Iezlwzt0gqqkopu58vas

CATEGORY | 夏

夏の子供のお弁当のおかず!夏でも野菜、麺を美味しく食べよう

2018.06.28

暑い夏は食材も傷みやすいので子供のお弁当のおかずに悩む家庭も少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな夏のお弁当におすすめな麺の取り入れ方や保冷の仕方、サラダや野菜、デザートやサンドウィッチなど合わせるおかずなど子供も喜ぶお弁当についてご紹介してみたいと思います♪

  1. 夏の子供のお弁当のおかず!傷みやすいおかずなど注意が必要?!
  2. 夏の子供のお弁当のおかず!おすすめな「麺弁当」に合うおかずは?
  3. 夏の子供のお弁当のおかず!おすすめおかずの麺弁当を作るコツ
  4. 夏の子供のお弁当のおかず!おすすめおかずの麺弁当のポイント【そうめん】①茹で方
  5. 夏の子供のお弁当のおかず!おすすめおかずの麺弁当のポイント【そうめん】②詰め方
  6. 夏の子供のお弁当のおかず!おすすめおかずの麺弁当のポイント【そうめん】③めんつゆ
  7. 夏の子供のお弁当のおかず!「麺弁当」に合うおかず① きんぴらごぼう
  8. 夏の子供のお弁当のおかず!「麺弁当」に合うおかず② 生姜焼き
  9. 夏の子供のお弁当のおかず!「麺弁当」に合うおかず③ 夏野菜炒め
  10. 夏の子供のお弁当のおかず!「麺弁当」に合うおかず④ 揚げ物・から揚げ
  11. 夏の子供のお弁当のおかず!夏の子供のお弁当に持っていきたい【サラダやデザート】
  12. 夏の子供のお弁当のおかず!夏の子供のお弁当に持っていきたい【サンドウィッチ】
  13. 夏の子供のお弁当のおかず!おすすめ
引用: https://1.bp.blogspot.com/-uEHS4Y_e4c0/VuKDt_GZEkI/AAAAAAAA4vc/iTCy78xnB10wh9ydC5FB4jyDRf2DE3Daw/s400/food_roll_sandwich.png
子供の好きなお弁当といえば、子供の好きなおかず「ハンバーグ」を入れたりデザートを付けたりすると喜ばれますよね。また最近は、オシャレなサンドウィッチやキャラ弁など見た目から凝った内容のお弁当を作るママも少なくありません。でも、夏のお弁当は見た目だけじゃなく傷むのを避けることがとても大切になります。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-1-0DlYHZayg/UkJM8hgeh7I/AAAAAAAAYWA/0AlTitw70p0/s400/obentou__03.png
夏は、食べ物が傷みやすいですよね。お弁当を作るときには注意が必要です。子供はもちろん、大人でも食中毒などになるととても辛い思いをする羽目になってしまいます…。
そんな夏のお弁当で、避けた方が良い食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?気になりますよね。お弁当のおかずにおすすめ出来ないものはいくつかあります。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-a0CNxQY1i3M/UZYk6yd9OMI/AAAAAAAATH8/tl6ZGv6tMOg/s500/ensoku_obentou.png

