Qmqlyvizefkdpqhghhd8

料理・グルメ

CATEGORY | 料理・グルメ

鉄鍋の手入れ方法!長く使うコツは?洗剤の有無は?から焼きでOK?

2019.03.28

鉄鍋の手入れは洗剤で洗って から焼きをしたり油でコーティングしたりと、少し手が掛かるイメージがあります。しかし、鉄鍋を使うと料理もおいしく、鉄分も同時に吸収する健康効果もあります。今回は、鉄鍋の手入れ方法と長く使うコツ、その健康効果についてご紹介します。

  1. 鉄鍋の手入れは簡単?鉄鍋を使うメリットはなに?
  2. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/鉄鍋の種類と長く使う手入れ方法は?
  3. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/使い始めは洗剤でよく洗うこと
  4. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/鉄鍋のから焼きの仕方
  5. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/から焼きをした鉄鍋を自然に冷ます
  6. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/鉄鍋をさらに洗剤で洗う
  7. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/鉄鍋を油でコーティングして下準備は完成!
  8. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れ方法が大事!/鉄鍋を料理に使い出してからの注意点
  9. 鉄鍋を長く使うためのコツは洗剤で洗いから焼きをしてから油コーティングをする手入れが方法が大事!/鉄鍋の日常の手入れ方法
  10. まとめ
鉄鍋や鉄製品の調理グッズの良さは、熱伝導率が金属で高いので、料理を素早く過熱調理ができるメリットがあります。中華料理に代表される炒め物では、熱伝導率の良さと火力がおいしさの鍵をにぎります。料理をおいしく調理できるということが、鉄鍋製品の最大のメリットと言えます。
鉄鍋は手入れが大変だというイメージがあります。それは使い始めの鉄鍋は、シーズニングという下処理に手間がかかるのでそのようなイメージが持たれてしまいがちです。ただし、シーズニングを済ませれば、そんなに鉄鍋の維持は大変ではありません。また、焦げ付きにくい表面加工をされた鍋に比べれば、焦げ付きやすい点もあります。しかし、鉄鍋は熱伝導率の良さから、おいしい調理には負けてはいません。使い込むほどに味わい深さが出る、名品と呼ぶにふさわしい調理道具です。また、調理中に料理へ鉄分がしみ込みます。貧血予防などに、鉄鍋調理は良い効果をもたらすメリットもあります。それでは鉄鍋のシーズニング方法や長く維持する方法についてご紹介しましょう。
Doyt5zixhq3wmwkrdoqj
引用: https://www.instagram.com/p/BvZOSV8BbFr/
久しぶりの牛肉! 牛肉と言えばすき焼き! 特売肉にも関わらずうま〜✨ もちろん割り下は使わず関西風が👍🏻(というか関東の割り下を使うすき焼きは食べたことありません🙄)

過去にサルパネヴァのキャセロールを使っていたのですが知人に譲ってしまい、悩んだ挙げ句バーミキュラのSUKIYAKIを購入しました。 色々と楽しみです。

鉄鍋です。見た目にもかっこよく、おしゃれなデザインで定評があります。
急な調理デモのお願いにもかかわらず、快諾してくださった山口シェフ。限られた食材でステキな料理を作ってくれました。 まさにbotanique !

スキ焼鍋です。おいしいスキ焼作りには欠かせません。
玉子焼き器がようやく完成。 厚さ4.5mm、重量約1.9kg。重量級の玉子焼き器です。

玉子焼きのフライパンです。おいしい玉子焼き作りは、鉄のフライパンが1番です。
鉄鍋やスキレットが多く並ぶ専門店です。調理道具の全てが鉄製で揃います。鉄製品の数は、計り知れません。

関連記事

鉄鍋や鉄製品は、錆びやすいために、製造過程で錆び止めの加工を施します。使い始めるときには、この錆び止めを焼いて取り除く作業が必要になります。その作業を、鍋ならしとかシーズニングと呼んでいます。まずは、鉄鍋を台所用洗剤できれいに洗いましょう。
ドイツ製キッチンブラシです。 亀の子たわしの代わりにいかがですか レデッカー 木のキッチンブラシ

