Blgy7bk0gmfplclbhfsm

レシピ

CATEGORY | レシピ

レモンウォーターの簡単作り方・アレンジレシピも!夏にすっきり!

2018.06.24

さっぱり美味しいレモンウォーター、夏の季節には作り置きをしてごくごく飲みたいですね。レモンウォーターは様々なアレンジも簡単なので、その作り方もご紹介。暑さ対策の効果もあるレモンウォーター、リンゴやミントを添えてもグッド。今回は、作り方のご案内10選です。

  1. レモンウォーターの効果と作り方1「酸っぱいレモン水」
  2. レモンウォーターの効果と作り方2「蜂蜜レモン水」
  3. レモンウォーターの効果と作り方3「いちご&れもんウォーター」
  4. レモンウォーターの効果と作り方4「蜂蜜オレンジ&レモンウォーター」
  5. レモンウォーターの効果と作り方5「マスカット&レモンウォーター」
  6. レモンウォーターの効果と作り方6「バナナ in 胡瓜、レモンウォーター」
  7. レモンウォーターの効果と作り方7「柚子しょうがレモンドリンク」
  8. レモンウォーターの効果と作り方8「レモンアップルジュース割り梅酒」
  9. レモンウォーターの効果と作り方9「レモンきなこミルク」
  10. レモンウォーターの効果と作り方10「スイカのジンジャーレモンウォーター」
  11. レモンウォーターがあればアレンジ簡単
酸っぱいのが苦手な人は冷蔵庫で冷やさず氷を入れてすぐに飲むといいです。 時間が経つと苦くなっていくので、飲むタイミングに気をつけて! デキャンタに入れて、ゲストの前でグラスに注ぐのもオシャレでオススメです。

ちょっとすっぱくて、爽やかな美味しさの「レモンウォーター」。要はレモン水のことですね。ミネラルウォーターにレモンを絞っただけのものから、砂糖やはちみつを加えてジュース風にしたものまで、作り置きしておくと、お水代わりに美味しくいただけます。お水代わりと言っても、レモンにはクエン酸などの栄養素も含まれていますし、体にも良い効果があるのでしょうか?アレンジ・レシピに加えて、効果に関することもご案内していきます。レモンだけでなく、リンゴやミントなどを使って色合いトッピングを工夫すると、更に楽しくなってきますね。

関連記事

漬けておく時に、、、放置1時間で一番下が染み込みます♪長時間漬ける時は時々重なってる順番を入れ替えると全体に染み込みます。 最後の、、、塩は硬水の場合は入れないで下さい。 汗をかいた時は炭酸水、甘いのが良い方はサイダーにしたらイイですよ♪

レモンには、抗酸化物質が多量に含まれています。抗酸化物質の働きとして、細胞へのダメージを防いでくれます。お肌に関する障害の基となる活性酸素の動きを抑制してくれるのです。作り置きした「レモンウォーター」を、毎日コップ1~2杯のを飲み続けると、お肌の状況が改善されていることに気づくと思います。「レモンウォーター」を飲む量やレモンの濃度によって、個人差はあると思いますが、試してみてはいかがでしょうか。
冷蔵庫で寝かすだけで、薄ピンクの水になります^ ^

「レモンウォーター」は、お腹の調整をする力もあるとか。「レモンウォーター」がお腹の中の消化活動を援助して、お腹の膨れを抑えてくれる効果があるそうです。ただしこの場合は、温かい方が良いそうですが。この効果は、レモンに入っているクエン酸の力です。そのクエン酸が、胃液を補充して消化を助けているのです。「レモンウォーター」には、体内の塩分調整を行うカリウムも、多分に含まれているんですよ。これは、作り置きして飲み続けたいところですね。その際には、リンゴやミントの色合いトッピングも忘れないようにしましょうね。きれいで可愛いので、継続の効果も上がります。
水と果物を混ぜたらフォークで果物の果汁を出すように刺すと、蜂蜜と混ざった時にとても美味しくなります。 最終的には果物も食べれるようにあらかじめ皮は剥いて下さいね。

