Dwax5t0bkc8gdhsspuab

レシピ

CATEGORY | レシピ

ランチドレッシングの成分、マッチする素材は?作り方や材料は?アメリカで流行!

2018.06.23

マヨネーズのような白いランチドレッシングは、サラダなどの野菜以外にもお肉やスナックなどをディップして食べても美味しいです。アメリカ在住20数年の筆者が、アメリカではどのようにランチドレッシングを食べているのかご紹介します。

  1. アメリカで最も使われているドレッシング、ランチドレッシング
  2. ランチドレッシングの材料は?
  3. ランチドレッシングの成分は?
  4. ランチドレッシングの作り方-1.本場アメリカの基本の作り方
  5. ランチドレッシングの作り方-2.簡単ランチドレッシングの作り方
  6. ランチドレッシングの作り方-3.ライトカロリー・バージョン
  7. ランチドレッシングにマッチする素材-1.野菜
  8. ランチドレッシングにマッチする素材-2.肉類
  9. ランチドレッシングにマッチする素材-3.ピザなど
  10. ランチドレッシングにマッチする素材-4.スナック
  11. まとめ
引用: https://barefeetinthekitchen.com/wp-content/uploads/2016/05/ranchsaladdressing.jpg
アメリカのレストランでサラダをオーダーすると、いろんな種類のドレッシングのチョイスがあることが普通です。これは、アメリカ人は、自分の好みがはっきりしていて、レストランでもそれを要求するからです。たとえば、「サラダに生のオニオンは入れないで」とか、「ピザのチーズは少なめにして」とか、その都度、メニューにないリクエストをする人も多いです。
そのため、サラダにはいろんな種類のドレッシングのチョイスがありますが、その中でも一番平均的に使われているのがランチドレッシングだと思います。ランチドレッシングは、サラダ以外にもマッチする素材がたくさんあるので、一番無難にどんな材料とも合わせると言う意味でも日本で言うマヨネーズのような存在で、よく使われています。では、ランチドレッシングはどんな成分でできているのでしょうか?また、どんな素材や材料にマッチするのかなどを、アメリカ在住20数年の私がご紹介します。