鉄鍋を洗うときに、柔らかいスポンジや鉄鍋洗い用のたわしを使い、鍋をまんべんなく洗いにかけます。錆び止めを落としますので、すすぎもよく行いましょう。洗い上がったら、鍋の水分を拭き取ります。
引用: http://wasyokunowa.tokyo/wp-content/uploads/2016/05/DSC00043.jpg
シーズニングはフライパンでは「から焼き」と呼び、鉄鍋の場合は「から焚き」と本来は呼びます。錆び止めが気化し、煙が上がるまで焼いたら火をとめます。
から焼きをした鉄鍋を、1時間程度かかりますが自然に冷まします。熱いので、直に鉄鍋に触れないように注意をして下さい。鍋つかみやミトンなどで移動させる場合は、鍋をつかんで移動させて下さい。
引用: http://wasyokunowa.tokyo/wp-content/uploads/2016/05/DSC00049.jpg
鉄鍋が冷めたら、再度鍋を洗剤できれいに洗い流します。洗剤とスポンジやたわしを使い、きれいに洗い流して下さい。その後は、水分をよく拭き取りましょう。
引用: http://artnamono.com/wp-content/uploads/2014/01/DSCN0915.jpg
洗剤を使ってはダメ!中華鍋(鉄製フライパン)の洗い方

関連記事

油ならしと言われる、大切なシーズニングを行います。鉄鍋が錆び止めを落としても、錆びないようにする工程になります。乾いた鉄鍋に、オリーブオイルやサラダオイルなどを全体に塗ります。
中火で鍋を熱します。鍋から煙が上がり出したら、キッチンペーパーにオイルを染み込ませて、鉄鍋にまた塗ります。そして、また煙が上がったら、オイルを塗る作業を、7回~8回ほど繰り返しましょう。この工程が済めば、シーズニングは完了です。鉄鍋にオイルが染み込み、錆びにくい鉄鍋のコーティングが完成します。
引用: http://artnamono.com/wp-content/uploads/2014/01/DSCN0925.jpg
洗剤を使ってはダメ!中華鍋(鉄製フライパン)の洗い方

鉄鍋を料理に使いはじめてからの注意は、熱伝導率が高いので焦がしてこびりつかないようにすることです。料理の種類によりますが、例えば鉄フライパンなどでヤキソバを作るとき、焦げてこびりつくことが多いものです。その時には、フライパンの中に、100cc程度の湯を加えると焦げ付きません。焦げる心配のある料理には、水分を加えて焦げてこびりつかないように気をつけましょう。
また、鉄鍋の料理を焦げがあるままに、食べ終わるまで保存をしたりすると焦げが落ちにくくなります。焦げたら、料理は他の鍋に移し変えて、焦げた鉄鍋はすぐに洗いましょう。
鉄鍋を使用しはじめてからの手入れ方は、鉄鍋が汚れたら洗剤を使わずにスポンジなどの柔らかい素材で汚れを洗います。くれぐれも、台所用洗剤はつかわないことです。せっかくのオイルコーティングが、洗いながされる結果になります。
Mvoxtsjool2t4oalt2ov
引用: https://www.instagram.com/p/BpY6sDQHfd8/
鉄鍋のオイルコーティングが無くなったら、油ならしを鉄鍋に行ってください。錆びを出さないコツですので、しっかりお手入れをしましょう。
鉄鍋や鉄製フライパンは、錆びないように油ならしや洗剤を使用して洗わない決まりがあります。しかし、調理により、洗剤で洗いたい場合も多いですね?正式な使い方からはズレますが、肉料理などで鉄鍋がベタつく場合では、洗剤を使用してよく洗いましょう。そして、鉄鍋やフライパンを火にかけ水分を完全に乾かします。その後に、油ならしをしても良いですし、そのまま保存しても錆びはほとんど出ません。水分を素早く飛ばすことが重要です。食中毒の菌が繁殖しないためにも、今の時代は洗剤で洗うことは必須です。この鉄鍋の使い方は、プロの調理師のやり方です。清潔さを重要視される場合は洗剤を使用して洗い、から焼きをして水分を飛ばす方法も視野に入れて鉄鍋を使用してみましょう。
今回は鉄鍋のシーズニングについて、様々にご紹介してまいりました。鉄鍋は人気のグッズです。今は、ネットの動画でも人気がありますが、ソロキャンプがトレンドです。そのソロキャンプには、よく鉄製のスキレットが使われます。鉄製でおしゃれな道具という感じでしょうか。鉄製のグッズはおいしさプラス、カッコイイという感覚があります。皆様も、おしゃれでカッコよく健康にも良い作用のある、鉄鍋を使って素敵な料理を作ってみませんか?ここまでお付き合い下さり、ありがとうございました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/33870dae21e9a8aec81b4f9e7a2f807b/5BC72911/t51.2885-15/e35/33929624_613828102315770_1328168668638478336_n.jpg