「レモンウォーター」を構成しているのが、当然ながらミネラルウォーターとレモン。そのレモンを含めて柑橘系のフルーツには、ビタミンCが多分に入っているのです。ビタミンCは風邪の予防に効果があって、しっかりと「レモンウォーター」の摂取を続けていると、万病の元と言われる風邪の予防ができます。「レモンウォーター」を作り置きしておくことは、風邪対策にもなるのですね。
ストローで飲むと、稀にマスカットがツルンっと入ってくるので、気を付けて飲んでくださいね~。

毎日コップ1~2杯の、作り置きした「レモンウォーター」を飲んでいると、ビタミンC&抗酸化物質の効果の1つとして、体の様々なところに発症する炎症を抑える効果が期待できます。炎症を抑えると言うことは、免疫力アップに繋がるということで、充分に病気の予防になります。でも、病気予防のために飲み続けると飽きもでてきます。リンゴやミントなどを添えて、色彩的にも鮮やかにして楽しんで飲みましょう。
胡瓜はザルで軽くこします、水を少しだけ加えるとやりやすいです。

「レモンウォーター」を作り置きしておいて、毎日1~2杯だけ飲んでいくと、ダイエットにも効果があるようです。普段飲んでいるような、高カロリーのジュースやソーダと入れ替わって「レモンウォーター」を飲むことで、取得カロリーも抑えられますね。ダイエットする際、継続がとても大切です。一緒にリンゴやミントを置いといて、ちょこっとグラスにいれるだけでも、飲む楽しみになりますね。
しっかり混ぜて飲んでください。柚子茶は皮があるのでスプーンですくいながら飲むと上手に飲めます。

レモンの皮には、ポリフェノールが含まれているそうです。このポリフェノールには、余計な脂肪がつきにくくなる効果があると、信用できる臨床生化学&栄養学誌において発表されているんです。ですので、「レモンウォーター」作り置きしているボトルの中には、皮も一緒に入れておきたいところですね。ボトルの中のお水にレモンの黄色が生えてきれいですね。これに、リンゴやミントを添えて黄色・赤・緑と色彩的にもテンションが上がります。
レモンウォーターは市販のものを使いましたが、レモン20ccに対して水20ccの濃度で薄めても大丈夫でした。 分量はお好みで調整してみて下さい。

ダイエットに効果が見られた上に脂肪がつきにくい体質になる、たかが「レモンウォーター」なのですが、体にとって最高の飲み物なのかもしれませんね。長期に渡り飲み続けていて、少しずつでも効果が出てくると、モチベーションも上がってきますし、日々の運動を意識したり食事もヘルシー嗜好になったりと、意識の面でも変化が現れてくるのではないでしょうか。
きなこ牛乳とレモンウォーターを半々に混ぜるのではなく、濃いめのきなこ牛乳をレモンウォーターで割るのがポイントです(゚∇^d)

レモンに含まれてるクエン酸、疲労回復に効果があると言われえいます。「レモンウォーター」を作り置きして毎日飲み続けることで、疲れやすかった体質も変化していくかも知れません。体が軽く感じるようになり、毎日の生活がポジティブになっていきますね。体の内面に与える直接的な効果も大きいですが、意識的な効果も人の体には影響を与えるものなのです。
さっぱり味で暑い季節でも美味しくいただけます。

たとえ少しずつでも体質の改善が行われ、ダイエット効果も感じられてくると、気分的にも明るくなってきますよね。簡単に作れる「レモンウォーター」を作り置きしておいて、毎日たった1~2杯飲むだけで効果が出てくれば、精神衛生上にも好結果をもたらします。明るい人になってくると、正確もポジティブになり、人間性の向上にもなるのではないでしょうか。コップに「レモンウォーター」を注いで、リンゴの赤やミントの緑を飾って、毎朝の信号色が1日のスタートの合図ですね。

関連記事

今回は「レモンウォーターの簡単作り方・アレンジレシピも!夏にすっきり!」をテーマに、ご案内をさせていただきました。簡単にできるレモンウォーターのアレンジレシピと、健康や体に与える効果の情報をご紹介しています。色合いにリンゴやミントを飾るのも可愛いですが、その他様々なトッピングも楽しいですね。レモンウォーターを毎日飲んで、健康な日々をお過ごしください。