Zbzlgnzhadvivu8rhwre

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | DIY・ハンドメイド

花の刺繍を初心者でも簡単に縫う方法!おすすめの花柄図案とその縫い方も!

2018.06.28

花柄の刺繍って可愛くて素敵ですよね。シャツやスカート、ハンカチなどのワンポイント刺繍にもおすすめな花の刺繍は、初心者でも簡単に縫うことができるんです。今回は、初心者でも簡単な花柄の図案とその縫い方をご紹介します。お気に入りのシャツやスカートにも花の刺繍を!

  1. 初心者でも簡単に縫える!かわいい花の刺繍
  2. 刺繍をするために必要な基本アイテムは?
  3. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方
  4. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方①桜の花の縫い方
  5. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方②花のワンポイント刺繍(花びら編)
  6. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方③花のワンポイント刺繍(葉っぱ編)
  7. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方④チューリップの縫い方
  8. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方⑤ミルフラワーステッチでつくる花柄
  9. 花の刺繍を初心者でも簡単に!おすすめの花柄図案とその縫い方⑥一輪草の縫い方
  10. かわいい花の刺繍を楽しもう
バッグやポーチ、シャツやスカートなどにワンポイントで刺繍するだけでかわいいオリジナルのアイテムが作れますよね。ぬくもりを感じる手刺繍のナチュラルな風合いは癒しの効果も抜群です。でも刺繍って初心者には難しそうなイメージがありますよね。実際のところ、刺繍は初心者でも手軽に始めることができて、意外と簡単に刺繍を完成させることができるんです。
初心者さんにもおすすめな刺繍は「花柄」の刺繍です。一見難しそうな花の刺繍ですが、基本の縫い方をマスターすれば簡単に縫うことができるんですよ。花柄の刺繍ができれば、シャツやスカートなどのファッションアイテムにもポイントで縫って、自分好みのデザインを楽しむこともできちゃうんです。

ブローチにしてシャツやスカートにつけるのも◎

スカートやシャツに直接刺繍するのではなく、花柄刺繍したブローチをさりげなくシャツやスカートにつけるのもオシャレですよ。ブローチにすれば好きなところにつけられて、色々な使い方ができます。

Tシャツのワンポイントに

シンプルなTシャツに花の刺繍をしただけで華やかなTシャツに大変身。無地のシャツも刺繍をすることで自分好みにアレンジできます。

関連記事

さて、初心者でも簡単に始められる刺繍ですが、まずは刺繍を始めるために必要な基本アイテムを見ていきましょう。

基本アイテム①刺繍針と刺繍糸

まずは刺繍針と刺繍糸を用意しましょう。刺繍針には針の先端が丸い「クロスステッチ針」と針の先端がとがった「フランス刺繍針」という種類があります。刺繍の手法によって使い分けるものですが、初心者の方はあまりこだわらなくてもOKです。刺繍糸にも色々な太さの糸がありますが、5番と25番の糸が一般的に多く使われます。

基本アイテム②刺繍する布

刺繍する布も必要になりますが、基本的には好きな布に刺繍して大丈夫です。100均ではハンドメイドに便利な刺繍布も販売されています。ポーチやバッグ、シャツやスカートに刺繍するのも◎

基本アイテム③刺繍枠

刺繍枠を布にはめることで布が張り、刺繍しやすくなるのであると便利です。刺繍枠には色々なサイズがあり、100均でも購入することができます。

基本アイテム④チャコペン・ハサミ

刺繍の図案を布に記すために必要なのがチャコペンです。100均で買える水で消えるタイプのチャコペンは便利です。また刺繍糸や布を裁断するためにハサミも必要になりますので用意しておきましょう。

基本の縫い方は?