夏のお弁当のおかずにおすすめ出来ないもの

①生野菜や果物…生野菜や果物は時間とともに水分が出やすいため、傷みやすいのはもちろん食中毒の原因になってしまいます。生野菜や果物を使用したサンドウィッチやデザートは危険といえます。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-3SxRN4PcpiU/Vz_w6jtCR0I/AAAAAAAA6us/x0mIYGF392c9cj5YaNbZxtvRgdWmV5UngCLcB/s400/food_fruit_sandwich.png
②混ぜご飯や丼物…調味料や具材で味付けされたご飯は、腐りやすいので危険。③煮物…火を通した野菜煮物は、おかずの定番ですが水分が多いのでやはり食中毒になりやすいです。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-T5Q756tTaFQ/U2LuQbhbXqI/AAAAAAAAfmQ/obM-ZKGg9d8/s400/food_yasai_nimono.png
④練り物や加工食品…そのままおかずに出来る便利な食材ですが、夏のお弁当には適していません。加熱して中まで火を通すことが必要になります。⑤芋類…でんぷんを多く含んでいる芋類・根菜類も食中毒になりやすい食材の代表です。残念ながら夏のお弁当のおかずとしては避けたいところ。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-xvxULSeQK2k/U7O8D1yZ1tI/AAAAAAAAiZA/KdxvMA42Bzc/s400/food_namahamu.png
この他、子供にも好まれる「ポテトサラダ」や「マカロニサラダ」も危険なので、夏のお弁当おかずには向いていません。また、デザートにもなる冷凍の果物や野菜を保冷剤としてお弁当に入れるのもおすすめ出来ません。水分が発生するので、やはり食中毒の不安が残ります。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-jYv43UA3eEI/Uyk_KEJAexI/AAAAAAAAeMs/sHzB1lRKDA4/s400/food_potato_sald.png

関連記事

では、夏のお弁当はどうしたら良いのか…最近注目されていておすすめなのが「麺弁当」です。麺のお弁当?と不思議に思う人もいるかもしれませんよね。もちろん、麺をお弁当にするには注意したいポイントやコツはあります。詳しくみていきましょう。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-RHidPasFwTs/WwJZ3vBEuKI/AAAAAAABMIk/eTlXw8TVGSQQ2wPHpNAnmAucQ281DqFIgCLcBGAs/s400/food_character_udon.png

関連記事

夏のお弁当におすすめの麺弁当は、簡単に作れるのも嬉しいところ。また、コツを覚えれば手軽にお弁当を完成出来るので、忙しい朝の時短テクとしても◎
夏の麺といえば欠かせない定番の「そうめん」について確認していきますね。「そうめん」は、シンプルで白米のように色んなおかずとの相性も抜群。傷みやすいご飯の代わりとしてもおすすめなんです。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-n8_GnQta8eU/U32Nk4MhaMI/AAAAAAAAgx8/fMXxj-Usgvo/s400/food_soumen.png
お弁当を作る時間帯は朝が多いですよね。お昼の時間までに麺がのびてしまうのでは?と疑問をお持ちの人もいるのではないでしょうか。その心配は無用です。いつもと同じでしっかり茹でることが大切。
いつも通りに茹でたら、真ん中に空間をあけてドーナツ状にするのがポイント。こうすることで水分が落ちやすくなります。水切りは1、2分でOK、多少表面に水分が残っているのがGOOD。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-dLQ1XBsuIyk/VnE3ev-8yyI/AAAAAAAA12U/MPi6sWjRwbI/s400/food_men_soumen.png
ひと口大にクルクルと丸めて、お弁当に詰めるのがおすすめ。コンビニで見かける「そうめん」「ざるそば」の麺弁当も丸いひと口大で詰められていますよね。
食べやすい工夫だけではないんです。時間が経過するにつれ水分が飛び、麺と麺がくっついてしまうのを防ぐことも。
「そうめん」には麺つゆが欲しいですよね。小分けタイプのめんつゆは、保冷剤と一緒に入れておけばOK。食べるときに、保冷剤で冷たいまま美味しく食べることが出来ます。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-mV58is8H_Lc/U-8FPK_98_I/AAAAAAAAkoE/no1UgMyceTw/s400/cooking_mentsuyu.png
または、保温と保冷の両用で活躍できる「フードコンテナー」の利用もおすすめ。フードコンテナーに濃いめのめんつゆを入れ、2、3個の氷を入れておけば食べるまで保冷効果が持続。暑い夏に冷えた麺は嬉しいですよね。
おすすめの麺を取り入れた夏のお弁当似合うおかずは、どういうのが良いのか具体的に知りたいですよね。「麺弁当」に合うおすすめのおかずを人気のレシピサイト「クックパッド」からピックアップで見ていきましょう♪
しっかり火を通し味付けをする「きんぴらごぼう」は、夏のお弁当のおかずにピッタリ。

