズンは、ウールやツイード、ベロアなどの厚手素材のドレスが季節感があり素敵です。パーティ会場内は暖房で暖かくなっていることも多いので、薄い素材でも寒さ的には問題ありませんが、季節感がゼロなのであまりおしゃれではありません。色も淡い色よりは濃い色を選ぶと、寒い冬の時期にマッチし、リッチな印象になります。全身真っ黒だとせっかくの華やかな二次会の場では勿体無いので、キラキラした大ぶりアクセサリーや鮮やかカラーの小物で、アクセントを効かせると素敵です。

関連記事

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/223/32293223/32293223B_32_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/548/29265548/29265548B_31_D_500.jpg
春のドレスコーデは、まるでお花のようにキュートな鮮やかカラーがおすすめ。中でもオレンジや黄色は、親しみを与えて話しやすい印象を与えるので、初対面のシチュエーションにもぴったりです。ドレスが鮮やかな分、小物はベーシックカラーでシックに揃えると、大人っぽく決まります。ウエストマークしたシルエットは、スタイルアップにもつながります。大切な友人のハレの日に華を添える素敵なドレスコーデです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/192/27090192/27090192B_99_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/103/20794103/20794103B_174_D_500.jpg
春の大人っぽい印象のパンスドレスのコーデは、ベージュなど温かみのあるベーシックカラーがおすすめ。スタイリッシュさの中にフェミニンな印象が加わるので、かっこよくなりすぎず大人可愛いコーデに決まります。シューズやバッグで黒などの締め色を選ぶことで、全体がボヤッとせずに綺麗に決まります。結婚式の場合、白っぽい色はマナー違反になるので、やや濃いめのベージュを選ぶようにしましょう。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/642/22203642/22203642B_26_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/565/32553565/32553565B_100_D_500.jpg
ジメジメとした梅雨の時期や、暑い真夏の時期には、涼しげで上品な印象のくすみカラーがおすすめです。中でもダスティピンクやラベンダーはトレンド感もあり、エレガントな印象に決まります。汗も目立ちにくく、見た目にも涼しいので、パーティ会場を美しく彩ること間違いなし!透け感のあるフリルも爽やかで素敵です。揺れ感のあるシフォン素材のドレスも夏の時期にぴったりです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/048/27653048/27653048B_5_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/006/30050006/30050006_100_D_500.jpg
夏のパンツスタイルコーデも、涼し印象のくすみカラーがおすすめです。ソフトブルーやグレーなど寒色系を選ぶことで、知的で爽やかな印象になります。可愛い雰囲気が好きだけれども、ピンクには抵抗があるという人は、グレーや寒色系のくすみカラーのパンツドレスを選び、シューズなどの小物でピンクを取り入れても素敵ですよ。暖色系のピンクと、寒色系の対象色の組み合わせは、個性的でおしゃれな印象を与え、トレンド感も満載です。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/519/17463519/17463519B_9_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/369/15283369/15283369B_17_D_500.jpg
暑さ和らぐ秋の時期におすすめのこっくりカラーのドレスです。特に、グリーンやブラウンはパーティードレスの中でも比較的珍しいカラーなので、決して派手じゃないのにおしゃれな印象になり、注目を集めること間違いなしです。温かみのあるカラーなので、地味にならずにクラシックエレガントの大人っぽい雰囲気に決まります。リボンやレースなどの装飾的なデザインでもロマンティックすぎないのが嬉しいですね。程よく華のあるカラーなので、年齢を重ねても着ることができ、長く愛用できますよ!
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/736/25339736/25339736B_480_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/037/20813037/20813037B_22_D_500.jpg
ボルドーやカーキなども秋らしくておすすめです。大人っぽくクールな印象のパンツスタイルをよりスタイリッシュにかっこよく決めてくれます。ボルドーや濃いオレンジの場合は、白などの明るい色の小物を合わせることで、抜け感を演出することができます。程よくこなれ感のあるカーキは、鮮やかカラーの小物をプラスすることで、全体の印象を引き締めることができ、綺麗に決まります。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/430/24536430/24536430B_8_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/108/17429108/17429108B_39_D_500.jpg
寒い冬の時期には、ウールやツイードなど厚い素材のドレスがベストです。色もブラックやダークネイビーなどやや濃いめの色が冬らしく綺麗に決まります。とはいえ、パーティーの場なので、全身モノトーンではやや寂しい印象。大ぶりアクセサリーや鮮やかカラーの小物などで華やかさをプラスするとよりおしゃれに決まります。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/493/28055493/28055493B_8_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/638/24129638/24129638B_142_D_500.jpg
アウターを着ても寒い冬の時期は、袖付きのパンツドレスが季節感にマッチします。ブラックやネイビーなど全身ダークカラーで揃えるときには、白など明るい色の小物を合わせるとバランスよく決まります。暗い色が苦手な人は、トップスが白やベージュになっているセパレートタイプを選ぶと、季節感にもマッチします。
Qxbaxawcjzwq6hparzrm
いかがでしたか?各シーズンごとのコーデのポイントや、ドレススタイル・パンツスタイルそれぞれのおすすめコーデをご紹介しました。決して多くはない二次会の機会ですが、誰もがおしゃれして集まる場なので、写真を撮ることも多く、意外とコーデはチェックされています。季節感を取り入れることが、ワンランク上のおしゃれコーデのポイントです。自分好みのドレスを見つけて、いつもよりスタイルアップしたドレッシーな自分を楽しんでくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img5.zozo.jp/goodsimages/642/22203642/22203642B_26_D_500.jpg