それでは、初心者さんも簡単に縫えるおすすめの花柄図案と縫い方をご紹介していきたいと思います。まず、花柄の刺繍に入る前に基本の縫い方を見ていきましょう。刺繍にはランニングステッチやストレートステッチなどの基本的な縫い方があるので、まずは基本的なステッチを動画で確認していきましょう。

基本の縫い方①ランニングステッチ

刺繍のステッチの中では簡単な部類に入るランニングステッチ。ランニングステッチの縫い方は、布の表と裏が同じ長さの線になるように刺していきます。長さがガタガタにならないよう丁寧に刺していくのが縫い方のコツです。

基本の縫い方②ストレートステッチ

とても簡単な縫い方のストレートステッチ。初心者でもストレートステッチで簡単に草花の刺繍をすることができます。ストレートステッチは特別な技術はそれほど必要ないので、すぐにマスターすることができます。一針ずつ真っ直ぐな線を刺していくだけの簡単ステッチです。

基本の縫い方③バックステッチ

名前の刺繍や線を使った図案の刺繍に役立つのがバックステッチです。一度バックしてから前へ針を出し進んでいくステッチで、同じ間隔で続けていきます。くっきりした細いラインを描きたいときに最適なステッチです。

基本の縫い方④サテンステッチ

サテンステッチは塗り絵のように面を埋めていくステッチで、刺繍をやったという実感が湧くステッチの一つです。草花の刺繍でも良く使うステッチなので覚えておくと便利ですよ。
初心者さんも簡単は桜の花の縫い方を紹介した動画です。図案を描く必要はなく簡単に刺繍することができます。5枚の花びらで作れば桜に見え、簡単にかわいい花柄が完成。複雑なステッチも必要ないので、動画を見ながらあっという間に桜の花が刺繍できちゃいますよ。ハンカチなどのワンポイント刺繍にしてもかわいいですね。
シャツやスカートのワンポイント刺繍におすすめな花柄の図案と縫い方です。動画では花びらと花芯の縫い方を解説しています。レゼーデージーステッチを花芯を中心にバランスよく刺していきます。バランスよく刺せるようにまず上下左右の花びらを作り、その後に間を埋めていきます。続いて、花の芯はサテンステッチで刺していきます。真ん中にガイドラインになる1本を刺し、両脇を埋めていきます。ふっくらするように縫っていき、花と花芯の完成です。
レゼーデージーステッチの刺し方はこちらの動画も参考にしてみてください。
花と花芯が刺繍できたら葉っぱと茎も刺繍してみましょう。葉っぱの部分はサテンステッチで刺しておきます。茎の部分は伸びていく方向に向かっていくとリアルな感じに仕上がります。下から上に向けてチェーンステッチで茎を作っていきます。バランス良く塗っていき、葉っぱと茎の完成です。花柄と一緒に葉っぱも縫えば完成度が高くなりますね。
慣れてきたらチューリップの刺繍にもチャレンジしてみましょう。動画では刺繍をしながら、サテンステッチの図案を刺すコツを解説しています。サテンステッチとアウトラインステッチで、かわいいチューリップの刺繍が出来上がります。
ストレートステッチを円状に刺して花の形にしていくミルフラワーステッチのやり方です。花柄図案を描く必要がなく、丸さえ描ければ刺繍できる簡単なやり方です。何個か配置して柄のように刺繍するのもかわいいですよ。
本格的な一輪草の縫い方を紹介した動画です。図案を布に描く段階から丁寧に解説されているので、初心者でも挑戦しやすいかと思います。慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、リアルな花柄になるよう丁寧に刺繍してみてくださいね。

関連記事

初心者さんも簡単にできる花柄刺繍の図案とやり方をご紹介しましたが、いかがでしたか?まずは刺繍に必要な道具を揃えて、ストレートステッチやサテンステッチなど基本の縫い方をマスターしましょう。そうすれば花柄の刺繍は意外と簡単にできちゃうものです。ハンカチやバッグのワンポイント刺繍にしたり、シャツやスカートの模様として花柄を刺繍するのもおすすめですよ。色々な花柄刺繍に挑戦してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhtAsp7BEqi/?hl=ja&tagged=%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%88%BA%E7%B9%8D