関連記事

ランチドレッシングはお家でもわりと簡単に作れます。ランチドレッシングの材料は、主にマヨネーズ、サワークリーム、バターミルク、ディル、パセリ、西洋ニラ、ガーリック、塩、コショウ、レモンジュースなどが材料になっていますが、それぞれの家庭で好みに合わせて材料を変えて"ベスト・ホーム・メイド・ランチ・ドレッシング"を作っています。
スパイシーが好きな方は、基本の材料にカイエンペッパーやパプリカなどを混ぜてもいいですし、さっぱり系が好きな方はバターミルクをふつうのミルクに変えて、ビネガーなどを加えてもオリジナルでできますよね。材料は好みで好きなように変えられるので、何度か作ってみて、自分の好みの味にするのがアメリカ流です。また、素材などに合わせてさっぱり系やこってり系などに変える場合もあります。
引用: https://www.tasteandtellblog.com/wp-content/uploads/2010/07/Chicken-Salad-with-Yogurt-Ranch-Dressing-recipe-taste-and-tell.jpg
ランチドレッシングの材料にはマヨネーズやサワークリーム、バターミルクなど脂肪分の多いものが多いので、やはり成分としては脂肪分が高くなってしまいます。材料にもよりますが、大さじ2杯ほどで150kcalくらいになることもあります。
引用: http://divascancook.com/wp-content/uploads/2016/07/buttermilk-substitution-576x1024.jpg
ランチドレッシングの材料であるバターミルクの成分を見ただけでも、かなり成分的には高い脂肪が含まれていることがわかります。バターミルクの成分は脂肪分が高いので、代わりにヨーグルトやレモンジュース+ミルクなどを使うことで脂肪の成分を抑えることもできます。
引用: http://cdn0.whiskeyriff.com/wp-content/uploads/840450.jpg
アメリカ人は、ダイエットのためにサラダを食べている人が結構いますが、脂肪成分の多いランチドレッシングなどをどばーっとかけて食べているので、結局かなりのカロリーを摂取していることになりますね。
引用: http://ericasrecipes.com/wp-content/uploads/2015/02/Honey-Sriracha-Pulled-Chicken-and-Waffles-with-Buttermilk-Ranch-Dressing-1aW-500x750.jpg
ランチドレッシングの材料は、それぞれの家庭で違うのですが、最も基本的なアメリカの家庭の作り方をご紹介します。材料は、マヨネーズ1/2カップ(アメリカの1カップは250mlですので注意!)、サワークリーム1/2カップ、バターミルク1/2カップ、(もしくはレギュラーの牛乳でも可)、ドライ・ディル3/4-1ティスプーン、ドライパセリ1/2ティスプーン、ドライチャイブ1/2スプーン、1/4オニオン・パウダー1/4ティスプーン、ガーリック・パウダー1/2ティスプーン、塩1/4ティスプーン、こしょう1/8ティスプーン、レモンジュースは1-3ティスプーンをお好みで合わせてください。
引用: https://atmedia.imgix.net/e9eb40cf9aaff1787140dfec3c943ad8aca40f0a?auto=format&q=45&w=540.0&h=422.0&fit=max&cs=strip
作り方は、マヨネーズとサワークリーム、バターミルクを一緒に滑らかになるまで混ぜます。レモンジュース以外の材料を全て入れて滑らかになるまで混ぜて、最後にレモンジュースを加えます。蓋つきの清潔なジャーなどに入れて冷蔵庫で1週間くらいは保存できます。レモンジュースの代わりにホワイト・ビネガーを使っても同じような爽やかな酸味があるそうですよ。
引用: https://fthmb.tqn.com/7EyUWUuSpQVTV31LEcIPc17VK1M=/960x0/filters:no_upscale():max_bytes(150000):strip_icc()/yogurt-garlic-sauce-recipe-2355489-7_preview-5b16e47ea474be003809f4fe.jpeg
本場アメリカ風にいろいろと材料を揃えるのが大変な場合は、ランチドレッシング風の作り方で作ってみるのもいいと思います。ヨーグルトとマヨネーズにガーリックパウダー、塩、こしょうを混ぜるだけと言う超簡単な作り方です。これに好みで好きなドライハーブなどを入れてもいいですし、レモンジュースやビネガーをちょっと加えてもぐっと違う風味になって美味しいですよ。
引用: https://poshjournal.com/wp-content/uploads/2017/06/buttermilk-dill-dressing-greek-yogurt-salad-recipes-1080x1348.jpg
ダイエットを気にしている人や脂肪分をあまり取らないようにしなければいけない方などは、ランチドレッシングはあまりおおすめできません。でも、脂肪分の多い素材を変えて作る作り方もあるので、ライトカロリー・バージョンの作り方をご紹介します。
引用: https://img.webmd.com/dtmcms/live/webmd/consumer_assets/site_images/article_thumbnails/recipes/ew_garlic_yogurt_dressing_recipe/300x310_ew_garlic_yogurt_dressing_recipe.jpg
