Qnjpv9otbjuktklwft9v

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

声量を上げるためには?鍛え方・トレーニング方法まとめ!歌手並を目指して!

2018.07.01

声量を上げるためには何をどんな鍛え方をすればいいか知っていますか?声量を上げることで歌がうまく歌えるようになったり自信も持った印象を与えることができるので、是非声量の鍛え方を学んで声量アップを目指してトレーニングしてみて下さい。

  1. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ
  2. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ!自信を持とう
  3. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ!声量UP法①
  4. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ!声量UP法②
  5. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ!声量UP法③
  6. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ①
  7. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ②
  8. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ③
  9. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ④
  10. 歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレ「まとめ」
引用: https://gsm.images.gooschool.jp/uploads/article/image/21/Vocal_20.jpg
歌手の人が歌っているの見ると声量が凄くてかっこいいと思ったことはありませんか。歌手の中でも声量が凄い人はマイクを使わずに地声でライブ会場に響き渡る声を披露したりと歌手の方の声量はすさまじいものがあります。私たちも歌をうまく歌ったりするために歌手並みに声量を鍛えることはできるのでしょうか?
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/shutterstock_330952553.jpg
今回は声量を上げるための方法や声量UPにつながる筋トレの仕方を紹介していきます。声を出す原理を知り、声量をあげる方法を実行すれば、声量がない人でも歌手並みに声量をアップさせることができるはずです。筋トレなどを今までしたことがない人にも分かりやすいように丁寧に説明していきますので、最後まで読んで参考にしてみて下さい。
引用: https://cf-media-storage.com/uploads/picture/2016/11/middle_shutterstock_51354679.jpg