生姜のきんぴらごぼう♪簡単フライパンで

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5008969/m/ca244e5296fe6798d3ea6cbaaf5856e9.jpg?u=13065301&p=1522773733
【材料】ごぼう:1本 ニンジン:2本 生姜:25g みりん・酒・しょうゆ:各大さじ2 白ごま:適量 ごま油:大さじ2/1~1
引用: https://img.cpcdn.com/steps/24478215/m/51aa1ef4c20d8f972f17ea7a4e766132.jpg?u=13065301&p=1522773744
①ごぼうを長さ4㎝の千切りにして水にさらす。②生姜は4㎝長さの細い千切りにする。③ニンジンも長さ4㎝の千切りにする。
引用: https://img.cpcdn.com/steps/24496280/m/993e865990069826765b864638c63b1a.jpg?u=13065301&p=1522773783
④フライパンにごま油を入れ、生姜・ごぼうの順番に入れ炒める。⑤ニンジンを加えてさらに炒める。
引用: https://img.cpcdn.com/steps/24496283/m/bd97a2691643ac753266a37743daa782.jpg?u=13065301&p=1522773800
引用: https://img.cpcdn.com/steps/24496284/m/fb9ed3e406ce6daeef350719a095273e.jpg?u=13065301&p=1522773890
⑥みりん・しょうゆの順に加え炒め煮する。⑦よく混ぜたら白ごまを加えて完成。
生姜は、食材の腐敗を防ぐ効果も期待出来ます。しっかり味付けをすれば、冷めても美味しいので夏のお弁当おかずに◎ 麺弁当と合わせるのもおすすめです。
生姜は夏のお弁当のおかずに最適な食材。生姜といえば定番の「生姜焼き」ですよね。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5124997/m/72ea2bf93892009f52d7694335225c2a.jpg?u=21370185&p=1529105762

豚肉と玉ねぎの生姜焼き炒め

【材料】豚肉:150g 玉ねぎ:1玉 生姜:小さじ2 しょうゆ・みりん:各大さじ5 酒:大さじ3 砂糖:大さじ2
【作り方】①油をしいたフライパンで豚肉と玉ねぎを炒める。②豚肉に火が通り玉ねぎがあめ色になるまで炒める。③醤油・酒・みりん・砂糖・生姜を入れ混ぜて完成。
簡単に出来て彩りがきれいな夏野菜炒め。お弁当のおかずの色味が気になるときにもおすすめ。カラフルな色合いは、子供の目にも楽しさを与えてくれるはず。

お弁当の彩りに★夏野菜のケチャップ炒め

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5105438/m/ea2640dc7fb26bd1c57623e31b7799a6.jpg?u=17353220&p=1528013579
【材料】なす・ズッキーニ:各2本 赤パプリカ:1本 ベーコン:150~200g ケチャップ:大さじ6 ウスターソース:大さじ1
【作り方】①ベーコンを1〜2cm角の棒状に切る。なすとズッキーニは1〜2cm幅の半月切り、パプリカは1〜2cm角の角切りに切る。②油を熱したフライパンにベーコンを入れ強火で炒める。
③ベーコンに焼き色が付いたら、野菜を全て入れて中火で炒める。④しんなりしたら、ケチャップ・ウスターソースを入れて水分が軽く飛ぶまで炒め合わせる。⑤④を全体的にからめたら完成。
よく火を通して調理されている「揚げ物」は夏のお弁当の味方。子供も大好きな「から揚げ」もおすすめのおかずです。から揚げは、冷えても美味しいので冷凍食品を自然解凍した時短テクでお弁当のおかずに利用する人もいますね。