こちらのレシピでは、バターミルクの代わりにレモン果汁と低脂肪乳を使ってランチドレッシングを作っています。この材料では、ランチドレッシング独特のコクを感じられないかもしれないので、お好みでガーリックパウダーの量を多めにしてみたり、ガーリックパウダーの代わりに生のガーリックを細かく刻んで入れてみたりするのも良いと思います。また、こちらのレシピではねぎを使っているようですが、ディルやパセリなど香りの強いものに変えるとまた風味が増して、食べた時の満足感も出てきます。お好みでどうぞ。
引用: https://assets3.thrillist.com/v1/image/1675930/size/tl-horizontal_main.jpg
アメリカでどこのスーパーマーケットでも売っている、最もポプュラーなランチドレッシングのひとつです。
引用: http://cf.wholeandheavenlyoven.com/wp-content/uploads/2017/04/Grilled-Salmon-Cobb-Salad-with-Cilantro-Lime-Ranch5.jpg
ランチドレッシングは、どんな野菜にもマッチします。きゅうりやセロリ、人参などのスティックサラダのディプとしても良いですし、もちろんサラダにかけても美味しいです。特にゆで卵やベーコンなど材料が盛りだくさんのコブサラダにかけるとコクが増して美味しいですよ。
引用: https://d1doqjmisr497k.cloudfront.net/-/media/mccormick-us/recipes/mccormick/r/2000/ranch-dressing.ashx?vd=20171018T134357Z&hash=A6D19EF6613115C7DB2B4CCDDBD516D303CC2D09
ヘッドレタスを1/8にカットしたものにカリカリのベーコンなどをかけてランチドレッシングをかけて頂く食べ方もヘッドレタスがしゃきしゃきして美味しいですよ。
引用: https://www.vegkitchen.com/wp-content/uploads/2015/03/Ranch1.jpg
生野菜のサラダだけではなく、茹でた野菜にディップしても美味しいです。たとえば、茹でたブロッコリーや人参、ポテトでも美味しいですよ。アメリカではブロッコリーや人参は茹でずにサラダにしますが、日本人はやはりちょっと茹でて食べた方が美味しく感じますよね。ポテトの場合は、アメリカの場合は、ベイクドポテトなどにもランチドレッシングをベーシコンと一緒にかけたりします。
引用: https://www.onelovelylife.com/wp-content/uploads/2016/02/chipotle-ranch3.jpg
はっきりとした味が好きなアメリカ人は、ランチドレッシングにスパイシーなチョポレを入れてアレンジしたりすることもあります。
引用: http://delightsofculinaria.com/wp-content/uploads/2013/02/dsc_1110.jpg?w=300
ランチドレッシングに一番合う人気のお肉と言えば、はやりチキンウィングです。手羽先に衣を付けて(付けない場合もあります)揚げたものにランチドレッシングをディップして頂きます。特にスパイシーなホットウィングにはまろやかな甘さがあるランチドレッシングがよく合います。
引用: https://www.thriftydiydiva.com/wp-content/uploads/2016/12/Homemade-Pineapple-Ranch-Dressing-Hawaiian-Dip-750x500.jpg
ランチドレッシングをピザなどにディッピングする人もいます。特にバッファローウィングスは辛いので、ランチドレッシングとちょうど中和するような感じで美味しいです。
引用: http://ericasrecipes.com/wp-content/uploads/2015/02/Honey-Sriracha-Pulled-Chicken-and-Waffles-with-Buttermilk-Ranch-Dressing-5aW-500x750.jpg
私は試したことはないですが、しょっぱい系のワッフルとして、ワッフルの上にローストチキンなどをほぐして(プルドチキンと言います)その上にランチドレッシングをかけたりすることもあるようですよ。
引用: https://www.thekitchykitchen.com/wp-content/uploads/2015/08/DSC_9096.jpg
ポテトチップスなどは、日本人は元々フレーバーが付いて入ればそのまま食べるのですが、アメリカ人は、ランチドレッシングにディップしたりします。また、フレンチフライは、ケチャップ以外にランチドレッシングにディップすることもあります。まったりした味になって結構美味しいですよ。
引用: https://assets3.thrillist.com/v1/image/1675917/size/tl-horizontal_main.jpg
ランチドレッシング・ソーダなるものもあるそうです。私は未だに見たこともないですし、もちろん飲んだこともないですが、想像できないです・・・。

関連記事

引用: https://www.thekitchykitchen.com/wp-content/uploads/2015/08/DSC_9073.jpg
いかがでしたか?ランチドレッシングは、フレーバーの付いたマヨネーズのような感じなので、マヨネーズ好きの日本人にも馴染みやすい味ですよね。ディルやパセリなどのハーブも混ぜて自分のお気に入りの味を作ってみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://barefeetinthekitchen.com/wp-content/uploads/2016/05/homemade-ranch-dressing-2.jpg