関連記事

引用: https://papimami.jp/wp-content/uploads/2015/03/150402satoshunji-600x424.jpg
声量がなくぼそぼそ話しているとはた目から見ると自信がないように写ってしまいます。なので、せっかくいいアイディアを持っていてもそれを伝えることや、実際に実行することができなくなってしまいます。それはもったいなくありませんか?いい意見があるなら絶対伝えたほうがいいです。しかし、いい意見でも弱弱しく聞こえるといい意見には聞こえない物です。
引用: http://statwork.jp/wp-content/uploads/sites/10/2018/04/%E8%87%AA%E4%BF%A1%E3%82%92%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A6.jpg
声量を付けることで弱弱しく見えないようになれば、あなたの意見にもきっと耳を傾けてくれるようになります。そうすれば自信をもって話せるようになるはずです。声というのはそれだけ重要なものです。声量の如何であなたへの印象も変わってしまいます。是非この機会に声量をアップして自信をもって話せているように見えるようになりましょう。
引用: http://himetore.com/blog/wp-content/uploads/2015/03/deep-breathing-1024x618.jpg
最初に紹介する声量をUPする方法は「呼吸の仕方」です。声というのは息を吸い込んでいないと出すことができない物です。なので声量が呼吸と無関係なはずがないのです。では実際にどんな呼吸の仕方が声量をアップするのに必要なのでしょうか?
引用: http://www.balloonworld.jp/column/img/inflator.jpg
それは風船を膨らますときの様な一点に集中して息を吹き込むような呼吸が必要です。声量が出ない人は体内の空気の量が足りないことによって大きな声が出せないのです。大きな声を出そうとすると大きく息を吸い込みますよね。つまり大きな声を出すには体内に多くの空気を取り込む必要があるのです。
引用: http://illustrain.com/img/work/2016/illustrain09-jintai3.png
空気を多く吸い込むにはどうすればいいかというと、体内にある息を吐ききるということが重要です。なぜなら、肺には容量がありますよね、まだ空気が入っている状態では新しい空気を大量に入れることはできません。その結果空気の量が足りずに声量が出ずに、浅い呼吸になってしまうのです。
引用: http://www.sot.jp/wp-content/uploads/2015/03/img05.jpg
なので声量をあげたい方は風船を膨らますような呼吸法を学ぶ必要があります。風船を膨らますときは息を吐ききらないとなかなか膨らみません、浅く息をしていたらいつまでたっても膨らますことができないので練習にぴったりです。最初は酸欠気味になる危険性もあるので無理せずにゆっくり慣らしていってください。
引用: https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/category/2110/symptom_109_0.jpg
次に紹介する声量をUPする方法は「喉の使い方」です。声量をアップさせるには喉をリラックスさせて、力みのない状態で声を出せるようにする必要があります。喉に力が入っていると、声がすぐに枯れてしまったり、余計なところに力を使っているのでスタミナが持たずに疲れやすくなってしまいます。
引用: https://saptame.jp/wp-content/uploads/2017/05/AdobeStock_78094684.jpeg
喉に力みがあると呼吸法が良くても喉への負担が多くなってしまい、のどを痛めやすくしてしまいます。そのためきれいな声を保つことができなくなります。喉の力みを取る方法としては喉仏を下げるようにして歌うことで力みが取れるといわれているので意識してみましょう。
引用: https://humin-nyau.com/wp-content/uploads/2016/06/kinchou_man.png
力みは上の方に向かうほど強くなってしまう傾向があります。わかりやすい例としては緊張して地に足が付かずふわふわしている時は、肩が上がったりして自然と力みが出てしまいますよね。なので、変な力みが出ないように下の方へ買う意識をする事で力みは減りますよ。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170709/14/hk881052/57/40/j/o0580034813978549231.jpg?caw=800
次に紹介する声量をUPする方法は「腹筋の使い方」です。腹筋は声を出すときに必要な筋肉です。そのため腹筋が弱いと呼吸のコントロールや横隔膜のコントロールをすることができなくなり声量を出すことができなくなります。また、歌を歌う時や声を出すときに必要といわれる腹式呼吸も腹筋がある程度ないとできないので、声を出すという行為には腹筋が必要不可欠なのです。
引用: http://px1img.getnews.jp/thumb/ext/1472112
腹筋を鍛えるといってもがちがちで柔軟性のない筋肉だと逆に声が出しにくくなってしまうことがあるので、腹筋を鍛えると同時に柔軟性を付けるためにストレッチも忘れてはいけません。声量アップのために腹筋を鍛えましょう。
引用: http://gopro4831.com/wp-content/uploads/2017/07/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2017-07-10-20.15.12.png
では、声量アップに必要不可欠な腹筋や肺活量をトレーニングできる方法を紹介していきます。
最初に紹介する腹筋を鍛えるトレーニング方法は「格闘家が教える10回で腹筋を割る方法」です。このトレーニングは腹筋を鍛えると同時にインナーマッスルも鍛えることができるので、声量アップに効果が期待できるトレーニングと言えます。やり方は非常に簡単で、まず仰向けに寝転がり足と腕を地面と直角に上げます。そして腕に何かも持ってるいるようなイメージをしてそれを落とさないように上半身を持ち上げます。その際に足と腕が平行に動くように上半身を持ち上げます。
次に紹介する腹筋を鍛えるトレーニングは「下腹を引き締める女性向け腹筋」です。声を出すには下腹に力を入れる必要があります。つまり下腹を鍛える必要があるのです。そのためこのトレーニングは声量アップに効果的といえます。やり方は仰向けに寝転び足をくの字あげて足首を交差します。そして下腹から順番に力を入れてお尻を持ち上げていくトレーニングです。下腹に意識を集中してトレーニングしてください。
次に肺活量を期待えるトレーニングを紹介していきます。肺活量を鍛えることで酸素を多く取り込むことができるため声量アップに効果が期待できます。やり方は足を肩幅に開いて、大きく息を吸い込み、3秒間息を止めます。次に息をすべて吐き切り3秒間息を止めます。これを繰り返すことで肺活量のアップが期待できます。
次に紹介するのは横隔膜を鍛えるトレーニングです。横隔膜を鍛えることで声量アップや声量のコントロールも楽にできるのようにないりますので是非鍛えてみて下さい。

関連記事

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MKJ_kyouheisakebu_TP_V.jpg
いかがでしたか、歌手並みに声量を上げる鍛え方・トレーニング!腹筋・肺活量の筋トレついて分かりましたか?声量を上げることで歌がうまくなるのはもちろん、相手に自信を持った人という印象を与えることもできるので是非この機会に声量アップを目指してトレーニングしてみて下さい。最後まで読んでいただきありがとうございました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://utagaumakunaru-houhou.com/img/song13.jpg