鶏の唐揚げ

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5133298/m/1761dbbc0ef8e6220a68d4a43e34a0d2.jpg?u=12435524&p=1529563038
【材料】鶏もも肉:2枚 おろしニンニク:小さじ1 おろしショウガ:小さじ1 塩:小さじ1/2 コショウ:少々 酒:大さじ2 溶き卵:1個分 片栗粉・サラダ油:適量
【作り方】①鶏もも肉の余分な脂を取り除いて、ひと口大に切る。②袋に①を入れ、おろしにんにく・おろししょうが・塩・こしょう・酒・溶き卵を入れたら密閉してよく揉む込む。③冷蔵庫で30分くらい寝かせる。
④③に片栗粉をまぶす。⑤160℃に熱したサラダ油で、少し色がつくまで揚げる。⑥5分置き、180℃に熱したサラダ油で「きつね色」まで揚げたら完成。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-3gPQU8YdyDo/UkJM-m3B7BI/AAAAAAAAYWc/ZkCypHosEbA/s400/obentou_karaage.png
夏のお弁当に水分が出やすく腐る可能性がある生野菜や果物はおすすめ出来ない…。でもサラダやデザートをプラスしたいときもありますよね。子供の健康面でも野菜を含むサラダを含めたいし、デザートも入れたいならどうしたらよいか。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-vK15yM32-wU/UkJNAMtDQNI/AAAAAAAAYW8/mxwB4Q_PN4o/s400/obentou_yasai.png
お弁当に生野菜のサラダやデザートで果物を取り入れるには工夫が必要。おすすめが、保冷剤を使うことです。使い方は、弁当箱の上部に保冷剤を置くのが◎
冷たい空気は、上から下に流れるのが特徴。弁当の上側を冷やすことにより、全体を冷やすことが出来ます。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-I7JZ4QJSLbY/VEETWEGrXlI/AAAAAAAAodo/Ct6pC0qesCI/s400/horeizai.png
お弁当といえば、おにぎりに並びサンドウィッチも定番人気ですよね。サンドウィッチも工夫次第で、夏の弁当にも出番はありますよ。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-HzshV4HPiyY/UbVu-3tfGqI/AAAAAAAAUlA/mkU3QQNPZ8U/s400/food_sandwitch.png
サンドウィッチを夏のお弁当に取り入れるには、注意が必要。まずは、注意点を見ていきましょう。

サンドウィッチを夏のお弁当に有効利用するポイント

①水分の多い食材をサンドウィッチの具材に使わない。水分がなるべく少ないものを選ぶ。②傷みやすい生野菜は使わない ③火を通したものを使う④いつもより濃い目に味付けする④酢・レモン・生姜・カレー粉などを使ったものを利用する。④ジャムなどを使う
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5047929/m/01c9cb011f9ca78d9a845088a5c390ef.jpg?u=2920714&p=1524688380
また、サンドウィッチのパンには、からしマヨネーズを塗るのもおすすめ。きんぴらごぼうにツナを混ぜたものを具材にしたりするのも良いですね。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-VLeooPHq-SA/UgSMFKdLR3I/AAAAAAAAW7c/PRulas6hgG4/s450/food_obentou.png
いかがでしたか?夏のお弁当は、どうしても傷みやすく食中毒などの不安もあります。普段以上に注意をして作ることが必要です。水分の多い生野菜を使うサラダやサンドウィッチやデザートの果物は、夏のお弁当に不向きですが、ポイントを抑えたアレンジや保冷剤で腐ることから守る効果も期待出来ます。
特におすすめの食材は、生姜ですね。夏は、積極的に生姜を取り入れたお弁当にしてみませんか♪生姜は身体にも良い食材として有名です。味付けをしっかりすることで、夏のお弁当でも傷みにくく冷めても美味しいところも◎
注意すべきことを把握して、子供も喜ぶ夏のお弁当で笑顔の楽しいお昼タイムを過ごしたいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://3.bp.blogspot.com/-wnW2aWJmahs/V2YQPmiUYfI/AAAAAAAA7j4/B37oCanME2gnYTYUIL918ByRrxL5GwjngCLcB/s400/bentou_girl2.png